マルチプレイ(Multi Play)とは、他の車両が全て他プレイヤーのトレーラーとなるmodである。

2015/6/20現在、アルファテスト中でありETS2を持っているプレイヤー全員が参加できる。
amazonなどでパッケージ版を購入した場合はsteamにてゲームの有効化をする必要がある(steamクライアント→ライブラリ→ゲームを追加→steamでゲームを有効化する)。

・導入方法

ここからダウンロードする。
1.右上のregisterからアカウントを作成
2.Download latest virsionからダウンロード・インストール
3.ETS2の本体を保存したファイルに保存する(steam版ではproglam file(x86)等。)

ダウンロード出来ない場合、公式Forumまたは公式Facebookを覗いてみるといいだろう。

・マルチプレイの特徴

  • AIカーが消え全て他プレイヤーのトレーラーになる。
  • modは全て無効になる。
  • 会社や修理場、港での接触が無くなる(non collision、ノンコリ)
  • 時間の流れが固定化され、ゲーム内の1時間が現実時間の10分になる。
  • ドライバーズプレートは自分の設定が反映される。但しナンバープレートはworld of trucksで設定した物が反映される。
  • 天候・踏切は同期されない。
  • 10分動かないとauto-kickとなる。
  • 2015/7/1現在、EU1、US1、EU2、Asia1、South America1がありEU2ではリミッターなし、それ以外のサーバーでは街中60km・市街地110kmのリミッターが設定されている。
  • EU1は3500人、EU2・EU3は2300人、US1は1500人、Asiaは500人、South Americaは750人制限。

・FAQ

  • 人にぶつけてしまった
チャットで謝るべき(yでチャットを入力できる)。現在チャットで日本語入力はできないので、英語で「Sorry」または略して「Sry」と送信するのがベター。

  • 60km、110kmしか出せない
現在、街中では60km・市外では110kmのリミッターが掛かっている。

  • 対向車がクラクションを鳴らしてくる
挨拶の代わりに鳴らすことが有る。
パッシングなども挨拶代わりに使われる事がある。

  • 背後からパッシングされる
「今からお前のトレーラーを追い抜く」という合図であることが多い。また、時折速度取締をパッシングで教えてくれる優しいドライバーもいる。間違っても日本のDQNのような煽りではないのでご安心を。

  • 混んでいる所は何処?
基本的に港の付近は混雑しやすい。特にRotterdam~Europort間の高速道路や、Calais~Liege方面の高速道路等。特にEuroport付近ともなると、サーバーが満杯の場合大体5~60台街中に居る。
スペックが低いPCだと落ちる場合が有るので注意。
用もなくRotterdamに行くとBANされる可能性があるので非推奨。(公式ルールに明記されている。)

  • 突然サーバーから弾かれた
サーバーの負荷を避けるため、10分以上何もせずにトレーラーを放置するとオートキック(強制弾き出し)される。トレーラーをサービスエリアに入れて現実時間で休憩…なんてやっているとオートキックされるので注意。また、道路を故意に塞いで他のトレーラーの進行を妨害したり、他のトレーラーに故意にぶつけるGTA的運転をしてもオートキックされる。危険運転または交通妨害の場合、違反行為を2度やるとオートキックされる模様。

  • サーバーの違い
マルチプレイのサーバーには先述の通り「地域名+1からの通し番号」という区分で複数存在するが、この地域名はサーバーが存在する地域(国名)を表す。つまり、「EU」だとEU圏内に、「US」だとアメリカに、「Asia」だとアジア圏内に、…というように割り振られている(筆者は普段EUサーバーにアクセスしているが、日本からだとUSサーバーやAsiaサーバーの方が繋ぎやすいらしい)。そして、通常市街地には60km/h、郊外の高速道路などでは110km/hのスピードリミッターが設定されているが、EU2サーバーのみこのスピードリミッターの設定がない。このため、荷物を定時通りに届ける事のできる確率は上がるが、速度規制のない分各ユーザーの運転も荒いので注意。それなりの覚悟をもって運転しないと、片側一車線のカーブで対向車線からはみ出してきた別のトレーラーと正面衝突して自分のトレーラーが大破…なんてことも十分にある。

・Reportについて
このマルチプレイでは、危険運転などのルール違反者がいた場合、運営にその存在を報告するレポート機能が実装されている。
手順は以下の通り。

1:Tabでプレイヤー一覧表を表示する。
2:Report Playerをクリック(カーソルは右クリックで有効化)
3:項目にチェックを入れ、Sendで送信。成功した場合にはThank you for report!と出る。

また、このレポートの違反理由の欄については英文しか受け付けられない。このため、違反ユーザーを報告する場合は、その違反内容を英語で送信する必要がある。例えば、

  • Reckless Driving(危険運転。信号無視など)
  • Blocking Roads(故意の長時間道路封鎖)
  • Ramming other Drivers(故意の追突)
  • Meander Driving(蛇行運転)

など。危険運転の内容報告の場合、おおよそ「危険な運転の内容+Driving」という英文で通じるので、危険なユーザーが存在すればためらわず報告するべき。

・ゲーム内ルール
基本的に、安全運転を心がけていればルールに抵触することはない。公式ルールでは主に

  • 他のドライバーに対する人種差別・宗教差別などの差別的発言
  • 不正な行為(バグの利用・マップMODなどのゲームの構造的部分を改変するMODの使用など)
  • 当て逃げ・執拗な煽り・信号無視・道路の意図的封鎖などの、無謀な運転

が禁止行為として定められている。また、その他にもローカルルールを定めていることもあるが、しっかり確認しておけば問題ない。

・更新履歴

2015/6/23 0.1.9 UTF-16をサポート・プレーヤータグの追加([name/color]) httpクライアントの修正
2015/6/24 0.1.9.1 新しいフォント(opensans) tooltipsの横向きバーのバグ・クラッシュを修正  サーバーに/st(サーチタグ)を追加
2015/6/28 0.1.9.2 ゲームのクラッシュ(インゲーム・プロフィール画面)の修正 UTF-16でのログイン 見えないフォントの習性