NPO法人 エデンプロジェクト

フォトアルバム5

最終更新:

edenproject

- view
管理者のみ編集可

浄化槽作り

下の小さな矢印をクリックすると、次の(前の)画像に行きます。


«    »


ブッダジョティでは、各家庭のトイレから出る汚水や生活排水は、すべてコミュニティーを流れるビシュヌマティ川に直接垂れ流されている。捨てられる大量のごみと混ざって、見た目の不快感もさることながら、水量が減り汚染度が高まる乾季の悪臭は大変なものである。

「この悪臭の問題を何とか解決してもらえないだろうか。」というリクエストがエデンプロジェクトに届けられた。汚水処理の専門家や技術者など誰もいない中、エデンプロジェクトは地元の資材と労働力だけで、単純浄化槽の設置に取り組んだ。

2008年2月に始まった浄化槽工事は、3か月かかってようやく2基が完成した。その後、何度かトラブルが続いて当初の予想以上にメンテナンスが必要となったが、地域の人たちが、「悪臭の問題が格段に良くなった」と喜んでくれたことが、プロジェクトスタッフにとっての何よりのご褒美であった。

ただし、他の地域からの汚水は、相も変わらず直接川に垂れ流されている状況には変わりなく、川の環境改善に大きく寄与したとは、とても言えるものではない。それでも、「自分たちでも何かできることがある。」と地域の人たちがわかってくれたことの意味は大きい。