A0037 テンが祝うこどもの日


ミッション№
名前 特殊条件 人数 戦利品
中級
№A0037
07 / 05 / 02 ~ 07 / 07 / 06
テンが祝うこどもの日
10ターン以内に撃破 2人 テン 太助の晴れ姿
鬼道LV2
(6ポイント)

プロローグ
テン
「ん~。今日は暖かいね。」

歩き疲れた体を大きく伸ばし、テンは旅の仲間に声を掛けた。

太助
「なんだなんだ年寄りくせぇな。若いんだからもっと駆け回ったりしろよ。」

テンの肩に乗っている管狐が呆れた顔で声を上げた。


「そんなこというなら太助も歩いたら?どっちが年寄りくさいんだか。」

白い管狐の絹はテンの横を歩いていた。

テン
「あっそうだ。そういえばこどもの日ってもうすぐじゃない?」

さっきまで太助の言葉に落ち込んでいたテンは、突然こどもの日を思い出したようだ。

太助
「もうすぐだけどよ。あれは男の節句だろ。テンには関係ないじゃねぇか。」

相変わらずテンの肩に乗りながら文句だけつける太助。本人は面倒なことは御免だとばかりに、最初からやる気がないようだった。

テン
「私は関係ないけど、ここに男の子がいるじゃない。」

テンは嬉しそうに肩の太助を指差した。

太助
「げっ。おれかよ。嫌だよ。」

テン
「もう決めたんだ。それじゃ兜探しに行こう。こどもの日って言ったら兜でしょ。」

こどもの日を祝うはずが、なぜか兜探しが始まった。
危険度
★★★

SC0091
気高き魂 梵天丸


850 / 170 / 200
1/1/1/1/1
敵サポカ
剣舞Lv1×1
鬼道Lv1×1
梵天丸
「なんだ小娘。おれに用か?」

テン
「あの、兜持ってないですか?」

梵天丸
「兜だと?見れば分かるだろう。おれが兜を持っているように見えるか?」

半ば呆れ顔の梵天丸だが相手が少女だということもあって、話だけは聞いてくれるらしい。

太助
「こいつ、あれじゃねぇか。隠してんだろ。」

テンの背負った荷物の中に隠れていた太助が顔を出し、梵天丸に文句を付け始めた。

梵天丸
「なんだその小動物は。あまり無礼なことを言うと、ただではおかぬぞ。」

木刀を握りなおし、梵天丸は太助をにらみつけた。

太助
「無礼なことって、なんか言葉使いが小難しいね。お侍さんごっこかよ。」

梵天丸
「・・・斬る!」
敗北時 梵天丸
「ほらな、生意気な口きくから痛い目に遭うんだ。負けたからって泣くんじゃねぇよ。」


「泣いてなんかないもん!」

太助
「お前、絹を泣かせたな!許せねえ!!テン、もう一回勝負しようぜ!!」

テン
「う、うん。私も、今度はもっと頑張るから!」
危険度
★★★★

SC0181
源義経 悠久の想い


1000 / 210 / 200
3/3/3/3/3
敵サポカ
修羅Lv2×1
水月Lv2×1
剣舞Lv2×1
テンは山道を転げ落ちるように駆け下り、梵天丸の姿が見えなくなったことに安堵した。


「もう。太助が余計なこと言うから怒らせちゃったじゃない。」

太助
「なんだよ。おれが悪いのかよ。」
絹「どう考えたってあんたが悪いでしょ。」

2匹の管狐が言い合っている中、テンはひとり静かに佇む鎧武者を見つけた。

テン
「すみません。お侍さん。」

義経
「おや。こんなところで道に迷いましたか?」

辺りを暖かい光が照らす中、テンはこの場所が特殊な霊力を秘めた場所だと感じた。

テン
「はい。道に迷ったみたいです。よく迷うんです。」

鎧を着た義経の柔らかい笑みを見ていたら、テンも嬉しくなって微笑んでいた。

テン
「お侍さんも道に迷ったんですか?」

義経
「私は人を探しているんだ。だいぶ待たせてしまったからね。」

テン
「えっ。私も手伝います。」

道に迷っていることなどすでにテンの頭には無かった。

義経
「これは私が自分で見つけなければいけないこと。だから大丈夫だよ。それよりも、君はもう帰らないといけないね。ここは君みたいな子が居てはいけない場所だから。」

義経はテンの頭を撫で、そして刀を抜いた。

テン
「え?なんで?」

義経
「この場所から帰るためにも、私を倒すんだ。この場所に力を示さねば、生者は取り込まれてしまう。少し痛いかもしれないけど、必ず帰るんだよ。」
敗北時 義経
「君たち、本気で私に挑んだかい?君たちが本気を出せば、もっと強いはずだよ。」

テン
「太助、絹、私たち本気で頑張ったよね?」

太助
「当たり前じゃねえかよ。」


「私このお侍さん悪い人には見えない。」

義経
「私に遠慮はいらないんだよ。さぁ、もう一回戦いなさい。今度はきっと良いことが起こるはずですよ。」


「テン、太助ごめん。今度は本気で頑張るから、もう一回挑戦しよっ!」
エピローグ



「テン!テン!」

太助
「早く目を覚ませよ。どうしたんだよ。」

2匹の管狐は心配そうにテンの顔を覗き込んで声を掛けていた。

テン
「ん?あっおはよう。」

すると眠そうに目を擦りながらテンが起き上がった。


「良かったー。テン本当に大丈夫?」

テン
「えっなにが?」

太助
「心配掛けやがって。なんだ寝てただけかよ。」

テンはまだ明るい空を見上げ、明るい太陽の光に目を細めた。

テン
「うん。優しい人が出てきた夢だったよ。」

太助
「夢の話なんか聞いてねぇよ。まぁ元気ならいいや。もう少し休んでからさっさと出発しようぜ。」

口は悪いが太助の優しさにテンと絹は顔を見合わせ微笑んでいた。

テン
「それじゃ、もう少し休んだら太助の兜探しに行こうね。」


「えっ、テンが持っているのって兜じゃないの?」

いつの間にかテンの手の中には小さな兜があった。

テン
「あっ本当だ。良かったね太助。お侍さんありがとう。」

■攻略法募集中■
  • 2人目は
    源義経 悠久の想い
    です  -- 名無しさん (2007-05-04 19:03:11)
  • 梵天丸のバトカです
    攻   防
    霧雨のカスミ      350 380
    雅の響き セン     360 390
    静御前 エボ1段階   360 390
    捕らわれしもの ムゲン 350 380 サポ 鬼道lv1
    真紅の忍者 ヤシャオウ 350 380
    忍者 ヤシャオウ    340 400
    怪力無双 ヤマトリュウ 340 400
    伊達政宗1段目の方   340 400
    盗賊 アゲハ      360 390 サポ 剣舞lv1
    真田幸村        350 380 -- 名無しさん (2007-05-04 19:38:29)
  • 義経 ストーリー
    テンは山道を転げ落ちるように駆け下り、梵天丸の姿が見えなくなったことに安堵した。
    絹「もう。太助が余計なこと言うから怒らせちゃったじゃない。」
    太助「なんだよ。おれが悪いのかよ。」
    絹「どう考えたってあんたが悪いでしょ。」
    2匹の管狐が言い合っている中、テンはひとり静かに佇む鎧武者を見つけた。
    テン「すみません。お侍さん。」
    義経「おや。こんなところで道に迷いましたか?」
    辺りを暖かい光が照らす中、テンはこの場所が特殊な霊力を秘めた場所だと感じた。
    テン「はい。道に迷ったみたいです。よく迷うんです。」
    鎧を着た義経の柔らかい笑みを見ていたら、テンも嬉しくなって微笑んでいた。
    テン「お侍さんも道に迷ったんですか?」
    義経「私は人を探しているんだ。だいぶ待たせてしまったからね。」
    テン「えっ。私も手伝います。」
    道に迷っていることなどすでにテンの頭には無かった。
    義経「これは私が自分で見つけなければいけないこと。だから大丈夫だよ。それよりも、君はもう帰らないといけないね。ここは君みたいな子が居てはいけない場所だから。」
    義経はテンの頭を撫で、そして刀を抜いた。
    テン「え?なんで?」
    義経「この場所から帰るためにも、私を倒すんだ。この場所に力を示さねば、生者は取り込まれてしまう。少し痛いかもしれないけど、必ず帰るんだよ。」 -- 名無しさん (2007-05-04 19:39:27)
  • 義経は
    生命力 1000
    攻210 防200
    ★4

    攻撃で押したほうがいいでしょう
    しかし生命力も多いカードで攻めるように -- 名無しさん (2007-05-04 19:41:23)
  • ↑のに追加
    書き忘れました

    義経は連撃効果もあるので
    数枚サポカを付けることをおすすめします -- 名無しさん (2007-05-04 19:42:28)
  • 無料・攻略
    リーダー・義経悠久の想い
    バトカ・安部晴明 真田幸村 爆裂ケイガ 奥州の覇者伊達政宗
    鎖鎌のカイセイ×2 アザナミヤシロ 茨城童子×3
    ノンサポです

    梵天丸→とりあえず、人ジャッジで引き分け狙う
    記録とるとよいかも
    義経→地ジャッジ一本でいきました

    ジャッジは、傾向が変わるので頼りにしないでください。
    ご参考までに。 -- 雨やどりゴーレム (2007-05-05 16:30:04)
  • 義経 敗北時

    義経「君たち、本気で私に挑んだかい?君たちが本気を出せば、もっと強いはずだよ。」
    テン「太助、絹、私たち本気で頑張ったよね?」
    当たり前じゃねえかよ。」
    絹「私このお侍さん悪い人には見えない。」
    義経「私に遠慮はいらないんだよ。さぁ、もう一回戦いなさい。今度はきっと良いことが起こるはずですよ。」
    絹「テン、太助ごめん。今度は本気で頑張るから、もう一回挑戦しよっ!」 -- 名無しさん (2007-05-07 15:00:49)
  • エピローグ

    絹「テン!テン!」
    太助「早く目を覚ませよ。どうしたんだよ。」
    2匹の管狐は心配そうにテンの顔を覗き込んで声を掛けていた。
    テン「ん?あっおはよう。」
    すると眠そうに目を擦りながらテンが起き上がった。
    絹「良かったー。テン本当に大丈夫?」
    テン「えっなにが?」
    太助「心配掛けやがって。なんだ寝てただけかよ。」
    テンはまだ明るい空を見上げ、明るい太陽の光に目を細めた。
    テン「うん。優しい人が出てきた夢だったよ。」
    太助「夢の話なんか聞いてねぇよ。まぁ元気ならいいや。もう少し休んでからさっさと出発しようぜ。」
    口は悪いが太助の優しさにテンと絹は顔を見合わせ微笑んでいた。
    テン「それじゃ、もう少し休んだら太助の兜探しに行こうね。」
    絹「えっ、テンが持っているのって兜じゃないの?」
    いつの間にかテンの手の中には小さな兜があった。
    テン「あっ本当だ。良かったね太助。お侍さんありがとう。」

    ちなみに敵のサポカは
    源義経 剣舞Lv2
    源義経 刻の調べ 修羅Lv2
    猫又 ミク 水月Lv2
    です。 -- 名無しさん (2007-05-07 15:39:29)
  • 2人目のステータス?はALL3です。
    バトカは・・・

    ・天賦の才 沖田総司 (攻410/防390)
    ・薄幸の剣士 沖田総司 (410/390)
    ・仕置き人 キョウカ (410/390)
    ・戦乱の華 お市 (410/400)
    ・百花繚乱 お市 (410/400)
    ・一番隊隊長 沖田総司 (420/400)
    ・看板娘 キョウカ (420/400)
    ・源義経 刻の調べ (410/390/修羅Lv2)
    ・猫又 ミク (410/400/水月Lv2)
    ・源義経 (420/400/剣舞Lv2)

    です。 -- 玲奈 (2007-05-13 21:33:04)
  • 2回目報酬 6ポイント -- 名無しさん (2007-05-28 22:43:43)
  • ありがとうございます。更新しておきました。
  • リーダー 紅鋼武者
    バトカ  紅鋼武者×10

    ノンサポで倒せました -- 名無しさん (2007-06-13 17:41:13)
■最終更新■(2011-02-28)

本日 -
昨日 -
総計 -