※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

さくらつかさ@:こんばんはー。

芝村:記事どうぞ

さくらつかさ@:予約の時間になりましたので失礼します。
【予約者の名前】1700321:さくらつかさ:FVB
【実施予定日時】2008/5/27 21:00~23:00
【ゲームの種別】函ゲーム(アイテム作成)
【イベントの種別(時間):消費マイル】 ・20マイル×2時間
【予約の有無】今回は不要
【召喚ACE】(※生活ゲームのみ) なし
【参加プレイヤーの食糧消費】3マイル×2人
【合計消費マイル】計46マイル
【参加者:負担するマイル】
・17-00321-01:さくらつかさ:FVB:入学済:46
・17-00326-01:曲直瀬りま:FVB:入学済:0
http://cwtg.jp/ogasawara/wforum.cgi?no=2191&reno=1886&oya=1886&mode=msgview

芝村:参加者どうぞ

さくらつかさ@:はーい。

まなせ@FVB が会話に参加しました。

芝村:こんばんは

さくらつかさ@:本日ご一緒する曲直瀬さんです。

さくらつかさ@:こんばんはー。

芝村:ゲーム内容は?

さくらつかさ@:はい。燃料工場船を施設化するということでお願いしたいと思います。

芝村:函ですね。

芝村:ICG宣言、どうぞ

さくらつかさ@:はい、函ゲームを。(もし時間が余ったら生活ゲームをとは思ってます。)

さくらつかさ@:ICG=ミアキス(燃料精製工場船)を「施設」化し、運用コストを下げる。

芝村:通った。

さくらつかさ@:f:PLAYER=さくらつかさ

芝村:通った

芝村:あれ?

さくらつかさ@:#曲直瀬さん、プレイヤー宣言をー。

まなせ@FVB:f:PLAYER=曲直瀬りま

芝村:通った

まなせ@FVB:すいません。別窓みてました。

芝村:#f:投下開始どうぞ

さくらつかさ@:#はーい。

まなせ@FVB:
f:FVB宇宙開発センター={
宇宙との通信、天体観測・宇宙を移動する物体の追跡が可能である。
側面:宇宙を開発するためのセンター(中枢)である。
側面:無人宇宙船等の遠隔制御もおこなえる

芝村:通った

さくらつかさ@:f:FVB = { 
側面:宇宙を故郷とする藩国である。 
側面:宇宙開発国であり宇宙開発技術を持っている。 
側面:宇宙技術を持っている。 
側面:蒼天号・蒼天号弐の改修が行われた実績があり、船の改造についてのノウハウが存在している。 
側面:燃料工場船の改造はFVBで行われ、その際の詳細な情報やノウハウが存在している。 
側面:蒼天号・蒼天号弐・燃料工場船を改造した技術者が存在、その整備技能を助けにすることができる。 
側面:軌道降下兵・宇宙軍・宇宙艦長が存在し、宇宙での作業を支障なく行うことが出来る。 
側面:船乗り・宇宙艦長が存在、これらは船での活動・知識に秀でている。 
側面:サイボーグ・宇宙軍はナショナルネット接続機能を持ち、宇宙においても統制のとれた行動で工場を改造・運用できる。 
側面:犬妖精が存在、オペレーター行為が可能でより統制のとれた行動をすることが出来る。

まなせ@FVB:f:精製作業の自動化={ 
側面:作業そのものは単純な工程である。

芝村:通った>まなせ

さくらつかさ@:
側面:宇宙開発センターが存在し、そのバックアップを受けることが出来る。 
側面:宇宙開発センターが存在し、資材の打ち上げ等に利用することが出来る。}

芝村:通らない>さくらつかさ おしい、1行違う

さくらつかさ@:ううう

さくらつかさ@:#ど、どれですかー???

さくらつかさ@:#一行ずつ行きますね。

芝村:するとARがたりなくなるよ?

さくらつかさ@:#それはまた困りますね。

芝村:そだね。一個のf:で1AR使用します

さくらつかさ@:f:FVB = { 
側面:宇宙を故郷とする藩国である。 
側面:宇宙開発国であり宇宙開発技術を持っている。 
側面:宇宙技術を持っている。 
側面:蒼天号・蒼天号弐の改修が行われた実績があり、船の改造についてのノウハウが存在している。 
側面:燃料工場船の改造はFVBで行われ、その際の詳細な情報やノウハウが存在している。 
側面:蒼天号・蒼天号弐・燃料工場船を改造した技術者が存在、その整備技能を助けにすることができる。 
側面:軌道降下兵・宇宙軍・宇宙艦長が存在し、宇宙での作業を支障なく行うことが出来る。 
側面:船乗り・宇宙艦長が存在、これらは船での活動・知識に秀でている。 
側面:サイボーグ・宇宙軍はナショナルネット接続機能を持ち、宇宙においても統制のとれた行動で工場を改造・運用できる。 
側面:犬妖精が存在、オペレーター行為が可能でより統制のとれた行動をすることが出来る。 

さくらつかさ@:
側面:宇宙開発センターが存在し、そのバックアップを受けることが出来る。}

さくらつかさ@:うわ。

芝村:

さくらつかさ@:#おちました?

芝村:おちてます

さくらつかさ@:曲直瀬さん、呼びますね。それとも私ですか?

芝村:よばれてるよ

さくらつかさ@:はーい、合流しましたー。

芝村:よかった

さくらつかさ@:お世話かけましたー。

芝村:いえいえ。

芝村:ではこちらおとします

まなせ@FVB:すいません。藩王が落ちて復帰できません。

芝村:あれ。

さくらつかさ@:お。

芝村:見えますね。こちらでは

さくらつかさ@:もどりましたー。すみませんです。

芝村:発言がないとおちるんですよ。

さくらつかさ@:ちょっと遅かったようですね。

さくらつかさ@:f:FVB = { 
側面:宇宙を故郷とする藩国である。 
側面:宇宙開発国であり宇宙開発技術を持っている。 
側面:宇宙技術を持っている。 
側面:蒼天号・蒼天号弐の改修が行われた実績があり、船の改造についてのノウハウが存在している。 
側面:燃料工場船の改造はFVBで行われ、その際の詳細な情報やノウハウが存在している。 
側面:蒼天号・蒼天号弐・燃料工場船を改造した技術者が存在、その整備技能を助けにすることができる。 
側面:軌道降下兵・宇宙軍・宇宙艦長が存在し、宇宙での作業を支障なく行うことが出来る。 
側面:船乗り・宇宙艦長が存在、これらは船での活動・知識に秀でている。 
側面:サイボーグ・宇宙軍はナショナルネット接続機能を持ち、宇宙においても統制のとれた行動で工場を改造・運用できる。 
側面:犬妖精が存在、オペレーター行為が可能でより統制のとれた行動をすることが出来る。

さくらつかさ@:
側面:宇宙開発センターが存在し、そのバックアップを受けることが出来る。}

芝村:通らない。

まなせ@FVB:あれ?

芝村:#よく思い出してみよう。燃料工場船の改装は・・・

さくらつかさ@:#宇宙港ですよね?

芝村:#民間委託してる

まなせ@FVB:#知恵者とサウドに頼んで工場に直接注文してます。

芝村:#だからノウハウも情報もないよ

さくらつかさ@:#その先って宇宙港じゃないのですか?>民官工場>ぎえー

まなせ@FVB:#それはFVBとしてのノウハウではないんだ。

芝村:ええ

さくらつかさ@:f:FVB = { 
側面:宇宙を故郷とする藩国である。 
側面:宇宙開発国であり宇宙開発技術を持っている。 
側面:宇宙技術を持っている。 
側面:蒼天号・蒼天号弐の改修が行われた実績があり、船の改造についてのノウハウが存在している。 
側面:蒼天号・蒼天号弐・燃料工場船を改造した技術者が存在、その整備技能を助けにすることができる。 
側面:軌道降下兵・宇宙軍・宇宙艦長が存在し、宇宙での作業を支障なく行うことが出来る。 
側面:船乗り・宇宙艦長が存在、これらは船での活動・知識に秀でている。 
側面:サイボーグ・宇宙軍はナショナルネット接続機能を持ち、宇宙においても統制のとれた行動で工場を改造・運用できる。 
側面:犬妖精が存在、オペレーター行為が可能でより統制のとれた行動をすることが出来る。 
側面:宇宙開発センターが存在し、そのバックアップを受けることが出来る。

さくらつかさ@:
側面:宇宙開発センターが存在し、資材の打ち上げ等に利用することが出来る。}

さくらつかさ@:#3度目の正直!

芝村:
側面:蒼天号・蒼天号弐・燃料工場船を改造した技術者が存在、その整備技能を助けにすることができる。

芝村:通らない

さくらつかさ@:#うわ。そんなとこに。がびーん

まなせ@FVB:#燃料工場船が入っているから。

まなせ@FVB:#大丈夫。慌てず行きましょう

さくらつかさ@:f:FVB = { 
側面:宇宙を故郷とする藩国である。 
側面:宇宙開発国であり宇宙開発技術を持っている。 
側面:宇宙技術を持っている。 
側面:蒼天号・蒼天号弐の改修が行われた実績があり、船の改造についてのノウハウが存在している。 
側面:蒼天号・蒼天号弐を改造した技術者が存在、その整備技能を助けにすることができる。 
側面:軌道降下兵・宇宙軍・宇宙艦長が存在し、宇宙での作業を支障なく行うことが出来る。 
側面:船乗り・宇宙艦長が存在、これらは船での活動・知識に秀でている。 
側面:サイボーグ・宇宙軍はナショナルネット接続機能を持ち、宇宙においても統制のとれた行動で工場を改造・運用できる。 
側面:犬妖精が存在、オペレーター行為が可能でより統制のとれた行動をすることが出来る。 
側面:宇宙開発センターが存在し、そのバックアップを受けることが出来る。

さくらつかさ@:
側面:宇宙開発センターが存在し、資材の打ち上げ等に利用することが出来る。 }

芝村:通った

さくらつかさ@:#わーい。

まなせ@FVB:#よかった!

芝村:さ。どうぞ

さくらつかさ@:#AR3もよぶんに・・・

まなせ@FVB:f:藩王さくらつかさが総指揮をとる = { 
側面:統制のとれた改造をすることが出来る。 
側面:作業員の士気向上につながる。 
側面:国民を、より効率的に動員することが出来る。 
側面:すでに何度か経験をしており、ある程度はこつをつかんでいる。}

芝村:通らない

まなせ@FVB:うーむ

さくらつかさ@:#笑っていいですか?

芝村:#わらっていいよ

まなせ@FVB:#改造がいかんかな

さくらつかさ@:#改装?

まなせ@FVB:#改装指示?

芝村:#さあ。

芝村:情報を調べてもいい。

まなせ@FVB:#情報ですか……うーむ。

芝村:#そのまますすめてもいい

さくらつかさ@:f:燃料工場船を施設にする = { 
側面:推進に使っていたエネルギーを施設に回すことが出来る。 
側面:宇宙航行艦として持ち合わせている船体の大部分を占める航行用施設を工場施設に置換できる 
側面:余った部品は資源として再利用することが出来る。 
側面:採掘地から採掘した燃料があり、解析・分析することでその燃料に適した形に改良することが出来る。 
側面:宇宙に建設するので、土地代が必要ない 
側面:真空状態のまま操業できるので防火施設の必要が無い

まなせ@FVB:#そのまますすめます

さくらつかさ@:
側面:工場設備追加分の敷設自由度が高く安全且効率のよい加工ができ、安価な増産に繋がる 
側面:改造には宇宙港のドッグを使用することができ、宇宙港で設営ぎりぎり改造しておく事が出来る。 
側面:針路変更用噴射推進施設が元からあるため燃料採掘地に安定配備できる 
側面:長距離航行用の生活空間を工場作業員用に流用できる 
側面:操船クルーを必要としないため設定国民で操業できる 
側面:廃役船舶は資料館や博物館施設として用いられる事があり、そのままでも固定施設となりうる}

芝村:通った。

まなせ@FVB:#よしっ

さくらつかさ@:#あ、とおった。

芝村:作業難易度は1隻 整備で50

芝村:かかる予算は1隻あたり100マイルほど

さくらつかさ@:#たかっ!

まなせ@FVB:#整備か……これがネックなんだよな

さくらつかさ@:#そうなんだよねー。

まなせ@FVB:#では予算を下げに行きます。

芝村:はい

さくらつかさ@:#へい。

まなせ@FVB:

f:燃料工場船を施設にする={ 
側面:作業そのものは単純な工程である。 
側面:真空なので、メンテナンスの必要がほとんど無い。 
側面:不測の事態の場合、搭載コンピュータで対応できるものは対応し、自動対応できないものについては宇宙開発センターからの無線指示で対応できる。 
側面:施設化すれば航行機能は必要ない。 
側面:ベースがコンテナ式のミアキスなので、操舵・航法ブロックや航行用機関ブロックの撤去作業は容易。} 

芝村:通らない

まなせ@FVB:#むむ

まなせ@FVB:技術アドバイザーは呼べますか?

さくらつかさ@:Q:技術アドバイザーは呼べますか?

芝村:マイルをだせば

さくらつかさ@:#出します。

まなせ@FVB:#だします

芝村:誰呼ぶの?

さくらつかさ@:Q:一番適任な方をお願いしてもよろしいでしょうか?

芝村:A:はい

芝村:/*/

芝村:r:エステルが出てきました。

芝村:エステル:「お久しぶりです」

まなせ@FVB:おひさしぶりです。よろしくお願いします。

さくらつかさ@:さくらつかさ:「おひさしぶりー。体は大丈夫なの?」

芝村:エステル:「ええ。アリアン(あさぎヤガミ)に助けられました」

芝村:エステル:「なにか、御用でしょうか」

まなせ@FVB:曲直瀬りま:「工場船を施設化して、運用コストを下げたいのだけれど、良い方法を思いつかないんです。なにか、良いアイデアがあったら教えてくれないかしら」

さくらつかさ@:さくらつかさ:「それはあとでお礼を。」

まなせ@FVB:曲直瀬りま:「運用というより、まず製造コストなんだけれど」

芝村:エステル:「無人化すればいいだけに思えます。結局人件費が一番高いのでは?」

まなせ@FVB:曲直瀬りま:「まずはそこかな。無人化。で、あとはオートメーションと、開発センターからの遠隔指示で良いのかしら」

芝村:エステル:「無理ですね」

芝村:エステル:「開発センターからの指示能力は高軌道までです。遠距離で行うなら開発センターそのものを改造する必要があります」

さくらつかさ@:さくらつかさ:「完全無人化、センターとのリンク無しってこと?」

まなせ@FVB:曲直瀬りま:「バックアップなしの無人化か、センター改造の二択なのかな」

さくらつかさ@:「そうみたいね。」

芝村:エステル:「どちらでも・・・」

芝村:エステル:「あと、報告よろしいですか。国民も救出されました」

まなせ@FVB:曲直瀬りま:「あー、よかった! みんなにむ知らせてあげよう!」チャットに速報を

芝村:エステル:「……他人事みたいですね。いずれにしても、どちらかでいいでしょう」

まなせ@FVB:曲直瀬りま:「(ぜんぜん他人事じゃないよ。みんな心配してたよ……)」

まなせ@FVB:曲直瀬りま:「単純にコストだけ考えるなら単純な無人化。今後の布石も考えるなら改造付きですね」

芝村:エステルは冷静だ。

まなせ@FVB:曲直瀬りま:「開発センターの機能アップはどれくらいのコストがかかるのかな」

芝村:エステル:「地上施設が破壊される可能性もあります。指向性が強いなら、方向の特定もされやすい欠点があります」

まなせ@FVB:曲直瀬りま:「燃料採掘地はできるだけ位置を秘匿したいからね。やはり無人ね」

芝村:エステルはうなずいた。

まなせ@FVB:曲直瀬りま:「そうすると、長期の有人メンテナンス不要なように、作業自動化をしないといけないね。しっかりしたシステムにしないと」

芝村:エステル。定期的に燃料輸送のために人は来るんです。その中にエンジニアを入れておけば、それほどがんばらないでも・・・

まなせ@FVB:曲直瀬りま:「無駄を省いて効率的にってことね」

まなせ@FVB:#それならなんとかなりそう

さくらつかさ@:#ちょっとわかりやすくなってきた。

芝村:エステル:「はい」

さくらつかさ@:#保守

さくらつかさ@:#次の時間もこのまま函でお願いします。

芝村:はい

芝村:/*/

芝村:どうぞ

まなせ@FVB:f:燃料工場船を施設にする={ 
側面:燃料施設は無人工場である。 
側面:燃料精製作業は単純な工程で自動化は容易である。 
側面:施設化すれば航行機能は必要ないので自動化は容易である。 
側面:ベースがコンテナ式のミアキスなので、操舵・航法ブロックや航行用機関ブロックの撤去作業は容易である。 
側面:無人化すれば生命維持システムとコストが不要になる。 
側面:メンテナンス要員は、燃料輸送船のスタッフに同行すれば常駐の整備員は不要である。}

芝村:通った。

さくらつかさ@:#おおー!

芝村:難易は40

芝村:予算は1隻80マイル

まなせ@FVB:#よしっ。エステルありがとー! でもまだ40か。

芝村:エステル:「何かお困りですか?」

さくらつかさ@:「もう少しなんとかなんないかなって。」

まなせ@FVB:曲直瀬りま:「それに、うちの国には整備できる人間が常駐してないのよね。」

さくらつかさ@:「欲張りなモンで。」

まなせ@FVB:曲直瀬りま:

まなせ@FVB:「整備も自動工場にしたいわ」

さくらつかさ@:「そうだね。整備ねぇ。」

芝村:エステル:「・・・私を助けてくれたのはFVBの人ではありませんでした」

まなせ@FVB:曲直瀬りま:「自分だけで何でもやろうと思ってはダメなんだけれど」

芝村:エステル:「ええ。私なら整備士を呼んで判定してもらいます」

さくらつかさ@:「・・・間に合わなかったね。ごめんね。」

まなせ@FVB:「整備士か。今から同盟はくめないし……」

まなせ@FVB:曲直瀬りま:「誰か呼べませんか?、オウサマ?」

さくらつかさ@:「・・・そうだねぇ・・・」

まなせ@FVB:曲直瀬りま:「宰相府藩国と共同事業にして、そちらの人をお願いするとか」

さくらつかさ@:あ。だいじょうぶだ。よかったー。

さくらつかさ@:お待たせしました。

芝村:失礼しました

さくらつかさ@:いえいえ。遅くなりました。

まなせ@FVB:「技術者派遣をお願いするのもいいとは思うけど、」までです。

芝村:エステル:「整備に成功しそうな人物に心当たりは?」

さくらつかさ@:「も、森さん・・・」

まなせ@FVB:曲直瀬りま:「宰相府藩国と提携して技術者や整備士を派遣してもらったり、量産化によるコストダウンは考えても良いと思います」

まなせ@FVB:「複数藩国によるベンチャービジネスにしてもいいかな」

まなせ@FVB:「FVBは本来、宇宙で戦いたい国であって、宇宙で資源獲得して稼ぎたい国ではないので、みんなで共同事業できるなら」

さくらつかさ@:「工場船を作ったときは宰相府から技術者派遣して貰ったのよ。」

まなせ@FVB:「そうでしたね」ヶ

まなせ@FVB:「そうすると、あとのコストダウンは……」

芝村:エステル:「では同じく宰相府からよぶできかと」

まなせ@FVB:曲直瀬りま:「宰相府から呼べる整備士の方というと、やはり森さんでしょうか?」

芝村:エステル:「そうでしょうね」

さくらつかさ@:「もう一度派遣をお願いしてみようかしら・・・」

まなせ@FVB:「お願いします」

さくらつかさ@:Q:宰相府に事情を話して派遣をお願いすることは可能ですか?

芝村:A:ええ。10マイルで森、呼べます

さくらつかさ@:#それではお願いしますr:森さんをお呼びします。

芝村:呼んだ

芝村:森:「こんにちは」

さくらつかさ@:「こんにちは。初めまして。」

まなせ@FVB:曲直瀬りま:「こんばんは。お世話になります」

まなせ@FVB:「はじめまして。FVBの曲直瀬です」

芝村:森:「整備ですか?」

さくらつかさ@:「FVBのさくらともうします。突然お呼びして申し訳ありません。これこれこういう訳でお願いしたいのですが」

さくらつかさ@:#超簡略で事情説明します

まなせ@FVB:曲直瀬りま:「工場船を無人化して燃料工場にしたいのですが、コストと整備が……」

芝村:森:「分かりました。お手伝いします」

さくらつかさ@:「お願いしてもよろしいでしょうか?」

さくらつかさ@:#おかえりなさいませー。

さくらつかさ@:さくらつかさ@メッセは伝言板がわり の発言 (22:26): 「ありがとうございます。よろしくおねがいします。」(あたまをさげます)

芝村:なんだかよくおちるなあ::

芝村:森は判定に必ず成功する

芝村:整備の目処はついた

さくらつかさ@:#雷でも?(それは昨日)

まなせ@FVB:「ありがとうございます」

まなせ@FVB:#すると、あとはこれ以上安くなるかどうかという話ですね。

芝村:#ええ

さくらつかさ@:Q:マイル以外での支払いはムリでしょうか?

芝村:A:藩国のL化されてない施設の習得は今のルールではマイルのみ。それも100マイルかかります

まなせ@FVB:#ふーむ

さくらつかさ@:#ありがとうございます。

まなせ@FVB:#ありがとうございます。

芝村:#あ。

芝村:施設1個にまとめるのであれば、100だけでいいかも?

さくらつかさ@:Q:性能って改めて開示になるのでしょうか?

さくらつかさ@:え。

まなせ@FVB:#それはいいかも。

さくらつかさ@:Q:それって、精製量とかの関係はどうなりますか?

芝村:A:改めて開示

芝村:A:精製量はそれなりに減りそうだが

さくらつかさ@:#それなりですか・・・

まなせ@FVB:#2隻フル稼働より増えることはないと言うことですね。

芝村:ええ

さくらつかさ@:Q:2隻を1施設にまとめる場合ではコストはどれ位になりますか?

芝村:A:100

さくらつかさ@:#ありがとうございます。

芝村:どうする?

まなせ@FVB:Q:その場合、他の施設と同様に毎ターンごとに燃料生産ということになるかと思いますが、精製する際になにか資源等を消費しませんか? 運用コストですが。

さくらつかさ@:#すごい悩ましいです。

芝村:A:運用コストはかからないかもしれない

芝村:A:輸送コストはかかる

まなせ@FVB:#かも……。輸送コストは仕方がないですね。

さくらつかさ@:#輸送はあきらめですね。(ため息

まなせ@FVB:#ですね

さくらつかさ@:r:それでお願いします。

芝村:OK

さくらつかさ@:2隻を1施設化ということでおねがいします。

芝村:2隻分を連結して施設化でいいかい?

さくらつかさ@:Q:他はどんな施設化があるのですか?

芝村:A:3隻4隻まとめて施設化

まなせ@FVB:#ああ、やはり。

まなせ@FVB:#まとめると精製量が増える一方で、運用コストが発生するかも。

さくらつかさ@:#連結以外の方法があるのかと思いました。

まなせ@FVB:#なら2結ですね。

さくらつかさ@:2隻でお願いしますー。

芝村:運用コストかかっても資源だからね。

芝村:OK

さくらつかさ@:ちょ、しげん。

芝村:ではIQGどうぞ

芝村:IWGだ

さくらつかさ@:#資源減らしたかったー・・・

さくらつかさ@:IWG:ミアキス(燃料精製工場船)を施設化した。

芝村:通った

さくらつかさ@:以上になります。

まなせ@FVB:ぱちぱちぱち。

さくらつかさ@:ありがとうございました。

まなせ@FVB:ありがとうございました。

芝村:おめでとうございますー

さくらつかさ@:「エステルと森さんに感謝。だね」

芝村:明日にもデータだします

さくらつかさ@:ありがとうございますー。

まなせ@FVB:「エステル、森さん、ありがとー!」

まなせ@FVB:あ、そうだ

さくらつかさ@:資源のコスト減らしたかったけど、失敗かな・・・。がっくり。

まなせ@FVB:#ところで、最後に質問よろしいでしょうか。Q:今回のエステルは時雨さんの個人ACEだと思いますが、私たちが会って話をして、何か不都合は起きないでしょうか?

芝村:A:特には

さくらつかさ@:#私たちはプロモーションあとのエステルにあっているのですが

まなせ@FVB:#あ、よかった。ひとあんしん。

芝村:ええ

芝村:それが?

さくらつかさ@:それなら良かった。

さくらつかさ@:一度前に、プロモーション後のACEにあったらプロモーション前のACEには会えないって聞いていたので心配でした。

芝村:別のキャラなんで。個人ACEは

さくらつかさ@:個人ACEになれば問題ないということですね。ありがとうございました。

芝村:はい。

芝村:あ。今日のゲームのログ、くれませんか?

さくらつかさ@:はーい。

まなせ@FVB:時雨さんのエステルには設定国民が支えられたようで感謝してます。

さくらつかさ@:テキストで送りますね。

芝村:はい

まなせ@FVB:今回はかなりぶつぎれでしたからね。>ログ

芝村:ええ。

芝村:すみません

まなせ@FVB:今夜はありがとうございました。この工場を上手く使って頑張ります。

芝村:はい

さくらつかさ@:それでは時間になりましたので失礼させて頂きますー。



施設:燃料精製工場

L:元ミアキス(連結燃料精製工場四連結) = {
t:名称 = 元ミアキス(連結燃料精製工場四連結)(施設)
t:評価 = なし
t:特殊 = {
*生産フェイズにおいて200万tまでの燃料を容量50%の精製燃料にすることが出来る
*生産フェイズにおいて毎ターン10万tの資源を消費する。

t:→次のアイドレス = マスドライバー(施設),燃料精製技術(技術),触媒の発見(イベント),宇宙太陽光発電システム(施設)

最終更新:2008年05月31日 21:28