※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

さくらつかさ@:
こんばんはー。ゲームの予約時間が近くなりましたので、お声をかけさせて頂きました。

芝村:
記事どうぞ

さくらつかさ@:
はーい。

さくらつかさ@:
http://cwtg.jp/ogasawara/wforum.cgi?no=1845&reno=1743&oya=1743&mode=msgview
【予約者の名前】1700321:さくらつかさ:FVB
【実施予定日時】2008/4/9 22:00~24:00
【ゲームの種別】函ゲーム(アイテム作成)
【イベントの種別(時間):消費マイル】
・20マイル×2時間
【予約の有無】予約 有り(10マイル)
【召喚ACE】(※生活ゲームのみ)
【参加プレイヤーの食糧消費】3マイル×1人
【合計消費マイル】計53マイル
【参加者:負担するマイル】
・1700321:さくらつかさ:FVB:入学済:53

 

さくらつかさ@:
こちらになります。

さくらつかさ@:
とっても大変なことに

芝村:
はい。

芝村:
OKです

さくらつかさ@:
ありがとうございますー。

さくらつかさ@:
ゲームを始める前にいくつかお伺いしてもよろしいでしょうか?

芝村:
どうぞ

さくらつかさ@:
ありがとうございます。

さくらつかさ@:
一つ目になります。 Q:海法さんにマイルアルバイトをお願いしました。アルバイト内容はオイルボール精製工場の作成になります。報酬は25マイルです。 アルバイトの内容をいただけたら、支払いの許可をいただけますでしょうか?

芝村:
A:OK

さくらつかさ@:
ありがとうございます。

さくらつかさ@:
2個目になります。 Q:アイテムとしてオイルボール精製工場を作成しようとしているのですが、工場用地の替わりにミアキスを改造しようと考えています。コストは何がどれ位かかるのでしょうか?

芝村:
A:ゲーム中に算定します

さくらつかさ@:
了解しました。

さくらつかさ@:
現時点では以上となります。ありがとうございました。

芝村:
はい。では参加者どうぞ

さくらつかさ@:
エーと、参加者は私のみになります。

芝村:
え。海法さんは?

さくらつかさ@:
今からいいですか?

さくらつかさ@:
間に合うかわからなかったので、エントリーには描いてないのですが、今からでもお呼びしていいですか?

芝村:
いいですよ

芝村:
もちろん一人で遊んでもいい

芝村:
ええ

さくらつかさ@:
や、あの!凄い不安なのですよ!

芝村:
3マイルかかるよ

さくらつかさ@:
はい、いいです。

芝村:
OK

さくらつかさ@:
ありがとうございます。それではお呼びしますね。

海法 が会話に参加しました。

さくらつかさ@:
記事の方は修正しておきますね。

さくらつかさ@:
それでは改めてよろしくお願いします。

海法:
というわけで、すいません。お願いします。

芝村:
どうぞ

芝村:
ICG

さくらつかさ@:
ICG:オイルボールを作成する。

芝村:
通るけど、それでいい?

海法:
あっと失礼。

海法:
燃料精製工場を造るのが目的なんだっけ?

さくらつかさ@:
オイルボール精製工場を造るのが目的ですー。

芝村:
燃料生成工場だけのほうがいいかも

芝村:
オイルボールまで言うと、大変そう

海法:
了解。では、ICG:燃料精製工場を作るで。

芝村:
通った>海法

芝村:
PLAYER宣言

海法:
f:PLAYER=海法 紀光

芝村:
U: 沈黙

さくらつかさ@:
f:PLAYER=さくらつかさ

芝村:
通った

芝村:
ではどうぞ

海法:
f:オイルボール={
<材料の自然崩壊>を防ぐために、燃料という材料を変換するアイテムである。
側面:燃料n万tを1つのオイルボールに精製できる。
側面:オイルボール1つを、多くの燃料として使用できる。
側面:戦闘時の乗り物、特殊の使用以外には使用できない。
側面:一度作成すれば、しばらくは変質しない。
側面:オイルボールの作成には燃料精製工場が必要となる。
オイルボールに使える燃料はそれぞれの中で決まった数量しかない=側面:オイルボールは原油であるため、精製することで、大幅に量を減らすことができる。}

海法:
一応、前提となるオイルボールについて。

海法:
Q:こんな感じで良いでしょうか?

芝村:
オイルボールに使える燃料はそれぞれの中で決まった数量しかない というのが少しかえたがいいかもね

芝村:
なんで決まってるの? といわれる

海法:
f:乗り物を使用する際、燃料1万t単位で消費するが、完全に全部を使うわけではない=側面:燃料を精製することで、オイルボールは、大幅に重さを減らすことができる。

芝村:
通った

海法:
では、次に工場の定義ですね。

海法:
f:燃料精製工場={
燃料を精製してオイルボールに変換する施設である。
側面:宇宙に設置される。
側面:無重力を利用して高い精度の精製ができる。
側面:真空を利用して、変質しにくい状態の精製ができる。
側面:ミアキスをベースとすることで、大規模な工場が比較的簡単に作れる。
側面:ミアキスをベースとし、宇宙に作るので土地を必要としない。
側面:ミアキスをベースとし、宇宙に作るので、少ない資材で作れる。

芝村:
以下が通らない

芝村:
側面:ミアキスをベースとし、宇宙に作るので、少ない資材で作れる。

芝村:
側面:ミアキスをベースとすることで、大規模な工場が比較的簡単に作れる。

芝村:
通る理由が欲しいね

海法:
f:ミアキスは宇宙ステーションである=側面:長期間にわたって宇宙で自活する機能を持つ。

芝村:
通った

海法:
f:ミアキスは長期間にわたって宇宙で自活する機能を持つ=側面:無改造でも、ある程度の燃料精製が可能である。

芝村:
通らない。

海法:
f:ミアキスは長期間にわたって宇宙で自活する機能を持つ=側面:燃料についてもある程度自活できる。

芝村:
通らない>海法

海法:
f:ミアキスは長期間にわたって宇宙で自活する機能を持つ=太陽発電ほか、自前の動力をある程度持つ。
f:ミアキスは長期間にわたって宇宙で自活する機能を持つ=資産の変換工場としての機能も持つ。

芝村:
通らない>海法

芝村:
通らない>海法

さくらつかさ@:
f:ミアキスををベースにする=工場自体は比較的簡単に改造できる。

海法:
f:燃料精製工場={
燃料を精製してオイルボールに変換する施設である。
側面:宇宙に設置される。
側面:無重力を利用して高い精度の精製ができる。
側面:真空を利用して、変質しにくい状態の精製ができる。

海法:
では、一旦ここまで通します。

海法:
(通っています)

芝村:
通った>海法

芝村:
通った>さくら

海法:
f:FVB={
さくらつかさを藩王とする、わんわん帝國の藩国である。
側面:宇宙開発国であり宇宙開発技術を持つ。
側面:宇宙技術を持つ。
側面:サイボーグ国である。

芝村:
通った

海法:
f:FVBはサイボーグ国である=側面:真空中での大規模な活動が可能である。
f:FVBには技術者が存在し、蒼天号を改造している=側面:燃料精製工場の開発技術も持つ。
f:エステルは宇宙船で一生を暮らす民出身である=側面:宇宙での燃料精製についても知識がある。
f:FVBにはエステルが逗留している=側面:燃料精製について指示をもらえる。
f:さくらつかさが藩王である=側面:国民を、より効率的に動員できる。

芝村:
通った>5つ

海法:
うむ。用意してた分をはき出し終わりました。

海法:
えーと、これから、燃料生産工場の効率を高めるには……。

さくらつかさ@:
ありがとうございます!

海法:
1.より簡単に大規模な工場を作れる設定を通す2.より高機能な工場である設定を通す

海法:
で、いいかな?

さくらつかさ@:
高機能というのはどんな感じですか?

海法:
えーと、とにかく、たくさんの燃料が処理できる理屈だね。

さくらつかさ@:
一応、精製自体は3回位かなとか。

芝村:
?:高性能工場=

海法:
高性能工場=より多くの燃料を一度に処理できる。

海法:
高性能工場=より多数のオイルボールを作れる

海法:
高性能工場=より長い時間稼働できる

海法:
f:ミアキスは長期間にわたって宇宙で自活する機能を持つ=長期間逗留することで、時間をかけて簡単/大量に燃料を精製できる。

芝村:
通った

海法:
f:ミアキスは長期間にわたって宇宙で自活する機能を持つ=宇宙での逗留コストを少なくして、簡単に改造できる。

芝村:
通った

海法:
さくらさん、えーと。

さくらつかさ@:
はい

海法:
FVBには、こういう人材とか、こういうアイドレスとか、こういう特産物があるんで。

海法:
宇宙は得意だよー、とか、そういうのを通す手もある。

さくらつかさ@:
はい。

海法:
f:ミアキス自体が輸送力を持つ=側面:ミアキス自体が地上から資材を運ぶことで、大規模な工場として作れる。

海法:
軌道歩兵とかなかったっけ?

芝村:
通らない>海法

芝村:
ミアキスは打ち上げ力ない

さくらつかさ@:
ありますー。>海法さん
f:FVBは宇宙港を保持する=改造は宇宙港で行う

海法:
あ、そか。

芝村:
通った>さくら

さくらつかさ@:
あるのは軌道降下兵ですがー。>海法さん

海法:
f:ミアキス自体が宇宙で2航路移動できる=燃料源のそばに行くことができる。

海法:
f:改造は宇宙港で行える=宇宙港の施設および打ち上げ力を使用できる。

芝村:
ええ

芝村:
通った

さくらつかさ@:
f:FVBは宇宙ステーションを保持する=資材は打ち上げ可能である。

海法:
f:FVBは軌道降下兵を持つ=側面:ミアキスから直接地上へオイルボールを運べる。

さくらつかさ@:
ぁ、海法さん、それは待ったー

海法:
あ、ごめん。

さくらつかさ@:
次の新規アイドレス枠でバケツを取る予定なので降ろすのはたぶん平気だと思います。

さくらつかさ@:
バケツのサイズにもよりますが!

海法:
f:ミアキスは燃料源のそばに行くことができる=精製燃料をミアキスの輸送力を利用して持ち帰ることができる。
f:ミアキスは燃料源のそばに行くことができる=燃料以外のアステロイドとかを資材として増築できる。

芝村:
通らない>海法

芝村:
通った>さくら

芝村:
通った>海法

芝村:
通らない>海法

海法:
Q:アステロイドがあっても、それを使える資材にするのは別に工場がいるくらい大変だから、意味がないよ、ということでしょうか?

さくらつかさ@:
f:ミアキスを改造する=余った部品は資源として再利用できる

海法:
f:サイボーグおよび宇宙軍はナショナルネット接続機能を持つ=側面:宇宙においても統制のとれた行動で工場を改造/運用できる。

芝村:
A:ええ

芝村:
通った>さくら

芝村:
通った>海法

海法:
Q:現在の燃料精製工場作成の難易度はどれくらいで、性能はどんなもんでしょうか?

芝村:
A:難易50-20で30 器用

海法:
うお。足りない。

海法:
簡単に作るためのf:を通さないとな。

芝村:
性能は3回分離可能で生成能力はターン頭1隻200万tだ

海法:
85%の3乗で、60%。333万tから、200万t分のオイルボールを作成可能(オイルボールの重さは、また別個の函)という感じでしょうか?

さくらつかさ@:
Q:ミアキス1隻改造すると200万トンですか?

芝村:
A:ええ。採掘したうちの200万tを処理できます

芝村:
200万tのオイルを100万tに出来る

海法:
さておき。

海法:
f:FVBには宇宙艦長がいる&ミアキスは宇宙船である=側面:統制のとれた改造ができる。

芝村:
通った>海法

芝村:
1

海法:
f:FVBは蒼天を改造した技術者がいる=側面:整備技能で改造できる。

芝村:
通った

芝村:
3

海法:
(あと26)

芝村:
これで4 26器用

さくらつかさ@:
うーん、なにかー。

海法:
f:FVBは船乗りがいる&ミアキス改造は艦上での行動である=側面:船乗りは、船、艦の上で活動する間、全ての能力は評価+2される。が使用できる。

海法:
f:FVBは、サイボーグ、船乗り、宇宙軍、宇宙艦長がいる=側面:それぞれの船・宇宙に対する理解を合わせることで、大きな知識、技能となる。

芝村:
通った>海法

芝村:
あわせて3

芝村:
23

海法:
f:ミアキスを改造して作っている=側面:性能をトレードオフすることで、低機能だが簡単な工場を造ることができる。

芝村:
通った>海法

海法:
f:エステルは宇宙船で一生を暮らす民出身である=側面:宇宙での建造についても知識がある。f:FVBにはエステルが逗留している=側面:工場を簡便に作ることについて指示をもらえる。

芝村:
100万tとかにするなら-5

芝村:
通らない>海法

さくらつかさ@:
Q:エステル・エイン艦氏族・アストラーダ(ACE)の特殊に
*エステルはネーバルウィッチ、船乗り、ヤガミの恋人として見なし,これらの持つ全ての特殊が使える。
とありますが、評価値を使用した判定の際にこちらの船乗りの特殊
*船乗りは、船、艦の上で活動する間、全ての能力は×2.25(評価2)される。
は使用可能でしょうか?

海法:
f:燃料精製工場は宰相府からの依頼でもある=側面:宰相府から技術者を提供してもらえる。

さくらつかさ@:
(もし船の上で指揮を執る際にはなりますが)

芝村:
ええ>さくら

芝村:
通った>海法 2

芝村:
21

さくらつかさ@:
ほんとうですか!わーい!

海法:
えーと、では、器用14。現在、16(100万tにデチューンして)

海法:
まぁ-2だから、色々まずいな。

海法:
f:エステルはイカナの友人である=側面:イカナの輸送能力で物資搬入を手伝ってもらえる。

芝村:
追加で10マイルはらって、技術者よんだら?

海法:
そですね。そうします。良い?

さくらつかさ@:
それは可能ですか?

海法:
>さくらさん

さくらつかさ@:
払います!が

さくらつかさ@:
Q:現時点のコストってお伺いしてもよろしいでしょうか?

芝村:
可能だよ

芝村:
10

海法:
あ、いや、ミアキス1代改造の、ですね<コスト

芝村:
それとも工場建設かい?

さくらつかさ@:
お船を改造するコストですー

海法:
ええ

芝村:
計算するからまってね?

さくらつかさ@:
はーい。了解でーす。よろしくお願いします。

芝村:
5分掛かる

さくらつかさ@:
はーい。

芝村:
L:ミアキス(燃料精製工場船)={

 t:名称=ミアキス(燃料精製工場船)(艦船)
t:評価=装甲8
t:特殊={
*ミアキスの乗り物カテゴリ = 艦船として扱う。
*1ターンに2航路移動ができる。(宇宙)。
*運用に1隻1ターンにつき燃料10万t、資源10万tを使用する。
*艦船操縦者3名の他、コパイロット7名を必要とする。
*10人機として数える。
*100万tまでの燃料を容量50%の精製燃料にすることが出来る
} →次のアイドレス:次世代宇宙輸送艦(艦船),燃料精製技術(技術),触媒の発見(イベント),宇宙太陽光発電システム(施設)}

芝村:
これが性能です。OK?

:海法 が会話から退席しました。

さくらつかさ@:
ぁ、落ちちゃった。

芝村:
あらら。

さくらつかさ@:
これは現時点での性能ですよね?

さくらつかさ@:
エーと、お呼びしますね。

芝村:
ええ。

:海法 が会話に参加しました。

さくらつかさ@:
お帰りなさいませ。

海法:
おっと失礼。

芝村:
はい

芝村:
性能見えた?>海法

海法:
見えてません。ごめんなさい。

海法:
性能っつか、費用ですよね。

海法:
あ、見えた見えた。

芝村:
L:ミアキス(燃料精製工場船)={
t:名称=ミアキス(燃料精製工場船)(艦船)

 t:評価=装甲8

 t:特殊={

  *ミアキスの乗り物カテゴリ = 艦船として扱う。

  *1ターンに2航路移動ができる。(宇宙)。

  *運用に1隻1ターンにつき燃料10万t、資源10万tを使用する。

  *艦船操縦者3名の他、コパイロット7名を必要とする。

  *10人機として数える。

  *100万tまでの燃料を容量50%の精製燃料にすることが出来る

 } →次のアイドレス:次世代宇宙輸送艦(艦船),燃料精製技術(技術),触媒の発見(イベント),宇宙太陽光発電システム(施設)}

芝村:
まず。性能でもんだいがないかどうか

海法:
おお。すごい。

海法:
*運用に1隻1ターンにつき燃料10万t、資源10万tを使用する。

  *艦船操縦者3名の他、コパイロット7名を必要とする。

  *兵員10人分として数える。

  *2機連結して運用する場合、輸送力は1.5倍になり、運用コストは1隻分だけでよい。

海法:
これが普通のミアキスか。

海法:
運用できそう?>さくらさん

さくらつかさ@:
Q:これは連結とかしないのですよね?

さくらつかさ@:
運用するにはコストがちょっと高いです・・・

芝村:
A:連結はしないねえ

さくらつかさ@:
せめて、連結してこれくらいの運用コストならと思ってましたー。

海法:
f:ミアキスは連結することで輸送力を保持し、コストを減らせる&工場はミアキスをベースとする=側面:連結を前提に工場を造ることができる。

海法:
あーとりあえず技術者さんを呼んで、相談してみよう。

海法:
いい?>さくらさん

芝村:
通った>海法

芝村:
難易は+2された

さくらつかさ@:
OKですーというか、Q:改造のコストは、この性能でOK出したらということですか?

海法:
※この難易2は必要な難易2だ。

芝村:
18難易

芝村:
ええ>さくら

海法:
R:10マイルで技術者を呼ぶ。

さくらつかさ@:
了解しました。

さくらつかさ@:
助けて技術者さん!

芝村:
だれ?

海法:
宰相府にいる技術者さんですよね。

海法:
森さん以外だと、どなたがいるでしょう?

芝村:
知恵者

さくらつかさ@:
それでは、知恵者さんをお願いします。

芝村:
知恵者が落ちてきた。

芝村:
知恵者:「およびかな?」

芝村:
知恵者は鼻歌を歌っている

海法:
(げっそりして顔を青くする)

海法:
※関係ない話しなんで、さくらさんは気にしないでください。

海法:
「いつもお世話になります。燃料精製工場を設計してるんですが、なかなかうまくいかず」>現在までの見積書を見せます。

さくらつかさ@:
「こんにちわー。ご相談がありましてお呼びしました。よろしくお願いしますー」

芝村:
知恵者:「悪くはない。なんの問題が?」

さくらつかさ@:
※わかりました。気にしませんねー。>海法さん

海法:
「まず我々の整備評価が情けないことに14程度なので、作れないことです」

芝村:
知恵者:「新規建造してもよかろうな」

さくらつかさ@:
「新規ですか?それだと設置は国内になりますよね?」

芝村:
知恵者:「宇宙でつくればいい。宇宙港で」

海法:
「新規建造するほうが、既存のミアキスを改造するより簡単ですか?」

芝村:
知恵者:「器用判定はいらぬな。市場でなら30億だろう」

海法:
「30億で、これならお買い得ですね」

芝村:
知恵者:「むろん、1隻、2席なら我でも改造できる」

さくらつかさ@:
「あれ?買えるのでしょうか?」

海法:
Q:連結して難易度+2の状態で、改造した場合、コストはいくらでしょうか?

芝村:
A:この性能でよければ、200マイル

さくらつかさ@:
Q:1隻200マイルですか?

芝村:
知恵者:「マイル建てでなくてもいいのではないか?」

芝村:
A:いいえ連結状態です

海法:
Q:わんわん/にゃんにゃんで買うと……30億すか?

芝村:
A:市場で買えばそうだね。でもいましまってるから

芝村:
うまいことやらないといけない

さくらつかさ@:
うまいことですか・・・

海法:
「ううむ、200マイルは安いんですが、予算オーバーです。今、市場閉まってるんですが、マイル立て以外で買おうとすると、どうやるのがいいですかね?」

芝村:
知恵者:「市場はしまっていても、造船所はあいていよう?」

海法:
「あぁなるほど。造船所さんに、直接発注すればいいんですね」

芝村:
知恵者はうなずいた。

さくらつかさ@:
「宇宙港でも可能でしょうか?」

芝村:
知恵者:「うむ」

さくらつかさ@:
「おおー。」

海法:
「造船所の持ち込みだとすると市場じゃないから、他の国が買えるようにはならないか」

海法:
「まぁそれは、やろうと思えばあとでもできるか<わんわん全体で」

芝村:
知恵者:「うまくはいくまいな」

芝村:
知恵者:「燃料輸送はコストがかかる」

さくらつかさ@:
「エーと、、現在の設計図での精製量は100万トンですが、これを200万トンにした場合の購入金額はどれ位となるのでしょうか?」

さくらつかさ@:
これ、Qの方がいいですか?

芝村:
知恵者:「交渉次第だな」

芝村:
知恵者:「外見に自信は?」

さくらつかさ@:
「交渉ですか。外見は・・・」(ちょっと待ってください)

さくらつかさ@:
「無理ですね・・・」外見:3です。

芝村:
知恵者:「まあ、まっとうな値段で買うがいい」

さくらつかさ@:
エステルさーん!って叫びたいです。

芝村:
#交渉役をよんでもいい

芝村:
商売ならサウド 10マイル

さくらつかさ@:
#ぁ。サウドさんはお会いしたことあります。

海法:
※わんわん帝國を強化してることに複雑な気持ちの俺。猫でも一台ほしいなぁ。

さくらつかさ@:
交渉役としてサウドさんをお願いします。

芝村:
10マイル

さくらつかさ@:
R:サウドさんをお呼びします。

さくらつかさ@:
10マイルはOKです

芝村:
サウド:「なんじゃね。知恵者」

さくらつかさ@:
「こんにちわー。」

芝村:
知恵者は事情を説明した。

芝村:
サウドはうなずくと交渉をまとめた。

さくらつかさ@:
「すみません、よろしくお願いします」

芝村:
1隻40億。2隻連結で70億を それぞれ25億と50億にしてきた

さくらつかさ@:
Q:連結の性能をお伺いしていないのですが、単純に倍でしょうか?

芝村:
L:連結ミアキス(燃料精製工場船)={

 t:名称=連結ミアキス(燃料精製工場船)(艦船)

 t:評価=装甲16

 t:特殊={

  *ミアキスの乗り物カテゴリ = 艦船として扱う。

  *1ターンに2航路移動ができる。(宇宙)。

  *運用に1隻1ターンにつき燃料10万t、資源10万tを使用する。

  *艦船操縦者3名の他、コパイロット7名を必要とする。

  *20人機として数える。

  *200万tまでの燃料を容量50%の精製燃料にすることが出来る

 } →次のアイドレス:次世代宇宙輸送艦(艦船),燃料精製技術(技術),触媒の発見(イベント),宇宙太陽光発電システム(施設)}

さくらつかさ@:
ありがとうございます。

海法:
おおー。すごい。

さくらつかさ@:
くぅ。お金があったら2連結2隻ほしい!

芝村:
サウド:「どうするかね?もっと作れば安くはなりそうじゃが」

さくらつかさ@:
「お金がちょっと足りないのですよー。物納とか駄目かしら。」

芝村:
サウド:「資源が20万tくらいあれば安いのう」

芝村:
サウド:「ざっとそれぞれ15億と35億じゃな」

さくらつかさ@:
「資源ですか・・・」

芝村:
#資源が高いのです

さくらつかさ@:
「ぬぬぬ」@@

芝村:
時間切れ迫る

さくらつかさ@:
Q:確認です。新造の連結ミアキス(燃料精製工場船)1隻が、連結の場合で資源20万トンと35億ですよね?

海法:
Q:FVBからミアキスを持ち込んで改造をお願いした場合、資源の代わりになって安くなりませんか?

芝村:
ええ>さくら

芝村:
安くなる>海法

さくらつかさ@:
Q:2隻買うってことになれば、資源は40万トンなのですよね?

芝村:
資源10万t分になる

さくらつかさ@:
お。それで行きます!

芝村:
4隻だと20万tだ

さくらつかさ@:
??

海法:
4隻20万tで、連結1台作った場合、35億ですね?

海法:
いやえーと。

海法:
連結50億=資源20万t(15億)+35億

海法:
になる計算ですね。

芝村:
ええ

海法:
Q:ミアキスだから共通部品が取れるんで、単に資源かするより、もう少し安くなりませんか?

芝村:
A:f:で通して

芝村:
後5分

海法:
f:ミアキスと連結ミアキス(燃料精製工場船)は同じミアキスで部品を共有する=側面:ミアキスから燃料精製への改造費は、単なる資源として使うよりも安くなる。

芝村:
通った

海法:
Q:幾らになりますか?

芝村:
4隻ミアキスを差し出して、連結2隻を50億 資源不要

さくらつかさ@:
「良し買った!」

海法:
買う?

海法:
「よかった!」

芝村:
OK.

芝村:
では

さくらつかさ@:
3隻だと、もうちょっと20億とミアキス2隻ですか?

さくらつかさ@:
(まだ買う気)

芝村:
FVBのミアキス-4(通常型) で連結ミアキス(燃料精製工場)を+2隻、-50億

芝村:
そうね。20億ね

さくらつかさ@:
「それではさらに連結をもう1隻お願いします」

さくらつかさ@:
IWG:燃料精製工場を造った。

芝村:
はい。

芝村:
通った

さくらつかさ@:
(ちょっと時間がずれているようなので、先に出してみました)

芝村:
FVBのミアキス-6(通常型) で連結ミアキス(燃料精製工場)を+3隻、-70億

芝村:
はい。お疲れ様でした

海法:
ううむ、こー。

海法:
いや、よかった。色々と。

海法:
あ、知恵者とサウドさんにお礼を言っておきます。

さくらつかさ@:
ありがとうございました。

さくらつかさ@:
最後になると思いますが、ちょっとだけよろしいでしょうか?

さくらつかさ@:
海法さんへ報酬のお支払いをしたいと思います。

芝村:
はい

海法:
報酬なんてそんな。

海法:
連結ミアキス1台でじゅうぶんですよ(うそです)

さくらつかさ@:
ちょっとだけ上乗せをして、40マイルをお支払いしたいと思いますー。

さくらつかさ@:
Q:旅行社の方へ振り込んでよろしいでしょうか?

芝村:
A:旅行社に申請するといいでしょう

さくらつかさ@:
了解しました。

芝村:
で、ゲーム消費は20マイル+53?

海法:
じゃぁこれをcwtgに貼って根拠ログにして、ですね。

芝村:
73マイルで

芝村:
はい

さくらつかさ@:
そうですねー。それくらいかしら。

海法:
あ、海法もいるから、76マイル?

さくらつかさ@:
記事の方を修正しておきますね。>消費マイル

芝村:
そだね。

芝村:
76マイル

海法:
食料6予約102時間20*2=40ACE2人=20

海法:
ほしゅ

芝村:
OK

さくらつかさ@:
修正終わりましたー

芝村:
これで問題なければ、解散しましょう。

さくらつかさ@:
ありがとうございました。

海法:
はい。ありがとうございました。

芝村:
財務表の修正お願いします

さくらつかさ@:
はーい。これから直しますね。

芝村:
秘書官に知り合いいる?

さくらつかさ@:
はい、います。

芝村:
だれか立会いさせると、楽かも 次のチェックで

さくらつかさ@:
このログをまるっと貼ってしまうというのはだめですか?

芝村:
OKだよ

芝村:
もちもんだいない

さくらつかさ@:
ありがとうございます。

芝村:
はい。では解散しましょうか。お疲れ様でした

さくらつかさ@:
はい、おつかれさまでしたー。

最終更新:2008年04月10日 00:43