無名騎士藩国@Wiki

設問204_野菜丼

最終更新:

cnkplayer

---,--- view
メンバー限定 登録/ログイン

部品構造





部品定義


部品: 安全で美味しい野菜

ながみ村では、野菜とそれを食べる人たちにとって何が安全であるかを考えている。その為、農薬は一切使用しない無農薬栽培による有機農業を実施している。その為、昔ながらの農法を使用しつつ、且つ新しい人体や野菜に無害な技術を常に研究模索しながら農業を行っている。

部品: 水は野菜の命

農業で使用する水は、ながみのジャングルから流れる河川を利用した水、井戸水などであるが定期的に水質調査をすることにより、水からの病原菌の感染を防ぐよう監視を続けている。

部品: ながみ村自慢の米

美味しい米ができる条件、それは地域に合わせた品種、生産者が行う栽培技術、土や水気候などの自然条件である。ながみ村でできる米は、熱帯なながみ村でも元気に育つよう品種改良された品種を使用して、雄大な自然の中で、生産者達が美味い米を作るために研究した栽培技術を駆使して提供する自慢の米である。

部品: 土鍋で炊いて美味しいごはんへ

野菜丼の店で提供するご飯は、ほぼすべての店舗で土鍋を採用している。米に含まれる甘味やうまみの成分をつくるアミラーゼは40~50度ぐらいの温度で一番よく働くが、土鍋はゆっくりと加熱される特性があるため、米をゆっくり加熱し40~50度を保つ時間が長くなることでうまみ成分がどんどん生産されていく。また鍋全体が熱くなることで米に満遍なく熱を加えることができ、お米がふっくらと仕上がる。こうして美味いごはんを炊き、丼にしているので野菜だけでなくご飯も美味いのだ。

部品: 冷たくて野菜に合うスープ

過去の野菜丼開発当時、藩国中の厨房を取り仕切る料理人達が昼夜問わず研究に研究を重ね開発したという秘伝のスープを使用している。これは企業秘密なので詳細は明かせないが、そのスープは決して危険なものが入っているわけではない。ただ、スープ単品で飲んだ場合は美味くない。それを野菜と米と合わせたとき初めて美味みがでるという、料理人たちの渾身の作品である。

部品: 隠してないけど隠し味は味噌

秘伝のスープにはちょっとした隠し味というか、入っているものがある。それが酒と味噌、そのどちらもながみ村で作られているもので、入れることで風味をより引き立てている。



提出書式


 大部品: 野菜丼 RD:6 評価値:4
 -大部品: ながみ村の野菜たち RD:2 評価値:1
 --部品: 安全で美味しい野菜
 --部品: 水は野菜の命
 -大部品: 炊き立てふっくらご飯 RD:2 評価値:1
 --部品: ながみ村自慢の米
 --部品: 土鍋で炊いて美味しいごはんへ
 -大部品: 実は野菜丼にはスープがある RD:2 評価値:1
 --部品: 冷たくて野菜に合うスープ
 --部品: 隠してないけど隠し味は味噌
 
 
 部品: 安全で美味しい野菜
 ながみ村では、野菜とそれを食べる人たちにとって何が安全であるかを考えている。その為、農薬は一切使用しない無農薬栽培による有機農業を実施している。その為、昔ながらの農法を使用しつつ、且つ新しい人体や野菜に無害な技術を常に研究模索しながら農業を行っている。
 
 部品: 水は野菜の命
 農業で使用する水は、ながみのジャングルから流れる河川を利用した水、井戸水などであるが定期的に水質調査をすることにより、水からの病原菌の感染を防ぐよう監視を続けている。
 
 部品: ながみ村自慢の米
 美味しい米ができる条件、それは地域に合わせた品種、生産者が行う栽培技術、土や水気候などの自然条件である。ながみ村でできる米は、熱帯なながみ村でも元気に育つよう品種改良された品種を使用して、雄大な自然の中で、生産者達が美味い米を作るために研究した栽培技術を駆使して提供する自慢の米である。
 
 部品: 土鍋で炊いて美味しいごはんへ
 野菜丼の店で提供するご飯は、ほぼすべての店舗で土鍋を採用している。米に含まれる甘味やうまみの成分をつくるアミラーゼは40~50度ぐらいの温度で一番よく働くが、土鍋はゆっくりと加熱される特性があるため、米をゆっくり加熱し40~50度を保つ時間が長くなることでうまみ成分がどんどん生産されていく。また鍋全体が熱くなることで米に満遍なく熱を加えることができ、お米がふっくらと仕上がる。こうして美味いごはんを炊き、丼にしているので野菜だけでなくご飯も美味いのだ。
 
 部品: 冷たくて野菜に合うスープ
 過去の野菜丼開発当時、藩国中の厨房を取り仕切る料理人達が昼夜問わず研究に研究を重ね開発したという秘伝のスープを使用している。これは企業秘密なので詳細は明かせないが、そのスープは決して危険なものが入っているわけではない。ただ、スープ単品で飲んだ場合は美味くない。それを野菜と米と合わせたとき初めて美味みがでるという、料理人たちの渾身の作品である。
 
 部品: 隠してないけど隠し味は味噌
 秘伝のスープにはちょっとした隠し味というか、入っているものがある。それが酒と味噌、そのどちらもながみ村で作られているもので、入れることで風味をより引き立てている。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "野菜丼",
     "children": [
       {
         "title": "ながみ村の野菜たち",
         "children": [
           {
             "title": "安全で美味しい野菜",
             "description": "ながみ村では、野菜とそれを食べる人たちにとって何が安全であるかを考えている。その為、農薬は一切使用しない無農薬栽培による有機農業を実施している。その為、昔ながらの農法を使用しつつ、且つ新しい人体や野菜に無害な技術を常に研究模索しながら農業を行っている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "水は野菜の命",
             "description": "農業で使用する水は、ながみのジャングルから流れる河川を利用した水、井戸水などであるが定期的に水質調査をすることにより、水からの病原菌の感染を防ぐよう監視を続けている。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "炊き立てふっくらご飯",
         "children": [
           {
             "title": "ながみ村自慢の米",
             "description": "美味しい米ができる条件、それは地域に合わせた品種、生産者が行う栽培技術、土や水気候などの自然条件である。ながみ村でできる米は、熱帯なながみ村でも元気に育つよう品種改良された品種を使用して、雄大な自然の中で、生産者達が美味い米を作るために研究した栽培技術を駆使して提供する自慢の米である。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "土鍋で炊いて美味しいごはんへ",
             "description": "野菜丼の店で提供するご飯は、ほぼすべての店舗で土鍋を採用している。米に含まれる甘味やうまみの成分をつくるアミラーゼは40~50度ぐらいの温度で一番よく働くが、土鍋はゆっくりと加熱される特性があるため、米をゆっくり加熱し40~50度を保つ時間が長くなることでうまみ成分がどんどん生産されていく。また鍋全体が熱くなることで米に満遍なく熱を加えることができ、お米がふっくらと仕上がる。こうして美味いごはんを炊き、丼にしているので野菜だけでなくご飯も美味いのだ。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "実は野菜丼にはスープがある",
         "children": [
           {
             "title": "冷たくて野菜に合うスープ",
             "description": "過去の野菜丼開発当時、藩国中の厨房を取り仕切る料理人達が昼夜問わず研究に研究を重ね開発したという秘伝のスープを使用している。これは企業秘密なので詳細は明かせないが、そのスープは決して危険なものが入っているわけではない。ただ、スープ単品で飲んだ場合は美味くない。それを野菜と米と合わせたとき初めて美味みがでるという、料理人たちの渾身の作品である。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "隠してないけど隠し味は味噌",
             "description": "秘伝のスープにはちょっとした隠し味というか、入っているものがある。それが酒と味噌、そのどちらもながみ村で作られているもので、入れることで風味をより引き立てている。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false,
         "part_type": "group"
       }
     ],
     "expanded": true,
     "part_type": "group"
   }
 ]
人気記事ランキング
最近更新されたページ

atwikiでよく見られているWikiのランキングです。新しい情報を発見してみよう!

新規Wikiランキング

最近作成されたWikiのアクセスランキングです。見るだけでなく加筆してみよう!

まとめ情報サイトtanukiのおすすめ記事