※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

20080131
さくらつかさ@PC自重 :よろしくお願いします。
芝村 :記事どうぞ
さくらつかさ@PC自重 :えーと、こちらが申請記事になります。 http://cwtg.jp/ogasawara/wforum.cgi?no=1145&reno=1013&oya=1013&mode=msgview
さくらつかさ@PC自重 : 
【予約者の名前】1700321:さくらつかさ:FVB
【実施予定日時】20080131/20:00~21:00
【ゲームの種別】小笠原ゲーム
【イベントの種別(時間):消費マイル】 
 ・ミニイベント(1時間):10 【召喚ACE】(※小笠原のみ)
 ・ネコリスファミリー:海法よけ藩国滞在:0 
 ・S.TAGAMI:非滞在:10マイル
 ・参加者1人追加:10マイル
【合計消費マイル】計30マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・0400083:劔城 藍:海法よけ藩国:仮入学:0 
 ・1700321:さくらつかさ:FVB:入学済:30 
 ・1800352:葉崎京夜:詩歌藩国:入学済:0

芝村 :はい。参加者をどうぞ
さくらつかさ@PC自重 :ちょっとごたごたしてますが、順次参加者をお呼びします。
さくらつかさ@PC自重 :こんばんはー。
さくらつかさ@PC自重 :本日はよろしくお願いします。

葉崎京夜@TAGAMI妖精 が会話に参加しました。
劔城 藍@マスター明け が会話に参加しました。 

葉崎京夜@TAGAMI妖精 : こんばんは、本日はよろしくお願いいたします。
芝村 :はい
劔城 藍@マスター明け : こんばんは。宜しくおねがいいたします
芝村 :イベントをどうぞ?
さくらつかさ@PC自重 :えぇと
さくらつかさ@PC自重 :イベント選択の前に少しご相談があるのですが
さくらつかさ@PC自重 :よろしいでしょうか?
芝村 :どうぞ
さくらつかさ@PC自重 :ありがとうございます。
さくらつかさ@PC自重 :5分だけ時間をください。
さくらつかさ@PC自重 :申し訳ありません。
芝村 :あい
さくらつかさ@PC自重 :ありがとうございますー!
葉崎京夜@TAGAMI妖精 : ありがとうございます。
 (中略)
芝村 :/*/
芝村 :TAGAMI:<……>
芝村 :ここは、砂漠だよ。
さくらつかさ@PC自重 :「こんにちは」
芝村 :いつまでも続く砂漠の海だ。
葉崎京夜@TAGAMI妖精 : 「こんにちは。・・・すいません。」
芝村 :tagami:<そろそろきます>
さくらつかさ@PC自重 :「砂漠?」
劔城 藍@マスター明け : 「こんにちは。はじめましてでしょうか・・・?」
さくらつかさ@PC自重 :「初めまして。」
葉崎京夜@TAGAMI妖精 : (TAGAMIに頭を下げる)
芝村 :tagami:<……
劔城 藍@マスター明け : 「そろそろ・・・?」とTAGAMIの視線方向に
さくらつかさ@PC自重 :「さくらつかさと申します。」>tagamiさんにお辞儀。
芝村 :来たのは駱駝にのった騎士だ
芝村 :tagami:<はい>>さくら
さくらつかさ@PC自重 :「本日はよろしくお願いします。」
劔城 藍@マスター明け : 「自己紹介が遅れました。 劔城 藍と申します。本日は宜しくお願い致します。」
さくらつかさ@PC自重 :駱駝に目を向ける
さくらつかさ@PC自重 :「こんにちはー。」
芝村 :サウド:「なんじゃ、なんじゃ。めずらしいのう。こんなところで」
さくらつかさ@PC自重 :「そうですねー。はじめましてー。」
芝村 :tagami:<貴方の話が聞きたいそうよ>
葉崎京夜@TAGAMI妖精 : 「こんにちは。初めまして…でいいのかな。詩歌藩国の葉崎京夜と申します。今日はよろしくお願いいたします。」
芝村 :サウドはわはははと笑った。
劔城 藍@マスター明け : 「どうもはじめまして?」>サウド
芝村 :サウド:「ようわからんのう。はじめましてじゃな」
さくらつかさ@PC自重 :「さくらつかさと申します。本日はよろしくお願いします。」お辞儀します。
芝村 :サウドは駱駝から降りた。
芝村 :サウド:「なんの話だね?」
劔城 藍@マスター明け : 「御二人方、すいませんどうも絢爛舞踏祭の時の記憶で少し混乱をしています。」
芝村 :サウド:「絢爛舞踏祭・・・」
芝村 :tagamiはサウドを見た。
芝村 :サウドはうなずいた。
芝村 :サウド:「なるほど」
さくらつかさ@PC自重 :「本日は、少しでも悲劇が減らせるように強くなる為の勉強をお願いしたくてお呼びしました。」
さくらつかさ@PC自重 :そしてちょっと周りをきょろきょろ。(ネコリスさんはどこかにいるのかしら。)
芝村 :サウド:「悲劇か。悲劇は全て、慈悲深きかたのおぼしめしじゃて」
劔城 藍@マスター明け : 「初めてお会いしたのかどうか、私は一緒にあの火星で戦った気はするのですがしばしば混乱を引き起こしています。申し訳ありません」
葉崎京夜@TAGAMI妖精 : 「乗り越えるべき試練ということでしょうか?」
芝村 :サウド:「悲劇という悲劇には理由がある。行き違いや悪意じゃな」
芝村 :サウド:「たいてい。それぞれの小さな瞬間には最善でも、大きく見れば、悲劇になるときもある」
劔城 藍@マスター明け : 「話がそれて申し訳ありません。 少しでも悲劇を減らす為に、心の強さを学びたいと思い、こちらに伺いました。」と日本式のお辞儀で礼をとります
劔城 藍@マスター明け : 「大局ですか・・・?」
芝村 :サウド:「忙しく道を歩く者に罪はない。だが、花売りの花を蹴飛ばせば、悲劇が出来る」
芝村 :サウド:「分かるかな。忙しく道を歩く者は、母を見舞いに歩いていた」
芝村 :サウド:「誰が悪いかは、法でさばけよう、だが心はどうかな。心はわるいとなるんじゃろうか」
葉崎京夜@TAGAMI妖精 : 「違うと思います。」
さくらつかさ@PC自重 :「そうですね、違うと思います。」
葉崎京夜@TAGAMI妖精 : 「忙しく道を歩いていた人の早く母親を見舞いに行きたいという心は、間違いなく善だと思います。」
劔城 藍@マスター明け : 「確かに・・・・。違うと思います」
芝村 :サウド:「そうじゃな。花売りの籠まで見通せるなら、あるいは不注意だったと言えはする。だが現実は、そんなに簡単ではない」
さくらつかさ@PC自重 :「そうですね。」
葉崎京夜@TAGAMI妖精 : 「はい。」
芝村 :サウド:「そういうもんじゃ。皆の心にある悲劇も、そういうものじゃと思うよ。そうでなければ、悲劇を、とかいわず、だれそれを倒せというのではないかな」
劔城 藍@マスター明け : 「其処には母への思慕の優しさはありました。もしなかったとしたら其処には他の人にかける優しさが足りなかったのだと思います」
芝村 :さくらつかさはネコリスを発見した。遠くからサウドの話を聞いている。
芝村 :サウド:「それに。何が本当の悲劇かは、なかなか分からぬ」
芝村 :サウド:「花売りの花を蹴飛ばして、花売りは花をあつめた。そのせいで馬車にひかれなかった」
劔城 藍@マスター明け : 少し彼女との間を空け 彼等が座れるスペースを空けます
さくらつかさ@PC自重 :「(暑いから人の影においでー)」
芝村 :ネコリスはまだ近寄らないね。
芝村 :サウド:「結局未来は、慈悲深き方にしかわからぬ。わしらが適当にやっていいことではない。分が過ぎるな」
芝村 :サウド:「それでも悲劇を減らしたいのなら」
葉崎京夜@TAGAMI妖精 : 「はい。」
さくらつかさ@PC自重 :「はい」
劔城 藍@マスター明け : 「はい」
芝村 :サウド:「人には人の分がある。今は人の分じゃ。今を一所懸命に、出来ることをやるしかないのう」
芝村 :サウド:「やれることを全部やって、最善をつくして、結局それしか人間にはできんのじゃないかのう」
さくらつかさ@PC自重 :「出来ることを一生懸命。ですね。」
葉崎京夜@TAGAMI妖精 : 「はい。」
芝村 :サウド:「がっかりするかもしれんが、最善をつくすことすら、人には難しいものじゃ」
劔城 藍@マスター明け : 「・・・・・」言葉を噛み締めながら力強くうなづきます
芝村 :ネコリスがよってきた。
葉崎京夜@TAGAMI妖精 : (年末年始を思い出して項垂れる)
芝村 :サウドはネコリスを見て微笑んだ。
劔城 藍@マスター明け : 静かに頭をたれます
芝村 :サウド:「その上で悲劇が起きるのなら、それは避けられなかったんじゃ。だがな」
芝村 :サウド:「慈悲深き方の慈悲は無限。避けられずとも、そこからまた、何かできるかも知れぬ」
さくらつかさ@PC自重 :「何が出来るだろう・・・」思いを馳せる
芝村 :サウド:「悲しみの先も悲しみかどうかは、人の知るところではない」
芝村 :サウド:「ならば」
芝村 :サウド:「最善のつくしようもあろう」
さくらつかさ@PC自重 :「そうですね。」
葉崎京夜@TAGAMI妖精 : 「はい。・・・心に刻みます。」
芝村 :サウド:「悲しみをとめるのは人の最善じゃ。先を見通す力ではなく、その場、その場の人の努力じゃ」
葉崎京夜@TAGAMI妖精 : 「はい。」
葉崎京夜@TAGAMI妖精 : 「努力します。」
葉崎京夜@TAGAMI妖精 : 「うまく言葉に出来ませんが・・・。」
芝村 :サウドは微笑んだ。
芝村 :サウドはネコリスにうなずいた。
劔城 藍@マスター明け : 「最善を尽くすよう努力します。」
芝村 :サウド:「わしの努力は小さいものには通じたのう」
さくらつかさ@PC自重 :「頑張ります。」
さくらつかさ@PC自重 :「少しでも。」
芝村 :tagamiは微笑むと、消えた。
芝村 :/*/
芝村 :はい。お疲れ様でした。
さくらつかさ@PC自重 :ありがとうございました。
葉崎京夜@TAGAMI妖精 : お疲れ様でした。ありがとうございました。
劔城 藍@マスター明け : ありがとうございました。
芝村 :あいかわらず、凶悪な説教だなサウドは(笑)
劔城 藍@マスター明け : 心が洗われました。 なんとゆーか目から涙が
さくらつかさ@PC自重 :なんていうか。走り続けるってことですね。
さくらつかさ@PC自重 :聞いてて思い出したです。
葉崎京夜@TAGAMI妖精 : 自分に出来る最善に向けて努力し続ける。
劔城 藍@マスター明け : 色々とあってへし折れてた心がまっすぐ繋がりました
芝村 :さすが、サウド。絢爛随一の男から好かれる男(笑)
さくらつかさ@PC自重 :うはははは<男からw
葉崎京夜@TAGAMI妖精 : ははは
葉崎京夜@TAGAMI妖精 : サウド大好きですよ
劔城 藍@マスター明け : ゲームの中でもなんどあってみたいと思ったことか
芝村 :ドラマCDでサウドのところは凄い人気あったからね
葉崎京夜@TAGAMI妖精 : うぅ・・・努力が足りないのを実感しましたorz
さくらつかさ@PC自重 :がんばれー
葉崎京夜@TAGAMI妖精 : TAGAMI・・・orz
劔城 藍@マスター明け : ああっつそうだ評価値の話をー。
葉崎京夜@TAGAMI妖精 : 芝村さん質問してもいいでしょうか?
芝村 :どうぞ
劔城 藍@マスター明け : TAGAMIと少ししか話できなかったねぇ。ゴメンな>葉崎
葉崎京夜@TAGAMI妖精 : ありがとうございます。
葉崎京夜@TAGAMI妖精 : 新年明けた時のTAGAMIは残念そうでしたか。一緒にすごせるようにすると言ったのですが、無理だったのでorz
葉崎京夜@TAGAMI妖精 : (残念そうでも凹むし、全然残念そうでなくても凹む・・・アホか私は)
芝村 :まあでも。しょうがないよ(笑)>葉崎さん
芝村 :あっちは理解してるだろうし
葉崎京夜@TAGAMI妖精 : ありがとうございますorz
さくらつかさ@PC自重 :(サウドさんの追加消費申請中)
劔城 藍@マスター明け : (・・・・あいかわらず不憫な子だ・・・。葉崎)
葉崎京夜@TAGAMI妖精 : (
葉崎京夜@TAGAMI妖精 : (不憫いうなorz)
劔城 藍@マスター明け : (ガンバレ。応援してるよ。)
葉崎京夜@TAGAMI妖精 : (多謝)
さくらつかさ@PC自重 :(頑張れー)
葉崎京夜@TAGAMI妖精 : 芝村さんありがとうございます。まだ私は大丈夫・・・。
芝村 :はい。
芝村 :では解散しましょう。評価は+1+1でした(MAX2・2)
さくらつかさ@PC自重 :ありがとうございました。
葉崎京夜@TAGAMI妖精 : はい、ありがとうございました。
劔城 藍@マスター明け : ありがとうございました。
さくらつかさ@PC自重 :それでは失礼しますー。

最終更新:2008年01月31日 22:29