※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

希望大帝ダイセイシュン


■よみ
きぼうたいていだいせいしゅん

■性別
無性

■学年
その他

■武器
またたび砲(またたびが出る)

■体型
その他

■部活
ロボット工学部

■委員
清掃委員

■ステータス
攻撃力:20/防御力:1/体力:6/精神力:3/FS(安全性):0

脱出機構

■特殊能力効果
効果:味方雑魚召喚
対象:同マス
時間:永続
時間付属:撃破非解除
スタイル:パッシブカウンター

カウンター条件:自分撃破
カウンター効果対象:カウンター条件を満たしていないキャラも含める
待受範囲:同マス
待受時間:永続
待受回数:1回
タイミング:同時

FS:0

○召喚キャラクター
名前:ブラウとフューリー
性別:両性
学年:その他
所持武器:肉球

○召喚キャラクターのステータス
攻撃:0/防御:0/体力:5/精神:0/FS(戦闘力):0
DP:なし
ZOC:あり
移動力:2

青春ボーナス:4

発動率:34% 成功率:100%

能力原理

この脱出機構が正常に作動している限り搭乗者の安全は完全に保証されるだろう。

キャラクター説明

戦斗素体に代わる新世代のマシーンとして開発された、戦車型の素体の試作機。戦斗素体とは違い、中に乗り込む形態。
10式戦車を一回り小さくしたような外見で、搭乗者を意識してか砲塔の上に猫耳を模した2つの突起がついている。
搭乗者は中庭に住み着いた2匹の猫。

私立希望崎学園工学部では、戦斗素体の「人型の魔人以外にはうまく適合しない」という欠点を補うため
中に乗り込むタイプの新型戦斗素体の開発が進められていた。しかし今の科学力では、魔人能力で生み出された素体のように
小型化するのが難しかったため、試作を繰り返していくたびに大型化し最終的には巨大ロボットになってしまった。

それこそが、青春と希望の精神が形となったロボット「希望大帝ダイセイシュン」である!

しかし希望崎にはまだ巨大ロボットを造るノウハウが不足していたため姉妹校の鳥取砂丘学園に技術協力を申し出てしまう。
これが大きな転換点となり計画はあらぬ方向へ転げ落ちてしまう…。

当時の鳥取砂丘学園ロボット工学部の部長が戦車にドハマりしていたこと
外見を対象の魔人に模す必要が無いなら、人型にするメリットがあまりないこと

等の理由から、最終的に希望大帝ダイセイシュンは名前はそのまま戦車として世に送り出されることになったのだった…。


■ブラウ
希望大帝ダイセイシュンのメイン搭乗猫。シュッと細身で毛の短い黒猫。オス。左耳の先っちょが少し欠けてる。
気性が荒く誰も寄せ付けないが、唯一、山乃端一人にだけは心を許している。

山乃端一人のことは「望むなら、おれ様のオンナにしてやってもいい」って思ってる。


■フューリー
希望大帝ダイセイシュンのサブ搭乗猫。でっぷりと太った毛の長い白猫。メス。人懐っこく人気者。
昼休みには女生徒の群がりができるほど。ブラウの唯一の友達。

山乃端一人のことは「サービスしてやらなくてもゴハンをくれるのでチョロい」って思ってる。