シャッフル

妄式情報

シャッフルリーグ開催時、どこからともなく現れる助っ人選手たち。
ステータスは低いが、いざというときには頼れるか!?

打撃力 ☆
機動力 ☆
投手力 ☆

選手データ

選手名 所属 考察
大木 シャッフル 6 6 7 7 5 5 5 1 俊足巧打を誇るシャッフルのリードオフマン。
佐藤 シャッフル 5 7 6 6 6 6 5 1 シャッフル屈指の高打率を誇るコンタクトヒッター。
加藤 シャッフル 7 4 4 4 4 5 6 1 長打力に優れるシャッフルの大砲。
太田 シャッフル 6 7 6 6 6 6 6 6 全ポジションを守れるユーティリティにしてシャッフル最高の打撃能力を誇るマルチタレント。

選手名 所属 考察
岡村 シャッフル 7 7 5 6 6 6 速球、制球、変化球の三拍子が揃ったシャッフルの大エース。
平山 シャッフル 6 7 4 6 6 7 制球と変化球に優れた技巧派中継ぎ。

シャッフルチームにランダムで参加する助っ人選手たち。その正体はダリーグのOBである。
大木(38)は長年モンキーズの主力として盗塁王を獲得するなど活躍したが、守備の衰えが著しく2年前に戦力外となった。走塁に関する豊富な経験を活かし、サードコーチャーとしてチームを支え続けている。俊足巧打は未だ光るものがあり、チームでは代打・代走でも見せ場を持つ。
佐藤(40)はかつてのリザーズの内野手。軽快な守備と高打率を残すバットコントロールが売りだったが、真木や倉科らの加入とともに出番が激減し、自身の衰えもあって引退。以後は打撃コーチとして残り、現役時代からの高い技術を若手に注ぐ。
加藤(31)は高校時代スラッガーとして鳴らし、ドラフト4位でエレファンツへ入団した。しかし振り回す打撃は打率に難があった上に守備でも送球イップスを発症し、一軍に定着できないまま若くして戦力外となった。現在は独立リーグで主に一塁手として出場しており、シャークスなどでの現役復帰を虎視眈々と狙っているとか。
太田(42)はシャークス、リザーズを渡り歩いた苦労人。豊富な経験がもたらす安定感ある打撃と守備が持ち味で、捕手も守れる。捕手不足のダリーグではとくに重宝され、現役選手に混じってスタメン出場も多い。

岡村(41)はかつてのファルコンズのエースである。先発として長期に渡り第一線で活躍し続けたが、加齢とともに長いイニングをもたせられなくなり、三本柱が完全に確立されたこともあって引退を選択。現在は投手コーチとして投手王国を支えている。向井の処遇が最近の悩みだとか。
平山(32)は元ドッグス所属。出処の見づらいフォームから繰り出される複数の変化球を売りに社会人野球で活躍し、高齢ながらドラフト2位でドッグスへ入団。しかし、球威不足を露呈しプロでは全く芽が出ることがなかった。制球とシュートには光るものがあり、シャッフルでも中継ぎ・抑えとして活躍。


全体的にシャークスの生え抜きに毛が生えた程度の能力であるが、ユーティリティが多くどのような状況でも最低限の活躍が可能な選手が揃う。




コメント欄

  • 作成お疲れ様です。シャッフルで組んでるとき、「このポジション埋まらない」ってときに太田がいると入れられる。頼れる存在やね。 - 名無しさん (2018-11-24 18:39:04)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。