※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

宙奉行所

 FVBにおける行政機能の中枢は、勘定奉行(かんじょうぶぎょう)、町奉行(まちぶぎょう)、宙奉行(そらぶぎょう)の三奉行職にある。

  そのうち、宇宙船舶の航路管制から宇宙港管理、果ては宇宙艦隊の建造計画までを所掌とする部署が宙奉行であり、宙奉行が管轄する行政府を「宙奉行所」と称する。

 

宙奉行所の業務

 宙奉行と一口に言うが、その所掌とする業務は幅広い。

  宇宙国家であるFVBにとっては、宇宙分野=基幹交通網&全戦力を意味してしまう(歩兵部隊や航空部隊も宇宙軍歩兵、宇宙軍航空隊とみなして宇宙軍管轄となる。ただし私掠船については藩王直属)。

 さすがに軍の指揮は軍令部が掌握しているが、建艦整備の決定権は宙奉行所にある。

  いわば「藩国宇宙行政のすべて」なのだ。

 

  • 港湾奉行……宇宙ステーションマスドライバーを含む宇宙港地上基地、および長距離輸送システムを管轄とし、その運用と保安を担当する宇宙行政の総括部署
  • 軍艦奉行……軍令部と連絡し、建艦計画を遂行する。栗田雷一が軍艦奉行に就任。
  • 外国掛……他藩国人に関する入出国管理務を担当。
  • 防疫掛……他藩国から入ってくる人や物について、微細生物や細菌等による汚染がないか調査・検疫する部署。
  • 宙港与力……各宇宙港や中央駅に配置された交番に配置され、警察税関業務をおこなう。
  • 宇宙科学要塞(宇宙開発センター)……普段は宇宙航路の管制や監視、あるいは新型宇宙機の開発をおこなっているが、有事には軍令部の指揮下に入る。
  • エステル伝習所……宇宙艦船の操艦を担う士官や機関士官を養成する。
  • 宙守護職……宇宙港路の安全を守る保安職。
  • 帝環新撰組……帝國環状線を守る鉄道警察です。

 

 

ISSとの協力

  これまではFVBとISSの関係はあまり密接ではなかった。

  正直に言えば、ISSの努力に対して、FVBはおんぶにだっこの地位に甘んじていたのである。

  しかし、クーリンガンとの戦いにより、上層部においても現状に甘んじていてはいけないとやっと認識したのであった。予算が投入され、国内各所に警察署や交番が配置され、宙港与力や定町廻り同心が治安を維持するため巡回するようになった。

  さらには宙港関連施設や中央駅の各施設に、サーモグラフ(熱感知センサー)その他の探査機器が取り付けられ、不死人の潜入に備えるようになったのである。

 

宙奉行

  宙奉行職には、エステル・ヴァラ・夜明けの艦氏族・夜明けの船・ヤガミが任命されている。

最終更新:2009年01月15日 14:56