※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

御厨文化


■よみ
みくりや ふみか

■性別
女性

■学年
2年

■武器
レターセット

■体型
華奢

■部活
文芸部

■委員
図書委員

■ステータス(攻撃/防御/体力/精神/FS(FS名)
攻撃:0/防御:0/体力:3/精神:2/FS(文章力):20

檄文執筆

■特殊能力効果

範囲1:同マス
範囲2:同マス

+シークレット公開
■特殊能力効果
効果1:攻撃力3上昇 24
範囲:同マス味方全員 1.5
時間:1ターン 1

効果2:移動力1上昇 50
範囲:同マス味方全員 1.5
時間:1ターン 1

消費制約:永続行動不能 40
FS:20 3

青春ボーナス:6

発動率:93% 成功率:100%

能力原理

相手の心を強く動かす檄文を見せる。
読んだ相手の心を動かし、士気を大きく上げる。
高まった士気はきっとその力を大きくまで発揮してくれることだろう。
本人は精魂込めて文章を書いたため、その疲労でしばらく動けなくなる。


キャラクター説明

操心術士の一族、御厨一族の少女。
長い黒髪の大人しそうな文学少女で、よく図書室で本を読んでいる。
文章力に長け、彼女の書いた文を読んだ人は強く心を動かされる。自身の書いた文章を介して相手に影響を与える操心術士。
彼女の魔人能力は自身の文章が相手に与える影響力を強化するというもの。そのため操作能力としては弱いが、能力の解除等を受けることはない。彼女の文章を読んだ者の変心は、能力そのものによるものではなく、あくまで彼女の美文を読んだ影響によるものだからだ。
それゆえにこれまで多くの学生からラブレターの代筆を頼まれており、彼女の書いたラブレターにより数多くの恋人が生まれている。このため多くの学生たちからは恋のキューピット扱いされている。
ちなみにその効果は魔人能力として考えると微々たるものといっていい。あくまでその効果は告白の成功率を(大きく)上げる程度で、相手の意思を完全に無視するようなカップルを作り出すことは出来ない。しかしだからこそ告白する相手を完全に操っているわけではないということで、逆に信頼を得ている。
本人には恋人どころか想い人もいない。しかしラブレターの代筆による多くのカップル成立を間近で見て、いつか自分にもそんな風に想える相手が現れるのかと密かに期待している。