※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

天満宮ベガ


■よみ
てんまんぐうべが

■性別
女性

■学年
2年

■武器
三角定規

■体型
華奢

■部活
文学部

■委員
図書委員会

■ステータス
攻撃力:1/防御力:1/体力:2/精神力:6/FS(夏の大三角):20

君の知らない物語

■特殊能力効果
効果:精神3ダメージ 40
範囲+対象:周囲2マス全員 3
時間:一瞬 1
消費制約:永続行動不能 40
非消費制約:敵味方無差別 0.93
FS:20 3.0

青春ボーナス:4()

発動率:89% 成功率:100%()

能力原理

「あの人と星を見に行った夜」の心象風景で周囲を塗りつぶす。
伝えられない想いの切なさで精神が削られる。

キャラクター説明

小説のような恋に憧れる文学少女。憧れすぎて魔人化した。
芝居がかった物言いをしたり、無駄にアゴを上げたりする。

能力を発動すると、辺り一面が星降る夜空の下と化す。
この空間は「青春の概念」が具現化したものなので、立っているだけで老若男女モヒカン問わず心の中に「伝えられなかった想い」が上書きされる。
そして切なさが募り精神にダメージ。
もちろん天満宮ベガ本人はノーダメージ。それどころか「あれがデネブアルタイルベガ」とか言って指さしてる。