※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 燃料パイプライン RD:126 評価値:11
    • 部品: 敷設の経緯
    • 部品: 燃料パイプランの概要
    • 部品: パイプラインの動力について
    • 部品: 燃料備蓄タンク
    • 部品: FVBパイプラインの特長
    • 大部品: 導管の構造 RD:4 評価値:3
      • 部品: 導管の素材
      • 部品: 複線化
      • 部品: 装甲化
      • 部品: 継ぎ目対策
    • 大部品: 燃料パイプラインのセキュリティ対策 RD:15 評価値:6
      • 部品: 地下への敷設
      • 部品: 施設情報の管理
      • 部品: 納品時審査の実施
      • 部品: 敷設に際しての耐震対策
      • 部品: 緊急停止装置
      • 部品: トンネル内壁の特殊コーティング
      • 部品: 漏洩燃料の回収機構
      • 部品: 消火装置
      • 大部品: 導管の監視体制 RD:7 評価値:4
        • 部品: 複合チェック体制
        • 部品: 監視カメラ
        • 部品: 温度計
        • 部品: 圧力計
        • 部品: 流量計
        • 部品: 巡回監視
        • 部品: 設置時検査
    • 大部品: 施設 RD:5 評価値:3
      • 部品: ポンプステーション
      • 部品: 管理センター
      • 部品: 防爆型配線システム
      • 部品: ピグステーション
      • 部品: 無菌フィルター
    • 大部品: パイプラインの運用体制 RD:4 評価値:3
      • 部品: 事業形式
      • 部品: 費用対効果
      • 部品: 委託事業者の信頼性
      • 部品: 報告・監査義務
    • 大部品: 詩歌藩国燃料パイプライン RD:7 評価値:4
      • 部品: 詩歌藩国燃料パイプライン概要
      • 部品: 運営体制
      • 部品: 国内使用状況
      • 部品: ブリザード対策
      • 部品: 温水管
      • 部品: 警備状況
      • 部品: 国内貯蔵施設
    • 大部品: 燃料パイプ(よんた) RD:6 評価値:4
      • 部品: 就職の斡旋先
      • 部品: 環境に配慮したパイプ配置
      • 部品: 見回りと除氷
      • 部品: 確認は大事
      • 部品: いざというときさっと動こう
      • 部品: 配分された燃料
    • 大部品: 燃料パイプライン(満天星国) RD:5 評価値:3
      • 部品: 満天星パイプライン公社
      • 部品: 保安のための公社と藩国の連携
      • 部品: 環境アセスメントの元での設置
      • 部品: 周辺への植林
      • 部品: 第7層産業エリアへの直結
    • 大部品: 後ほねっこ男爵領での燃料パイプライン RD:7 評価値:4
      • 部品: パイプラインの埋設
      • 部品: ほねっこでの敷設
      • 部品: ほねっこにおける管理
      • 部品: ほねっこの警備態勢
      • 部品: ほねっこの燃料貯蔵施設
      • 部品: ほねっこ国内での燃料輸送
      • 部品: ほねっこでの燃料使用の状況
    • 大部品: 越前藩国燃料パイプライン RD:7 評価値:4
      • 部品: 越前藩国における敷設ルート
      • 部品: 越前藩国の燃料パイプライン管理部門
      • 部品: 木造の見張り小屋
      • 部品: 越前藩国における燃料パイプラインの警備体制
      • 部品: 地震発生時の防災防御訓練
      • 部品: 越前藩国内での燃料消費
      • 部品: 越前藩国内の燃料備蓄事情
    • 大部品: 愛鳴之藩国燃料パイプライン RD:6 評価値:4
      • 大部品: 愛鳴之瓦斯公社 RD:5 評価値:3
        • 部品: 公社概要
        • 部品: 敷設と環境配慮
        • 部品: 地域への貢献
        • 部品: 防災と安全対策
        • 部品: 研究機関設立
      • 部品: 燃料の使用状況
    • 大部品: 蒼梧藩国燃料パイプライン RD:14 評価値:6
      • 部品: 概要
      • 部品: 蒼梧藩国の燃料事情
      • 大部品: 蒼梧燃料公社 RD:6 評価値:4
        • 部品: 運営体制
        • 部品: 貯蔵施設
        • 部品: 国内輸送
        • 部品: 警備体制
        • 部品: 防災対策
        • 部品: 緊急時の対応
      • 大部品: 猛虎綜合警備保障会社 RD:6 評価値:4
        • 部品: 会社概要
        • 部品: エアバイクによる巡回警備
        • 部品: 危険物の取り扱いに関する知識
        • 部品: 厳重な貯蔵施設の警備
        • 部品: 警備員の勤務体制
        • 部品: 緊急時の関係機関への連絡
    • 大部品: 燃料パイプライン(土場藩国) RD:12 評価値:6
      • 部品: 燃料精製施設への接続
      • 部品: 国内のパイプラインの管理
      • 部品: パイプラインの分岐
      • 部品: バルブによる流量調整
      • 部品: 土場藩国内のパイプラインの配置個所
      • 部品: 土場藩国のパイプライン管理費用
      • 大部品: 土場藩国でのパイプライン保守管理 RD:5 評価値:3
        • 部品: 異常感知センサー
        • 部品: パイプラインの巡回業務
        • 部品: 部品交換業務
        • 部品: 立ち入り禁止フェンス
        • 部品: 火災時の対応
      • 部品: 燃料用ポンプ
    • 大部品: 燃料パイプ(神聖巫連盟) RD:2 評価値:1
      • 部品: 平地に配慮したパイプ配置
      • 部品: 事故対応マニュアル
    • 大部品: テロ対策体制 RD:27 評価値:8
      • 部品: 概要
      • 部品: テロ対策の重要性
      • 大部品: 担当者について RD:2 評価値:1
        • 部品: 担当者とは
        • 部品: 資格
      • 大部品: 日常体制 RD:8 評価値:5
        • 部品: 避難経路の整備
        • 部品: 日々のパトロール
        • 部品: 施設などの対策強化
        • 部品: 日常広報
        • 部品: 担当者の日常訓練と教育、研究
        • 部品: 政府担当部門や警察との連絡体制
        • 部品: 情報収集
        • 部品: 勤務体制
      • 大部品: 監視カメラシステム RD:7 評価値:4
        • 部品: システムの概要
        • 部品: 情報の制限と守秘義務
        • 部品: カメラ設置の手法
        • 部品: データ解析
        • 部品: 指揮部署との連絡
        • 大部品: 設備 RD:2 評価値:1
          • 部品: 監視カメラ
          • 部品: 情報端末
      • 大部品: 不審物対応 RD:2 評価値:1
        • 部品: 不審物に対する対処
        • 部品: 危険物処理について
      • 大部品: 自爆テロ対応 RD:2 評価値:1
        • 部品: 荷物チェック
        • 部品: 動作や服装への注意
      • 大部品: 車両テロへの対応 RD:1 評価値:0
        • 部品: 重要施設の防衛体制の強化
      • 大部品: テロ発生時における対応 RD:2 評価値:1
        • 部品: 緊急展開
        • 部品: 避難誘導
      • 部品: テロ対策体制流用実績



部品定義


部品: 敷設の経緯

FVBの燃料採掘事業は採掘地の開拓に伴い、自国を賄うだけでなく、大規模な輸出が可能になった。
この時、タンカーより効率的な輸送手段を求めて開発されたのが、燃料パイプラインである。



部品: 燃料パイプランの概要

パイプラインとは、液状または気化した物体を輸送するための恒常設置された導管の事である。
この形式が選択されたのは、各藩国は地形、気候に大きな差があることを鑑み、様々な環境で供給可能だったからである。

部品: パイプラインの動力について

パイプ内に送り込まれた燃料は、導管自体の傾斜及び圧力調整によって目的地まで運び届けられる。
圧力調整は敷設された各地に調整所が設置されており、常に適切な圧に保たれる。

部品: 燃料備蓄タンク

パイプラインを通して供給国から送られてきた燃料は、各国に設置された燃料備蓄タンクに一時保管される。
このタンクを経由して、国内パイプラインにて各所に燃料が供給される。

部品: FVBパイプラインの特長

FVBによるパイプラインは、燃料採掘地から供給タンク、そして導管という経路を設定することで、既存の輸送設備の圧迫、複雑化による事故を防止している。

部品: 導管の素材

パイプラインで用いられる導管は、比較検討の結果、満天星国の高品質マテリアルを耐腐食加工し、作成している。

部品: 複線化

導管は複線化しており、燃料貯蔵タンクから効率的に供給できるようになっている。
パイプラインは藩国全域に燃料を供給する必要があるため、こういった線路は広ければ広いほど良いとされた。

部品: 装甲化

燃料パイプラインを形成する地下トンネルは特殊マテリアルにより、完全に装甲化されている。
これはテロを始めとする攻撃を想定してたためである。

部品: 継ぎ目対策

金属加工品である以上、どうしても発生する導管同士の継ぎ目については、専用設計の連結器で液漏れが発生する事を防止している。

部品: 地下への敷設

生活インフラとしての側面を持つパイプラインは敵対勢力からアタックを防ぐため、付属施設も含めて、全て地下に敷設されている。


部品: 施設情報の管理

パイプラインの施設情報は、一般的な施設に比べてかなり厳重に管理されている。
職員にはセキュリティ教育が義務付けられ、その上で担当職務に関連する部分のみしか、資料を閲覧できない。

部品: 納品時審査の実施

燃料パイプラインで使用するマテリアルなどの重要資材、技術などは全て背景調査が行われ、敵性勢力や反社会的団体との関りがないか入念に確認されている。
これは追加で資材搬入や技術持ち込みが行われる時もすべて同じ手順を踏む。

部品: 敷設に際しての耐震対策

地下に敷設する事が決定した時点で、人災以外にも地震による被害がかなり警戒されることとなった。
パイプラインの敷設箇所は入念な地質調査が行われ、地殻変動の影響を受けづらいエリアが選定されている。

部品: 緊急停止装置

もし監視装置に設定された危険水準を超えた場合、緊急停止装置が働き、導管を閉栓する。
緊急停止装置は一定区間ごとに一時退避タンクと併設され、トラブル解決まで退避タンクに燃料はプールされる。

部品: トンネル内壁の特殊コーティング

万一燃料漏洩が発生した場合の環境被害を防止するため、地下トンネル内には特殊なコーティングが施され、土中への漏洩拡大を防ぐようになっている。

部品: 漏洩燃料の回収機構

トンネル内には地下水排出用の溝が作られており、これを利用して漏洩した燃料の回収を行う。
溝は燃料と排水の分別装置に繋がっており、漏洩燃料だった場合、ここで回収される。
なお、排水についても濾過による無毒化を経て、排出される。

部品: 消火装置

燃料漏れによって発火の危険がある場合、不活性ガスをトンネル内に充てんし、引火を防ぐ。
また、この事態が起こった場合アナウンスによって職員に警戒を促し、設置された避難所へ誘導する。

部品: 複合チェック体制

パイプラインの導管は主に漏洩事故防止のために、さまざまな手段を駆使して24時間体制で監視される。常に複数のシステムで相互監視することが安全確保の第一歩なのだ。

部品: 監視カメラ

パイプラインの状況はカメラによる視認でも監視されている。センサーの異常や外部からの破壊工作や想定外の事故など、視認によって防ぐことのできるものは多い。


部品: 温度計

管内温度の確認は重要である。メタンガスなど温度変化によって相転移が起きていないか、常にモニターする必要がある。


部品: 圧力計

導管自体に亀裂が入っていたり穴が空いている、またはつなぎ目が緩んでいる場合など、内部を流れている燃料の圧力が変化する。また、万が一にも温度センサーが機能していない場合にも圧力計によって診断することもできる。

部品: 流量計

燃料が円滑に導管内を流れているかもチェック項目である。これが速すぎれば導管破損の危険が発生するし、遅ければポンプの異常か管内に何かが詰まっている等の可能性が考えられるからだ。

部品: 巡回監視

機械による監視だけでは漏れがでることもあるし、悪意ある人の手によってセンサーが誤魔化されることもある。あるいは周辺の環境が天候等によって変化し、自然災害でパイプラインに被害が及ぶことも考えられる。これを可能な限り阻止するために、人が実際に現場に赴く巡視は不可欠である。これは定期定時ではなく、一定期間内に不定期に実施され、その巡視コース予想を困難にする。

部品: 設置時検査

導管の設置時点で、そのつなぎ目部分は非破壊検査や耐圧検査によって、細かな隙間ができていないか詳細にチェックされる。

部品: ポンプステーション

搬送が長距離となるため、中継のための施設としてポンプステーションが設置され、ここで再び圧力や流量が調整されていく。

部品: 管理センター

監視システムで得られた情報は、専用の管理センターに送られ集計、管理される。これらの情報は台帳に記録され、異常の判断やトラブルの調査に役立てられる。

部品: 防爆型配線システム

各種センサーによる記録情報は有線によって管理センターに送られるが、万が一にもその装置の漏電等によって火花が散り、火災や爆発の原因とならないよう防爆型の設計となっている。

部品: ピグステーション

パイプラインの内部を腐食や変形がないか検査するため、テレビカメラを搭載した検査ピグと呼ばれるユニットが定期的に管内へと送り出される。このピグを送り出し回収し、メンテナンスを行うための施設である。


部品: 無菌フィルター

菌によっては燃料を変質させるものが存在するため、パイプライン各所には無菌フィルターが設置され、外気と直接触れないよう留意されている。

部品: 事業形式

パイプラインは建造、維持運用まで、藩国の意向に従い、国内の民間企業に委託される半官半民の事業形式を取る。

部品: 費用対効果

藩国の地下に完全埋設されるパイプラインは、敷設コスト的には割高となる。しかし、トラブル発生時の対応費用を考えれば、むしろ経済的であると評価されている。

部品: 委託事業者の信頼性

パイプラインは公共インフラであり、軍事面における兵站としての機能も視野に入れられているため、委託される事業者はその信頼性が最重要視される。

部品: 報告・監査義務

パイプラインはセキュリティ確保のため、運用事業者には厳格な書式に則った報告書の提出が義務付けられる。
また、抜き打ち・定期問わず藩国から実地視察も行われる。

部品: 詩歌藩国燃料パイプライン概要

詩歌藩国は帝國燃料グループに加盟しているため、藩国内に燃料パイプラインが敷設されている。燃料の不足は冬季の死亡率に関わるため国内でも重要な施設である。

部品: 運営体制

国民の生死に直結するため燃料パイプラインは国営である。ただ、当然ながらパイプラインの部品製造や保守点検には多くの民間企業も関わっている。

部品: 国内使用状況

燃料の主要な使い道は各家庭の暖房とI=Dなど軍での使用に分かれる。軍での使用は情勢によって変動するが暖房設備は不要になるということがあり得ない。

部品: ブリザード対策

詩歌藩国内では冬季のブリザードに耐えうるパイプラインが必要となる。凍結・融解による破損対策と早期発見・保守点検が施されている。

部品: 温水管

パイプラインと併設された地熱利用の温水管。これは各家庭に温水を届けるとともにパイプラインの凍結防止にも効果を発揮する。

部品: 警備状況

燃料パイプラインの事故・悪戯・テロ等による破損や燃料盗難を防ぐため、通常の警備とは別に特に重要な箇所では藩国軍歩兵による警備も行われている。

部品: 国内貯蔵施設

国外から送られてきた燃料は国内貯蔵施設に一旦保管される。そこから各都市や軍施設に振り分けられ、さらに用途に応じて貯蔵・分配される。

部品: 就職の斡旋先

軍から除隊した場合、就職を希望した際の斡旋先の一つとしてパイプライン周辺設備の警備員を斡旋している。有事の際に軍との連携をとる目的もある。この業務内容には守秘義務が伴い違反は重罪とされるが、危険な場所であるため通常の警備よりは給与は高めである。

部品: 環境に配慮したパイプ配置

万一事故などで燃料漏れが起きた際に農地の土壌や水源などを汚染しないよう農地、水源からは可能な限り離れた位置に配管されている

部品: 見回りと除氷

周辺施設含めて不測の事態で凍結が起こる事を想定し、その対策として目視による見回りと凍結が確認されれば4~6時間以内の除氷を目指し作業を行う

部品: 確認は大事

施設作業者はどの部署でも2名一組のチームを1単位として扱い勤務させる。単独作業は禁止とする。これはダブルチェックのためである

部品: いざというときさっと動こう

事故対応訓練は定期的に実施され実際の事故などの際には考える前に身体が動く程度に手順が行えるよう徹底されている

部品: 配分された燃料

パイプラインの国内事業は公社として指定。国が完全出資運営を行うものとする。配分された燃料は工場稼動、暖房、農業、漁業など国民の生活の維持や国の運営のために使用される。またその運営には国より不定期の監査を入れるものとする。また監査担当者の固定化は行わないともする。

部品: 満天星パイプライン公社

満天星国内のパイプラインのために公社が設立され、国の監督の元で運営がなされている。ある程度の高給が支払われるため就職先として人気は高いが、同時に重要施設でもあることから一部の役職においては守秘義務のレベルが高く設定されている。


部品: 保安のための公社と藩国の連携

パイプラインが破壊された際のため、公社には専用の特殊消防車が置かれている。また、藩国との連携のもとでいちはやく鎮火・避難できるよう連携体制が敷かれているほか、警察による巡回ルートに組み込まれてもいる。なお、年2回、事故を想定した避難・鎮火訓練が行われている。


部品: 環境アセスメントの元での設置

特に環境に配慮した設置および運営のため、国内でのステークホルダー内で協議が重ねられた。なお、定期的な外部団体による査察が行われており、恒常的な環境への影響について監察が行われている。

部品: 周辺への植林

目隠しや地盤の強化、防火林として、パイプラインに沿って要所要所に広葉樹が植林されている。一方で、エアバイク等の接近を防ぐため、標識やデータマップによって衝突などを極力避けられるよう注力されている。

部品: 第7層産業エリアへの直結

パイプラインは第7層の産業エリアへ直結しており、農産業や自然エリア等への影響は極力排除されている。パイプを通して燃料は一次備蓄所へと送られ、そこから各精製施設や工場へと輸送されていく。

部品: パイプラインの埋設

後ほねっこ男爵領内に入った燃料パイプラインは地下に埋設されている。地下における土木工事に関しては一日の長がある後ほねっこ男爵領からすると、重要施設を地上にむき出しにしておくのは防衛上よろしくないと考えたためである。もっともその分、保守点検や整備の手間が増えるのでほぼ趣味と言えなくもない。

部品: ほねっこでの敷設

燃料輸送のためのパイプラインは、後ほねっこ男爵領における工業の中心地となっている“コロの里工業団地”から“六つ斑飛行場”と“潮の里埠頭”へと伸びている。いずれも燃料を必要とする航空機や艦船への補給を迅速に行う目的で敷設されている。

部品: ほねっこにおける管理

後ほねっこ男爵領では、燃料パイプラインの管理を藩国政府が行っている。冬の寒さ厳しい北国において燃料の確保は国民の生命に関わる一大事であり、その点に営利を介在させるわけにはいかないためである。また、管理・保守のための十分な技術をもつのが郷土軍であるという事情もある。

部品: ほねっこの警備態勢

後ほねっこ男爵領では、燃料パイプラインの管理を郷土軍が行っていることから、その警備も当然郷土軍によって担われている。地下に埋設したパイプラインを狙った攻撃手段は限定されること、入り組んだ閉鎖空間での活動は郷土軍の得意とするところであることから、十分な警備態勢が敷かれていると考えて良いだろう。

部品: ほねっこの燃料貯蔵施設

後ほねっこ男爵領ではパイプラインを通じて供与された燃料は、その通り道である三カ所それぞれの貯蔵施設に分散して保管される。過去の教訓から重要物資の分散配置・保管は必要なことと固く信じられているためである。

部品: ほねっこ国内での燃料輸送

工業地帯や飛行場、埠頭の燃料貯蔵施設から新ほねっこ城市や迷宮城砦へは、鉄道『かぐや』の燃料輸送用貨車によって運ばれ、さらにトレーラーへと載せ替えられ必要な場所へと届けられる。

部品: ほねっこでの燃料使用の状況

後ほねっこ男爵領でもっとも燃料を必要とするのは、実のところ迷宮巡視員部隊である。生活に使用される分ではもちろん工業地帯や基地が上回るが、藩国政府内での燃料配分ではほぼ全てが迷宮巡視員部隊の装備の運用・メンテナンスに当てられている。

部品: 越前藩国における敷設ルート

越前藩国における燃料パイプラインは藩国南東部に鏡文字の「つ」の字のようなルートで敷設された。藩国領を東西に貫通しようとすると天野川を越える必要があり、燃料漏れ事故が起きたときの汚染が懸念されたためである。

部品: 越前藩国の燃料パイプライン管理部門

越前藩国では燃料パイプラインの管理は藩国政府の管轄下にあり、経済関係の省庁が所管している。燃料パイプラインは簡単に移動できるものではなく、機密知識の漏出を防ぐために一度配属されると転属が難しい部門として知られている。

部品: 木造の見張り小屋

パイプラインの安全確保として見張り小屋が立てられた。小屋と言っても要所となるポイントにある物はしっかりとした建付で、住み込みで常駐が出来る程度に住居性が高かった。

部品: 越前藩国における燃料パイプラインの警備体制

越前藩国内に敷設された燃料パイプラインの警備は管理省庁の求めにより治安当局及び必要に応じて軍が対応を行った。当初は管理省庁内に専属部隊を設置する案も検討されたが、組織間の対立によって機能不全に陥る危険性が指摘されたため廃案となった。

部品: 地震発生時の防災防御訓練

火山を有する越前藩国では地震の発生する頻度は高く、それほど大したことのない揺れであっても燃料パイプに異常が発生する恐れもあることから、日頃の訓練は特に念入りに行われている。この訓練には地震発生後に確認に出た職員が武装組織から襲撃を受けた際の防御についても考慮されている。

部品: 越前藩国内での燃料消費

燃料パイプラインによって輸送された燃料だが、越前藩国では発電や公共交通機関にて使用されることが多い。高物理藩国を目指したいという方針から燃料需要の高まりが期待されるものの、国民の実生活との乖離も懸念され、家計での消費は伸び悩んでいるようだ。

部品: 越前藩国内の燃料備蓄事情

需要が低いとはいえ燃料の用途が無いわけではないため、港湾地区外苑に専用施設が建造された。設立当初は体制がザルで火災事故を度々起こしたため顰蹙を買った。幸い顰蹙で済む程度の被害で抑えることには成功していたものの、そもそも事故を起こさないようにしよう、ということで数度となく行われた運用方式の改善活動によってようやく年間事故ゼロを達成するようになった。

部品: 公社概要

愛鳴之藩国全土を営業区域としている公企業。行政区に拠点をもち、基地局にてパイプラインによりもたらされるガスを気化、各区域に分配を行っている。

部品: 敷設と環境配慮

パイプラインは工業区の外れにある愛鳴之瓦斯公社基地局へつながっており、基地局にて気化、整圧器にて各区画に適した圧力での供給を行っている。

部品: 地域への貢献

愛鳴之瓦斯公社では地域貢献の一環としていくつかの活動を行っている。地域や私塾で行われる防災訓練への参加、基地局へ子供達を招いての見学会の開催、ガス調理器具を使用した料理教室の開催、地域環境への植林や海岸のごみ拾いプロジェクト等、公社内の各部門がそれぞれにプロジェクトを担当し、地域貢献への意欲を見せている。

部品: 防災と安全対策

ガスという重要かつ災害につながるエネルギーの為、安全対策には特に気をつけており、24時間体制での見回り監視は元より、各地区への供給路に放散塔を設置し災害時に備えている。また、月一での防災訓練や安全部会等により日々の小さな異常に目を光らせている。万が一の不測時に供給停止や各防災対応の部署や摂政、藩王への連絡マニュアルを常備、早急な対応を可能としている。

部品: 研究機関設立

愛鳴之瓦斯公社ではガスエネルギーの高効率での運用や安全性の維持向上を目指し、専門の研究機関を設けている。また、私塾との提携により専門的な知識をもって公社への入社を目指す将来を担う子供への支援事業を行っている。

部品: 燃料の使用状況

基地局にて供給されたガスは工業区、産業区、商業区等の業務・産業用だけではなく家庭用エネルギー、行政区へ公用エネルギーとしても使用されている。

部品: 概要

蒼梧藩国においてもFVB藩国からの燃料輸入を受けるためのパイプラインを設置した。輸入された燃料は国営企業である蒼梧燃料公社において管理されている。

部品: 蒼梧藩国の燃料事情

蒼梧藩国では燃料繊維が普及しているため、輸入燃料の使用は比較的少ない。一方、遠洋漁業などで用いられる大型船の動力源としては輸入燃料が使用されることが多い。

部品: 運営体制

蒼梧藩国政府が100%出資する公営企業。社長はじめ重役は政府が任命し、また政府の指導の下、管理・運営がされている。

部品: 貯蔵施設

燃料は下流域にある工業地帯・通呉を拠点として輸入されている。また、通呉には鉄製の燃料タンクをはじめとした貯蔵施設が整備されており、輸入された燃料は一旦この燃料タンクにおいて保管される。

部品: 国内輸送

通呉の貯蔵施設から全国各地への国内輸送パイプラインが整備されている。各地に調整所が設置され、需要に応じた輸送量の調整が行われている。国内輸送は危険物取扱免許を持つ指定業者が担うものとし、主に陸上輸送手段(鉄道貨物、タンクローリー車など)が使われている。

部品: 警備体制

藩国の重要設備であるため、警備については公社管理の下、安心と信頼の老舗警備会社である猛虎綜合警備保障に委託している。

部品: 防災対策

災害時に備え、消火器など消防備品が貯蔵施設、調整所に置かれている。また、地震を感知した際には輸送が緊急停止される。

部品: 緊急時の対応

万一、燃料漏れ等が起こった際は、政府に迅速な連絡が行われ、緊急の事故対策委員会が設置される。同委員会の指揮下において、猛虎綜合警備保障との密接な連携により、周辺環境への影響を最小限に抑えるための対応がなされる。

部品: 会社概要

黄色と黒の虎縞のブランドロゴが目に眩しい、蒼梧藩国の老舗警備会社。警察出身のベテラン警備員が多く在籍し、政府主要機関の警備などにもよく利用される。

部品: エアバイクによる巡回警備

貯蔵施設及び各地方のパイプライン調整所において、徒歩及びエアバイクによる巡回警備が注意深く行われている。

部品: 危険物の取り扱いに関する知識

燃料関連施設の警備にあたる警備員については、燃料の取り扱いに関する基本的な知識を学ぶ研修を受けている。また、主任級の警備員になるには、危険物取扱免許の取得が求められる。

部品: 厳重な貯蔵施設の警備

燃料が大量に貯蔵された施設はテロなどにも狙われやすい。そのため、貯蔵施設は24時間体制で監視されるなど、巡回警備が特に重点的に行われている。

部品: 警備員の勤務体制

燃料関連施設では、厳重な警備体制が求められるため、通常警備以上に警備員の疲労が蓄積しやすい。そのため、警備員一人あたりの勤務を一日6時間までとする交代制が採られている。また、不測の事態に備えた予備人員が配置されている。

部品: 緊急時の関係機関への連絡

火災、テロ、燃料漏れなどの緊急時には、警備会社より政府、警察、消防、救急など関係機関に速やかに連絡がされ、関係機関の協力の下、事態の収拾にあたる。

部品: 燃料精製施設への接続

燃料パイプラインは土場藩国各所の燃料精製施設へとつながっている。
送られた燃料はここで用途に応じたものへと精製されるのである。

部品: 国内のパイプラインの管理

パイプラインの保守点検を業務とする国営の管理会社を設立する。
安全面が最も重視され、従業員には各種危険物取扱資格の取得が義務付けられる。

部品: パイプラインの分岐

パイプラインの一か所に発生した事故や故障によって燃料の供給が妨げられてはならない。
土場藩国国内では何本ものルートを通るように設置され、万が一の事故の際にも対応できるようにされている。
通常は使用しない予備のルートも準備されている。

部品: バルブによる流量調整

パイプラインには分岐点や一定区間ごとに流量調整バルブが設置されている。
事故や天災などで燃料の流れを変更する際に使用される。
管理会社からの遠隔操作と現地で直接操作する方法がある。

部品: 土場藩国内のパイプラインの配置個所

パイプラインの配置個所については周辺に建造物がない場所を選択されている。
これは火災による延焼を防止することが目的であるとともに、不用意にパイプラインに近づくものがいないようにするためである。

部品: 土場藩国のパイプライン管理費用

燃料パイプラインの管理費用は燃料の販売時にかかる税金を元にしている。
なお、燃料の小売価格が暴騰しないように税率は適宜是正されている。
管理費用が不足する場合は藩国予算から充当される。

部品: 異常感知センサー

パイプラインの各所には異常を感知するセンサーを設置している。
パイプ内の圧力、温度、重量などがモニターされ異常が感知された場合は管理会社へ通報される。

部品: パイプラインの巡回業務

パイプラインの管理会社職員による定期的な巡回業務が行われている。
不審物の有無やパイプの異常の有無、立ち入り禁止フェンスの異常の有無などがチェックされている。


部品: 部品交換業務

事故や故障防止のために、パイプラインに使用されている部品は一定期間ごとに交換が義務付けられている。
交換作業の際には燃料の流れが滞ることがないように厳密なスケジュール管理が行われる。

部品: 立ち入り禁止フェンス

パイプラインにむやみに人が接近しないように、立ち入り禁止フェンスが設置されている。
金網と鉄条網を組み合わせており簡単には乗り越えられないように出来ている。

部品: 火災時の対応

パイプラインもしくは周辺で火災が発生した場合の対応。
まず該当のエリアのパイプラインへの燃料の流入を停止する。
次に燃料ポンプによって該当エリアのパイプライン内部の燃料が災害時用の緊急タンクへ排出される。
その後に消火活動が開始される。

部品: 燃料用ポンプ

パイプライン各所には燃料の流れを補助するためにポンプが設置されている。
ポンプの動力は高圧空気であり火災の危険の少ない電動コンプレッサーから送られてくる。
火災などの緊急時には燃料の排出にも使用される。

部品: 平地に配慮したパイプ配置

もしもの時の事故や襲撃などでの燃料漏れが起きた際に備え、土地の汚染を極限化するため、平地に配管している。

部品: 事故対応マニュアル

事故対応訓練はマニュアル化され、避難すべき時はどういう手順で避難すればいいのか、逃げる前に被害を抑えるためにすべきことが記載されています。

部品: 概要

元は重要施設の防犯能力の改善のために、後に様々なテロ対策システムを研究し導入されたテロ対策体制のことである。

部品: テロ対策の重要性

不断の対策の改良実施によって、産業や生活に直接攻撃を加えるテロ攻撃の被害を可能な限り減らし、市民が安心して生活していくことの重要性は高い。

部品: 担当者とは

主に警察官や警備会社職員、または各藩国軍や企業警備部の職員などが該当する。テロ対策を行う部署職員の事である。

部品: 資格

重要性が高く、負う義務も大きいという勤務内容から、担当人員には能力はもとより確かな身元や責任能力、高い倫理意識が求められている。装備や法的な権限は各地域の法律によってさまざまである。

部品: 避難経路の整備

施設などの避難経路を整備確認する業務である。非常灯や非常口への誘導灯、避難経路のスペースの確保点検などが該当する。

部品: 日々のパトロール

日常の担当部署の巡回や、重要施設の警戒など、また多人数が集まる催し物会場での警戒業務など様々な形態のパトロールがある。

部品: 施設などの対策強化

段より警戒対象の施設等では動線や死角のチェック、十分にスペースを設ける、巡回路の改良、ゴミ箱の撤去などといった防犯体制の改善強化などを行っている。

部品: 日常広報

最近の情勢などの新しい情報を担当者以外の人々に分かりやすく伝える広報活動。抑止効果も高めることができる。

部品: 担当者の日常訓練と教育、研究

担当者のスキルや対策システムの改善を図る目的で、各種訓練や、研修、システムの研究が日々行われている。

部品: 政府担当部門や警察との連絡体制

藩国間のテロリスト情報の交換といった国際協力、警察や政庁各部門との情報連絡体制を日頃から構築している。

部品: 情報収集

藩国内の政府各部門との情報交換や情勢の追跡研究を行い、資料を集積する。各担当者部署への広報を通して広く最新の情報を共有することを図る。

部品: 勤務体制

休日を十分とった交代制勤務体制をとる。危険手当や成績優秀者の昇給制度、復学者支援制度も整備されている。その他福利厚生は地域の法律に準じたものとなっている。

部品: システムの概要

複数の防犯監視カメラを使用した監視システム。あくまでテロ対策として法律に則って事件捜査に使われたり、プライベートに最大限配慮したうえで、記録映像が情報解析に使用されることがある。

部品: 情報の制限と守秘義務

カメラによって記録される映像は厳重に取り扱われ、法的正当性がない限り捜査に使用したり、閲覧や情報利用することは出来ない。

部品: カメラ設置の手法

主に重要な施設の周囲や通路屋内にそれぞれ視角をカバーするように複数個設置される。プライバシーエリアには設置されない。またダミーカメラを設置して抑止効果を狙った手法も存在する。

部品: データ解析

記録映像は法に則った手段でデータ解析が行われることがある。プライバシーに最大限配慮した上で、人々の流れの解析や犯行パターンの研究などに使用される。

部品: 指揮部署との連絡

通常、記録だけではなくモニタールームなどでのリアルタイム監視業務も行われている。テロ発生などの非常事態となれば担当者はすみやかに指揮部署に報告を上げその指揮下に入ることになる。

部品: 監視カメラ

様々な形態のビデオカメラ。信頼あるメーカーの品物が選ばれ専門家によってセキュリティチェックを受けた後に用いられる。

部品: 情報端末

カメラの映像を処理する情報端末。様々な形式のものがあり、記録された映像情報を解析することができる。またバックアップシステムも備えているものが一般的である。基本的にスタンドアロンタイプのシステムでネットワークに接続することは無い。

部品: 不審物に対する対処

不審物に対する対処方法は各部署ごとに告知され、それに従って行われる。明らかに危険なものと判断された場合は、専門担当者によって処理されることとなる。

部品: 危険物処理について

訓練を受けた処理対応担当者が行う。高度な専門知識を必要とするためこのレベルの対応は警察や藩国軍の専門部隊があたることが多い。

部品: 荷物チェック

多くの人が集まる催し物や、要人が集まる会場周辺では警備体制がしかれ、人々の荷物チェックを行うこともある。

部品: 動作や服装への注意

爆発物などの危険物を身に着けた自爆テロ犯は、その緊張や装備の大きさを隠す必要があり、独特の動作や服装をする傾向がある。警戒に当たる担当者は良くこの点に注意して警戒に当たることになる。

部品: 重要施設の防衛体制の強化

特に危険度の高い施設などに施す主に車爆弾に対する対策。コンクリート防壁を設置したり、十分な強度を持つゲートを設けたり、隠蔽された複数の監視所を設けるといった防衛体制の強化があげられる。

部品: 緊急展開

テロ発生時における交通の封鎖や周辺施設の警備出動など担当者が緊急展開する場合がある。テロ発生時には一般的に藩国軍、警察がこれにあたる。

部品: 避難誘導

すみやかに担当誘導員は安全と判断された経路に人々を誘導する。連絡を取り合い無駄のない動きが重要となる。

部品: テロ対策体制流用実績

  • 詩歌藩国の【詩歌藩国の港】に流用されました。

(その他、帝國施設でのご利用を募集しております。文字数合わせ失礼します)



提出書式


 大部品: 燃料パイプライン RD:126 評価値:11
 -部品: 敷設の経緯
 -部品: 燃料パイプランの概要
 -部品: パイプラインの動力について
 -部品: 燃料備蓄タンク
 -部品: FVBパイプラインの特長
 -大部品: 導管の構造 RD:4 評価値:3
 --部品: 導管の素材
 --部品: 複線化
 --部品: 装甲化
 --部品: 継ぎ目対策
 -大部品: 燃料パイプラインのセキュリティ対策 RD:15 評価値:6
 --部品: 地下への敷設
 --部品: 施設情報の管理
 --部品: 納品時審査の実施
 --部品: 敷設に際しての耐震対策
 --部品: 緊急停止装置
 --部品: トンネル内壁の特殊コーティング
 --部品: 漏洩燃料の回収機構
 --部品: 消火装置
 --大部品: 導管の監視体制 RD:7 評価値:4
 ---部品: 複合チェック体制
 ---部品: 監視カメラ
 ---部品: 温度計
 ---部品: 圧力計
 ---部品: 流量計
 ---部品: 巡回監視
 ---部品:  設置時検査
 -大部品: 施設 RD:5 評価値:3
 --部品: ポンプステーション
 --部品: 管理センター
 --部品: 防爆型配線システム
 --部品: ピグステーション
 --部品: 無菌フィルター
 -大部品: パイプラインの運用体制 RD:4 評価値:3
 --部品: 事業形式
 --部品: 費用対効果
 --部品: 委託事業者の信頼性
 --部品: 報告・監査義務
 -大部品: 詩歌藩国燃料パイプライン RD:7 評価値:4
 --部品: 詩歌藩国燃料パイプライン概要
 --部品: 運営体制
 --部品: 国内使用状況
 --部品: ブリザード対策
 --部品: 温水管
 --部品: 警備状況
 --部品: 国内貯蔵施設
 -大部品: 燃料パイプ(よんた) RD:6 評価値:4
 --部品: 就職の斡旋先
 --部品: 環境に配慮したパイプ配置
 --部品: 見回りと除氷
 --部品: 確認は大事
 --部品: いざというときさっと動こう
 --部品: 配分された燃料
 -大部品: 燃料パイプライン(満天星国) RD:5 評価値:3
 --部品: 満天星パイプライン公社
 --部品: 保安のための公社と藩国の連携
 --部品: 環境アセスメントの元での設置
 --部品: 周辺への植林
 --部品: 第7層産業エリアへの直結
 -大部品: 後ほねっこ男爵領での燃料パイプライン RD:7 評価値:4
 --部品: パイプラインの埋設
 --部品: ほねっこでの敷設
 --部品: ほねっこにおける管理
 --部品: ほねっこの警備態勢
 --部品: ほねっこの燃料貯蔵施設
 --部品: ほねっこ国内での燃料輸送
 --部品: ほねっこでの燃料使用の状況
 -大部品: 越前藩国燃料パイプライン RD:7 評価値:4
 --部品: 越前藩国における敷設ルート
 --部品: 越前藩国の燃料パイプライン管理部門
 --部品: 木造の見張り小屋
 --部品: 越前藩国における燃料パイプラインの警備体制
 --部品: 地震発生時の防災防御訓練
 --部品: 越前藩国内での燃料消費
 --部品: 越前藩国内の燃料備蓄事情
 -大部品: 愛鳴之藩国燃料パイプライン RD:6 評価値:4
 --大部品: 愛鳴之瓦斯公社 RD:5 評価値:3
 ---部品: 公社概要
 ---部品: 敷設と環境配慮
 ---部品: 地域への貢献
 ---部品: 防災と安全対策
 ---部品: 研究機関設立
 --部品: 燃料の使用状況
 -大部品: 蒼梧藩国燃料パイプライン RD:14 評価値:6
 --部品: 概要
 --部品: 蒼梧藩国の燃料事情
 --大部品: 蒼梧燃料公社 RD:6 評価値:4
 ---部品: 運営体制
 ---部品: 貯蔵施設
 ---部品: 国内輸送
 ---部品: 警備体制
 ---部品: 防災対策
 ---部品: 緊急時の対応
 --大部品: 猛虎綜合警備保障会社 RD:6 評価値:4
 ---部品: 会社概要
 ---部品: エアバイクによる巡回警備
 ---部品: 危険物の取り扱いに関する知識
 ---部品: 厳重な貯蔵施設の警備
 ---部品: 警備員の勤務体制
 ---部品: 緊急時の関係機関への連絡
 -大部品: 燃料パイプライン(土場藩国) RD:12 評価値:6
 --部品: 燃料精製施設への接続
 --部品: 国内のパイプラインの管理
 --部品: パイプラインの分岐
 --部品: バルブによる流量調整
 --部品: 土場藩国内のパイプラインの配置個所
 --部品: 土場藩国のパイプライン管理費用
 --大部品: 土場藩国でのパイプライン保守管理 RD:5 評価値:3
 ---部品: 異常感知センサー
 ---部品: パイプラインの巡回業務
 ---部品: 部品交換業務
 ---部品: 立ち入り禁止フェンス
 ---部品: 火災時の対応
 --部品: 燃料用ポンプ
 -大部品: 燃料パイプ(神聖巫連盟) RD:2 評価値:1
 --部品: 平地に配慮したパイプ配置
 --部品: 事故対応マニュアル
 -大部品: テロ対策体制 RD:27 評価値:8
 --部品: 概要
 --部品: テロ対策の重要性
 --大部品: 担当者について RD:2 評価値:1
 ---部品: 担当者とは
 ---部品: 資格
 --大部品: 日常体制 RD:8 評価値:5
 ---部品: 避難経路の整備
 ---部品: 日々のパトロール
 ---部品: 施設などの対策強化
 ---部品: 日常広報
 ---部品: 担当者の日常訓練と教育、研究
 ---部品: 政府担当部門や警察との連絡体制
 ---部品: 情報収集
 ---部品: 勤務体制
 --大部品: 監視カメラシステム RD:7 評価値:4
 ---部品: システムの概要
 ---部品: 情報の制限と守秘義務
 ---部品: カメラ設置の手法
 ---部品: データ解析
 ---部品: 指揮部署との連絡
 ---大部品: 設備 RD:2 評価値:1
 ----部品: 監視カメラ
 ----部品: 情報端末
 --大部品: 不審物対応 RD:2 評価値:1
 ---部品: 不審物に対する対処
 ---部品: 危険物処理について
 --大部品: 自爆テロ対応 RD:2 評価値:1
 ---部品: 荷物チェック
 ---部品: 動作や服装への注意
 --大部品: 車両テロへの対応 RD:1 評価値:0
 ---部品: 重要施設の防衛体制の強化
 --大部品: テロ発生時における対応 RD:2 評価値:1
 ---部品: 緊急展開
 ---部品: 避難誘導
 --部品: テロ対策体制流用実績
 
 
 部品: 敷設の経緯
 FVBの燃料採掘事業は採掘地の開拓に伴い、自国を賄うだけでなく、大規模な輸出が可能になった。
 この時、タンカーより効率的な輸送手段を求めて開発されたのが、燃料パイプラインである。
 
 
 
 部品: 燃料パイプランの概要
 パイプラインとは、液状または気化した物体を輸送するための恒常設置された導管の事である。
 この形式が選択されたのは、各藩国は地形、気候に大きな差があることを鑑み、様々な環境で供給可能だったからである。
 
 部品: パイプラインの動力について
 パイプ内に送り込まれた燃料は、導管自体の傾斜及び圧力調整によって目的地まで運び届けられる。
 圧力調整は敷設された各地に調整所が設置されており、常に適切な圧に保たれる。
 
 部品: 燃料備蓄タンク
 パイプラインを通して供給国から送られてきた燃料は、各国に設置された燃料備蓄タンクに一時保管される。
 このタンクを経由して、国内パイプラインにて各所に燃料が供給される。
 
 部品: FVBパイプラインの特長
 FVBによるパイプラインは、燃料採掘地から供給タンク、そして導管という経路を設定することで、既存の輸送設備の圧迫、複雑化による事故を防止している。
 
 部品: 導管の素材
 パイプラインで用いられる導管は、比較検討の結果、満天星国の高品質マテリアルを耐腐食加工し、作成している。
 
 部品: 複線化
 導管は複線化しており、燃料貯蔵タンクから効率的に供給できるようになっている。
 パイプラインは藩国全域に燃料を供給する必要があるため、こういった線路は広ければ広いほど良いとされた。
 
 部品: 装甲化
 燃料パイプラインを形成する地下トンネルは特殊マテリアルにより、完全に装甲化されている。
 これはテロを始めとする攻撃を想定してたためである。
 
 部品: 継ぎ目対策
 金属加工品である以上、どうしても発生する導管同士の継ぎ目については、専用設計の連結器で液漏れが発生する事を防止している。
 
 部品: 地下への敷設
 生活インフラとしての側面を持つパイプラインは敵対勢力からアタックを防ぐため、付属施設も含めて、全て地下に敷設されている。
 
 
 部品: 施設情報の管理
 パイプラインの施設情報は、一般的な施設に比べてかなり厳重に管理されている。
 職員にはセキュリティ教育が義務付けられ、その上で担当職務に関連する部分のみしか、資料を閲覧できない。
 
 部品: 納品時審査の実施
 燃料パイプラインで使用するマテリアルなどの重要資材、技術などは全て背景調査が行われ、敵性勢力や反社会的団体との関りがないか入念に確認されている。
 これは追加で資材搬入や技術持ち込みが行われる時もすべて同じ手順を踏む。
 
 部品: 敷設に際しての耐震対策
 地下に敷設する事が決定した時点で、人災以外にも地震による被害がかなり警戒されることとなった。
 パイプラインの敷設箇所は入念な地質調査が行われ、地殻変動の影響を受けづらいエリアが選定されている。
 
 部品: 緊急停止装置
 もし監視装置に設定された危険水準を超えた場合、緊急停止装置が働き、導管を閉栓する。
 緊急停止装置は一定区間ごとに一時退避タンクと併設され、トラブル解決まで退避タンクに燃料はプールされる。
 
 部品: トンネル内壁の特殊コーティング
 万一燃料漏洩が発生した場合の環境被害を防止するため、地下トンネル内には特殊なコーティングが施され、土中への漏洩拡大を防ぐようになっている。
 
 部品: 漏洩燃料の回収機構
 トンネル内には地下水排出用の溝が作られており、これを利用して漏洩した燃料の回収を行う。
 溝は燃料と排水の分別装置に繋がっており、漏洩燃料だった場合、ここで回収される。
 なお、排水についても濾過による無毒化を経て、排出される。
 
 部品: 消火装置
 燃料漏れによって発火の危険がある場合、不活性ガスをトンネル内に充てんし、引火を防ぐ。
 また、この事態が起こった場合アナウンスによって職員に警戒を促し、設置された避難所へ誘導する。
 
 部品: 複合チェック体制
 パイプラインの導管は主に漏洩事故防止のために、さまざまな手段を駆使して24時間体制で監視される。常に複数のシステムで相互監視することが安全確保の第一歩なのだ。
 
 部品: 監視カメラ
 パイプラインの状況はカメラによる視認でも監視されている。センサーの異常や外部からの破壊工作や想定外の事故など、視認によって防ぐことのできるものは多い。
 
 
 部品: 温度計
 管内温度の確認は重要である。メタンガスなど温度変化によって相転移が起きていないか、常にモニターする必要がある。
 
 
 部品: 圧力計
 導管自体に亀裂が入っていたり穴が空いている、またはつなぎ目が緩んでいる場合など、内部を流れている燃料の圧力が変化する。また、万が一にも温度センサーが機能していない場合にも圧力計によって診断することもできる。
 
 部品: 流量計
 燃料が円滑に導管内を流れているかもチェック項目である。これが速すぎれば導管破損の危険が発生するし、遅ければポンプの異常か管内に何かが詰まっている等の可能性が考えられるからだ。
 
 部品: 巡回監視
 機械による監視だけでは漏れがでることもあるし、悪意ある人の手によってセンサーが誤魔化されることもある。あるいは周辺の環境が天候等によって変化し、自然災害でパイプラインに被害が及ぶことも考えられる。これを可能な限り阻止するために、人が実際に現場に赴く巡視は不可欠である。これは定期定時ではなく、一定期間内に不定期に実施され、その巡視コース予想を困難にする。
 
 部品:  設置時検査
 導管の設置時点で、そのつなぎ目部分は非破壊検査や耐圧検査によって、細かな隙間ができていないか詳細にチェックされる。
 
 部品: ポンプステーション
 搬送が長距離となるため、中継のための施設としてポンプステーションが設置され、ここで再び圧力や流量が調整されていく。
 
 部品: 管理センター
 監視システムで得られた情報は、専用の管理センターに送られ集計、管理される。これらの情報は台帳に記録され、異常の判断やトラブルの調査に役立てられる。
 
 部品: 防爆型配線システム
 各種センサーによる記録情報は有線によって管理センターに送られるが、万が一にもその装置の漏電等によって火花が散り、火災や爆発の原因とならないよう防爆型の設計となっている。
 
 部品: ピグステーション
 パイプラインの内部を腐食や変形がないか検査するため、テレビカメラを搭載した検査ピグと呼ばれるユニットが定期的に管内へと送り出される。このピグを送り出し回収し、メンテナンスを行うための施設である。
 
 
 部品: 無菌フィルター
 菌によっては燃料を変質させるものが存在するため、パイプライン各所には無菌フィルターが設置され、外気と直接触れないよう留意されている。
 
 部品: 事業形式
 パイプラインは建造、維持運用まで、藩国の意向に従い、国内の民間企業に委託される半官半民の事業形式を取る。
 
 部品: 費用対効果
 藩国の地下に完全埋設されるパイプラインは、敷設コスト的には割高となる。しかし、トラブル発生時の対応費用を考えれば、むしろ経済的であると評価されている。
 
 部品: 委託事業者の信頼性
 パイプラインは公共インフラであり、軍事面における兵站としての機能も視野に入れられているため、委託される事業者はその信頼性が最重要視される。
 
 部品: 報告・監査義務
 パイプラインはセキュリティ確保のため、運用事業者には厳格な書式に則った報告書の提出が義務付けられる。
 また、抜き打ち・定期問わず藩国から実地視察も行われる。
 
 部品: 詩歌藩国燃料パイプライン概要
 詩歌藩国は帝國燃料グループに加盟しているため、藩国内に燃料パイプラインが敷設されている。燃料の不足は冬季の死亡率に関わるため国内でも重要な施設である。
 
 部品: 運営体制
 国民の生死に直結するため燃料パイプラインは国営である。ただ、当然ながらパイプラインの部品製造や保守点検には多くの民間企業も関わっている。
 
 部品: 国内使用状況
 燃料の主要な使い道は各家庭の暖房とI=Dなど軍での使用に分かれる。軍での使用は情勢によって変動するが暖房設備は不要になるということがあり得ない。
 
 部品: ブリザード対策
 詩歌藩国内では冬季のブリザードに耐えうるパイプラインが必要となる。凍結・融解による破損対策と早期発見・保守点検が施されている。
 
 部品: 温水管
 パイプラインと併設された地熱利用の温水管。これは各家庭に温水を届けるとともにパイプラインの凍結防止にも効果を発揮する。
 
 部品: 警備状況
 燃料パイプラインの事故・悪戯・テロ等による破損や燃料盗難を防ぐため、通常の警備とは別に特に重要な箇所では藩国軍歩兵による警備も行われている。
 
 部品: 国内貯蔵施設
 国外から送られてきた燃料は国内貯蔵施設に一旦保管される。そこから各都市や軍施設に振り分けられ、さらに用途に応じて貯蔵・分配される。
 
 部品: 就職の斡旋先
 軍から除隊した場合、就職を希望した際の斡旋先の一つとしてパイプライン周辺設備の警備員を斡旋している。有事の際に軍との連携をとる目的もある。この業務内容には守秘義務が伴い違反は重罪とされるが、危険な場所であるため通常の警備よりは給与は高めである。
 
 部品: 環境に配慮したパイプ配置
 万一事故などで燃料漏れが起きた際に農地の土壌や水源などを汚染しないよう農地、水源からは可能な限り離れた位置に配管されている
 
 部品: 見回りと除氷
 周辺施設含めて不測の事態で凍結が起こる事を想定し、その対策として目視による見回りと凍結が確認されれば4~6時間以内の除氷を目指し作業を行う
 
 部品: 確認は大事
 施設作業者はどの部署でも2名一組のチームを1単位として扱い勤務させる。単独作業は禁止とする。これはダブルチェックのためである
 
 部品: いざというときさっと動こう
 事故対応訓練は定期的に実施され実際の事故などの際には考える前に身体が動く程度に手順が行えるよう徹底されている
 
 部品: 配分された燃料
 パイプラインの国内事業は公社として指定。国が完全出資運営を行うものとする。配分された燃料は工場稼動、暖房、農業、漁業など国民の生活の維持や国の運営のために使用される。またその運営には国より不定期の監査を入れるものとする。また監査担当者の固定化は行わないともする。
 
 部品: 満天星パイプライン公社
 満天星国内のパイプラインのために公社が設立され、国の監督の元で運営がなされている。ある程度の高給が支払われるため就職先として人気は高いが、同時に重要施設でもあることから一部の役職においては守秘義務のレベルが高く設定されている。
 
 
 部品: 保安のための公社と藩国の連携
 パイプラインが破壊された際のため、公社には専用の特殊消防車が置かれている。また、藩国との連携のもとでいちはやく鎮火・避難できるよう連携体制が敷かれているほか、警察による巡回ルートに組み込まれてもいる。なお、年2回、事故を想定した避難・鎮火訓練が行われている。
 
 
 部品: 環境アセスメントの元での設置
 特に環境に配慮した設置および運営のため、国内でのステークホルダー内で協議が重ねられた。なお、定期的な外部団体による査察が行われており、恒常的な環境への影響について監察が行われている。
 
 部品: 周辺への植林
 目隠しや地盤の強化、防火林として、パイプラインに沿って要所要所に広葉樹が植林されている。一方で、エアバイク等の接近を防ぐため、標識やデータマップによって衝突などを極力避けられるよう注力されている。
 
 部品: 第7層産業エリアへの直結
 パイプラインは第7層の産業エリアへ直結しており、農産業や自然エリア等への影響は極力排除されている。パイプを通して燃料は一次備蓄所へと送られ、そこから各精製施設や工場へと輸送されていく。
 
 部品: パイプラインの埋設
 後ほねっこ男爵領内に入った燃料パイプラインは地下に埋設されている。地下における土木工事に関しては一日の長がある後ほねっこ男爵領からすると、重要施設を地上にむき出しにしておくのは防衛上よろしくないと考えたためである。もっともその分、保守点検や整備の手間が増えるのでほぼ趣味と言えなくもない。
 
 部品: ほねっこでの敷設
 燃料輸送のためのパイプラインは、後ほねっこ男爵領における工業の中心地となっている“コロの里工業団地”から“六つ斑飛行場”と“潮の里埠頭”へと伸びている。いずれも燃料を必要とする航空機や艦船への補給を迅速に行う目的で敷設されている。
 
 部品: ほねっこにおける管理
 後ほねっこ男爵領では、燃料パイプラインの管理を藩国政府が行っている。冬の寒さ厳しい北国において燃料の確保は国民の生命に関わる一大事であり、その点に営利を介在させるわけにはいかないためである。また、管理・保守のための十分な技術をもつのが郷土軍であるという事情もある。
 
 部品: ほねっこの警備態勢
 後ほねっこ男爵領では、燃料パイプラインの管理を郷土軍が行っていることから、その警備も当然郷土軍によって担われている。地下に埋設したパイプラインを狙った攻撃手段は限定されること、入り組んだ閉鎖空間での活動は郷土軍の得意とするところであることから、十分な警備態勢が敷かれていると考えて良いだろう。
 
 部品: ほねっこの燃料貯蔵施設
 後ほねっこ男爵領ではパイプラインを通じて供与された燃料は、その通り道である三カ所それぞれの貯蔵施設に分散して保管される。過去の教訓から重要物資の分散配置・保管は必要なことと固く信じられているためである。
 
 部品: ほねっこ国内での燃料輸送
 工業地帯や飛行場、埠頭の燃料貯蔵施設から新ほねっこ城市や迷宮城砦へは、鉄道『かぐや』の燃料輸送用貨車によって運ばれ、さらにトレーラーへと載せ替えられ必要な場所へと届けられる。
 
 部品: ほねっこでの燃料使用の状況
 後ほねっこ男爵領でもっとも燃料を必要とするのは、実のところ迷宮巡視員部隊である。生活に使用される分ではもちろん工業地帯や基地が上回るが、藩国政府内での燃料配分ではほぼ全てが迷宮巡視員部隊の装備の運用・メンテナンスに当てられている。
 
 部品: 越前藩国における敷設ルート
 越前藩国における燃料パイプラインは藩国南東部に鏡文字の「つ」の字のようなルートで敷設された。藩国領を東西に貫通しようとすると天野川を越える必要があり、燃料漏れ事故が起きたときの汚染が懸念されたためである。
 
 部品: 越前藩国の燃料パイプライン管理部門
 越前藩国では燃料パイプラインの管理は藩国政府の管轄下にあり、経済関係の省庁が所管している。燃料パイプラインは簡単に移動できるものではなく、機密知識の漏出を防ぐために一度配属されると転属が難しい部門として知られている。
 
 部品: 木造の見張り小屋
 パイプラインの安全確保として見張り小屋が立てられた。小屋と言っても要所となるポイントにある物はしっかりとした建付で、住み込みで常駐が出来る程度に住居性が高かった。
 
 部品: 越前藩国における燃料パイプラインの警備体制
 越前藩国内に敷設された燃料パイプラインの警備は管理省庁の求めにより治安当局及び必要に応じて軍が対応を行った。当初は管理省庁内に専属部隊を設置する案も検討されたが、組織間の対立によって機能不全に陥る危険性が指摘されたため廃案となった。
 
 部品: 地震発生時の防災防御訓練
 火山を有する越前藩国では地震の発生する頻度は高く、それほど大したことのない揺れであっても燃料パイプに異常が発生する恐れもあることから、日頃の訓練は特に念入りに行われている。この訓練には地震発生後に確認に出た職員が武装組織から襲撃を受けた際の防御についても考慮されている。
 
 部品: 越前藩国内での燃料消費
 燃料パイプラインによって輸送された燃料だが、越前藩国では発電や公共交通機関にて使用されることが多い。高物理藩国を目指したいという方針から燃料需要の高まりが期待されるものの、国民の実生活との乖離も懸念され、家計での消費は伸び悩んでいるようだ。
 
 部品: 越前藩国内の燃料備蓄事情
 需要が低いとはいえ燃料の用途が無いわけではないため、港湾地区外苑に専用施設が建造された。設立当初は体制がザルで火災事故を度々起こしたため顰蹙を買った。幸い顰蹙で済む程度の被害で抑えることには成功していたものの、そもそも事故を起こさないようにしよう、ということで数度となく行われた運用方式の改善活動によってようやく年間事故ゼロを達成するようになった。
 
 部品: 公社概要
 愛鳴之藩国全土を営業区域としている公企業。行政区に拠点をもち、基地局にてパイプラインによりもたらされるガスを気化、各区域に分配を行っている。
 
 部品: 敷設と環境配慮
 パイプラインは工業区の外れにある愛鳴之瓦斯公社基地局へつながっており、基地局にて気化、整圧器にて各区画に適した圧力での供給を行っている。
 
 部品: 地域への貢献
 愛鳴之瓦斯公社では地域貢献の一環としていくつかの活動を行っている。地域や私塾で行われる防災訓練への参加、基地局へ子供達を招いての見学会の開催、ガス調理器具を使用した料理教室の開催、地域環境への植林や海岸のごみ拾いプロジェクト等、公社内の各部門がそれぞれにプロジェクトを担当し、地域貢献への意欲を見せている。
 
 部品: 防災と安全対策
 ガスという重要かつ災害につながるエネルギーの為、安全対策には特に気をつけており、24時間体制での見回り監視は元より、各地区への供給路に放散塔を設置し災害時に備えている。また、月一での防災訓練や安全部会等により日々の小さな異常に目を光らせている。万が一の不測時に供給停止や各防災対応の部署や摂政、藩王への連絡マニュアルを常備、早急な対応を可能としている。
 
 部品: 研究機関設立
 愛鳴之瓦斯公社ではガスエネルギーの高効率での運用や安全性の維持向上を目指し、専門の研究機関を設けている。また、私塾との提携により専門的な知識をもって公社への入社を目指す将来を担う子供への支援事業を行っている。
 
 部品: 燃料の使用状況
 基地局にて供給されたガスは工業区、産業区、商業区等の業務・産業用だけではなく家庭用エネルギー、行政区へ公用エネルギーとしても使用されている。
 
 部品: 概要
 蒼梧藩国においてもFVB藩国からの燃料輸入を受けるためのパイプラインを設置した。輸入された燃料は国営企業である蒼梧燃料公社において管理されている。
 
 部品: 蒼梧藩国の燃料事情
 蒼梧藩国では燃料繊維が普及しているため、輸入燃料の使用は比較的少ない。一方、遠洋漁業などで用いられる大型船の動力源としては輸入燃料が使用されることが多い。
 
 部品: 運営体制
 蒼梧藩国政府が100%出資する公営企業。社長はじめ重役は政府が任命し、また政府の指導の下、管理・運営がされている。
 
 部品: 貯蔵施設
 燃料は下流域にある工業地帯・通呉を拠点として輸入されている。また、通呉には鉄製の燃料タンクをはじめとした貯蔵施設が整備されており、輸入された燃料は一旦この燃料タンクにおいて保管される。
 
 部品: 国内輸送
 通呉の貯蔵施設から全国各地への国内輸送パイプラインが整備されている。各地に調整所が設置され、需要に応じた輸送量の調整が行われている。国内輸送は危険物取扱免許を持つ指定業者が担うものとし、主に陸上輸送手段(鉄道貨物、タンクローリー車など)が使われている。
 
 部品: 警備体制
 藩国の重要設備であるため、警備については公社管理の下、安心と信頼の老舗警備会社である猛虎綜合警備保障に委託している。
 
 部品: 防災対策
 災害時に備え、消火器など消防備品が貯蔵施設、調整所に置かれている。また、地震を感知した際には輸送が緊急停止される。
 
 部品: 緊急時の対応
 万一、燃料漏れ等が起こった際は、政府に迅速な連絡が行われ、緊急の事故対策委員会が設置される。同委員会の指揮下において、猛虎綜合警備保障との密接な連携により、周辺環境への影響を最小限に抑えるための対応がなされる。
 
 部品: 会社概要
 黄色と黒の虎縞のブランドロゴが目に眩しい、蒼梧藩国の老舗警備会社。警察出身のベテラン警備員が多く在籍し、政府主要機関の警備などにもよく利用される。
 
 部品: エアバイクによる巡回警備
 貯蔵施設及び各地方のパイプライン調整所において、徒歩及びエアバイクによる巡回警備が注意深く行われている。
 
 部品: 危険物の取り扱いに関する知識
 燃料関連施設の警備にあたる警備員については、燃料の取り扱いに関する基本的な知識を学ぶ研修を受けている。また、主任級の警備員になるには、危険物取扱免許の取得が求められる。
 
 部品: 厳重な貯蔵施設の警備
 燃料が大量に貯蔵された施設はテロなどにも狙われやすい。そのため、貯蔵施設は24時間体制で監視されるなど、巡回警備が特に重点的に行われている。
 
 部品: 警備員の勤務体制
 燃料関連施設では、厳重な警備体制が求められるため、通常警備以上に警備員の疲労が蓄積しやすい。そのため、警備員一人あたりの勤務を一日6時間までとする交代制が採られている。また、不測の事態に備えた予備人員が配置されている。
 
 部品: 緊急時の関係機関への連絡
 火災、テロ、燃料漏れなどの緊急時には、警備会社より政府、警察、消防、救急など関係機関に速やかに連絡がされ、関係機関の協力の下、事態の収拾にあたる。
 
 部品: 燃料精製施設への接続
 燃料パイプラインは土場藩国各所の燃料精製施設へとつながっている。
 送られた燃料はここで用途に応じたものへと精製されるのである。
 
 部品: 国内のパイプラインの管理
 パイプラインの保守点検を業務とする国営の管理会社を設立する。
 安全面が最も重視され、従業員には各種危険物取扱資格の取得が義務付けられる。
 
 部品: パイプラインの分岐
 パイプラインの一か所に発生した事故や故障によって燃料の供給が妨げられてはならない。
 土場藩国国内では何本ものルートを通るように設置され、万が一の事故の際にも対応できるようにされている。
 通常は使用しない予備のルートも準備されている。
 
 部品: バルブによる流量調整
 パイプラインには分岐点や一定区間ごとに流量調整バルブが設置されている。
 事故や天災などで燃料の流れを変更する際に使用される。
 管理会社からの遠隔操作と現地で直接操作する方法がある。
 
 部品: 土場藩国内のパイプラインの配置個所
 パイプラインの配置個所については周辺に建造物がない場所を選択されている。
 これは火災による延焼を防止することが目的であるとともに、不用意にパイプラインに近づくものがいないようにするためである。
 
 部品: 土場藩国のパイプライン管理費用
 燃料パイプラインの管理費用は燃料の販売時にかかる税金を元にしている。
 なお、燃料の小売価格が暴騰しないように税率は適宜是正されている。
 管理費用が不足する場合は藩国予算から充当される。
 
 部品: 異常感知センサー
 パイプラインの各所には異常を感知するセンサーを設置している。
 パイプ内の圧力、温度、重量などがモニターされ異常が感知された場合は管理会社へ通報される。
 
 部品: パイプラインの巡回業務
 パイプラインの管理会社職員による定期的な巡回業務が行われている。
 不審物の有無やパイプの異常の有無、立ち入り禁止フェンスの異常の有無などがチェックされている。
 
 
 部品: 部品交換業務
 事故や故障防止のために、パイプラインに使用されている部品は一定期間ごとに交換が義務付けられている。
 交換作業の際には燃料の流れが滞ることがないように厳密なスケジュール管理が行われる。
 
 部品: 立ち入り禁止フェンス
 パイプラインにむやみに人が接近しないように、立ち入り禁止フェンスが設置されている。
 金網と鉄条網を組み合わせており簡単には乗り越えられないように出来ている。
 
 部品: 火災時の対応
 パイプラインもしくは周辺で火災が発生した場合の対応。
 まず該当のエリアのパイプラインへの燃料の流入を停止する。
 次に燃料ポンプによって該当エリアのパイプライン内部の燃料が災害時用の緊急タンクへ排出される。
 その後に消火活動が開始される。
 
 部品: 燃料用ポンプ
 パイプライン各所には燃料の流れを補助するためにポンプが設置されている。
 ポンプの動力は高圧空気であり火災の危険の少ない電動コンプレッサーから送られてくる。
 火災などの緊急時には燃料の排出にも使用される。
 
 部品: 平地に配慮したパイプ配置
 もしもの時の事故や襲撃などでの燃料漏れが起きた際に備え、土地の汚染を極限化するため、平地に配管している。
 
 部品: 事故対応マニュアル
 事故対応訓練はマニュアル化され、避難すべき時はどういう手順で避難すればいいのか、逃げる前に被害を抑えるためにすべきことが記載されています。
 
 部品: 概要
 元は重要施設の防犯能力の改善のために、後に様々なテロ対策システムを研究し導入されたテロ対策体制のことである。
 
 部品: テロ対策の重要性
 不断の対策の改良実施によって、産業や生活に直接攻撃を加えるテロ攻撃の被害を可能な限り減らし、市民が安心して生活していくことの重要性は高い。
 
 部品: 担当者とは
 主に警察官や警備会社職員、または各藩国軍や企業警備部の職員などが該当する。テロ対策を行う部署職員の事である。
 
 部品: 資格
 重要性が高く、負う義務も大きいという勤務内容から、担当人員には能力はもとより確かな身元や責任能力、高い倫理意識が求められている。装備や法的な権限は各地域の法律によってさまざまである。
 
 部品: 避難経路の整備
 施設などの避難経路を整備確認する業務である。非常灯や非常口への誘導灯、避難経路のスペースの確保点検などが該当する。
 
 部品: 日々のパトロール
 日常の担当部署の巡回や、重要施設の警戒など、また多人数が集まる催し物会場での警戒業務など様々な形態のパトロールがある。
 
 部品: 施設などの対策強化
 段より警戒対象の施設等では動線や死角のチェック、十分にスペースを設ける、巡回路の改良、ゴミ箱の撤去などといった防犯体制の改善強化などを行っている。
 
 部品: 日常広報
 最近の情勢などの新しい情報を担当者以外の人々に分かりやすく伝える広報活動。抑止効果も高めることができる。
 
 部品: 担当者の日常訓練と教育、研究
 担当者のスキルや対策システムの改善を図る目的で、各種訓練や、研修、システムの研究が日々行われている。
 
 部品: 政府担当部門や警察との連絡体制
 藩国間のテロリスト情報の交換といった国際協力、警察や政庁各部門との情報連絡体制を日頃から構築している。
 
 部品: 情報収集
 藩国内の政府各部門との情報交換や情勢の追跡研究を行い、資料を集積する。各担当者部署への広報を通して広く最新の情報を共有することを図る。
 
 部品: 勤務体制
 休日を十分とった交代制勤務体制をとる。危険手当や成績優秀者の昇給制度、復学者支援制度も整備されている。その他福利厚生は地域の法律に準じたものとなっている。
 
 部品: システムの概要
 複数の防犯監視カメラを使用した監視システム。あくまでテロ対策として法律に則って事件捜査に使われたり、プライベートに最大限配慮したうえで、記録映像が情報解析に使用されることがある。
 
 部品: 情報の制限と守秘義務
 カメラによって記録される映像は厳重に取り扱われ、法的正当性がない限り捜査に使用したり、閲覧や情報利用することは出来ない。
 
 部品: カメラ設置の手法
 主に重要な施設の周囲や通路屋内にそれぞれ視角をカバーするように複数個設置される。プライバシーエリアには設置されない。またダミーカメラを設置して抑止効果を狙った手法も存在する。
 
 部品: データ解析
 記録映像は法に則った手段でデータ解析が行われることがある。プライバシーに最大限配慮した上で、人々の流れの解析や犯行パターンの研究などに使用される。
 
 部品: 指揮部署との連絡
 通常、記録だけではなくモニタールームなどでのリアルタイム監視業務も行われている。テロ発生などの非常事態となれば担当者はすみやかに指揮部署に報告を上げその指揮下に入ることになる。
 
 部品: 監視カメラ
 様々な形態のビデオカメラ。信頼あるメーカーの品物が選ばれ専門家によってセキュリティチェックを受けた後に用いられる。
 
 部品: 情報端末
 カメラの映像を処理する情報端末。様々な形式のものがあり、記録された映像情報を解析することができる。またバックアップシステムも備えているものが一般的である。基本的にスタンドアロンタイプのシステムでネットワークに接続することは無い。
 
 部品: 不審物に対する対処
 不審物に対する対処方法は各部署ごとに告知され、それに従って行われる。明らかに危険なものと判断された場合は、専門担当者によって処理されることとなる。
 
 部品: 危険物処理について
 訓練を受けた処理対応担当者が行う。高度な専門知識を必要とするためこのレベルの対応は警察や藩国軍の専門部隊があたることが多い。
 
 部品: 荷物チェック
 多くの人が集まる催し物や、要人が集まる会場周辺では警備体制がしかれ、人々の荷物チェックを行うこともある。
 
 部品: 動作や服装への注意
 爆発物などの危険物を身に着けた自爆テロ犯は、その緊張や装備の大きさを隠す必要があり、独特の動作や服装をする傾向がある。警戒に当たる担当者は良くこの点に注意して警戒に当たることになる。
 
 部品: 重要施設の防衛体制の強化
 特に危険度の高い施設などに施す主に車爆弾に対する対策。コンクリート防壁を設置したり、十分な強度を持つゲートを設けたり、隠蔽された複数の監視所を設けるといった防衛体制の強化があげられる。
 
 部品: 緊急展開
 テロ発生時における交通の封鎖や周辺施設の警備出動など担当者が緊急展開する場合がある。テロ発生時には一般的に藩国軍、警察がこれにあたる。
 
 部品: 避難誘導
 すみやかに担当誘導員は安全と判断された経路に人々を誘導する。連絡を取り合い無駄のない動きが重要となる。
 
 部品: テロ対策体制流用実績
 ・詩歌藩国の【詩歌藩国の港】に流用されました。
 
 (その他、帝國施設でのご利用を募集しております。文字数合わせ失礼します)
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "燃料パイプライン",
     "children": [
       {
         "title": "敷設の経緯",
         "description": "FVBの燃料採掘事業は採掘地の開拓に伴い、自国を賄うだけでなく、大規模な輸出が可能になった。\nこの時、タンカーより効率的な輸送手段を求めて開発されたのが、燃料パイプラインである。\n\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "燃料パイプランの概要",
         "description": "パイプラインとは、液状または気化した物体を輸送するための恒常設置された導管の事である。\nこの形式が選択されたのは、各藩国は地形、気候に大きな差があることを鑑み、様々な環境で供給可能だったからである。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "パイプラインの動力について",
         "description": "パイプ内に送り込まれた燃料は、導管自体の傾斜及び圧力調整によって目的地まで運び届けられる。\n圧力調整は敷設された各地に調整所が設置されており、常に適切な圧に保たれる。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "燃料備蓄タンク",
         "description": "パイプラインを通して供給国から送られてきた燃料は、各国に設置された燃料備蓄タンクに一時保管される。\nこのタンクを経由して、国内パイプラインにて各所に燃料が供給される。",
         "expanded": true,
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "FVBパイプラインの特長",
         "description": "FVBによるパイプラインは、燃料採掘地から供給タンク、そして導管という経路を設定することで、既存の輸送設備の圧迫、複雑化による事故を防止している。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "導管の構造",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "導管の素材",
             "description": "パイプラインで用いられる導管は、比較検討の結果、満天星国の高品質マテリアルを耐腐食加工し、作成している。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "複線化",
             "description": "導管は複線化しており、燃料貯蔵タンクから効率的に供給できるようになっている。\nパイプラインは藩国全域に燃料を供給する必要があるため、こういった線路は広ければ広いほど良いとされた。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "装甲化",
             "description": "燃料パイプラインを形成する地下トンネルは特殊マテリアルにより、完全に装甲化されている。\nこれはテロを始めとする攻撃を想定してたためである。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "継ぎ目対策",
             "description": "金属加工品である以上、どうしても発生する導管同士の継ぎ目については、専用設計の連結器で液漏れが発生する事を防止している。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "燃料パイプラインのセキュリティ対策",
         "children": [
           {
             "title": "地下への敷設",
             "description": "生活インフラとしての側面を持つパイプラインは敵対勢力からアタックを防ぐため、付属施設も含めて、全て地下に敷設されている。\n",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "施設情報の管理",
             "description": "パイプラインの施設情報は、一般的な施設に比べてかなり厳重に管理されている。\n職員にはセキュリティ教育が義務付けられ、その上で担当職務に関連する部分のみしか、資料を閲覧できない。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "納品時審査の実施",
             "description": "燃料パイプラインで使用するマテリアルなどの重要資材、技術などは全て背景調査が行われ、敵性勢力や反社会的団体との関りがないか入念に確認されている。\nこれは追加で資材搬入や技術持ち込みが行われる時もすべて同じ手順を踏む。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "敷設に際しての耐震対策",
             "description": "地下に敷設する事が決定した時点で、人災以外にも地震による被害がかなり警戒されることとなった。\nパイプラインの敷設箇所は入念な地質調査が行われ、地殻変動の影響を受けづらいエリアが選定されている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "緊急停止装置",
             "description": "もし監視装置に設定された危険水準を超えた場合、緊急停止装置が働き、導管を閉栓する。\n緊急停止装置は一定区間ごとに一時退避タンクと併設され、トラブル解決まで退避タンクに燃料はプールされる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "トンネル内壁の特殊コーティング",
             "description": "万一燃料漏洩が発生した場合の環境被害を防止するため、地下トンネル内には特殊なコーティングが施され、土中への漏洩拡大を防ぐようになっている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "漏洩燃料の回収機構",
             "description": "トンネル内には地下水排出用の溝が作られており、これを利用して漏洩した燃料の回収を行う。\n溝は燃料と排水の分別装置に繋がっており、漏洩燃料だった場合、ここで回収される。\nなお、排水についても濾過による無毒化を経て、排出される。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "消火装置",
             "description": "燃料漏れによって発火の危険がある場合、不活性ガスをトンネル内に充てんし、引火を防ぐ。\nまた、この事態が起こった場合アナウンスによって職員に警戒を促し、設置された避難所へ誘導する。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "導管の監視体制",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "複合チェック体制",
                 "description": "パイプラインの導管は主に漏洩事故防止のために、さまざまな手段を駆使して24時間体制で監視される。常に複数のシステムで相互監視することが安全確保の第一歩なのだ。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "監視カメラ",
                 "description": "パイプラインの状況はカメラによる視認でも監視されている。センサーの異常や外部からの破壊工作や想定外の事故など、視認によって防ぐことのできるものは多い。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "温度計",
                 "description": "管内温度の確認は重要である。メタンガスなど温度変化によって相転移が起きていないか、常にモニターする必要がある。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "圧力計",
                 "description": "導管自体に亀裂が入っていたり穴が空いている、またはつなぎ目が緩んでいる場合など、内部を流れている燃料の圧力が変化する。また、万が一にも温度センサーが機能していない場合にも圧力計によって診断することもできる。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "流量計",
                 "description": "燃料が円滑に導管内を流れているかもチェック項目である。これが速すぎれば導管破損の危険が発生するし、遅ければポンプの異常か管内に何かが詰まっている等の可能性が考えられるからだ。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "巡回監視",
                 "description": "機械による監視だけでは漏れがでることもあるし、悪意ある人の手によってセンサーが誤魔化されることもある。あるいは周辺の環境が天候等によって変化し、自然災害でパイプラインに被害が及ぶことも考えられる。これを可能な限り阻止するために、人が実際に現場に赴く巡視は不可欠である。これは定期定時ではなく、一定期間内に不定期に実施され、その巡視コース予想を困難にする。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": " 設置時検査",
                 "description": "導管の設置時点で、そのつなぎ目部分は非破壊検査や耐圧検査によって、細かな隙間ができていないか詳細にチェックされる。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "施設",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "ポンプステーション",
             "description": "搬送が長距離となるため、中継のための施設としてポンプステーションが設置され、ここで再び圧力や流量が調整されていく。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "管理センター",
             "description": "監視システムで得られた情報は、専用の管理センターに送られ集計、管理される。これらの情報は台帳に記録され、異常の判断やトラブルの調査に役立てられる。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "防爆型配線システム",
             "description": "各種センサーによる記録情報は有線によって管理センターに送られるが、万が一にもその装置の漏電等によって火花が散り、火災や爆発の原因とならないよう防爆型の設計となっている。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "ピグステーション",
             "description": "パイプラインの内部を腐食や変形がないか検査するため、テレビカメラを搭載した検査ピグと呼ばれるユニットが定期的に管内へと送り出される。このピグを送り出し回収し、メンテナンスを行うための施設である。\n",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "無菌フィルター",
             "description": "菌によっては燃料を変質させるものが存在するため、パイプライン各所には無菌フィルターが設置され、外気と直接触れないよう留意されている。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "パイプラインの運用体制",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "事業形式",
             "description": "パイプラインは建造、維持運用まで、藩国の意向に従い、国内の民間企業に委託される半官半民の事業形式を取る。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "費用対効果",
             "description": "藩国の地下に完全埋設されるパイプラインは、敷設コスト的には割高となる。しかし、トラブル発生時の対応費用を考えれば、むしろ経済的であると評価されている。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "委託事業者の信頼性",
             "description": "パイプラインは公共インフラであり、軍事面における兵站としての機能も視野に入れられているため、委託される事業者はその信頼性が最重要視される。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "報告・監査義務",
             "description": "パイプラインはセキュリティ確保のため、運用事業者には厳格な書式に則った報告書の提出が義務付けられる。\nまた、抜き打ち・定期問わず藩国から実地視察も行われる。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "詩歌藩国燃料パイプライン",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "詩歌藩国燃料パイプライン概要",
             "description": "詩歌藩国は帝國燃料グループに加盟しているため、藩国内に燃料パイプラインが敷設されている。燃料の不足は冬季の死亡率に関わるため国内でも重要な施設である。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "運営体制",
             "description": "国民の生死に直結するため燃料パイプラインは国営である。ただ、当然ながらパイプラインの部品製造や保守点検には多くの民間企業も関わっている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "国内使用状況",
             "description": "燃料の主要な使い道は各家庭の暖房とI=Dなど軍での使用に分かれる。軍での使用は情勢によって変動するが暖房設備は不要になるということがあり得ない。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "ブリザード対策",
             "description": "詩歌藩国内では冬季のブリザードに耐えうるパイプラインが必要となる。凍結・融解による破損対策と早期発見・保守点検が施されている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "温水管",
             "description": "パイプラインと併設された地熱利用の温水管。これは各家庭に温水を届けるとともにパイプラインの凍結防止にも効果を発揮する。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "警備状況",
             "description": "燃料パイプラインの事故・悪戯・テロ等による破損や燃料盗難を防ぐため、通常の警備とは別に特に重要な箇所では藩国軍歩兵による警備も行われている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "国内貯蔵施設",
             "description": "国外から送られてきた燃料は国内貯蔵施設に一旦保管される。そこから各都市や軍施設に振り分けられ、さらに用途に応じて貯蔵・分配される。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "燃料パイプ(よんた)",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "就職の斡旋先",
             "description": "軍から除隊した場合、就職を希望した際の斡旋先の一つとしてパイプライン周辺設備の警備員を斡旋している。有事の際に軍との連携をとる目的もある。この業務内容には守秘義務が伴い違反は重罪とされるが、危険な場所であるため通常の警備よりは給与は高めである。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "環境に配慮したパイプ配置",
             "description": "万一事故などで燃料漏れが起きた際に農地の土壌や水源などを汚染しないよう農地、水源からは可能な限り離れた位置に配管されている",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "見回りと除氷",
             "description": "周辺施設含めて不測の事態で凍結が起こる事を想定し、その対策として目視による見回りと凍結が確認されれば4~6時間以内の除氷を目指し作業を行う",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "確認は大事",
             "description": "施設作業者はどの部署でも2名一組のチームを1単位として扱い勤務させる。単独作業は禁止とする。これはダブルチェックのためである",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "いざというときさっと動こう",
             "description": "事故対応訓練は定期的に実施され実際の事故などの際には考える前に身体が動く程度に手順が行えるよう徹底されている",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "配分された燃料",
             "description": "パイプラインの国内事業は公社として指定。国が完全出資運営を行うものとする。配分された燃料は工場稼動、暖房、農業、漁業など国民の生活の維持や国の運営のために使用される。またその運営には国より不定期の監査を入れるものとする。また監査担当者の固定化は行わないともする。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "燃料パイプライン(満天星国)",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "満天星パイプライン公社",
             "description": "満天星国内のパイプラインのために公社が設立され、国の監督の元で運営がなされている。ある程度の高給が支払われるため就職先として人気は高いが、同時に重要施設でもあることから一部の役職においては守秘義務のレベルが高く設定されている。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "保安のための公社と藩国の連携",
             "description": "パイプラインが破壊された際のため、公社には専用の特殊消防車が置かれている。また、藩国との連携のもとでいちはやく鎮火・避難できるよう連携体制が敷かれているほか、警察による巡回ルートに組み込まれてもいる。なお、年2回、事故を想定した避難・鎮火訓練が行われている。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "環境アセスメントの元での設置",
             "description": "特に環境に配慮した設置および運営のため、国内でのステークホルダー内で協議が重ねられた。なお、定期的な外部団体による査察が行われており、恒常的な環境への影響について監察が行われている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "周辺への植林",
             "description": "目隠しや地盤の強化、防火林として、パイプラインに沿って要所要所に広葉樹が植林されている。一方で、エアバイク等の接近を防ぐため、標識やデータマップによって衝突などを極力避けられるよう注力されている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "第7層産業エリアへの直結",
             "description": "パイプラインは第7層の産業エリアへ直結しており、農産業や自然エリア等への影響は極力排除されている。パイプを通して燃料は一次備蓄所へと送られ、そこから各精製施設や工場へと輸送されていく。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "後ほねっこ男爵領での燃料パイプライン",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "パイプラインの埋設",
             "description": "後ほねっこ男爵領内に入った燃料パイプラインは地下に埋設されている。地下における土木工事に関しては一日の長がある後ほねっこ男爵領からすると、重要施設を地上にむき出しにしておくのは防衛上よろしくないと考えたためである。もっともその分、保守点検や整備の手間が増えるのでほぼ趣味と言えなくもない。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "ほねっこでの敷設",
             "description": "燃料輸送のためのパイプラインは、後ほねっこ男爵領における工業の中心地となっている“コロの里工業団地”から“六つ斑飛行場”と“潮の里埠頭”へと伸びている。いずれも燃料を必要とする航空機や艦船への補給を迅速に行う目的で敷設されている。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "ほねっこにおける管理",
             "description": "後ほねっこ男爵領では、燃料パイプラインの管理を藩国政府が行っている。冬の寒さ厳しい北国において燃料の確保は国民の生命に関わる一大事であり、その点に営利を介在させるわけにはいかないためである。また、管理・保守のための十分な技術をもつのが郷土軍であるという事情もある。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "ほねっこの警備態勢",
             "description": "後ほねっこ男爵領では、燃料パイプラインの管理を郷土軍が行っていることから、その警備も当然郷土軍によって担われている。地下に埋設したパイプラインを狙った攻撃手段は限定されること、入り組んだ閉鎖空間での活動は郷土軍の得意とするところであることから、十分な警備態勢が敷かれていると考えて良いだろう。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "ほねっこの燃料貯蔵施設",
             "description": "後ほねっこ男爵領ではパイプラインを通じて供与された燃料は、その通り道である三カ所それぞれの貯蔵施設に分散して保管される。過去の教訓から重要物資の分散配置・保管は必要なことと固く信じられているためである。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "ほねっこ国内での燃料輸送",
             "description": "工業地帯や飛行場、埠頭の燃料貯蔵施設から新ほねっこ城市や迷宮城砦へは、鉄道『かぐや』の燃料輸送用貨車によって運ばれ、さらにトレーラーへと載せ替えられ必要な場所へと届けられる。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "ほねっこでの燃料使用の状況",
             "description": "後ほねっこ男爵領でもっとも燃料を必要とするのは、実のところ迷宮巡視員部隊である。生活に使用される分ではもちろん工業地帯や基地が上回るが、藩国政府内での燃料配分ではほぼ全てが迷宮巡視員部隊の装備の運用・メンテナンスに当てられている。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "越前藩国燃料パイプライン",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "越前藩国における敷設ルート",
             "description": "越前藩国における燃料パイプラインは藩国南東部に鏡文字の「つ」の字のようなルートで敷設された。藩国領を東西に貫通しようとすると天野川を越える必要があり、燃料漏れ事故が起きたときの汚染が懸念されたためである。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "越前藩国の燃料パイプライン管理部門",
             "description": "越前藩国では燃料パイプラインの管理は藩国政府の管轄下にあり、経済関係の省庁が所管している。燃料パイプラインは簡単に移動できるものではなく、機密知識の漏出を防ぐために一度配属されると転属が難しい部門として知られている。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "木造の見張り小屋",
             "description": "パイプラインの安全確保として見張り小屋が立てられた。小屋と言っても要所となるポイントにある物はしっかりとした建付で、住み込みで常駐が出来る程度に住居性が高かった。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "越前藩国における燃料パイプラインの警備体制",
             "description": "越前藩国内に敷設された燃料パイプラインの警備は管理省庁の求めにより治安当局及び必要に応じて軍が対応を行った。当初は管理省庁内に専属部隊を設置する案も検討されたが、組織間の対立によって機能不全に陥る危険性が指摘されたため廃案となった。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "地震発生時の防災防御訓練",
             "description": "火山を有する越前藩国では地震の発生する頻度は高く、それほど大したことのない揺れであっても燃料パイプに異常が発生する恐れもあることから、日頃の訓練は特に念入りに行われている。この訓練には地震発生後に確認に出た職員が武装組織から襲撃を受けた際の防御についても考慮されている。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "越前藩国内での燃料消費",
             "description": "燃料パイプラインによって輸送された燃料だが、越前藩国では発電や公共交通機関にて使用されることが多い。高物理藩国を目指したいという方針から燃料需要の高まりが期待されるものの、国民の実生活との乖離も懸念され、家計での消費は伸び悩んでいるようだ。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "越前藩国内の燃料備蓄事情",
             "description": "需要が低いとはいえ燃料の用途が無いわけではないため、港湾地区外苑に専用施設が建造された。設立当初は体制がザルで火災事故を度々起こしたため顰蹙を買った。幸い顰蹙で済む程度の被害で抑えることには成功していたものの、そもそも事故を起こさないようにしよう、ということで数度となく行われた運用方式の改善活動によってようやく年間事故ゼロを達成するようになった。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "愛鳴之藩国燃料パイプライン",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "愛鳴之瓦斯公社",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "公社概要",
                 "description": "愛鳴之藩国全土を営業区域としている公企業。行政区に拠点をもち、基地局にてパイプラインによりもたらされるガスを気化、各区域に分配を行っている。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "敷設と環境配慮",
                 "description": "パイプラインは工業区の外れにある愛鳴之瓦斯公社基地局へつながっており、基地局にて気化、整圧器にて各区画に適した圧力での供給を行っている。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "地域への貢献",
                 "description": "愛鳴之瓦斯公社では地域貢献の一環としていくつかの活動を行っている。地域や私塾で行われる防災訓練への参加、基地局へ子供達を招いての見学会の開催、ガス調理器具を使用した料理教室の開催、地域環境への植林や海岸のごみ拾いプロジェクト等、公社内の各部門がそれぞれにプロジェクトを担当し、地域貢献への意欲を見せている。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "防災と安全対策",
                 "description": "ガスという重要かつ災害につながるエネルギーの為、安全対策には特に気をつけており、24時間体制での見回り監視は元より、各地区への供給路に放散塔を設置し災害時に備えている。また、月一での防災訓練や安全部会等により日々の小さな異常に目を光らせている。万が一の不測時に供給停止や各防災対応の部署や摂政、藩王への連絡マニュアルを常備、早急な対応を可能としている。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "研究機関設立",
                 "description": "愛鳴之瓦斯公社ではガスエネルギーの高効率での運用や安全性の維持向上を目指し、専門の研究機関を設けている。また、私塾との提携により専門的な知識をもって公社への入社を目指す将来を担う子供への支援事業を行っている。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "燃料の使用状況",
             "description": "基地局にて供給されたガスは工業区、産業区、商業区等の業務・産業用だけではなく家庭用エネルギー、行政区へ公用エネルギーとしても使用されている。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "蒼梧藩国燃料パイプライン",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "概要",
             "description": "蒼梧藩国においてもFVB藩国からの燃料輸入を受けるためのパイプラインを設置した。輸入された燃料は国営企業である蒼梧燃料公社において管理されている。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "蒼梧藩国の燃料事情",
             "description": "蒼梧藩国では燃料繊維が普及しているため、輸入燃料の使用は比較的少ない。一方、遠洋漁業などで用いられる大型船の動力源としては輸入燃料が使用されることが多い。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "蒼梧燃料公社",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "運営体制",
                 "description": "蒼梧藩国政府が100%出資する公営企業。社長はじめ重役は政府が任命し、また政府の指導の下、管理・運営がされている。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "貯蔵施設",
                 "description": "燃料は下流域にある工業地帯・通呉を拠点として輸入されている。また、通呉には鉄製の燃料タンクをはじめとした貯蔵施設が整備されており、輸入された燃料は一旦この燃料タンクにおいて保管される。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "国内輸送",
                 "description": "通呉の貯蔵施設から全国各地への国内輸送パイプラインが整備されている。各地に調整所が設置され、需要に応じた輸送量の調整が行われている。国内輸送は危険物取扱免許を持つ指定業者が担うものとし、主に陸上輸送手段(鉄道貨物、タンクローリー車など)が使われている。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "警備体制",
                 "description": "藩国の重要設備であるため、警備については公社管理の下、安心と信頼の老舗警備会社である猛虎綜合警備保障に委託している。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "防災対策",
                 "description": "災害時に備え、消火器など消防備品が貯蔵施設、調整所に置かれている。また、地震を感知した際には輸送が緊急停止される。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "緊急時の対応",
                 "description": "万一、燃料漏れ等が起こった際は、政府に迅速な連絡が行われ、緊急の事故対策委員会が設置される。同委員会の指揮下において、猛虎綜合警備保障との密接な連携により、周辺環境への影響を最小限に抑えるための対応がなされる。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "猛虎綜合警備保障会社",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "会社概要",
                 "description": "黄色と黒の虎縞のブランドロゴが目に眩しい、蒼梧藩国の老舗警備会社。警察出身のベテラン警備員が多く在籍し、政府主要機関の警備などにもよく利用される。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "エアバイクによる巡回警備",
                 "description": "貯蔵施設及び各地方のパイプライン調整所において、徒歩及びエアバイクによる巡回警備が注意深く行われている。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "危険物の取り扱いに関する知識",
                 "description": "燃料関連施設の警備にあたる警備員については、燃料の取り扱いに関する基本的な知識を学ぶ研修を受けている。また、主任級の警備員になるには、危険物取扱免許の取得が求められる。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "厳重な貯蔵施設の警備",
                 "description": "燃料が大量に貯蔵された施設はテロなどにも狙われやすい。そのため、貯蔵施設は24時間体制で監視されるなど、巡回警備が特に重点的に行われている。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "警備員の勤務体制",
                 "description": "燃料関連施設では、厳重な警備体制が求められるため、通常警備以上に警備員の疲労が蓄積しやすい。そのため、警備員一人あたりの勤務を一日6時間までとする交代制が採られている。また、不測の事態に備えた予備人員が配置されている。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "緊急時の関係機関への連絡",
                 "description": "火災、テロ、燃料漏れなどの緊急時には、警備会社より政府、警察、消防、救急など関係機関に速やかに連絡がされ、関係機関の協力の下、事態の収拾にあたる。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               }
             ],
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "燃料パイプライン(土場藩国)",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "燃料精製施設への接続",
             "description": "燃料パイプラインは土場藩国各所の燃料精製施設へとつながっている。\n送られた燃料はここで用途に応じたものへと精製されるのである。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "国内のパイプラインの管理",
             "description": "パイプラインの保守点検を業務とする国営の管理会社を設立する。\n安全面が最も重視され、従業員には各種危険物取扱資格の取得が義務付けられる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "パイプラインの分岐",
             "description": "パイプラインの一か所に発生した事故や故障によって燃料の供給が妨げられてはならない。\n土場藩国国内では何本ものルートを通るように設置され、万が一の事故の際にも対応できるようにされている。\n通常は使用しない予備のルートも準備されている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "バルブによる流量調整",
             "description": "パイプラインには分岐点や一定区間ごとに流量調整バルブが設置されている。\n事故や天災などで燃料の流れを変更する際に使用される。\n管理会社からの遠隔操作と現地で直接操作する方法がある。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "土場藩国内のパイプラインの配置個所",
             "description": "パイプラインの配置個所については周辺に建造物がない場所を選択されている。\nこれは火災による延焼を防止することが目的であるとともに、不用意にパイプラインに近づくものがいないようにするためである。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "土場藩国のパイプライン管理費用",
             "description": "燃料パイプラインの管理費用は燃料の販売時にかかる税金を元にしている。\nなお、燃料の小売価格が暴騰しないように税率は適宜是正されている。\n管理費用が不足する場合は藩国予算から充当される。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "土場藩国でのパイプライン保守管理",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "異常感知センサー",
                 "description": "パイプラインの各所には異常を感知するセンサーを設置している。\nパイプ内の圧力、温度、重量などがモニターされ異常が感知された場合は管理会社へ通報される。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "パイプラインの巡回業務",
                 "description": "パイプラインの管理会社職員による定期的な巡回業務が行われている。\n不審物の有無やパイプの異常の有無、立ち入り禁止フェンスの異常の有無などがチェックされている。\n",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "部品交換業務",
                 "description": "事故や故障防止のために、パイプラインに使用されている部品は一定期間ごとに交換が義務付けられている。\n交換作業の際には燃料の流れが滞ることがないように厳密なスケジュール管理が行われる。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "立ち入り禁止フェンス",
                 "description": "パイプラインにむやみに人が接近しないように、立ち入り禁止フェンスが設置されている。\n金網と鉄条網を組み合わせており簡単には乗り越えられないように出来ている。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "火災時の対応",
                 "description": "パイプラインもしくは周辺で火災が発生した場合の対応。\nまず該当のエリアのパイプラインへの燃料の流入を停止する。\n次に燃料ポンプによって該当エリアのパイプライン内部の燃料が災害時用の緊急タンクへ排出される。\nその後に消火活動が開始される。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "燃料用ポンプ",
             "description": "パイプライン各所には燃料の流れを補助するためにポンプが設置されている。\nポンプの動力は高圧空気であり火災の危険の少ない電動コンプレッサーから送られてくる。\n火災などの緊急時には燃料の排出にも使用される。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "燃料パイプ(神聖巫連盟)",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "平地に配慮したパイプ配置",
             "description": "もしもの時の事故や襲撃などでの燃料漏れが起きた際に備え、土地の汚染を極限化するため、平地に配管している。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "事故対応マニュアル",
             "description": "事故対応訓練はマニュアル化され、避難すべき時はどういう手順で避難すればいいのか、逃げる前に被害を抑えるためにすべきことが記載されています。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "id": 30742,
         "title": "テロ対策体制",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-22 08:18:45.098325",
         "updated_at": "2017-08-22 08:18:45.098325",
         "children": [
           {
             "id": 30743,
             "title": "概要",
             "description": "元は重要施設の防犯能力の改善のために、後に様々なテロ対策システムを研究し導入されたテロ対策体制のことである。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-22 08:18:45.113584",
             "updated_at": "2017-08-22 08:18:45.113584",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 686,
               "name": "オカミチ"
             }
           },
           {
             "id": 30744,
             "title": "テロ対策の重要性",
             "description": "不断の対策の改良実施によって、産業や生活に直接攻撃を加えるテロ攻撃の被害を可能な限り減らし、市民が安心して生活していくことの重要性は高い。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-22 08:18:45.159237",
             "updated_at": "2017-08-22 08:18:45.159237",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 686,
               "name": "オカミチ"
             }
           },
           {
             "id": 30745,
             "title": "担当者について",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-08-22 08:18:45.193319",
             "updated_at": "2017-08-22 08:18:45.193319",
             "children": [
               {
                 "id": 30746,
                 "title": "担当者とは",
                 "description": "主に警察官や警備会社職員、または各藩国軍や企業警備部の職員などが該当する。テロ対策を行う部署職員の事である。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-22 08:18:45.197515",
                 "updated_at": "2017-08-22 08:18:45.197515",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 686,
                   "name": "オカミチ"
                 }
               },
               {
                 "id": 30747,
                 "title": "資格",
                 "description": "重要性が高く、負う義務も大きいという勤務内容から、担当人員には能力はもとより確かな身元や責任能力、高い倫理意識が求められている。装備や法的な権限は各地域の法律によってさまざまである。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-22 08:18:45.231726",
                 "updated_at": "2017-08-22 08:18:45.231726",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 686,
                   "name": "オカミチ"
                 }
               }
             ],
             "character": {
               "id": 686,
               "name": "オカミチ"
             },
             "expanded": true
           },
           {
             "id": 30748,
             "title": "日常体制",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-08-22 08:18:45.327224",
             "updated_at": "2017-08-22 08:18:45.327224",
             "children": [
               {
                 "id": 30749,
                 "title": "避難経路の整備",
                 "description": "施設などの避難経路を整備確認する業務である。非常灯や非常口への誘導灯、避難経路のスペースの確保点検などが該当する。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-22 08:18:45.32908",
                 "updated_at": "2017-08-22 08:18:45.32908",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 686,
                   "name": "オカミチ"
                 }
               },
               {
                 "id": 30750,
                 "title": "日々のパトロール",
                 "description": "日常の担当部署の巡回や、重要施設の警戒など、また多人数が集まる催し物会場での警戒業務など様々な形態のパトロールがある。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-22 08:18:45.361162",
                 "updated_at": "2017-08-24 18:10:45.971141",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 686,
                   "name": "オカミチ"
                 }
               },
               {
                 "id": 30751,
                 "title": "施設などの対策強化",
                 "description": "段より警戒対象の施設等では動線や死角のチェック、十分にスペースを設ける、巡回路の改良、ゴミ箱の撤去などといった防犯体制の改善強化などを行っている。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-22 08:18:45.396691",
                 "updated_at": "2017-08-22 08:18:45.396691",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 686,
                   "name": "オカミチ"
                 }
               },
               {
                 "id": 30752,
                 "title": "日常広報",
                 "description": "最近の情勢などの新しい情報を担当者以外の人々に分かりやすく伝える広報活動。抑止効果も高めることができる。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-22 08:18:45.429698",
                 "updated_at": "2017-08-22 08:18:45.429698",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 686,
                   "name": "オカミチ"
                 }
               },
               {
                 "id": 30753,
                 "title": "担当者の日常訓練と教育、研究",
                 "description": "担当者のスキルや対策システムの改善を図る目的で、各種訓練や、研修、システムの研究が日々行われている。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-22 08:18:45.458877",
                 "updated_at": "2017-08-22 08:18:45.458877",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 686,
                   "name": "オカミチ"
                 }
               },
               {
                 "id": 30754,
                 "title": "政府担当部門や警察との連絡体制",
                 "description": "藩国間のテロリスト情報の交換といった国際協力、警察や政庁各部門との情報連絡体制を日頃から構築している。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-22 08:18:45.491538",
                 "updated_at": "2017-08-22 08:18:45.491538",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 686,
                   "name": "オカミチ"
                 }
               },
               {
                 "id": 30755,
                 "title": "情報収集",
                 "description": "藩国内の政府各部門との情報交換や情勢の追跡研究を行い、資料を集積する。各担当者部署への広報を通して広く最新の情報を共有することを図る。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-22 08:18:45.525023",
                 "updated_at": "2017-08-22 08:18:45.525023",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 686,
                   "name": "オカミチ"
                 }
               },
               {
                 "id": 30756,
                 "title": "勤務体制",
                 "description": "休日を十分とった交代制勤務体制をとる。危険手当や成績優秀者の昇給制度、復学者支援制度も整備されている。その他福利厚生は地域の法律に準じたものとなっている。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-22 08:18:45.555278",
                 "updated_at": "2017-08-22 08:18:45.555278",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 686,
                   "name": "オカミチ"
                 }
               }
             ],
             "character": {
               "id": 686,
               "name": "オカミチ"
             },
             "expanded": true
           },
           {
             "id": 30757,
             "title": "監視カメラシステム",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-08-22 08:18:45.621615",
             "updated_at": "2017-08-22 08:18:45.621615",
             "children": [
               {
                 "id": 30758,
                 "title": "システムの概要",
                 "description": "複数の防犯監視カメラを使用した監視システム。あくまでテロ対策として法律に則って事件捜査に使われたり、プライベートに最大限配慮したうえで、記録映像が情報解析に使用されることがある。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-22 08:18:45.625902",
                 "updated_at": "2017-08-22 08:18:45.625902",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 686,
                   "name": "オカミチ"
                 }
               },
               {
                 "id": 30759,
                 "title": "情報の制限と守秘義務",
                 "description": "カメラによって記録される映像は厳重に取り扱われ、法的正当性がない限り捜査に使用したり、閲覧や情報利用することは出来ない。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-22 08:18:45.658073",
                 "updated_at": "2017-08-22 08:18:45.658073",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 686,
                   "name": "オカミチ"
                 }
               },
               {
                 "id": 30760,
                 "title": "カメラ設置の手法",
                 "description": "主に重要な施設の周囲や通路屋内にそれぞれ視角をカバーするように複数個設置される。プライバシーエリアには設置されない。またダミーカメラを設置して抑止効果を狙った手法も存在する。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-22 08:18:45.688422",
                 "updated_at": "2017-08-22 08:18:45.688422",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 686,
                   "name": "オカミチ"
                 }
               },
               {
                 "id": 30761,
                 "title": "データ解析",
                 "description": "記録映像は法に則った手段でデータ解析が行われることがある。プライバシーに最大限配慮した上で、人々の流れの解析や犯行パターンの研究などに使用される。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-22 08:18:45.722191",
                 "updated_at": "2017-08-22 08:18:45.722191",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 686,
                   "name": "オカミチ"
                 }
               },
               {
                 "id": 30762,
                 "title": "指揮部署との連絡",
                 "description": "通常、記録だけではなくモニタールームなどでのリアルタイム監視業務も行われている。テロ発生などの非常事態となれば担当者はすみやかに指揮部署に報告を上げその指揮下に入ることになる。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-22 08:18:45.753935",
                 "updated_at": "2017-08-22 08:18:45.753935",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 686,
                   "name": "オカミチ"
                 }
               },
               {
                 "id": 30763,
                 "title": "設備",
                 "description": null,
                 "part_type": "group",
                 "created_at": "2017-08-22 08:18:45.792749",
                 "updated_at": "2017-08-22 08:18:45.792749",
                 "children": [
                   {
                     "id": 30764,
                     "title": "監視カメラ",
                     "description": "様々な形態のビデオカメラ。信頼あるメーカーの品物が選ばれ専門家によってセキュリティチェックを受けた後に用いられる。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-22 08:18:45.795579",
                     "updated_at": "2017-08-22 08:18:45.795579",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 686,
                       "name": "オカミチ"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 30765,
                     "title": "情報端末",
                     "description": "カメラの映像を処理する情報端末。様々な形式のものがあり、記録された映像情報を解析することができる。またバックアップシステムも備えているものが一般的である。基本的にスタンドアロンタイプのシステムでネットワークに接続することは無い。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-22 08:18:45.827146",
                     "updated_at": "2017-08-22 08:18:45.827146",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 686,
                       "name": "オカミチ"
                     }
                   }
                 ],
                 "character": {
                   "id": 686,
                   "name": "オカミチ"
                 },
                 "expanded": true
               }
             ],
             "character": {
               "id": 686,
               "name": "オカミチ"
             },
             "expanded": true
           },
           {
             "id": 30766,
             "title": "不審物対応",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-08-22 08:18:45.90766",
             "updated_at": "2017-08-22 08:18:45.90766",
             "children": [
               {
                 "id": 30767,
                 "title": "不審物に対する対処",
                 "description": "不審物に対する対処方法は各部署ごとに告知され、それに従って行われる。明らかに危険なものと判断された場合は、専門担当者によって処理されることとなる。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-22 08:18:45.909277",
                 "updated_at": "2017-08-22 08:18:45.909277",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 686,
                   "name": "オカミチ"
                 }
               },
               {
                 "id": 30768,
                 "title": "危険物処理について",
                 "description": "訓練を受けた処理対応担当者が行う。高度な専門知識を必要とするためこのレベルの対応は警察や藩国軍の専門部隊があたることが多い。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-22 08:18:45.928636",
                 "updated_at": "2017-08-22 08:18:45.928636",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 686,
                   "name": "オカミチ"
                 }
               }
             ],
             "character": {
               "id": 686,
               "name": "オカミチ"
             },
             "expanded": true
           },
           {
             "id": 30769,
             "title": "自爆テロ対応",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-08-22 08:18:45.970968",
             "updated_at": "2017-08-22 08:18:45.970968",
             "children": [
               {
                 "id": 30770,
                 "title": "荷物チェック",
                 "description": "多くの人が集まる催し物や、要人が集まる会場周辺では警備体制がしかれ、人々の荷物チェックを行うこともある。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-22 08:18:45.972614",
                 "updated_at": "2017-08-22 08:18:45.972614",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 686,
                   "name": "オカミチ"
                 }
               },
               {
                 "id": 30771,
                 "title": "動作や服装への注意",
                 "description": "爆発物などの危険物を身に着けた自爆テロ犯は、その緊張や装備の大きさを隠す必要があり、独特の動作や服装をする傾向がある。警戒に当たる担当者は良くこの点に注意して警戒に当たることになる。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-22 08:18:45.989902",
                 "updated_at": "2017-08-22 08:18:45.989902",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 686,
                   "name": "オカミチ"
                 }
               }
             ],
             "character": {
               "id": 686,
               "name": "オカミチ"
             },
             "expanded": true
           },
           {
             "id": 30772,
             "title": "車両テロへの対応",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-08-22 08:18:46.034873",
             "updated_at": "2017-08-22 08:18:46.034873",
             "children": [
               {
                 "id": 30773,
                 "title": "重要施設の防衛体制の強化",
                 "description": "特に危険度の高い施設などに施す主に車爆弾に対する対策。コンクリート防壁を設置したり、十分な強度を持つゲートを設けたり、隠蔽された複数の監視所を設けるといった防衛体制の強化があげられる。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-22 08:18:46.036967",
                 "updated_at": "2017-08-22 08:18:46.036967",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 686,
                   "name": "オカミチ"
                 }
               }
             ],
             "character": {
               "id": 686,
               "name": "オカミチ"
             },
             "expanded": true
           },
           {
             "id": 30774,
             "title": "テロ発生時における対応",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-08-22 08:18:46.116922",
             "updated_at": "2017-08-22 08:18:46.116922",
             "children": [
               {
                 "id": 30775,
                 "title": "緊急展開",
                 "description": "テロ発生時における交通の封鎖や周辺施設の警備出動など担当者が緊急展開する場合がある。テロ発生時には一般的に藩国軍、警察がこれにあたる。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-22 08:18:46.1188",
                 "updated_at": "2017-08-22 08:18:46.1188",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 686,
                   "name": "オカミチ"
                 }
               },
               {
                 "id": 30776,
                 "title": "避難誘導",
                 "description": "すみやかに担当誘導員は安全と判断された経路に人々を誘導する。連絡を取り合い無駄のない動きが重要となる。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-22 08:18:46.164969",
                 "updated_at": "2017-08-22 08:18:46.164969",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 686,
                   "name": "オカミチ"
                 }
               }
             ],
             "character": {
               "id": 686,
               "name": "オカミチ"
             },
             "expanded": true
           },
           {
             "id": 64824,
             "title": "テロ対策体制流用実績",
             "description": "・詩歌藩国の【詩歌藩国の港】に流用されました。\n\n(その他、帝國施設でのご利用を募集しております。文字数合わせ失礼します)",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-24 14:46:44.291182",
             "updated_at": "2017-08-24 14:46:44.291182",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 686,
               "name": "オカミチ"
             }
           }
         ],
         "character": {
           "id": 686,
           "name": "オカミチ"
         },
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true,
     "part_type": "group"
   }
 ]