※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

 

 

  FVBは、病院憲章を尊重し、その実現のためにISS等藩国外の団体と医療面での連携を積極的におこないつつ、医療制度改革を実施していきます。(曲直瀬りま:摂政・法官2級)

 

 L:FVB医療制度改革 = {
 t:名称 = FVB医療制度改革(政策)
 t:要点 = 安定した医療保険制度,質の高い医療の確保,医療安全への管理監督強化
 t:周辺環境 = 市民病院,療養所
 t:内容 = {
 *安定した医療保険制度 = {
側面:医療費の個人負担を抑制。
側面:15歳児までの医療費無料化。
側面:医療財源としての資金10億わんわん投入。


 *質の高い医療の確保 = {
側面:最先端医療を駆使した市民病院と伝統的な療法を昇華させた療養所の連携による機能分化と医療提供の効率化。
側面:藩国外からの最先端医療の導入。
側面:病気予防と治療のため、医学研究の推進。

側面:正規医師の増加計画(早急に医師アイドレス取得をめざす)。

側面:インフォームド・コンセントを中心とした患者の自己決定権など患者の権利の確保。


 *医療安全への管理監督強化 = {
側面:養生所見回り役からを独立させた医事同心(医療Gメン)による、違法な医療行為や研究が行われていないか、医療行為が適正に行われているか等、医療安全への管理監督の強化。
側面:医療記録の保存とチェック体制の強化による医療事故の検証制度の確立。
側面:無資格医の摘発(医師アイドレス取得後)。
}}}

 

★FVB病院憲章 【参考】

「医療は、人がそれぞれの天分を全うするのを助けるためにあり、我々はその本分を発揮するために、心技に精進を積み、より良き医療を実践するために不断に工夫努力を払うことを誓う」

1.病院医療を通じて、地域の人々との健康と福祉を守ります。
1.生命を尊重し、常に医学的水準と医療水準の向上に努めます。
1.患者中心の医療を心構えとし、親切で心のこもった医療サービスを行います。
1.ISSとの連携を重視した広域医療体系に参加し、効果的かつ効率的な医療成果の向上に務めます。

 

最終更新:2008年12月12日 09:58