※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: FVBの警官の国民 RD:47 評価値:9
    • 大部品: 出来るヤツ RD:7 評価値:4
      • 部品: ミスが少ない
      • 部品: きちんとした報告、連絡、相談
      • 部品: 人脈が広い
      • 部品: 頭の回転が早い
      • 部品: 処理能力が高い
      • 部品: 手際の良さ
      • 部品: 出来るヤツの理由
    • 大部品: 警官(帝國共通) RD:17 評価値:6
      • 大部品: 日常業務 RD:5 評価値:3
        • 部品: 日常訓練
        • 部品: パトロール
        • 部品: 通報対応
        • 部品: 報告書作成
        • 部品: 遺失物の管理について
      • 大部品: 警察学校3年間 RD:12 評価値:6
        • 部品: 筆記試験
        • 部品: 適正検査
        • 部品: 給与について
        • 部品: 全寮制度
        • 部品: 警察署研修1年間
        • 部品: 統合学習1年間
        • 部品: 資格試験
        • 大部品: 初任科学習1年 RD:5 評価値:3
          • 部品: 座学による基礎的学習
          • 部品: 職務倫理の教育
          • 部品: 基礎的な実技教育
          • 部品: 捕縛術の訓練
          • 部品: 拳銃の取り扱い訓練
    • 大部品: 宇宙生活能力 RD:12 評価値:6
      • 大部品: 宇宙生活能力とは RD:2 評価値:1
        • 部品: 宇宙生活と地上生活の違い
        • 部品: 健康被害への対策
      • 大部品: 有重力環境での過ごし方 RD:2 評価値:1
        • 部品: 有重力区画について
        • 部品: 有重力区画での生活
      • 大部品: 無重量環境での過ごし方 RD:4 評価値:3
        • 部品: 無重量環境とは
        • 部品: 移動方法
        • 部品: 無重量環境での飲食
        • 部品: 無重量環境での弊害
      • 大部品: 閉鎖環境への適応 RD:4 評価値:3
        • 部品: 宇宙と閉鎖環境
        • 部品: 閉鎖環境内での心構え
        • 部品: 閉塞感軽減の配慮
        • 部品: 生活の工夫
    • 大部品: 東国人(FVB) RD:11 評価値:5
      • 大部品: 東国人 RD:8 評価値:5
        • 部品: 東国とは
        • 部品: 特徴
        • 部品: 爆発のデパート
        • 部品: 環境
        • 部品: イグドラシル
        • 部品: 社会
        • 部品: 漢字
        • 大部品: 東国人の流用実績 RD:1 評価値:0
          • 部品: 流用実績(東国人)
      • 大部品: FVB東国人の特徴 RD:3 評価値:2
        • 部品: 概要
        • 部品: 宇宙開発
        • 部品: 言語文化



部品定義


部品: ミスが少ない

聞き間違えや記憶違いなどが少なく、一度の処理で完結することが多い。誤字脱字がなく、結果的にやり直しなどで余分な時間を取られない。

部品: きちんとした報告、連絡、相談

関係者への報告、連絡、相談のタイミングや内容が適切であり、適切なアドバイスが受けられる。連携不足に依る重複や眠っていた案件の爆発などがなく、常にスムーズに事が運ぶ。

部品: 人脈が広い

その人物の社交性によって様々な人と関係性を持ち、交渉や相談で力を借りることができる。自分には全く未知な分野や苦手なことでも対処できる可能性が広がる。

部品: 頭の回転が早い

とっさの機転で状況を切り抜けることが出来る頭脳を持つ。喋ることが得意で当意即妙な受け答えができるため、会話における様々な場面で事が有利に運ぶ。他にも瞬時に状況を把握して適切な対応を取ることが出来る。

部品: 処理能力が高い

大量の課題や難しい案件を抱えてもパンクせずにこなす能力がある。並行して作業をすすめるもの、一つ一つの処理速度が抜群に早いもの、裏技を駆使するものなどタイプはそれぞれだが、総じて作業や仕事の効率が平均より高い。

部品: 手際の良さ

シンプルにそつなくこなす手腕。優先順位を付けて段取りよくことを運び、物事をよどみ無くスムーズに処理していくことができる。

部品: 出来るヤツの理由

優秀な上司や、出来る先輩の背中を見て彼らのようになろうと、そのやり方を学んで自らに取り入れ続けた結果である。勤務経験も相応に有り、力を入れるところと抜くべきところの見極めが出来ているのも大きい。遊んでいるように見えて影で努力しているのであった。

部品: 日常訓練

警察官はどのような時でも同じように犯罪者を怪我をさせずに取り押さえることができるよう普段から訓練を怠らない。体術や逮捕術などは日常的に訓練を行う。

部品: パトロール

管理している地域を定期的に巡回し、不審者がいる場合は職務質問を行うために声をかけることもある。事故の早期発見や防犯のため、とても大切な行為。

部品: 通報対応

電話などで事件や事故の通報があった場合はこれに対応し、内容を聞き取り場合によっては派出所から人員を派遣する。特別な事情がない限りは2名以上での行動を原則とする。

部品: 報告書作成

事故や事件などの通報対応をした後には報告書を作成すること。この報告書は公的な記録として裁判などに使用されることもあるため、嘘偽りなく正確に記述すること。

部品: 遺失物の管理について

落とし物、忘れ物などが届けられた際はこれを保管し、落とし主が現れるのを待つ。落とし主から問い合わせがあった場合は間違いがないようよく確認を行いこれを返却する。

部品: 筆記試験

入学の際には試験を受け、これに合格しなければならない。警察官として必要な知能及び知識について択一式による筆記試験を行う。

部品: 適正検査

筆記試験に合格した後には口述試験、体力試験、身体検査などを行い、警察官としての適正があるかチェックを行う。また健康診断も合わせて行いなんらかの疾患がないか調べる。

部品: 給与について

警察学校に在学中は最低限度の給料支払いが行われる。このことから貧困層の出身であってもある程度の能力を有する場合は入学を希望する者も多い。

部品: 全寮制度

入学者はみな寮での生活を義務つけられ、通学による登校は基本的に認められていない。寮生活ができないなんらかの理由がある場合は事前に申し出ること。起床時間や食事の時間は決められており、集団生活を学ぶことにつながる。

部品: 警察署研修1年間

学校に通う傍ら、各地の警察署での研修も行われる。研修者には拳銃などの危険な装備は配布されない(警棒などは配布される)職務内容は現職の警察官と同様であり、また一人での行動をとる場面がないよう指導係がつく。

部品: 統合学習1年間

警察署での研修の後、学校へ戻ってからはさらに実践的内容を教え込まれることになる。講義、実習、術科の教養訓練を受けて毎日警察官としての基礎を学ぶ。

部品: 資格試験

警察官になれるかどうか、その分水嶺がこの資格試験である。座学と実技の試験に別れており、学校で学んだすべてを発揮できるよう全力で試験に挑む。この試験で合格することで正式に警察官となることができる。

部品: 座学による基礎的学習

国語、数学、社会、化学など基礎的な教科をはじめとして、警察の実務に関係する交通安全や捜査に関する知識などを学ぶ。また警官としての基礎的な法律知識についてもここで教育される。

部品: 職務倫理の教育

警察官は法を守護する者として何ものにもとらわれず、何ものをも恐れず、何ものをも憎まず、良心のみに従い、不偏不党且つ公平中正に警察職務の遂行に当たることを教育される。

部品: 基礎的な実技教育

体術や救命救急の方法など、座学ではない教育を行う。体力作りのためのランニングや体操なども行われる。
また帝國には雪国が多いため雪山での登山訓練などが行われることもある。

部品: 捕縛術の訓練

警察官は犯罪者を殺傷せずに捕縛しなければならない。このための捕縛術の訓練は重要であり、実技訓練の中でもとりわけ重視されている。

部品: 拳銃の取り扱い訓練

軍隊などで使用されるような重火器を取り扱うことはないが、拳銃などの軽火器については射撃や整備を含めた総合的な取り扱いの訓練を行う。

部品: 宇宙生活と地上生活の違い

地上に生活環境の大多数を置くテラ領域のアイドレスにあって、宇宙は特異な生活環境である。
地に足のつかない無重量、外壁一枚隔てた先の過酷な宇宙空間、宇宙施設という人工的な閉鎖環境……
中でも特に重要なのは、閉鎖環境への適応と無重量状態での過ごし方の二つである。

部品: 健康被害への対策

宇宙生活での絶対条件として求められるのが、真空からの遮断に加え、有害な宇宙線の遮断といった、健康被害への対策である。
宇宙は極めて危険な環境であり、そのため施設や艦船での対策、医療面でのケアなど、複数の方面から対策を行う。

部品: 有重力区画について

宇宙施設や宇宙船では、人工的に重力を発生させている区画もある。
これは重力制御などという高度な技術ではなく、居住区自体を回転させ、慣性を発生させるなど、比較的宇宙開発では初歩的な技術である。
ただ、設備的に大掛かりになり、コスト高となるため採用状況はまちまちである。

部品: 有重力区画での生活

有重力区画では、基本的に地上と同じ生活が出来る。
多くにとっては上下と重さのある環境の方が過ごしやすいのだが、
一方で宇宙の生活に慣れた一部には体が重くなるなど、敬遠されることもあった。

部品: 無重量環境とは

そもそも無重量環境とは、重力を生み出す惑星や恒星から離れることで発生する重さのない状態の事である。
0Gとか無重力状態とも呼ばれることもあり、地上で無意識に生活の前提となっていた重さや高低差が消失するため、地上とは異なる過ごし方が求められる。

部品: 移動方法

重さがなく宙に浮いてしまう無重量環境では、歩いたり走るよりも、構造物を蹴って飛ぶ方が効果的な移動手段となる。
これを踏まえて、宇宙施設などでは、跳躍用の足場があることも多い。

部品: 無重量環境での飲食

無重量環境での飲食はかなりの程度で地上と同じものが食べられるが、それでもある程度の制限は存在する。
例えば飛散対策として、ソバやラーメンといった温麺は、スープと麺を絡めた形で食べることになる。
一方で地上ではできない事として、飲み物をシャボン状に広げて口にするという一種の遊びもある。

部品: 無重量環境での弊害

無重量状態では少ない筋肉量で生活できてしまうため、何もしなければ筋肉が衰え、地上での生活が困難となる。
また、宇宙空間では骨素が薄くなるという問題もあり、これらに対して薬剤、トレーニングなどによって対応している。

部品: 宇宙と閉鎖環境

壁一枚隔てた先は真空の宇宙にあって、住環境は原則、閉鎖環境となる。
大型の宇宙都市などの施設では閉塞感は比較的薄いが、あくまで比較的であって、どれほど地上に近づけてもその人工性が気になる事はあるという。

部品: 閉鎖環境内での心構え

宇宙生活者は閉鎖環境での生活となるため、教育として資源は有限であるという考えが身についている。
そのため、リサイクルの考え方が根強い反面、水や空気を惜しみなく使う贅沢へのあこがれも強い。

部品: 閉塞感軽減の配慮

宇宙という極限環境に加え、閉鎖環境での圧迫感は無意識にストレスを与えてしまう。
これを軽減するため、艦船、施設問わず宇宙での空間デザインの基本として、空間を広く取り、色彩や照明を調整するなど、解放感を感じられるようにしている。

部品: 生活の工夫

宇宙生活者の側でも、閉塞感に押しつぶされないよう生活上で様々な工夫を凝らす事が多い。
運動会などのイベントは運動不足解消もあって積極的に行われているし、宇宙という独自の環境を生かした特産品づくりなどは、
むしろ生活の向上と模索の観点から歓迎された。

部品: 東国とは

東国は帝國版の森国であるが、××××の影響が薄く、魔法も強く持たない。そして、××××の影響なしに一番爆発しやすいツリー体系をしている。

部品: 特徴

東国人は黒髪で、着物や唐装など東洋風の服装をしており、東洋風の人材である。東国人は信心深く、神々に近しい。

部品: 爆発のデパート

東国人にタブーは薄く、それゆえヤオトの影響を極短時間で受ける。
東国には決まった爆発のパターンがなく、爆発のデパートと言われる。
北国は東国を爆発のデパートと呼んでいる。

部品: 環境

東国には春、夏、秋、冬の四季がある。火山があり、入り組んだ地形をしている。紙と木でできた家に住んでいる。
東国人は稲作を行っているが、意外に稲作は得意ではない。

部品: イグドラシル

東国人は、剣士、理力使い、忍者、サイボーグなど多様な可能性を持っている。当初なんとなくファッションで機械化してたが、維持費(燃料)がかかるので廃れた。東国ではパイロット職は自分で殴った方が早い持って回った存在と思われており、低い扱いを受ける。

部品: 社会

東国人は母系社会でなく、異母兄弟には相続権がある。東国人は王権と上意下達を重視しており、選挙などはやらない。

部品: 漢字

東国人は国によって言葉が大きく異なり、帝國共通語でしか意思を疎通できない訳ではなく、漢字で意思疎通ができる。(漢字を使う)

部品: 流用実績(東国人)

部品: 流用実績(東国人)
以下の個人データへの流用申請をいただいています(敬称略)
国民番号:PC名
38-00924-01:八猫 キルケ
38-00923-01:厚母うぬ
46-00910-01:羽黒
38-00921-01:照月 燿



部品: 概要

FVBにおける東国人は、和風文化と高低入り混じったテックレベル、四季を持つ国土など、一般的な東国人とそれほど変わりものではない。
この藩国を明確に他国と分けるものがあるとすれば、それは「宇宙開発」という国是である。

部品: 宇宙開発

宇宙開発はFVB立国以来の国是である。
これは、「アプローの涙」と呼ばれるテラ領域への撤退戦において、さくらつかさ藩王の強襲揚陸艦ブラックドッグに集った戦士がFVBの母体となった事に端を発する。
ニューワールドに降り立った後も、彼らは星の海原を忘れることなく、帰るべき故郷と定めたのだ。

部品: 言語文化

FVBは東国人の例にもれず、漢字に基づいた言語文化を持っている。
漢字以外にもかな文字も用いる和風の藩国であり、名前にも漢字を用いるのが一般的である。



提出書式


 大部品: FVBの警官の国民 RD:47 評価値:9
 -大部品: 出来るヤツ RD:7 評価値:4
 --部品: ミスが少ない
 --部品: きちんとした報告、連絡、相談
 --部品: 人脈が広い
 --部品: 頭の回転が早い
 --部品: 処理能力が高い
 --部品: 手際の良さ
 --部品: 出来るヤツの理由
 -大部品: 警官(帝國共通) RD:17 評価値:6
 --大部品: 日常業務 RD:5 評価値:3
 ---部品: 日常訓練
 ---部品: パトロール
 ---部品: 通報対応
 ---部品: 報告書作成
 ---部品: 遺失物の管理について
 --大部品: 警察学校3年間 RD:12 評価値:6
 ---部品: 筆記試験
 ---部品: 適正検査
 ---部品: 給与について
 ---部品: 全寮制度
 ---部品: 警察署研修1年間
 ---部品: 統合学習1年間
 ---部品: 資格試験
 ---大部品: 初任科学習1年 RD:5 評価値:3
 ----部品: 座学による基礎的学習
 ----部品: 職務倫理の教育
 ----部品: 基礎的な実技教育
 ----部品: 捕縛術の訓練
 ----部品: 拳銃の取り扱い訓練
 -大部品: 宇宙生活能力 RD:12 評価値:6
 --大部品: 宇宙生活能力とは RD:2 評価値:1
 ---部品: 宇宙生活と地上生活の違い
 ---部品: 健康被害への対策
 --大部品: 有重力環境での過ごし方 RD:2 評価値:1
 ---部品: 有重力区画について
 ---部品: 有重力区画での生活
 --大部品: 無重量環境での過ごし方 RD:4 評価値:3
 ---部品: 無重量環境とは
 ---部品: 移動方法
 ---部品: 無重量環境での飲食
 ---部品: 無重量環境での弊害
 --大部品: 閉鎖環境への適応 RD:4 評価値:3
 ---部品: 宇宙と閉鎖環境
 ---部品: 閉鎖環境内での心構え
 ---部品: 閉塞感軽減の配慮
 ---部品: 生活の工夫
 -大部品: 東国人(FVB) RD:11 評価値:5
 --大部品: 東国人 RD:8 評価値:5
 ---部品: 東国とは
 ---部品: 特徴
 ---部品: 爆発のデパート
 ---部品: 環境
 ---部品: イグドラシル
 ---部品: 社会
 ---部品: 漢字
 ---大部品: 東国人の流用実績 RD:1 評価値:0
 ----部品: 流用実績(東国人)
 --大部品: FVB東国人の特徴 RD:3 評価値:2
 ---部品: 概要
 ---部品: 宇宙開発
 ---部品: 言語文化
 
 
 部品: ミスが少ない
 聞き間違えや記憶違いなどが少なく、一度の処理で完結することが多い。誤字脱字がなく、結果的にやり直しなどで余分な時間を取られない。
 
 部品: きちんとした報告、連絡、相談
 関係者への報告、連絡、相談のタイミングや内容が適切であり、適切なアドバイスが受けられる。連携不足に依る重複や眠っていた案件の爆発などがなく、常にスムーズに事が運ぶ。
 
 部品: 人脈が広い
 その人物の社交性によって様々な人と関係性を持ち、交渉や相談で力を借りることができる。自分には全く未知な分野や苦手なことでも対処できる可能性が広がる。
 
 部品: 頭の回転が早い
 とっさの機転で状況を切り抜けることが出来る頭脳を持つ。喋ることが得意で当意即妙な受け答えができるため、会話における様々な場面で事が有利に運ぶ。他にも瞬時に状況を把握して適切な対応を取ることが出来る。
 
 部品: 処理能力が高い
 大量の課題や難しい案件を抱えてもパンクせずにこなす能力がある。並行して作業をすすめるもの、一つ一つの処理速度が抜群に早いもの、裏技を駆使するものなどタイプはそれぞれだが、総じて作業や仕事の効率が平均より高い。
 
 部品: 手際の良さ
 シンプルにそつなくこなす手腕。優先順位を付けて段取りよくことを運び、物事をよどみ無くスムーズに処理していくことができる。
 
 部品: 出来るヤツの理由
 優秀な上司や、出来る先輩の背中を見て彼らのようになろうと、そのやり方を学んで自らに取り入れ続けた結果である。勤務経験も相応に有り、力を入れるところと抜くべきところの見極めが出来ているのも大きい。遊んでいるように見えて影で努力しているのであった。
 
 部品: 日常訓練
 警察官はどのような時でも同じように犯罪者を怪我をさせずに取り押さえることができるよう普段から訓練を怠らない。体術や逮捕術などは日常的に訓練を行う。
 
 部品: パトロール
 管理している地域を定期的に巡回し、不審者がいる場合は職務質問を行うために声をかけることもある。事故の早期発見や防犯のため、とても大切な行為。
 
 部品: 通報対応
 電話などで事件や事故の通報があった場合はこれに対応し、内容を聞き取り場合によっては派出所から人員を派遣する。特別な事情がない限りは2名以上での行動を原則とする。
 
 部品: 報告書作成
 事故や事件などの通報対応をした後には報告書を作成すること。この報告書は公的な記録として裁判などに使用されることもあるため、嘘偽りなく正確に記述すること。
 
 部品: 遺失物の管理について
 落とし物、忘れ物などが届けられた際はこれを保管し、落とし主が現れるのを待つ。落とし主から問い合わせがあった場合は間違いがないようよく確認を行いこれを返却する。
 
 部品: 筆記試験
 入学の際には試験を受け、これに合格しなければならない。警察官として必要な知能及び知識について択一式による筆記試験を行う。
 
 部品: 適正検査
 筆記試験に合格した後には口述試験、体力試験、身体検査などを行い、警察官としての適正があるかチェックを行う。また健康診断も合わせて行いなんらかの疾患がないか調べる。
 
 部品: 給与について
 警察学校に在学中は最低限度の給料支払いが行われる。このことから貧困層の出身であってもある程度の能力を有する場合は入学を希望する者も多い。
 
 部品: 全寮制度
 入学者はみな寮での生活を義務つけられ、通学による登校は基本的に認められていない。寮生活ができないなんらかの理由がある場合は事前に申し出ること。起床時間や食事の時間は決められており、集団生活を学ぶことにつながる。
 
 部品: 警察署研修1年間
 学校に通う傍ら、各地の警察署での研修も行われる。研修者には拳銃などの危険な装備は配布されない(警棒などは配布される)職務内容は現職の警察官と同様であり、また一人での行動をとる場面がないよう指導係がつく。
 
 部品: 統合学習1年間
 警察署での研修の後、学校へ戻ってからはさらに実践的内容を教え込まれることになる。講義、実習、術科の教養訓練を受けて毎日警察官としての基礎を学ぶ。
 
 部品: 資格試験
 警察官になれるかどうか、その分水嶺がこの資格試験である。座学と実技の試験に別れており、学校で学んだすべてを発揮できるよう全力で試験に挑む。この試験で合格することで正式に警察官となることができる。
 
 部品: 座学による基礎的学習
 国語、数学、社会、化学など基礎的な教科をはじめとして、警察の実務に関係する交通安全や捜査に関する知識などを学ぶ。また警官としての基礎的な法律知識についてもここで教育される。
 
 部品: 職務倫理の教育
 警察官は法を守護する者として何ものにもとらわれず、何ものをも恐れず、何ものをも憎まず、良心のみに従い、不偏不党且つ公平中正に警察職務の遂行に当たることを教育される。
 
 部品: 基礎的な実技教育
 体術や救命救急の方法など、座学ではない教育を行う。体力作りのためのランニングや体操なども行われる。
 また帝國には雪国が多いため雪山での登山訓練などが行われることもある。
 
 部品: 捕縛術の訓練
 警察官は犯罪者を殺傷せずに捕縛しなければならない。このための捕縛術の訓練は重要であり、実技訓練の中でもとりわけ重視されている。
 
 部品: 拳銃の取り扱い訓練
 軍隊などで使用されるような重火器を取り扱うことはないが、拳銃などの軽火器については射撃や整備を含めた総合的な取り扱いの訓練を行う。
 
 部品: 宇宙生活と地上生活の違い
 地上に生活環境の大多数を置くテラ領域のアイドレスにあって、宇宙は特異な生活環境である。
 地に足のつかない無重量、外壁一枚隔てた先の過酷な宇宙空間、宇宙施設という人工的な閉鎖環境……
 中でも特に重要なのは、閉鎖環境への適応と無重量状態での過ごし方の二つである。
 
 部品: 健康被害への対策
 宇宙生活での絶対条件として求められるのが、真空からの遮断に加え、有害な宇宙線の遮断といった、健康被害への対策である。
 宇宙は極めて危険な環境であり、そのため施設や艦船での対策、医療面でのケアなど、複数の方面から対策を行う。
 
 部品: 有重力区画について
 宇宙施設や宇宙船では、人工的に重力を発生させている区画もある。
 これは重力制御などという高度な技術ではなく、居住区自体を回転させ、慣性を発生させるなど、比較的宇宙開発では初歩的な技術である。
 ただ、設備的に大掛かりになり、コスト高となるため採用状況はまちまちである。
 
 部品: 有重力区画での生活
 有重力区画では、基本的に地上と同じ生活が出来る。
 多くにとっては上下と重さのある環境の方が過ごしやすいのだが、
 一方で宇宙の生活に慣れた一部には体が重くなるなど、敬遠されることもあった。
 
 部品: 無重量環境とは
 そもそも無重量環境とは、重力を生み出す惑星や恒星から離れることで発生する重さのない状態の事である。
 0Gとか無重力状態とも呼ばれることもあり、地上で無意識に生活の前提となっていた重さや高低差が消失するため、地上とは異なる過ごし方が求められる。
 
 部品: 移動方法
 重さがなく宙に浮いてしまう無重量環境では、歩いたり走るよりも、構造物を蹴って飛ぶ方が効果的な移動手段となる。
 これを踏まえて、宇宙施設などでは、跳躍用の足場があることも多い。
 
 部品: 無重量環境での飲食
 無重量環境での飲食はかなりの程度で地上と同じものが食べられるが、それでもある程度の制限は存在する。
 例えば飛散対策として、ソバやラーメンといった温麺は、スープと麺を絡めた形で食べることになる。
 一方で地上ではできない事として、飲み物をシャボン状に広げて口にするという一種の遊びもある。
 
 部品: 無重量環境での弊害
 無重量状態では少ない筋肉量で生活できてしまうため、何もしなければ筋肉が衰え、地上での生活が困難となる。
 また、宇宙空間では骨素が薄くなるという問題もあり、これらに対して薬剤、トレーニングなどによって対応している。
 
 部品: 宇宙と閉鎖環境
 壁一枚隔てた先は真空の宇宙にあって、住環境は原則、閉鎖環境となる。
 大型の宇宙都市などの施設では閉塞感は比較的薄いが、あくまで比較的であって、どれほど地上に近づけてもその人工性が気になる事はあるという。
 
 部品: 閉鎖環境内での心構え
 宇宙生活者は閉鎖環境での生活となるため、教育として資源は有限であるという考えが身についている。
 そのため、リサイクルの考え方が根強い反面、水や空気を惜しみなく使う贅沢へのあこがれも強い。
 
 部品: 閉塞感軽減の配慮
 宇宙という極限環境に加え、閉鎖環境での圧迫感は無意識にストレスを与えてしまう。
 これを軽減するため、艦船、施設問わず宇宙での空間デザインの基本として、空間を広く取り、色彩や照明を調整するなど、解放感を感じられるようにしている。
 
 部品: 生活の工夫
 宇宙生活者の側でも、閉塞感に押しつぶされないよう生活上で様々な工夫を凝らす事が多い。
 運動会などのイベントは運動不足解消もあって積極的に行われているし、宇宙という独自の環境を生かした特産品づくりなどは、
 むしろ生活の向上と模索の観点から歓迎された。
 
 部品: 東国とは
 東国は帝國版の森国であるが、××××の影響が薄く、魔法も強く持たない。そして、××××の影響なしに一番爆発しやすいツリー体系をしている。
 
 部品: 特徴
 東国人は黒髪で、着物や唐装など東洋風の服装をしており、東洋風の人材である。東国人は信心深く、神々に近しい。
 
 部品: 爆発のデパート
 東国人にタブーは薄く、それゆえヤオトの影響を極短時間で受ける。
 東国には決まった爆発のパターンがなく、爆発のデパートと言われる。
 北国は東国を爆発のデパートと呼んでいる。
 
 部品: 環境
 東国には春、夏、秋、冬の四季がある。火山があり、入り組んだ地形をしている。紙と木でできた家に住んでいる。
 東国人は稲作を行っているが、意外に稲作は得意ではない。
 
 部品: イグドラシル
 東国人は、剣士、理力使い、忍者、サイボーグなど多様な可能性を持っている。当初なんとなくファッションで機械化してたが、維持費(燃料)がかかるので廃れた。東国ではパイロット職は自分で殴った方が早い持って回った存在と思われており、低い扱いを受ける。
 
 部品: 社会
 東国人は母系社会でなく、異母兄弟には相続権がある。東国人は王権と上意下達を重視しており、選挙などはやらない。
 
 部品: 漢字
 東国人は国によって言葉が大きく異なり、帝國共通語でしか意思を疎通できない訳ではなく、漢字で意思疎通ができる。(漢字を使う)
 
 部品: 流用実績(東国人)
 部品: 流用実績(東国人) 
 以下の個人データへの流用申請をいただいています(敬称略) 
 国民番号:PC名
 38-00924-01:八猫 キルケ
 38-00923-01:厚母うぬ
 46-00910-01:羽黒
 38-00921-01:照月 燿
 
 
 
 部品: 概要
 FVBにおける東国人は、和風文化と高低入り混じったテックレベル、四季を持つ国土など、一般的な東国人とそれほど変わりものではない。
 この藩国を明確に他国と分けるものがあるとすれば、それは「宇宙開発」という国是である。
 
 部品: 宇宙開発
 宇宙開発はFVB立国以来の国是である。
 これは、「アプローの涙」と呼ばれるテラ領域への撤退戦において、さくらつかさ藩王の強襲揚陸艦ブラックドッグに集った戦士がFVBの母体となった事に端を発する。
 ニューワールドに降り立った後も、彼らは星の海原を忘れることなく、帰るべき故郷と定めたのだ。
 
 部品: 言語文化
 FVBは東国人の例にもれず、漢字に基づいた言語文化を持っている。
 漢字以外にもかな文字も用いる和風の藩国であり、名前にも漢字を用いるのが一般的である。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "id": 106331,
     "title": "FVBの警官の国民",
     "description": null,
     "part_type": "group",
     "created_at": "2017-09-13 11:46:26.004684",
     "updated_at": "2017-09-13 11:46:26.004684",
     "children": [
       {
         "id": 68455,
         "title": "出来るヤツ",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-24 16:36:32.020899",
         "updated_at": "2017-08-24 16:36:32.020899",
         "children": [
           {
             "id": 68456,
             "title": "ミスが少ない",
             "description": "聞き間違えや記憶違いなどが少なく、一度の処理で完結することが多い。誤字脱字がなく、結果的にやり直しなどで余分な時間を取られない。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-24 16:36:32.025038",
             "updated_at": "2017-08-24 16:36:32.025038",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1967,
               "name": "ガムホリック・草薙"
             },
             "localID": 2
           },
           {
             "id": 68457,
             "title": "きちんとした報告、連絡、相談",
             "description": "関係者への報告、連絡、相談のタイミングや内容が適切であり、適切なアドバイスが受けられる。連携不足に依る重複や眠っていた案件の爆発などがなく、常にスムーズに事が運ぶ。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-24 16:36:32.056081",
             "updated_at": "2017-08-24 16:36:32.056081",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1967,
               "name": "ガムホリック・草薙"
             },
             "localID": 3
           },
           {
             "id": 68458,
             "title": "人脈が広い",
             "description": "その人物の社交性によって様々な人と関係性を持ち、交渉や相談で力を借りることができる。自分には全く未知な分野や苦手なことでも対処できる可能性が広がる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-24 16:36:32.08169",
             "updated_at": "2017-08-24 16:36:32.08169",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1967,
               "name": "ガムホリック・草薙"
             },
             "localID": 4
           },
           {
             "id": 68459,
             "title": "頭の回転が早い",
             "description": "とっさの機転で状況を切り抜けることが出来る頭脳を持つ。喋ることが得意で当意即妙な受け答えができるため、会話における様々な場面で事が有利に運ぶ。他にも瞬時に状況を把握して適切な対応を取ることが出来る。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-24 16:36:32.109531",
             "updated_at": "2017-08-24 16:36:32.109531",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1967,
               "name": "ガムホリック・草薙"
             },
             "localID": 5
           },
           {
             "id": 68460,
             "title": "処理能力が高い",
             "description": "大量の課題や難しい案件を抱えてもパンクせずにこなす能力がある。並行して作業をすすめるもの、一つ一つの処理速度が抜群に早いもの、裏技を駆使するものなどタイプはそれぞれだが、総じて作業や仕事の効率が平均より高い。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-24 16:36:32.148163",
             "updated_at": "2017-08-24 16:36:32.148163",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1967,
               "name": "ガムホリック・草薙"
             },
             "localID": 6
           },
           {
             "id": 68461,
             "title": "手際の良さ",
             "description": "シンプルにそつなくこなす手腕。優先順位を付けて段取りよくことを運び、物事をよどみ無くスムーズに処理していくことができる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-24 16:36:32.177277",
             "updated_at": "2017-08-24 16:36:32.177277",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1967,
               "name": "ガムホリック・草薙"
             },
             "localID": 7
           },
           {
             "id": 68462,
             "title": "出来るヤツの理由",
             "description": "優秀な上司や、出来る先輩の背中を見て彼らのようになろうと、そのやり方を学んで自らに取り入れ続けた結果である。勤務経験も相応に有り、力を入れるところと抜くべきところの見極めが出来ているのも大きい。遊んでいるように見えて影で努力しているのであった。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-24 16:36:32.203676",
             "updated_at": "2017-08-24 16:36:32.203676",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1967,
               "name": "ガムホリック・草薙"
             },
             "localID": 8
           }
         ],
         "position": null,
         "character": {
           "id": 1967,
           "name": "ガムホリック・草薙"
         },
         "expanded": true,
         "localID": 1
       },
       {
         "id": 72812,
         "title": "警官(帝國共通)",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-25 12:41:01.488738",
         "updated_at": "2017-08-25 12:41:01.488738",
         "children": [
           {
             "id": 72813,
             "title": "日常業務",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-08-25 12:41:01.516577",
             "updated_at": "2017-08-25 12:41:01.516577",
             "children": [
               {
                 "id": 72814,
                 "title": "日常訓練",
                 "description": "警察官はどのような時でも同じように犯罪者を怪我をさせずに取り押さえることができるよう普段から訓練を怠らない。体術や逮捕術などは日常的に訓練を行う。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-25 12:41:01.521858",
                 "updated_at": "2017-08-25 12:41:01.521858",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 577,
                   "name": "鈴藤 瑞樹"
                 },
                 "localID": 11
               },
               {
                 "id": 72815,
                 "title": "パトロール",
                 "description": "管理している地域を定期的に巡回し、不審者がいる場合は職務質問を行うために声をかけることもある。事故の早期発見や防犯のため、とても大切な行為。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-25 12:41:01.585813",
                 "updated_at": "2017-08-25 12:41:01.585813",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 577,
                   "name": "鈴藤 瑞樹"
                 },
                 "localID": 12
               },
               {
                 "id": 72816,
                 "title": "通報対応",
                 "description": "電話などで事件や事故の通報があった場合はこれに対応し、内容を聞き取り場合によっては派出所から人員を派遣する。特別な事情がない限りは2名以上での行動を原則とする。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-25 12:41:01.644429",
                 "updated_at": "2017-08-25 12:41:01.644429",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 577,
                   "name": "鈴藤 瑞樹"
                 },
                 "localID": 13
               },
               {
                 "id": 72817,
                 "title": "報告書作成",
                 "description": "事故や事件などの通報対応をした後には報告書を作成すること。この報告書は公的な記録として裁判などに使用されることもあるため、嘘偽りなく正確に記述すること。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-25 12:41:01.697229",
                 "updated_at": "2017-08-25 12:41:01.697229",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 577,
                   "name": "鈴藤 瑞樹"
                 },
                 "localID": 14
               },
               {
                 "id": 72818,
                 "title": "遺失物の管理について",
                 "description": "落とし物、忘れ物などが届けられた際はこれを保管し、落とし主が現れるのを待つ。落とし主から問い合わせがあった場合は間違いがないようよく確認を行いこれを返却する。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-25 12:41:01.756412",
                 "updated_at": "2017-08-25 12:41:01.756412",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 577,
                   "name": "鈴藤 瑞樹"
                 },
                 "localID": 15
               }
             ],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 577,
               "name": "鈴藤 瑞樹"
             },
             "expanded": true,
             "localID": 10
           },
           {
             "id": 72819,
             "title": "警察学校3年間",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-08-25 12:41:01.908543",
             "updated_at": "2017-08-25 12:41:01.908543",
             "children": [
               {
                 "id": 72820,
                 "title": "筆記試験",
                 "description": "入学の際には試験を受け、これに合格しなければならない。警察官として必要な知能及び知識について択一式による筆記試験を行う。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-25 12:41:01.913659",
                 "updated_at": "2017-08-25 12:41:01.913659",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 577,
                   "name": "鈴藤 瑞樹"
                 },
                 "localID": 17
               },
               {
                 "id": 72821,
                 "title": "適正検査",
                 "description": "筆記試験に合格した後には口述試験、体力試験、身体検査などを行い、警察官としての適正があるかチェックを行う。また健康診断も合わせて行いなんらかの疾患がないか調べる。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-25 12:41:01.984704",
                 "updated_at": "2017-08-25 12:41:01.984704",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 577,
                   "name": "鈴藤 瑞樹"
                 },
                 "localID": 18
               },
               {
                 "id": 72822,
                 "title": "給与について",
                 "description": "警察学校に在学中は最低限度の給料支払いが行われる。このことから貧困層の出身であってもある程度の能力を有する場合は入学を希望する者も多い。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-25 12:41:02.06651",
                 "updated_at": "2017-08-25 12:41:02.06651",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 577,
                   "name": "鈴藤 瑞樹"
                 },
                 "localID": 19
               },
               {
                 "id": 72823,
                 "title": "全寮制度",
                 "description": "入学者はみな寮での生活を義務つけられ、通学による登校は基本的に認められていない。寮生活ができないなんらかの理由がある場合は事前に申し出ること。起床時間や食事の時間は決められており、集団生活を学ぶことにつながる。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-25 12:41:02.139669",
                 "updated_at": "2017-08-25 12:41:02.139669",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 577,
                   "name": "鈴藤 瑞樹"
                 },
                 "localID": 20
               },
               {
                 "id": 72824,
                 "title": "警察署研修1年間",
                 "description": "学校に通う傍ら、各地の警察署での研修も行われる。研修者には拳銃などの危険な装備は配布されない(警棒などは配布される)職務内容は現職の警察官と同様であり、また一人での行動をとる場面がないよう指導係がつく。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-25 12:41:02.360899",
                 "updated_at": "2017-08-25 12:41:02.360899",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 577,
                   "name": "鈴藤 瑞樹"
                 },
                 "localID": 21
               },
               {
                 "id": 72825,
                 "title": "統合学習1年間",
                 "description": "警察署での研修の後、学校へ戻ってからはさらに実践的内容を教え込まれることになる。講義、実習、術科の教養訓練を受けて毎日警察官としての基礎を学ぶ。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-25 12:41:02.51518",
                 "updated_at": "2017-08-25 12:41:02.51518",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 577,
                   "name": "鈴藤 瑞樹"
                 },
                 "localID": 22
               },
               {
                 "id": 72826,
                 "title": "資格試験",
                 "description": "警察官になれるかどうか、その分水嶺がこの資格試験である。座学と実技の試験に別れており、学校で学んだすべてを発揮できるよう全力で試験に挑む。この試験で合格することで正式に警察官となることができる。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-25 12:41:02.597583",
                 "updated_at": "2017-08-25 12:41:02.597583",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 577,
                   "name": "鈴藤 瑞樹"
                 },
                 "localID": 23
               },
               {
                 "id": 72827,
                 "title": "初任科学習1年",
                 "description": null,
                 "part_type": "group",
                 "created_at": "2017-08-25 12:41:02.684686",
                 "updated_at": "2017-08-25 12:41:02.684686",
                 "children": [
                   {
                     "id": 72828,
                     "title": "座学による基礎的学習",
                     "description": "国語、数学、社会、化学など基礎的な教科をはじめとして、警察の実務に関係する交通安全や捜査に関する知識などを学ぶ。また警官としての基礎的な法律知識についてもここで教育される。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-25 12:41:02.695184",
                     "updated_at": "2017-08-25 12:41:02.695184",
                     "children": [],
                     "position": null,
                     "character": {
                       "id": 577,
                       "name": "鈴藤 瑞樹"
                     },
                     "localID": 25
                   },
                   {
                     "id": 72829,
                     "title": "職務倫理の教育",
                     "description": "警察官は法を守護する者として何ものにもとらわれず、何ものをも恐れず、何ものをも憎まず、良心のみに従い、不偏不党且つ公平中正に警察職務の遂行に当たることを教育される。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-25 12:41:02.762784",
                     "updated_at": "2017-08-25 12:41:02.762784",
                     "children": [],
                     "position": null,
                     "character": {
                       "id": 577,
                       "name": "鈴藤 瑞樹"
                     },
                     "localID": 26
                   },
                   {
                     "id": 72830,
                     "title": "基礎的な実技教育",
                     "description": "体術や救命救急の方法など、座学ではない教育を行う。体力作りのためのランニングや体操なども行われる。\nまた帝國には雪国が多いため雪山での登山訓練などが行われることもある。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-25 12:41:02.84341",
                     "updated_at": "2017-08-25 12:41:02.84341",
                     "children": [],
                     "position": null,
                     "character": {
                       "id": 577,
                       "name": "鈴藤 瑞樹"
                     },
                     "localID": 27
                   },
                   {
                     "id": 72831,
                     "title": "捕縛術の訓練",
                     "description": "警察官は犯罪者を殺傷せずに捕縛しなければならない。このための捕縛術の訓練は重要であり、実技訓練の中でもとりわけ重視されている。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-25 12:41:02.988494",
                     "updated_at": "2017-08-25 12:41:02.988494",
                     "children": [],
                     "position": null,
                     "character": {
                       "id": 577,
                       "name": "鈴藤 瑞樹"
                     },
                     "localID": 28
                   },
                   {
                     "id": 72832,
                     "title": "拳銃の取り扱い訓練",
                     "description": "軍隊などで使用されるような重火器を取り扱うことはないが、拳銃などの軽火器については射撃や整備を含めた総合的な取り扱いの訓練を行う。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-25 12:41:03.076423",
                     "updated_at": "2017-08-25 12:41:03.076423",
                     "children": [],
                     "position": null,
                     "character": {
                       "id": 577,
                       "name": "鈴藤 瑞樹"
                     },
                     "localID": 29
                   }
                 ],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 577,
                   "name": "鈴藤 瑞樹"
                 },
                 "expanded": true,
                 "localID": 24
               }
             ],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 577,
               "name": "鈴藤 瑞樹"
             },
             "expanded": true,
             "localID": 16
           }
         ],
         "position": null,
         "character": {
           "id": 577,
           "name": "鈴藤 瑞樹"
         },
         "expanded": true,
         "localID": 9
       },
       {
         "id": 87070,
         "title": "宇宙生活能力",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-09-04 09:38:16.902827",
         "updated_at": "2017-09-04 09:38:16.902827",
         "children": [
           {
             "id": 87071,
             "title": "宇宙生活能力とは",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-09-04 09:38:18.737966",
             "updated_at": "2017-09-04 09:38:18.737966",
             "children": [
               {
                 "id": 87072,
                 "title": "宇宙生活と地上生活の違い",
                 "description": "地上に生活環境の大多数を置くテラ領域のアイドレスにあって、宇宙は特異な生活環境である。\n地に足のつかない無重量、外壁一枚隔てた先の過酷な宇宙空間、宇宙施設という人工的な閉鎖環境……\n中でも特に重要なのは、閉鎖環境への適応と無重量状態での過ごし方の二つである。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-04 09:38:18.75274",
                 "updated_at": "2017-09-04 09:38:18.75274",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 291,
                   "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
                 },
                 "localID": 32
               },
               {
                 "id": 87073,
                 "title": "健康被害への対策",
                 "description": "宇宙生活での絶対条件として求められるのが、真空からの遮断に加え、有害な宇宙線の遮断といった、健康被害への対策である。\n宇宙は極めて危険な環境であり、そのため施設や艦船での対策、医療面でのケアなど、複数の方面から対策を行う。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-04 09:38:18.821002",
                 "updated_at": "2017-09-04 09:38:18.821002",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 291,
                   "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
                 },
                 "localID": 33
               }
             ],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 291,
               "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
             },
             "expanded": true,
             "localID": 31
           },
           {
             "id": 87074,
             "title": "有重力環境での過ごし方",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-09-04 09:38:18.902153",
             "updated_at": "2017-09-04 09:38:18.902153",
             "children": [
               {
                 "id": 87075,
                 "title": "有重力区画について",
                 "description": "宇宙施設や宇宙船では、人工的に重力を発生させている区画もある。\nこれは重力制御などという高度な技術ではなく、居住区自体を回転させ、慣性を発生させるなど、比較的宇宙開発では初歩的な技術である。\nただ、設備的に大掛かりになり、コスト高となるため採用状況はまちまちである。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-04 09:38:18.905042",
                 "updated_at": "2017-09-04 09:38:18.905042",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 291,
                   "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
                 },
                 "localID": 35
               },
               {
                 "id": 87076,
                 "title": "有重力区画での生活",
                 "description": "有重力区画では、基本的に地上と同じ生活が出来る。\n多くにとっては上下と重さのある環境の方が過ごしやすいのだが、\n一方で宇宙の生活に慣れた一部には体が重くなるなど、敬遠されることもあった。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-04 09:38:18.952092",
                 "updated_at": "2017-09-04 09:38:18.952092",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 291,
                   "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
                 },
                 "localID": 36
               }
             ],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 291,
               "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
             },
             "expanded": true,
             "localID": 34
           },
           {
             "id": 87077,
             "title": "無重量環境での過ごし方",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-09-04 09:38:19.086666",
             "updated_at": "2017-09-04 09:38:19.086666",
             "children": [
               {
                 "id": 87078,
                 "title": "無重量環境とは",
                 "description": "そもそも無重量環境とは、重力を生み出す惑星や恒星から離れることで発生する重さのない状態の事である。\n0Gとか無重力状態とも呼ばれることもあり、地上で無意識に生活の前提となっていた重さや高低差が消失するため、地上とは異なる過ごし方が求められる。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-04 09:38:19.093695",
                 "updated_at": "2017-09-04 09:38:19.093695",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 291,
                   "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
                 },
                 "localID": 38
               },
               {
                 "id": 87079,
                 "title": "移動方法",
                 "description": "重さがなく宙に浮いてしまう無重量環境では、歩いたり走るよりも、構造物を蹴って飛ぶ方が効果的な移動手段となる。\nこれを踏まえて、宇宙施設などでは、跳躍用の足場があることも多い。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-04 09:38:19.149738",
                 "updated_at": "2017-09-04 09:38:19.149738",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 291,
                   "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
                 },
                 "localID": 39
               },
               {
                 "id": 87080,
                 "title": "無重量環境での飲食",
                 "description": "無重量環境での飲食はかなりの程度で地上と同じものが食べられるが、それでもある程度の制限は存在する。\n例えば飛散対策として、ソバやラーメンといった温麺は、スープと麺を絡めた形で食べることになる。\n一方で地上ではできない事として、飲み物をシャボン状に広げて口にするという一種の遊びもある。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-04 09:38:19.195576",
                 "updated_at": "2017-09-04 09:38:19.195576",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 291,
                   "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
                 },
                 "localID": 40
               },
               {
                 "id": 87081,
                 "title": "無重量環境での弊害",
                 "description": "無重量状態では少ない筋肉量で生活できてしまうため、何もしなければ筋肉が衰え、地上での生活が困難となる。\nまた、宇宙空間では骨素が薄くなるという問題もあり、これらに対して薬剤、トレーニングなどによって対応している。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-04 09:38:19.251164",
                 "updated_at": "2017-09-04 09:38:19.251164",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 291,
                   "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
                 },
                 "localID": 41
               }
             ],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 291,
               "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
             },
             "expanded": true,
             "localID": 37
           },
           {
             "id": 87082,
             "title": "閉鎖環境への適応",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-09-04 09:38:19.390917",
             "updated_at": "2017-09-04 09:38:19.390917",
             "children": [
               {
                 "id": 87083,
                 "title": "宇宙と閉鎖環境",
                 "description": "壁一枚隔てた先は真空の宇宙にあって、住環境は原則、閉鎖環境となる。\n大型の宇宙都市などの施設では閉塞感は比較的薄いが、あくまで比較的であって、どれほど地上に近づけてもその人工性が気になる事はあるという。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-04 09:38:19.397482",
                 "updated_at": "2017-09-04 09:38:19.397482",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 291,
                   "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
                 },
                 "localID": 43
               },
               {
                 "id": 87084,
                 "title": "閉鎖環境内での心構え",
                 "description": "宇宙生活者は閉鎖環境での生活となるため、教育として資源は有限であるという考えが身についている。\nそのため、リサイクルの考え方が根強い反面、水や空気を惜しみなく使う贅沢へのあこがれも強い。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-04 09:38:19.445851",
                 "updated_at": "2017-09-04 09:38:19.445851",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 291,
                   "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
                 },
                 "localID": 44
               },
               {
                 "id": 87085,
                 "title": "閉塞感軽減の配慮",
                 "description": "宇宙という極限環境に加え、閉鎖環境での圧迫感は無意識にストレスを与えてしまう。\nこれを軽減するため、艦船、施設問わず宇宙での空間デザインの基本として、空間を広く取り、色彩や照明を調整するなど、解放感を感じられるようにしている。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-04 09:38:19.500163",
                 "updated_at": "2017-09-04 09:38:19.500163",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 291,
                   "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
                 },
                 "localID": 45
               },
               {
                 "id": 87086,
                 "title": "生活の工夫",
                 "description": "宇宙生活者の側でも、閉塞感に押しつぶされないよう生活上で様々な工夫を凝らす事が多い。\n運動会などのイベントは運動不足解消もあって積極的に行われているし、宇宙という独自の環境を生かした特産品づくりなどは、\nむしろ生活の向上と模索の観点から歓迎された。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-04 09:38:19.552984",
                 "updated_at": "2017-09-04 09:38:19.552984",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 291,
                   "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
                 },
                 "localID": 46
               }
             ],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 291,
               "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
             },
             "expanded": true,
             "localID": 42
           }
         ],
         "position": null,
         "character": {
           "id": 291,
           "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
         },
         "expanded": true,
         "localID": 30
       },
       {
         "id": 102965,
         "title": "東国人(FVB)",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-09-08 11:59:46.184219",
         "updated_at": "2017-09-08 11:59:46.184219",
         "children": [
           {
             "id": 2005,
             "title": "東国人",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-08-20 03:57:23.585122",
             "updated_at": "2017-08-20 03:57:23.585122",
             "children": [
               {
                 "id": 2006,
                 "title": "東国とは",
                 "description": "東国は帝國版の森国であるが、××××の影響が薄く、魔法も強く持たない。そして、××××の影響なしに一番爆発しやすいツリー体系をしている。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-20 03:57:23.614897",
                 "updated_at": "2017-08-20 03:57:23.614897",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 162,
                   "name": "みぽりん"
                 },
                 "localID": 49
               },
               {
                 "id": 2007,
                 "title": "特徴",
                 "description": "東国人は黒髪で、着物や唐装など東洋風の服装をしており、東洋風の人材である。東国人は信心深く、神々に近しい。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-20 03:57:23.650834",
                 "updated_at": "2017-08-20 03:57:23.650834",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 162,
                   "name": "みぽりん"
                 },
                 "localID": 50
               },
               {
                 "id": 2008,
                 "title": "爆発のデパート",
                 "description": "東国人にタブーは薄く、それゆえヤオトの影響を極短時間で受ける。\n東国には決まった爆発のパターンがなく、爆発のデパートと言われる。\n北国は東国を爆発のデパートと呼んでいる。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-20 03:57:23.674347",
                 "updated_at": "2017-08-20 03:57:23.674347",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 162,
                   "name": "みぽりん"
                 },
                 "localID": 51
               },
               {
                 "id": 2009,
                 "title": "環境",
                 "description": "東国には春、夏、秋、冬の四季がある。火山があり、入り組んだ地形をしている。紙と木でできた家に住んでいる。\n東国人は稲作を行っているが、意外に稲作は得意ではない。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-20 03:57:23.69761",
                 "updated_at": "2017-08-20 03:57:23.69761",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 162,
                   "name": "みぽりん"
                 },
                 "localID": 52
               },
               {
                 "id": 2010,
                 "title": "イグドラシル",
                 "description": "東国人は、剣士、理力使い、忍者、サイボーグなど多様な可能性を持っている。当初なんとなくファッションで機械化してたが、維持費(燃料)がかかるので廃れた。東国ではパイロット職は自分で殴った方が早い持って回った存在と思われており、低い扱いを受ける。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-20 03:57:23.711149",
                 "updated_at": "2017-08-20 03:57:23.711149",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 162,
                   "name": "みぽりん"
                 },
                 "localID": 53
               },
               {
                 "id": 2011,
                 "title": "社会",
                 "description": "東国人は母系社会でなく、異母兄弟には相続権がある。東国人は王権と上意下達を重視しており、選挙などはやらない。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-20 03:57:23.729767",
                 "updated_at": "2017-08-20 03:57:23.729767",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 162,
                   "name": "みぽりん"
                 },
                 "localID": 54
               },
               {
                 "id": 2012,
                 "title": "漢字",
                 "description": "東国人は国によって言葉が大きく異なり、帝國共通語でしか意思を疎通できない訳ではなく、漢字で意思疎通ができる。(漢字を使う)",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-20 03:57:23.747484",
                 "updated_at": "2017-08-20 03:57:23.747484",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 162,
                   "name": "みぽりん"
                 },
                 "localID": 55
               },
               {
                 "id": 77609,
                 "title": "東国人の流用実績",
                 "description": null,
                 "part_type": "group",
                 "created_at": "2017-08-26 14:09:28.083266",
                 "updated_at": "2017-08-26 14:09:28.083266",
                 "children": [
                   {
                     "id": 77610,
                     "title": "流用実績(東国人)",
                     "description": "部品: 流用実績(東国人) \n以下の個人データへの流用申請をいただいています(敬称略) \n国民番号:PC名\n38-00924-01:八猫 キルケ\n38-00923-01:厚母うぬ\n46-00910-01:羽黒\n38-00921-01:照月 燿\n\n",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-26 14:09:28.093056",
                     "updated_at": "2017-08-27 04:32:28.133502",
                     "children": [],
                     "position": null,
                     "character": {
                       "id": 162,
                       "name": "みぽりん"
                     },
                     "localID": 57
                   }
                 ],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 162,
                   "name": "みぽりん"
                 },
                 "expanded": true,
                 "localID": 56
               }
             ],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 162,
               "name": "みぽりん"
             },
             "expanded": true,
             "localID": 48
           },
           {
             "id": 102964,
             "title": "FVB東国人の特徴",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-09-08 11:59:45.850373",
             "updated_at": "2017-09-08 11:59:45.850373",
             "children": [
               {
                 "id": 102961,
                 "title": "概要",
                 "description": "FVBにおける東国人は、和風文化と高低入り混じったテックレベル、四季を持つ国土など、一般的な東国人とそれほど変わりものではない。\nこの藩国を明確に他国と分けるものがあるとすれば、それは「宇宙開発」という国是である。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-08 11:59:45.761597",
                 "updated_at": "2017-09-08 11:59:45.761597",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 291,
                   "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
                 },
                 "localID": 59
               },
               {
                 "id": 102962,
                 "title": "宇宙開発",
                 "description": "宇宙開発はFVB立国以来の国是である。\nこれは、「アプローの涙」と呼ばれるテラ領域への撤退戦において、さくらつかさ藩王の強襲揚陸艦ブラックドッグに集った戦士がFVBの母体となった事に端を発する。\nニューワールドに降り立った後も、彼らは星の海原を忘れることなく、帰るべき故郷と定めたのだ。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-08 11:59:45.787534",
                 "updated_at": "2017-09-08 11:59:45.787534",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 291,
                   "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
                 },
                 "localID": 60
               },
               {
                 "id": 102963,
                 "title": "言語文化",
                 "description": "FVBは東国人の例にもれず、漢字に基づいた言語文化を持っている。\n漢字以外にもかな文字も用いる和風の藩国であり、名前にも漢字を用いるのが一般的である。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-08 11:59:45.80511",
                 "updated_at": "2017-09-08 11:59:45.80511",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 291,
                   "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
                 },
                 "localID": 61
               }
             ],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 291,
               "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
             },
             "expanded": true,
             "localID": 58
           }
         ],
         "position": null,
         "character": {
           "id": 291,
           "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
         },
         "expanded": true,
         "localID": 47
       }
     ],
     "position": null,
     "character": {
       "id": 686,
       "name": "オカミチ"
     },
     "expanded": true,
     "localID": 0
   }
 ]
最終更新:2017年09月18日 17:21