A0029 【特製カード】沖田総司 早春の唄


ミッション№
名前 特殊条件 人数 戦利品
上級
№A0029
07 / 02 / 23 ~ 07 / 04 / 12
【特製カード】沖田総司 早春の唄
第二幕カード
のみ
2人 沖田総司
早春の唄
(3ポイント)

プロローグ
沖田
「土方さん、今日は体調が良いので、ちょっと散歩に行こうと思うんです。」

土方
「ああ、そうか。京にはもう春が訪れかけている。雪も溶け、桜が咲いているからな。散歩をするには丁度いい季節だろう。」

斉藤
「沖田、おまえはただ歩くだけで目立つからな。あまり派手な動きをするなよ。」

沖田
「はい、斉藤さん。大丈夫ですよ。ただの散歩ですし刀は抜きませんから。では、行ってまいります。」
危険度
★×?

SC0033
忍者 ヤシャオウ


1400 / 250 / 200
9/9/9/17/9
敵サポカ
鬼道Lv3×3
沖田
「あっ、ヒバリだ。僕がしばらく外に出ない間に、もう春が訪れていたのか。京の春の訪れは、思ったより早いなあ。」

ヤシャオウ
「おい、そこの新撰組の野郎。」

沖田
「えっ?僕のことですか?」

ヤシャオウ
「おまえ以外に誰がいる?なあ、土方は元気か?奴はどこにいる?」

沖田
「土方さんを知っている・・・あなたは何者?」

ヤシャオウ
「土方と闇で刃を交えた感覚・・・思い出しただけで血が騒ぐわ。なあ、土方の右腕に刺した傷は癒えたか?」

沖田
「・・・何が言いたいのですか?」

ヤシャオウ
「腐るほど戦をしてきたお前なら、分かるだろう。」

沖田
「僕は無駄な戦いはしたくないんです。今はあなたと戦う理由がない。」

ヤシャオウ
「フッ、新撰組も、京に来て怖気づいたか。」

沖田
「何を言う!僕のことはともかく、新撰組を馬鹿にするなど、許せる行為ではありません。」

ヤシャオウ
「はははっ、簡単な挑発に乗ったな。単純な奴だ。」

沖田
「くっ・・・」

ヤシャオウの火炎術が、彼の手の中で燻り始めた・・・
危険度
★×?

SC0120
隻眼の龍 伊達政宗


1650 / 270 / 200
4/5/15/5/5
敵サポカ
水月Lv3×1
剣舞Lv3×2
ヤシャオウ
「土方に劣らぬ能力・・・お前格好だけではなかったようだな。さすがだ、新撰組。土方と再会できる日を楽しみにしているぞ。」

静かに笑みを浮かべるヤシャオウ。

ヤシャオウ
「フッ、振り返ってみろ。好む好まざるに関わらず、引き寄せる男。己の不運を恨むんだな。」

伊達
「沖田か?」

沖田
「僕の名を呼ぶのは?」

振り返った沖田を睨みつけていたのは、うすら笑いを浮かべた男だった。男の長髪から覗く片目が鋭く怪しい光を放った。

沖田
「何故、僕の名を?」

伊達
「新撰組一番隊隊長、沖田総司。こんな所で派手に遊びやがって、“何故”などとしらばっくれよる。まあ、おかげで探す手間が省けたがな。ようやっと見つけたぞ。お主、その美しい顔に似合わず、新撰組で1、2を争う強さと聞くが本当か?」

沖田
「僕は、僕はただ幕府に仇なす者に立ち向かうだけです。」

伊達
「あはははは、面白い。現世に蘇ったばかりの我には丁度いい獲物よ。」

沖田
「蘇ったって・・・?覇王の力?あなたはいったい誰?」

伊達
「つべこべ言うな。お前のその羽織、この伊達政宗の手で赤い鮮血で染めてくれようぞ。ああ、肉を切り裂くあの感触、飛び散る血の臭い、おれはこのために蘇ったのだな。」

伊達は不敵な笑みを浮かべ、ゆっくりと刀を抜いた。
エピローグ
沖田
「ちょっと待たせちゃったかな。ごめんね。今日は久しぶりに天気が良かったから、散歩をしていたんだ。さっきね、ふと頭の上で鳥のさえずりが聞こえたから空を見上げてみたんだ。そうしたら、もうヒバリが飛んでいたんだよ。京は、僕の故郷より早く春が来るのかな。ん?腕の傷?ああ、これか。土方さんに稽古をしてもらった時に怪我してしまったのかな。大丈夫だよ。心配してくれてありがとう。あなたに、土方さんのこと話したことあったけ?土方さんはね…」


沖田
「あっ、ごめん。つい夢中になってしゃべり過ぎちゃったね。今日は一緒に桜を見る約束だものね。さあ、行こうか。」
■上級NO.A0029 【特製カード】沖田総司 早春の唄■ 敵デッキデータまとめ
【1戦目 SC0033忍者ヤシャオウ】 ★★★★ 体1400 攻250 防200 9 / 9 / 9 / 17 / 9
デッキ              ATT DEF
忍者 ヤシャオウ×3      510  430
真紅の憎悪 ムゲン×4    470  440
真紅の忍者 ヤシャオウ×3  500  420
サポカ:術Lv3×3枚(ムゲン・ヤシャオウ・真紅ヤシャオウ各1枚)
【最終戦 SC0120隻眼の龍 伊達政宗】 ★★★★★ 体1650 攻270 防200 4 / 5 / 15 / 5 / 5
デッキ             ATT DEF
隻眼の龍 伊達政宗×3   540  400  
望郷の念 明智光秀×4   550  440
奥州の覇者 伊達正宗×3  540  420
サポカ:心Lv3(明智光秀)、技Lv3×2枚(隻眼の龍・奥州の覇者各1枚)

■攻略法募集中■
  • 二人目は『隻眼の龍 伊達政宗』HP1650です。 -- 名無し女 (2007-02-23 19:23:15)
  • 隻眼の龍 伊達政宗

    危険度 ★★★★★
    生命力 1650
    攻撃力 270
    防御力 200属性 4 5 15 5 5

    ヤシャオウ「土方に劣らぬ能力・・・お前格好だけではなかったようだな。さすがだ、新撰組。土方と再会できる日を楽しみにしているぞ。」
    静かに笑みを浮かべるヤシャオウ。
    ヤシャオウ「フッ、振り返ってみろ。好む好まざるに関わらず、引き寄せる男。己の不運を恨むんだな。」
    伊達「沖田か?」
    沖田「僕の名を呼ぶのは?」
    振り返った沖田を睨みつけていたのは、うすら笑いを浮かべた男だった。男の長髪から覗く片目が鋭く怪しい光を放った。
    沖田「何故、僕の名を?」
    伊達「新撰組一番隊隊長、沖田総司。こんな所で派手に遊びやがって、“何故”などとしらばっくれよる。まあ、おかげで探す手間が省けたがな。ようやっと見つけたぞ。お主、その美しい顔に似合わず、新撰組で1、2を争う強さと聞くが本当か?」
    沖田「僕は、僕はただ幕府に仇なす者に立ち向かうだけです。」
    伊達「あはははは、面白い。現世に蘇ったばかりの我には丁度いい獲物よ。」
    沖田「蘇ったって・・・?覇王の力?あなたはいったい誰?」
    伊達「つべこべ言うな。お前のその羽織、この伊達政宗の手で赤い鮮血で染めてくれようぞ。ああ、肉を切り裂くあの感触、飛び散る血の臭い、おれはこのために蘇ったのだな。」
    伊達は不敵な笑みを浮かべ、ゆっくりと刀を抜いた。

    沖田「ちょっと待たせちゃったかな。ごめんね。今日は久しぶりに天気が良かったから、散歩をしていたんだ。さっきね、ふと頭の上で鳥のさえずりが聞こえたから空を見上げてみたんだ。そうしたら、もうヒバリが飛んでいたんだよ。京は、僕の故郷より早く春が来るのかな。ん?腕の傷?ああ、これか。土方さんに稽古をしてもらった時に怪我してしまったのかな。大丈夫だよ。心配してくれてありがとう。あなたに、土方さんのこと話したことあったけ?土方さんはね…」



    沖田「あっ、ごめん。つい夢中になってしゃべり過ぎちゃったね。今日は一緒に桜を見る約束だものね。さあ、行こうか。」 -- 名無しさん (2007-02-23 20:30:56)
  • 獲得カード
    SC0129 沖田総司 早春の唄 -- 名無しさん (2007-02-23 20:32:55)
  • 情報ありがとうございます。敵デッキデータを含め更新しました。
■最終更新■(2011-02-28)

本日 -
昨日 -
総計 -