※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マビノギオン(The Mabinogion)




もとはウェールズ古書の中で最も有名な2つの書である。

1300~1325年『フラゼルフの白書』
1275~1425年『ヘルゲストの赤書』

そこに16世紀の写本『ハネス・タリエシーン』から11の物語を選んでまとめたもの。

シャーロット・ゲスト夫人が編纂し『マビノギオン(マビノギ=4つの物語)』の複数形を命名とした。

マビノギ(Mabinogi)は元々、

  • プイス(Pwyll, Prince of Dyfed)、
  • ブランウエン(Branwen, daughter of Llŷr)
  • マナウアザーン(Manawydan, son of Llŷr)
  • マース(Math, son of Mathonwy)

の4枝(4つの物語)のみの呼称だったが、

全体を指してマビノギオンとの呼び名が定着した。


内容は

  • マビノギ4枝 "The Four Branches of the Mabinogi"
  • マクセン・ウレディーグの夢 "The Dream of Macsen Wledig"
  • シーズとセヴェリース "Lludd and Llefelys"

(古いアーサー王物語より)
  • キルフーフとオルウェン "Culhwch and Olwen"
  • フロナブイの夢 "The Dream of Rhonabwy"

(新しいアーサー王の物語より)
  • 泉の夫人 "Owain, or the Countess of the Fountain"#amazon(4562037156)
  • ペレディール "Peredur, son of Efrawg"
  • エルビーンの子ゲライント"Geraint and Enid"


アーサー王からの新しい3話からは、新しいノルマン=フランス系のアーサー王伝説が入っていることがわかるが

キルフーフとオルウェンでは再び神話の世界に戻り、その内容はウェールズの語り部の内容とも一致している。

これらは文字で表される前より、口承で何世紀も伝わってきたものであり、きわめて古いものだった。











最終更新:2014年10月11日 21:00