※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: FVBの医師の国民 RD:40 評価値:9
    • 大部品: 医師(現代版)(職業) RD:17 評価値:6
      • 大部品: 現代医の能力と技能 RD:10 評価値:5
        • 部品: 人体への理解
        • 部品: 基礎医学の心得
        • 部品: 地域医療の実地実習経験
        • 部品: 清潔操作と基本的医療手技修得
        • 部品: 一次救命処置能力
        • 部品: 患者とのコミュニケーション能力
        • 部品: 臨床実習で得た臨床医としての能力
        • 部品: 共通試験・国家試験を合格する能力
        • 部品: 臨床研修で得た経験
        • 部品: 6年間の医学生生活
      • 大部品: 医師の心得 RD:6 評価値:4
        • 部品: 医療関連ルールを遵守する
        • 部品: 生涯を人道に捧げる誓い
        • 部品: 患者へ尽力する誓い
        • 部品: 公平で公正な治療行う誓い
        • 部品: 人命尊重の誓い
        • 部品: 医師という職業への誓い
      • 部品: 医師の流用実績
    • 大部品: 宇宙生活能力 RD:12 評価値:6
      • 大部品: 宇宙生活能力とは RD:2 評価値:1
        • 部品: 宇宙生活と地上生活の違い
        • 部品: 健康被害への対策
      • 大部品: 有重力環境での過ごし方 RD:2 評価値:1
        • 部品: 有重力区画について
        • 部品: 有重力区画での生活
      • 大部品: 無重量環境での過ごし方 RD:4 評価値:3
        • 部品: 無重量環境とは
        • 部品: 移動方法
        • 部品: 無重量環境での飲食
        • 部品: 無重量環境での弊害
      • 大部品: 閉鎖環境への適応 RD:4 評価値:3
        • 部品: 宇宙と閉鎖環境
        • 部品: 閉鎖環境内での心構え
        • 部品: 閉塞感軽減の配慮
        • 部品: 生活の工夫
    • 大部品: 東国人(FVB) RD:11 評価値:5
      • 大部品: 東国人 RD:8 評価値:5
        • 部品: 東国とは
        • 部品: 特徴
        • 部品: 爆発のデパート
        • 部品: 環境
        • 部品: イグドラシル
        • 部品: 社会
        • 部品: 漢字
        • 大部品: 東国人の流用実績 RD:1 評価値:0
          • 部品: 流用実績(東国人)
      • 大部品: FVB東国人の特徴 RD:3 評価値:2
        • 部品: 概要
        • 部品: 宇宙開発
        • 部品: 言語文化



部品定義


部品: 人体への理解

医師として病気や痛みを理解するには、まずからだの正常な状態を知らなければならない。正確な人体の組織と生理への理解は医師として人を助ける原動力となる。

部品: 基礎医学の心得

人体への理解を基本として、微生物学、生化学、病理学、薬理学を医師は学んでいる。これらの学問を一定レベルで修めていることは、病気の診断と治療を行う上での重要な基本となる。


部品: 地域医療の実地実習経験

医師は医学生である間に、患者さんがまずかかる一般医や家庭医での現場を知るため、地域での医療実習を行っている。医療現場での活きた経験を感じ、患者さんとのコミュニケーションの基礎を学んでいることは医師としての必要な能力の一つである。

部品: 清潔操作と基本的医療手技修得

医師として医療に関わるため、臨床で実習を行う前に最低限修得しておくべきなのが清潔操作である。
清潔域と不潔域の理解と、実践を行うこと、習慣をつけることは予想外に難しい事であるが医師として必要不可欠な要素である。

部品: 一次救命処置能力

医師には、緊急時に危篤の患者に出会った際には救命の機会を維持し続ける能力が求められる。
この基礎的な救命処置はABCと省略される生命維持に必要な処置と、AED(自動体外式除細動器)が周辺にあった場合に使用できる能力を指す。
救命処置のABCはA=Airway、つまり気道の確保。B=Breathing。つまり呼吸のことであり、自発呼吸がない場合は人工呼吸が必要となる。
C=Circulation。循環であり、一般で言う心臓マッサージで血液の循環を確保することである。近年では動作に対する誤解をなくすため、胸骨圧迫と定義されている場合もある。

部品: 患者とのコミュニケーション能力

医師とは人を相手にする職業である以上、職務上必要な情報を取得するためには患者との信頼関係の構築が不可欠である。
このため最低限の礼儀作法に加え、平時、緊急時双方で効率よく必要な医療情報を取得できるような質問法、話術を修得している必要がある。

部品: 臨床実習で得た臨床医としての能力

医師は知識の積み重ねだけではなく、実際に現場で患者さんを相手にすることでしか得られない臨床医としての能力が絶対に必要である。
患者と指導医の協力によって獲得できる、内科系、外科系、病理系、社会医学系など臨床医学の全ての分野に関して通常一年を通して修得される。
いわゆる臨床実習で得られる知識、見識、経験は医師として最低限必要な能力の一つである。

部品: 共通試験・国家試験を合格する能力

一般的にどの国でも国家によって医師として必要最低限の知識と技術、倫理を持ち合わせているかの試験が行われている。
これに合格することは、医師として最低限の能力を修めていることの社会的指標となり、これにより発光される医師免許を持たなければ、医師として人と関わることは許されない。

部品: 臨床研修で得た経験

一般に医師免許を取得した後は指導医の元、単独で医師として医療行為を行うに足る能力があると認められるまで、臨床研修を行う必要がある。
臨床研修で涵養しなければならない能力は国が定めており、これを修めることで初めて医師の最低限度が満たされる。

部品: 6年間の医学生生活

医師になるためには、防衛以下大学医学部を持つ大学に入学し、6年間医師として必要な知識、技術、倫理観の涵養を行う必要がある。
これは国家試験の受験資格として必要な条件の一つとして、定められた大学で医学の正規の過程を修めて卒業した者として定められているためであり、
同時、一人の人間が医師として成り立つまでに必要な期間なのである。
なお、例外として他国ですでに大学を卒業し、医師免許を取得している場合は、当時国で医師として必要な知識と技能を修めていると認定された場合は国家試験の受験資格を与えられる。

部品: 医療関連ルールを遵守する

医師として定められた法を守ることは医師の倫理の最低限度である。ルールで定められたことを守ることは、医師として活動するために最低限必要な要素の一つである。

部品: 生涯を人道に捧げる誓い

医師として活動することは人を助けるため、人体に手を加えることである。治療は人に危害を与えかねないことを忘れず、人への貢献に人生を費やすことを誓わなければならない。医療の怖さを知ることが医師の第一歩である。

部品: 患者へ尽力する誓い

医師は患者の健康を一番の関心事として考え、診療で信頼され、打ち明けられた、明らかになった患者の秘密を尊重する。これを遵守することが医師という職業への信頼につながる。

部品: 公平で公正な治療行う誓い

医師は年齢、疾患や障害、信条、民族的起源、性別、国籍、所属政治団体、人種、性的指向、社会的地位、その他いかなる他の要因の斟酌であっても、医師の職務と患者との間に干渉を許してはならない。患者自身、と医師という職業に常に真摯に向き合うことは医師を医師たらしめる重要なファクターである。

部品: 人命尊重の誓い

医者は人命を最大限尊重し続けるべきである。たとえ脅迫の下であっても、人権や市民の自由を侵害するために自分の医学的知識を使用しないと誓う。これは医者としての誇りとなり、医師の精神を支える力となる。


部品: 医師という職業への誓い

医師としての心得を守り続けた恩師たちへ、尊敬と感謝を忘れず、先人が守り続けてきた医者という職業の社会的立場と名誉、伝統を堅持しつづけようと誓う。これは自身の能力への驕りを戒め、先人や同僚医師から学び続け、信頼を維持しようと努力する力となる。

部品: 医師の流用実績

以下の藩国様、PCに流用していただきました。根拠:http://nekowasa.at.webry.info/201708/article_22.html

(申請順)(敬称略)
涼原秋春@akiharu国:医者(akiharu国版)
不変空沙子@FVB:不変空沙子
竜宮・司@詩歌藩国:竜宮・司・ヒメリアス・ドラグゥーン
セントラル越前:設問205に提出:https://www65.atwiki.jp/wanwanempire/pages/172.html
マリモ@玄霧藩国:独自職業、玄霧藩国の医師に流用
結城由羅@世界忍者国:独自職業、マルチフィクサーに流用
たらすじ@後ほねっこ男爵領:たらすじ




部品: 宇宙生活と地上生活の違い

地上に生活環境の大多数を置くテラ領域のアイドレスにあって、宇宙は特異な生活環境である。
地に足のつかない無重量、外壁一枚隔てた先の過酷な宇宙空間、宇宙施設という人工的な閉鎖環境……
中でも特に重要なのは、閉鎖環境への適応と無重量状態での過ごし方の二つである。

部品: 健康被害への対策

宇宙生活での絶対条件として求められるのが、真空からの遮断に加え、有害な宇宙線の遮断といった、健康被害への対策である。
宇宙は極めて危険な環境であり、そのため施設や艦船での対策、医療面でのケアなど、複数の方面から対策を行う。

部品: 有重力区画について

宇宙施設や宇宙船では、人工的に重力を発生させている区画もある。
これは重力制御などという高度な技術ではなく、居住区自体を回転させ、慣性を発生させるなど、比較的宇宙開発では初歩的な技術である。
ただ、設備的に大掛かりになり、コスト高となるため採用状況はまちまちである。

部品: 有重力区画での生活

有重力区画では、基本的に地上と同じ生活が出来る。
多くにとっては上下と重さのある環境の方が過ごしやすいのだが、
一方で宇宙の生活に慣れた一部には体が重くなるなど、敬遠されることもあった。

部品: 無重量環境とは

そもそも無重量環境とは、重力を生み出す惑星や恒星から離れることで発生する重さのない状態の事である。
0Gとか無重力状態とも呼ばれることもあり、地上で無意識に生活の前提となっていた重さや高低差が消失するため、地上とは異なる過ごし方が求められる。

部品: 移動方法

重さがなく宙に浮いてしまう無重量環境では、歩いたり走るよりも、構造物を蹴って飛ぶ方が効果的な移動手段となる。
これを踏まえて、宇宙施設などでは、跳躍用の足場があることも多い。

部品: 無重量環境での飲食

無重量環境での飲食はかなりの程度で地上と同じものが食べられるが、それでもある程度の制限は存在する。
例えば飛散対策として、ソバやラーメンといった温麺は、スープと麺を絡めた形で食べることになる。
一方で地上ではできない事として、飲み物をシャボン状に広げて口にするという一種の遊びもある。

部品: 無重量環境での弊害

無重量状態では少ない筋肉量で生活できてしまうため、何もしなければ筋肉が衰え、地上での生活が困難となる。
また、宇宙空間では骨素が薄くなるという問題もあり、これらに対して薬剤、トレーニングなどによって対応している。

部品: 宇宙と閉鎖環境

壁一枚隔てた先は真空の宇宙にあって、住環境は原則、閉鎖環境となる。
大型の宇宙都市などの施設では閉塞感は比較的薄いが、あくまで比較的であって、どれほど地上に近づけてもその人工性が気になる事はあるという。

部品: 閉鎖環境内での心構え

宇宙生活者は閉鎖環境での生活となるため、教育として資源は有限であるという考えが身についている。
そのため、リサイクルの考え方が根強い反面、水や空気を惜しみなく使う贅沢へのあこがれも強い。

部品: 閉塞感軽減の配慮

宇宙という極限環境に加え、閉鎖環境での圧迫感は無意識にストレスを与えてしまう。
これを軽減するため、艦船、施設問わず宇宙での空間デザインの基本として、空間を広く取り、色彩や照明を調整するなど、解放感を感じられるようにしている。

部品: 生活の工夫

宇宙生活者の側でも、閉塞感に押しつぶされないよう生活上で様々な工夫を凝らす事が多い。
運動会などのイベントは運動不足解消もあって積極的に行われているし、宇宙という独自の環境を生かした特産品づくりなどは、
むしろ生活の向上と模索の観点から歓迎された。

部品: 東国とは

東国は帝國版の森国であるが、××××の影響が薄く、魔法も強く持たない。そして、××××の影響なしに一番爆発しやすいツリー体系をしている。

部品: 特徴

東国人は黒髪で、着物や唐装など東洋風の服装をしており、東洋風の人材である。東国人は信心深く、神々に近しい。

部品: 爆発のデパート

東国人にタブーは薄く、それゆえヤオトの影響を極短時間で受ける。
東国には決まった爆発のパターンがなく、爆発のデパートと言われる。
北国は東国を爆発のデパートと呼んでいる。

部品: 環境

東国には春、夏、秋、冬の四季がある。火山があり、入り組んだ地形をしている。紙と木でできた家に住んでいる。
東国人は稲作を行っているが、意外に稲作は得意ではない。

部品: イグドラシル

東国人は、剣士、理力使い、忍者、サイボーグなど多様な可能性を持っている。当初なんとなくファッションで機械化してたが、維持費(燃料)がかかるので廃れた。東国ではパイロット職は自分で殴った方が早い持って回った存在と思われており、低い扱いを受ける。

部品: 社会

東国人は母系社会でなく、異母兄弟には相続権がある。東国人は王権と上意下達を重視しており、選挙などはやらない。

部品: 漢字

東国人は国によって言葉が大きく異なり、帝國共通語でしか意思を疎通できない訳ではなく、漢字で意思疎通ができる。(漢字を使う)

部品: 流用実績(東国人)

部品: 流用実績(東国人)
以下の個人データへの流用申請をいただいています(敬称略)
国民番号:PC名
38-00924-01:八猫 キルケ
38-00923-01:厚母うぬ
46-00910-01:羽黒
38-00921-01:照月 燿



部品: 概要

FVBにおける東国人は、和風文化と高低入り混じったテックレベル、四季を持つ国土など、一般的な東国人とそれほど変わりものではない。
この藩国を明確に他国と分けるものがあるとすれば、それは「宇宙開発」という国是である。

部品: 宇宙開発

宇宙開発はFVB立国以来の国是である。
これは、「アプローの涙」と呼ばれるテラ領域への撤退戦において、さくらつかさ藩王の強襲揚陸艦ブラックドッグに集った戦士がFVBの母体となった事に端を発する。
ニューワールドに降り立った後も、彼らは星の海原を忘れることなく、帰るべき故郷と定めたのだ。

部品: 言語文化

FVBは東国人の例にもれず、漢字に基づいた言語文化を持っている。
漢字以外にもかな文字も用いる和風の藩国であり、名前にも漢字を用いるのが一般的である。



提出書式


 大部品: FVBの医師の国民 RD:40 評価値:9
 -大部品: 医師(現代版)(職業) RD:17 評価値:6
 --大部品: 現代医の能力と技能 RD:10 評価値:5
 ---部品: 人体への理解
 ---部品: 基礎医学の心得
 ---部品: 地域医療の実地実習経験
 ---部品: 清潔操作と基本的医療手技修得
 ---部品: 一次救命処置能力
 ---部品: 患者とのコミュニケーション能力
 ---部品: 臨床実習で得た臨床医としての能力
 ---部品: 共通試験・国家試験を合格する能力
 ---部品: 臨床研修で得た経験
 ---部品: 6年間の医学生生活
 --大部品: 医師の心得 RD:6 評価値:4
 ---部品: 医療関連ルールを遵守する
 ---部品: 生涯を人道に捧げる誓い
 ---部品: 患者へ尽力する誓い
 ---部品: 公平で公正な治療行う誓い
 ---部品: 人命尊重の誓い
 ---部品: 医師という職業への誓い
 --部品: 医師の流用実績
 -大部品: 宇宙生活能力 RD:12 評価値:6
 --大部品: 宇宙生活能力とは RD:2 評価値:1
 ---部品: 宇宙生活と地上生活の違い
 ---部品: 健康被害への対策
 --大部品: 有重力環境での過ごし方 RD:2 評価値:1
 ---部品: 有重力区画について
 ---部品: 有重力区画での生活
 --大部品: 無重量環境での過ごし方 RD:4 評価値:3
 ---部品: 無重量環境とは
 ---部品: 移動方法
 ---部品: 無重量環境での飲食
 ---部品: 無重量環境での弊害
 --大部品: 閉鎖環境への適応 RD:4 評価値:3
 ---部品: 宇宙と閉鎖環境
 ---部品: 閉鎖環境内での心構え
 ---部品: 閉塞感軽減の配慮
 ---部品: 生活の工夫
 -大部品: 東国人(FVB) RD:11 評価値:5
 --大部品: 東国人 RD:8 評価値:5
 ---部品: 東国とは
 ---部品: 特徴
 ---部品: 爆発のデパート
 ---部品: 環境
 ---部品: イグドラシル
 ---部品: 社会
 ---部品: 漢字
 ---大部品: 東国人の流用実績 RD:1 評価値:0
 ----部品: 流用実績(東国人)
 --大部品: FVB東国人の特徴 RD:3 評価値:2
 ---部品: 概要
 ---部品: 宇宙開発
 ---部品: 言語文化
 
 
 部品: 人体への理解
 医師として病気や痛みを理解するには、まずからだの正常な状態を知らなければならない。正確な人体の組織と生理への理解は医師として人を助ける原動力となる。
 
 部品: 基礎医学の心得
 人体への理解を基本として、微生物学、生化学、病理学、薬理学を医師は学んでいる。これらの学問を一定レベルで修めていることは、病気の診断と治療を行う上での重要な基本となる。
 
 
 部品: 地域医療の実地実習経験
 医師は医学生である間に、患者さんがまずかかる一般医や家庭医での現場を知るため、地域での医療実習を行っている。医療現場での活きた経験を感じ、患者さんとのコミュニケーションの基礎を学んでいることは医師としての必要な能力の一つである。
 
 部品: 清潔操作と基本的医療手技修得
 医師として医療に関わるため、臨床で実習を行う前に最低限修得しておくべきなのが清潔操作である。
 清潔域と不潔域の理解と、実践を行うこと、習慣をつけることは予想外に難しい事であるが医師として必要不可欠な要素である。
 
 部品: 一次救命処置能力
 医師には、緊急時に危篤の患者に出会った際には救命の機会を維持し続ける能力が求められる。
 この基礎的な救命処置はABCと省略される生命維持に必要な処置と、AED(自動体外式除細動器)が周辺にあった場合に使用できる能力を指す。
 救命処置のABCはA=Airway、つまり気道の確保。B=Breathing。つまり呼吸のことであり、自発呼吸がない場合は人工呼吸が必要となる。
 C=Circulation。循環であり、一般で言う心臓マッサージで血液の循環を確保することである。近年では動作に対する誤解をなくすため、胸骨圧迫と定義されている場合もある。
 
 部品: 患者とのコミュニケーション能力
 医師とは人を相手にする職業である以上、職務上必要な情報を取得するためには患者との信頼関係の構築が不可欠である。
 このため最低限の礼儀作法に加え、平時、緊急時双方で効率よく必要な医療情報を取得できるような質問法、話術を修得している必要がある。
 
 部品: 臨床実習で得た臨床医としての能力
 医師は知識の積み重ねだけではなく、実際に現場で患者さんを相手にすることでしか得られない臨床医としての能力が絶対に必要である。
 患者と指導医の協力によって獲得できる、内科系、外科系、病理系、社会医学系など臨床医学の全ての分野に関して通常一年を通して修得される。
 いわゆる臨床実習で得られる知識、見識、経験は医師として最低限必要な能力の一つである。
 
 部品: 共通試験・国家試験を合格する能力
 一般的にどの国でも国家によって医師として必要最低限の知識と技術、倫理を持ち合わせているかの試験が行われている。
 これに合格することは、医師として最低限の能力を修めていることの社会的指標となり、これにより発光される医師免許を持たなければ、医師として人と関わることは許されない。
 
 部品: 臨床研修で得た経験
 一般に医師免許を取得した後は指導医の元、単独で医師として医療行為を行うに足る能力があると認められるまで、臨床研修を行う必要がある。
 臨床研修で涵養しなければならない能力は国が定めており、これを修めることで初めて医師の最低限度が満たされる。
 
 部品: 6年間の医学生生活
 医師になるためには、防衛以下大学医学部を持つ大学に入学し、6年間医師として必要な知識、技術、倫理観の涵養を行う必要がある。
 これは国家試験の受験資格として必要な条件の一つとして、定められた大学で医学の正規の過程を修めて卒業した者として定められているためであり、
 同時、一人の人間が医師として成り立つまでに必要な期間なのである。
 なお、例外として他国ですでに大学を卒業し、医師免許を取得している場合は、当時国で医師として必要な知識と技能を修めていると認定された場合は国家試験の受験資格を与えられる。
 
 部品: 医療関連ルールを遵守する
 医師として定められた法を守ることは医師の倫理の最低限度である。ルールで定められたことを守ることは、医師として活動するために最低限必要な要素の一つである。
 
 部品: 生涯を人道に捧げる誓い
 医師として活動することは人を助けるため、人体に手を加えることである。治療は人に危害を与えかねないことを忘れず、人への貢献に人生を費やすことを誓わなければならない。医療の怖さを知ることが医師の第一歩である。
 
 部品: 患者へ尽力する誓い
 医師は患者の健康を一番の関心事として考え、診療で信頼され、打ち明けられた、明らかになった患者の秘密を尊重する。これを遵守することが医師という職業への信頼につながる。
 
 部品: 公平で公正な治療行う誓い
 医師は年齢、疾患や障害、信条、民族的起源、性別、国籍、所属政治団体、人種、性的指向、社会的地位、その他いかなる他の要因の斟酌であっても、医師の職務と患者との間に干渉を許してはならない。患者自身、と医師という職業に常に真摯に向き合うことは医師を医師たらしめる重要なファクターである。
 
 部品: 人命尊重の誓い
 医者は人命を最大限尊重し続けるべきである。たとえ脅迫の下であっても、人権や市民の自由を侵害するために自分の医学的知識を使用しないと誓う。これは医者としての誇りとなり、医師の精神を支える力となる。
 
 
 部品: 医師という職業への誓い
 医師としての心得を守り続けた恩師たちへ、尊敬と感謝を忘れず、先人が守り続けてきた医者という職業の社会的立場と名誉、伝統を堅持しつづけようと誓う。これは自身の能力への驕りを戒め、先人や同僚医師から学び続け、信頼を維持しようと努力する力となる。
 
 部品: 医師の流用実績
 以下の藩国様、PCに流用していただきました。根拠:http://nekowasa.at.webry.info/201708/article_22.html
 
 (申請順)(敬称略)
 涼原秋春@akiharu国:医者(akiharu国版)
 不変空沙子@FVB:不変空沙子
 竜宮・司@詩歌藩国:竜宮・司・ヒメリアス・ドラグゥーン
 セントラル越前:設問205に提出:https://www65.atwiki.jp/wanwanempire/pages/172.html
 マリモ@玄霧藩国:独自職業、玄霧藩国の医師に流用
 結城由羅@世界忍者国:独自職業、マルチフィクサーに流用
 たらすじ@後ほねっこ男爵領:たらすじ
 
 
 
 
 部品: 宇宙生活と地上生活の違い
 地上に生活環境の大多数を置くテラ領域のアイドレスにあって、宇宙は特異な生活環境である。
 地に足のつかない無重量、外壁一枚隔てた先の過酷な宇宙空間、宇宙施設という人工的な閉鎖環境……
 中でも特に重要なのは、閉鎖環境への適応と無重量状態での過ごし方の二つである。
 
 部品: 健康被害への対策
 宇宙生活での絶対条件として求められるのが、真空からの遮断に加え、有害な宇宙線の遮断といった、健康被害への対策である。
 宇宙は極めて危険な環境であり、そのため施設や艦船での対策、医療面でのケアなど、複数の方面から対策を行う。
 
 部品: 有重力区画について
 宇宙施設や宇宙船では、人工的に重力を発生させている区画もある。
 これは重力制御などという高度な技術ではなく、居住区自体を回転させ、慣性を発生させるなど、比較的宇宙開発では初歩的な技術である。
 ただ、設備的に大掛かりになり、コスト高となるため採用状況はまちまちである。
 
 部品: 有重力区画での生活
 有重力区画では、基本的に地上と同じ生活が出来る。
 多くにとっては上下と重さのある環境の方が過ごしやすいのだが、
 一方で宇宙の生活に慣れた一部には体が重くなるなど、敬遠されることもあった。
 
 部品: 無重量環境とは
 そもそも無重量環境とは、重力を生み出す惑星や恒星から離れることで発生する重さのない状態の事である。
 0Gとか無重力状態とも呼ばれることもあり、地上で無意識に生活の前提となっていた重さや高低差が消失するため、地上とは異なる過ごし方が求められる。
 
 部品: 移動方法
 重さがなく宙に浮いてしまう無重量環境では、歩いたり走るよりも、構造物を蹴って飛ぶ方が効果的な移動手段となる。
 これを踏まえて、宇宙施設などでは、跳躍用の足場があることも多い。
 
 部品: 無重量環境での飲食
 無重量環境での飲食はかなりの程度で地上と同じものが食べられるが、それでもある程度の制限は存在する。
 例えば飛散対策として、ソバやラーメンといった温麺は、スープと麺を絡めた形で食べることになる。
 一方で地上ではできない事として、飲み物をシャボン状に広げて口にするという一種の遊びもある。
 
 部品: 無重量環境での弊害
 無重量状態では少ない筋肉量で生活できてしまうため、何もしなければ筋肉が衰え、地上での生活が困難となる。
 また、宇宙空間では骨素が薄くなるという問題もあり、これらに対して薬剤、トレーニングなどによって対応している。
 
 部品: 宇宙と閉鎖環境
 壁一枚隔てた先は真空の宇宙にあって、住環境は原則、閉鎖環境となる。
 大型の宇宙都市などの施設では閉塞感は比較的薄いが、あくまで比較的であって、どれほど地上に近づけてもその人工性が気になる事はあるという。
 
 部品: 閉鎖環境内での心構え
 宇宙生活者は閉鎖環境での生活となるため、教育として資源は有限であるという考えが身についている。
 そのため、リサイクルの考え方が根強い反面、水や空気を惜しみなく使う贅沢へのあこがれも強い。
 
 部品: 閉塞感軽減の配慮
 宇宙という極限環境に加え、閉鎖環境での圧迫感は無意識にストレスを与えてしまう。
 これを軽減するため、艦船、施設問わず宇宙での空間デザインの基本として、空間を広く取り、色彩や照明を調整するなど、解放感を感じられるようにしている。
 
 部品: 生活の工夫
 宇宙生活者の側でも、閉塞感に押しつぶされないよう生活上で様々な工夫を凝らす事が多い。
 運動会などのイベントは運動不足解消もあって積極的に行われているし、宇宙という独自の環境を生かした特産品づくりなどは、
 むしろ生活の向上と模索の観点から歓迎された。
 
 部品: 東国とは
 東国は帝國版の森国であるが、××××の影響が薄く、魔法も強く持たない。そして、××××の影響なしに一番爆発しやすいツリー体系をしている。
 
 部品: 特徴
 東国人は黒髪で、着物や唐装など東洋風の服装をしており、東洋風の人材である。東国人は信心深く、神々に近しい。
 
 部品: 爆発のデパート
 東国人にタブーは薄く、それゆえヤオトの影響を極短時間で受ける。
 東国には決まった爆発のパターンがなく、爆発のデパートと言われる。
 北国は東国を爆発のデパートと呼んでいる。
 
 部品: 環境
 東国には春、夏、秋、冬の四季がある。火山があり、入り組んだ地形をしている。紙と木でできた家に住んでいる。
 東国人は稲作を行っているが、意外に稲作は得意ではない。
 
 部品: イグドラシル
 東国人は、剣士、理力使い、忍者、サイボーグなど多様な可能性を持っている。当初なんとなくファッションで機械化してたが、維持費(燃料)がかかるので廃れた。東国ではパイロット職は自分で殴った方が早い持って回った存在と思われており、低い扱いを受ける。
 
 部品: 社会
 東国人は母系社会でなく、異母兄弟には相続権がある。東国人は王権と上意下達を重視しており、選挙などはやらない。
 
 部品: 漢字
 東国人は国によって言葉が大きく異なり、帝國共通語でしか意思を疎通できない訳ではなく、漢字で意思疎通ができる。(漢字を使う)
 
 部品: 流用実績(東国人)
 部品: 流用実績(東国人) 
 以下の個人データへの流用申請をいただいています(敬称略) 
 国民番号:PC名
 38-00924-01:八猫 キルケ
 38-00923-01:厚母うぬ
 46-00910-01:羽黒
 38-00921-01:照月 燿
 
 
 
 部品: 概要
 FVBにおける東国人は、和風文化と高低入り混じったテックレベル、四季を持つ国土など、一般的な東国人とそれほど変わりものではない。
 この藩国を明確に他国と分けるものがあるとすれば、それは「宇宙開発」という国是である。
 
 部品: 宇宙開発
 宇宙開発はFVB立国以来の国是である。
 これは、「アプローの涙」と呼ばれるテラ領域への撤退戦において、さくらつかさ藩王の強襲揚陸艦ブラックドッグに集った戦士がFVBの母体となった事に端を発する。
 ニューワールドに降り立った後も、彼らは星の海原を忘れることなく、帰るべき故郷と定めたのだ。
 
 部品: 言語文化
 FVBは東国人の例にもれず、漢字に基づいた言語文化を持っている。
 漢字以外にもかな文字も用いる和風の藩国であり、名前にも漢字を用いるのが一般的である。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "id": 106328,
     "title": "FVBの医師の国民",
     "description": null,
     "part_type": "group",
     "created_at": "2017-09-13 11:40:11.433824",
     "updated_at": "2017-09-13 11:40:11.433824",
     "children": [
       {
         "id": 11579,
         "title": "医師(現代版)(職業)",
         "description": "Default Root",
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-21 02:46:41.478455",
         "updated_at": "2017-08-21 02:46:41.478455",
         "children": [
           {
             "id": 11580,
             "title": "現代医の能力と技能",
             "description": "Default Root",
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-08-21 02:46:41.484924",
             "updated_at": "2017-08-21 02:46:41.484924",
             "children": [
               {
                 "id": 11581,
                 "title": "人体への理解",
                 "description": "医師として病気や痛みを理解するには、まずからだの正常な状態を知らなければならない。正確な人体の組織と生理への理解は医師として人を助ける原動力となる。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-21 02:46:41.486543",
                 "updated_at": "2017-08-21 02:46:41.486543",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 762,
                   "name": "猫野和錆"
                 },
                 "localID": 3
               },
               {
                 "id": 11582,
                 "title": "基礎医学の心得",
                 "description": "人体への理解を基本として、微生物学、生化学、病理学、薬理学を医師は学んでいる。これらの学問を一定レベルで修めていることは、病気の診断と治療を行う上での重要な基本となる。\n",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-21 02:46:41.502311",
                 "updated_at": "2017-08-21 02:46:41.502311",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 762,
                   "name": "猫野和錆"
                 },
                 "localID": 4
               },
               {
                 "id": 11583,
                 "title": "地域医療の実地実習経験",
                 "description": "医師は医学生である間に、患者さんがまずかかる一般医や家庭医での現場を知るため、地域での医療実習を行っている。医療現場での活きた経験を感じ、患者さんとのコミュニケーションの基礎を学んでいることは医師としての必要な能力の一つである。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-21 02:46:41.515034",
                 "updated_at": "2017-08-21 02:46:41.515034",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 762,
                   "name": "猫野和錆"
                 },
                 "localID": 5
               },
               {
                 "id": 11584,
                 "title": "清潔操作と基本的医療手技修得",
                 "description": "医師として医療に関わるため、臨床で実習を行う前に最低限修得しておくべきなのが清潔操作である。\n清潔域と不潔域の理解と、実践を行うこと、習慣をつけることは予想外に難しい事であるが医師として必要不可欠な要素である。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-21 02:46:41.564167",
                 "updated_at": "2017-08-21 02:46:41.564167",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 762,
                   "name": "猫野和錆"
                 },
                 "localID": 6
               },
               {
                 "id": 11585,
                 "title": "一次救命処置能力",
                 "description": "医師には、緊急時に危篤の患者に出会った際には救命の機会を維持し続ける能力が求められる。\nこの基礎的な救命処置はABCと省略される生命維持に必要な処置と、AED(自動体外式除細動器)が周辺にあった場合に使用できる能力を指す。\n救命処置のABCはA=Airway、つまり気道の確保。B=Breathing。つまり呼吸のことであり、自発呼吸がない場合は人工呼吸が必要となる。\nC=Circulation。循環であり、一般で言う心臓マッサージで血液の循環を確保することである。近年では動作に対する誤解をなくすため、胸骨圧迫と定義されている場合もある。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-21 02:46:41.573522",
                 "updated_at": "2017-08-21 02:46:41.573522",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 762,
                   "name": "猫野和錆"
                 },
                 "localID": 7
               },
               {
                 "id": 11586,
                 "title": "患者とのコミュニケーション能力",
                 "description": "医師とは人を相手にする職業である以上、職務上必要な情報を取得するためには患者との信頼関係の構築が不可欠である。\nこのため最低限の礼儀作法に加え、平時、緊急時双方で効率よく必要な医療情報を取得できるような質問法、話術を修得している必要がある。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-21 02:46:41.582902",
                 "updated_at": "2017-08-21 02:46:41.582902",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 762,
                   "name": "猫野和錆"
                 },
                 "localID": 8
               },
               {
                 "id": 11587,
                 "title": "臨床実習で得た臨床医としての能力",
                 "description": "医師は知識の積み重ねだけではなく、実際に現場で患者さんを相手にすることでしか得られない臨床医としての能力が絶対に必要である。\n患者と指導医の協力によって獲得できる、内科系、外科系、病理系、社会医学系など臨床医学の全ての分野に関して通常一年を通して修得される。\nいわゆる臨床実習で得られる知識、見識、経験は医師として最低限必要な能力の一つである。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-21 02:46:41.592022",
                 "updated_at": "2017-08-21 02:46:41.592022",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 762,
                   "name": "猫野和錆"
                 },
                 "localID": 9
               },
               {
                 "id": 11588,
                 "title": "共通試験・国家試験を合格する能力",
                 "description": "一般的にどの国でも国家によって医師として必要最低限の知識と技術、倫理を持ち合わせているかの試験が行われている。\nこれに合格することは、医師として最低限の能力を修めていることの社会的指標となり、これにより発光される医師免許を持たなければ、医師として人と関わることは許されない。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-21 02:46:41.601706",
                 "updated_at": "2017-08-21 02:46:41.601706",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 762,
                   "name": "猫野和錆"
                 },
                 "localID": 10
               },
               {
                 "id": 11589,
                 "title": "臨床研修で得た経験",
                 "description": "一般に医師免許を取得した後は指導医の元、単独で医師として医療行為を行うに足る能力があると認められるまで、臨床研修を行う必要がある。\n臨床研修で涵養しなければならない能力は国が定めており、これを修めることで初めて医師の最低限度が満たされる。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-21 02:46:41.612183",
                 "updated_at": "2017-08-21 02:46:41.612183",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 762,
                   "name": "猫野和錆"
                 },
                 "localID": 11
               },
               {
                 "id": 11590,
                 "title": "6年間の医学生生活",
                 "description": "医師になるためには、防衛以下大学医学部を持つ大学に入学し、6年間医師として必要な知識、技術、倫理観の涵養を行う必要がある。\nこれは国家試験の受験資格として必要な条件の一つとして、定められた大学で医学の正規の過程を修めて卒業した者として定められているためであり、\n同時、一人の人間が医師として成り立つまでに必要な期間なのである。\nなお、例外として他国ですでに大学を卒業し、医師免許を取得している場合は、当時国で医師として必要な知識と技能を修めていると認定された場合は国家試験の受験資格を与えられる。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-21 02:46:41.621668",
                 "updated_at": "2017-08-21 02:46:41.621668",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 762,
                   "name": "猫野和錆"
                 },
                 "localID": 12
               }
             ],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 762,
               "name": "猫野和錆"
             },
             "expanded": false,
             "localID": 2
           },
           {
             "id": 11591,
             "title": "医師の心得",
             "description": "Default Root",
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-08-21 02:46:41.644972",
             "updated_at": "2017-08-21 02:46:41.644972",
             "children": [
               {
                 "id": 11592,
                 "title": "医療関連ルールを遵守する",
                 "description": "医師として定められた法を守ることは医師の倫理の最低限度である。ルールで定められたことを守ることは、医師として活動するために最低限必要な要素の一つである。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-21 02:46:41.646014",
                 "updated_at": "2017-08-21 02:46:41.646014",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 762,
                   "name": "猫野和錆"
                 },
                 "localID": 14
               },
               {
                 "id": 11593,
                 "title": "生涯を人道に捧げる誓い",
                 "description": "医師として活動することは人を助けるため、人体に手を加えることである。治療は人に危害を与えかねないことを忘れず、人への貢献に人生を費やすことを誓わなければならない。医療の怖さを知ることが医師の第一歩である。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-21 02:46:41.655288",
                 "updated_at": "2017-08-21 02:46:41.655288",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 762,
                   "name": "猫野和錆"
                 },
                 "localID": 15
               },
               {
                 "id": 11594,
                 "title": "患者へ尽力する誓い",
                 "description": "医師は患者の健康を一番の関心事として考え、診療で信頼され、打ち明けられた、明らかになった患者の秘密を尊重する。これを遵守することが医師という職業への信頼につながる。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-21 02:46:41.665095",
                 "updated_at": "2017-08-21 02:46:41.665095",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 762,
                   "name": "猫野和錆"
                 },
                 "localID": 16
               },
               {
                 "id": 11595,
                 "title": "公平で公正な治療行う誓い",
                 "description": "医師は年齢、疾患や障害、信条、民族的起源、性別、国籍、所属政治団体、人種、性的指向、社会的地位、その他いかなる他の要因の斟酌であっても、医師の職務と患者との間に干渉を許してはならない。患者自身、と医師という職業に常に真摯に向き合うことは医師を医師たらしめる重要なファクターである。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-21 02:46:41.676383",
                 "updated_at": "2017-08-21 02:46:41.676383",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 762,
                   "name": "猫野和錆"
                 },
                 "localID": 17
               },
               {
                 "id": 11596,
                 "title": "人命尊重の誓い",
                 "description": "医者は人命を最大限尊重し続けるべきである。たとえ脅迫の下であっても、人権や市民の自由を侵害するために自分の医学的知識を使用しないと誓う。これは医者としての誇りとなり、医師の精神を支える力となる。\n",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-21 02:46:41.686012",
                 "updated_at": "2017-08-21 02:46:41.686012",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 762,
                   "name": "猫野和錆"
                 },
                 "localID": 18
               },
               {
                 "id": 11597,
                 "title": "医師という職業への誓い",
                 "description": "医師としての心得を守り続けた恩師たちへ、尊敬と感謝を忘れず、先人が守り続けてきた医者という職業の社会的立場と名誉、伝統を堅持しつづけようと誓う。これは自身の能力への驕りを戒め、先人や同僚医師から学び続け、信頼を維持しようと努力する力となる。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-21 02:46:41.695145",
                 "updated_at": "2017-08-21 02:46:41.695145",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 762,
                   "name": "猫野和錆"
                 },
                 "localID": 19
               }
             ],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 762,
               "name": "猫野和錆"
             },
             "expanded": true,
             "localID": 13
           },
           {
             "id": 11598,
             "title": "医師の流用実績",
             "description": "以下の藩国様、PCに流用していただきました。根拠:http://nekowasa.at.webry.info/201708/article_22.html\n\n(申請順)(敬称略)\n涼原秋春@akiharu国:医者(akiharu国版)\n不変空沙子@FVB:不変空沙子\n竜宮・司@詩歌藩国:竜宮・司・ヒメリアス・ドラグゥーン\nセントラル越前:設問205に提出:https://www65.atwiki.jp/wanwanempire/pages/172.html\nマリモ@玄霧藩国:独自職業、玄霧藩国の医師に流用\n結城由羅@世界忍者国:独自職業、マルチフィクサーに流用\nたらすじ@後ほねっこ男爵領:たらすじ\n\n\n",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-21 02:46:41.718797",
             "updated_at": "2017-08-21 02:46:41.718797",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 762,
               "name": "猫野和錆"
             },
             "localID": 20
           }
         ],
         "position": null,
         "character": {
           "id": 762,
           "name": "猫野和錆"
         },
         "expanded": false,
         "localID": 1
       },
       {
         "id": 87070,
         "title": "宇宙生活能力",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-09-04 09:38:16.902827",
         "updated_at": "2017-09-04 09:38:16.902827",
         "children": [
           {
             "id": 87071,
             "title": "宇宙生活能力とは",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-09-04 09:38:18.737966",
             "updated_at": "2017-09-04 09:38:18.737966",
             "children": [
               {
                 "id": 87072,
                 "title": "宇宙生活と地上生活の違い",
                 "description": "地上に生活環境の大多数を置くテラ領域のアイドレスにあって、宇宙は特異な生活環境である。\n地に足のつかない無重量、外壁一枚隔てた先の過酷な宇宙空間、宇宙施設という人工的な閉鎖環境……\n中でも特に重要なのは、閉鎖環境への適応と無重量状態での過ごし方の二つである。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-04 09:38:18.75274",
                 "updated_at": "2017-09-04 09:38:18.75274",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 291,
                   "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
                 },
                 "localID": 23
               },
               {
                 "id": 87073,
                 "title": "健康被害への対策",
                 "description": "宇宙生活での絶対条件として求められるのが、真空からの遮断に加え、有害な宇宙線の遮断といった、健康被害への対策である。\n宇宙は極めて危険な環境であり、そのため施設や艦船での対策、医療面でのケアなど、複数の方面から対策を行う。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-04 09:38:18.821002",
                 "updated_at": "2017-09-04 09:38:18.821002",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 291,
                   "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
                 },
                 "localID": 24
               }
             ],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 291,
               "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
             },
             "expanded": true,
             "localID": 22
           },
           {
             "id": 87074,
             "title": "有重力環境での過ごし方",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-09-04 09:38:18.902153",
             "updated_at": "2017-09-04 09:38:18.902153",
             "children": [
               {
                 "id": 87075,
                 "title": "有重力区画について",
                 "description": "宇宙施設や宇宙船では、人工的に重力を発生させている区画もある。\nこれは重力制御などという高度な技術ではなく、居住区自体を回転させ、慣性を発生させるなど、比較的宇宙開発では初歩的な技術である。\nただ、設備的に大掛かりになり、コスト高となるため採用状況はまちまちである。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-04 09:38:18.905042",
                 "updated_at": "2017-09-04 09:38:18.905042",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 291,
                   "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
                 },
                 "localID": 26
               },
               {
                 "id": 87076,
                 "title": "有重力区画での生活",
                 "description": "有重力区画では、基本的に地上と同じ生活が出来る。\n多くにとっては上下と重さのある環境の方が過ごしやすいのだが、\n一方で宇宙の生活に慣れた一部には体が重くなるなど、敬遠されることもあった。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-04 09:38:18.952092",
                 "updated_at": "2017-09-04 09:38:18.952092",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 291,
                   "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
                 },
                 "localID": 27
               }
             ],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 291,
               "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
             },
             "expanded": true,
             "localID": 25
           },
           {
             "id": 87077,
             "title": "無重量環境での過ごし方",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-09-04 09:38:19.086666",
             "updated_at": "2017-09-04 09:38:19.086666",
             "children": [
               {
                 "id": 87078,
                 "title": "無重量環境とは",
                 "description": "そもそも無重量環境とは、重力を生み出す惑星や恒星から離れることで発生する重さのない状態の事である。\n0Gとか無重力状態とも呼ばれることもあり、地上で無意識に生活の前提となっていた重さや高低差が消失するため、地上とは異なる過ごし方が求められる。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-04 09:38:19.093695",
                 "updated_at": "2017-09-04 09:38:19.093695",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 291,
                   "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
                 },
                 "localID": 29
               },
               {
                 "id": 87079,
                 "title": "移動方法",
                 "description": "重さがなく宙に浮いてしまう無重量環境では、歩いたり走るよりも、構造物を蹴って飛ぶ方が効果的な移動手段となる。\nこれを踏まえて、宇宙施設などでは、跳躍用の足場があることも多い。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-04 09:38:19.149738",
                 "updated_at": "2017-09-04 09:38:19.149738",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 291,
                   "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
                 },
                 "localID": 30
               },
               {
                 "id": 87080,
                 "title": "無重量環境での飲食",
                 "description": "無重量環境での飲食はかなりの程度で地上と同じものが食べられるが、それでもある程度の制限は存在する。\n例えば飛散対策として、ソバやラーメンといった温麺は、スープと麺を絡めた形で食べることになる。\n一方で地上ではできない事として、飲み物をシャボン状に広げて口にするという一種の遊びもある。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-04 09:38:19.195576",
                 "updated_at": "2017-09-04 09:38:19.195576",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 291,
                   "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
                 },
                 "localID": 31
               },
               {
                 "id": 87081,
                 "title": "無重量環境での弊害",
                 "description": "無重量状態では少ない筋肉量で生活できてしまうため、何もしなければ筋肉が衰え、地上での生活が困難となる。\nまた、宇宙空間では骨素が薄くなるという問題もあり、これらに対して薬剤、トレーニングなどによって対応している。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-04 09:38:19.251164",
                 "updated_at": "2017-09-04 09:38:19.251164",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 291,
                   "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
                 },
                 "localID": 32
               }
             ],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 291,
               "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
             },
             "expanded": true,
             "localID": 28
           },
           {
             "id": 87082,
             "title": "閉鎖環境への適応",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-09-04 09:38:19.390917",
             "updated_at": "2017-09-04 09:38:19.390917",
             "children": [
               {
                 "id": 87083,
                 "title": "宇宙と閉鎖環境",
                 "description": "壁一枚隔てた先は真空の宇宙にあって、住環境は原則、閉鎖環境となる。\n大型の宇宙都市などの施設では閉塞感は比較的薄いが、あくまで比較的であって、どれほど地上に近づけてもその人工性が気になる事はあるという。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-04 09:38:19.397482",
                 "updated_at": "2017-09-04 09:38:19.397482",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 291,
                   "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
                 },
                 "localID": 34
               },
               {
                 "id": 87084,
                 "title": "閉鎖環境内での心構え",
                 "description": "宇宙生活者は閉鎖環境での生活となるため、教育として資源は有限であるという考えが身についている。\nそのため、リサイクルの考え方が根強い反面、水や空気を惜しみなく使う贅沢へのあこがれも強い。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-04 09:38:19.445851",
                 "updated_at": "2017-09-04 09:38:19.445851",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 291,
                   "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
                 },
                 "localID": 35
               },
               {
                 "id": 87085,
                 "title": "閉塞感軽減の配慮",
                 "description": "宇宙という極限環境に加え、閉鎖環境での圧迫感は無意識にストレスを与えてしまう。\nこれを軽減するため、艦船、施設問わず宇宙での空間デザインの基本として、空間を広く取り、色彩や照明を調整するなど、解放感を感じられるようにしている。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-04 09:38:19.500163",
                 "updated_at": "2017-09-04 09:38:19.500163",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 291,
                   "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
                 },
                 "localID": 36
               },
               {
                 "id": 87086,
                 "title": "生活の工夫",
                 "description": "宇宙生活者の側でも、閉塞感に押しつぶされないよう生活上で様々な工夫を凝らす事が多い。\n運動会などのイベントは運動不足解消もあって積極的に行われているし、宇宙という独自の環境を生かした特産品づくりなどは、\nむしろ生活の向上と模索の観点から歓迎された。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-04 09:38:19.552984",
                 "updated_at": "2017-09-04 09:38:19.552984",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 291,
                   "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
                 },
                 "localID": 37
               }
             ],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 291,
               "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
             },
             "expanded": true,
             "localID": 33
           }
         ],
         "position": null,
         "character": {
           "id": 291,
           "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
         },
         "expanded": false,
         "localID": 21
       },
       {
         "id": 102965,
         "title": "東国人(FVB)",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-09-08 11:59:46.184219",
         "updated_at": "2017-09-08 11:59:46.184219",
         "children": [
           {
             "id": 2005,
             "title": "東国人",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-08-20 03:57:23.585122",
             "updated_at": "2017-08-20 03:57:23.585122",
             "children": [
               {
                 "id": 2006,
                 "title": "東国とは",
                 "description": "東国は帝國版の森国であるが、××××の影響が薄く、魔法も強く持たない。そして、××××の影響なしに一番爆発しやすいツリー体系をしている。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-20 03:57:23.614897",
                 "updated_at": "2017-08-20 03:57:23.614897",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 162,
                   "name": "みぽりん"
                 },
                 "localID": 40
               },
               {
                 "id": 2007,
                 "title": "特徴",
                 "description": "東国人は黒髪で、着物や唐装など東洋風の服装をしており、東洋風の人材である。東国人は信心深く、神々に近しい。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-20 03:57:23.650834",
                 "updated_at": "2017-08-20 03:57:23.650834",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 162,
                   "name": "みぽりん"
                 },
                 "localID": 41
               },
               {
                 "id": 2008,
                 "title": "爆発のデパート",
                 "description": "東国人にタブーは薄く、それゆえヤオトの影響を極短時間で受ける。\n東国には決まった爆発のパターンがなく、爆発のデパートと言われる。\n北国は東国を爆発のデパートと呼んでいる。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-20 03:57:23.674347",
                 "updated_at": "2017-08-20 03:57:23.674347",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 162,
                   "name": "みぽりん"
                 },
                 "localID": 42
               },
               {
                 "id": 2009,
                 "title": "環境",
                 "description": "東国には春、夏、秋、冬の四季がある。火山があり、入り組んだ地形をしている。紙と木でできた家に住んでいる。\n東国人は稲作を行っているが、意外に稲作は得意ではない。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-20 03:57:23.69761",
                 "updated_at": "2017-08-20 03:57:23.69761",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 162,
                   "name": "みぽりん"
                 },
                 "localID": 43
               },
               {
                 "id": 2010,
                 "title": "イグドラシル",
                 "description": "東国人は、剣士、理力使い、忍者、サイボーグなど多様な可能性を持っている。当初なんとなくファッションで機械化してたが、維持費(燃料)がかかるので廃れた。東国ではパイロット職は自分で殴った方が早い持って回った存在と思われており、低い扱いを受ける。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-20 03:57:23.711149",
                 "updated_at": "2017-08-20 03:57:23.711149",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 162,
                   "name": "みぽりん"
                 },
                 "localID": 44
               },
               {
                 "id": 2011,
                 "title": "社会",
                 "description": "東国人は母系社会でなく、異母兄弟には相続権がある。東国人は王権と上意下達を重視しており、選挙などはやらない。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-20 03:57:23.729767",
                 "updated_at": "2017-08-20 03:57:23.729767",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 162,
                   "name": "みぽりん"
                 },
                 "localID": 45
               },
               {
                 "id": 2012,
                 "title": "漢字",
                 "description": "東国人は国によって言葉が大きく異なり、帝國共通語でしか意思を疎通できない訳ではなく、漢字で意思疎通ができる。(漢字を使う)",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-20 03:57:23.747484",
                 "updated_at": "2017-08-20 03:57:23.747484",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 162,
                   "name": "みぽりん"
                 },
                 "localID": 46
               },
               {
                 "id": 77609,
                 "title": "東国人の流用実績",
                 "description": null,
                 "part_type": "group",
                 "created_at": "2017-08-26 14:09:28.083266",
                 "updated_at": "2017-08-26 14:09:28.083266",
                 "children": [
                   {
                     "id": 77610,
                     "title": "流用実績(東国人)",
                     "description": "部品: 流用実績(東国人) \n以下の個人データへの流用申請をいただいています(敬称略) \n国民番号:PC名\n38-00924-01:八猫 キルケ\n38-00923-01:厚母うぬ\n46-00910-01:羽黒\n38-00921-01:照月 燿\n\n",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-26 14:09:28.093056",
                     "updated_at": "2017-08-27 04:32:28.133502",
                     "children": [],
                     "position": null,
                     "character": {
                       "id": 162,
                       "name": "みぽりん"
                     },
                     "localID": 48
                   }
                 ],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 162,
                   "name": "みぽりん"
                 },
                 "expanded": true,
                 "localID": 47
               }
             ],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 162,
               "name": "みぽりん"
             },
             "expanded": true,
             "localID": 39
           },
           {
             "id": 102964,
             "title": "FVB東国人の特徴",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-09-08 11:59:45.850373",
             "updated_at": "2017-09-08 11:59:45.850373",
             "children": [
               {
                 "id": 102961,
                 "title": "概要",
                 "description": "FVBにおける東国人は、和風文化と高低入り混じったテックレベル、四季を持つ国土など、一般的な東国人とそれほど変わりものではない。\nこの藩国を明確に他国と分けるものがあるとすれば、それは「宇宙開発」という国是である。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-08 11:59:45.761597",
                 "updated_at": "2017-09-08 11:59:45.761597",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 291,
                   "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
                 },
                 "localID": 50
               },
               {
                 "id": 102962,
                 "title": "宇宙開発",
                 "description": "宇宙開発はFVB立国以来の国是である。\nこれは、「アプローの涙」と呼ばれるテラ領域への撤退戦において、さくらつかさ藩王の強襲揚陸艦ブラックドッグに集った戦士がFVBの母体となった事に端を発する。\nニューワールドに降り立った後も、彼らは星の海原を忘れることなく、帰るべき故郷と定めたのだ。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-08 11:59:45.787534",
                 "updated_at": "2017-09-08 11:59:45.787534",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 291,
                   "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
                 },
                 "localID": 51
               },
               {
                 "id": 102963,
                 "title": "言語文化",
                 "description": "FVBは東国人の例にもれず、漢字に基づいた言語文化を持っている。\n漢字以外にもかな文字も用いる和風の藩国であり、名前にも漢字を用いるのが一般的である。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-08 11:59:45.80511",
                 "updated_at": "2017-09-08 11:59:45.80511",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 291,
                   "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
                 },
                 "localID": 52
               }
             ],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 291,
               "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
             },
             "expanded": true,
             "localID": 49
           }
         ],
         "position": null,
         "character": {
           "id": 291,
           "name": "アキラ・フィーリ・シグレ艦氏族"
         },
         "expanded": false,
         "localID": 38
       }
     ],
     "position": null,
     "character": {
       "id": 686,
       "name": "オカミチ"
     },
     "expanded": true,
     "localID": 0
   }
 ]
最終更新:2017年09月18日 17:23