統計学

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

統計学とは、「数量的比較を基礎として、多くの事実を統計的に観察し、処理する方法を研究する学問」(広辞苑第5版)である。
データに基づいて客観的に判断し、意思決定に役立てるための学問で、数学が基礎になっている。


統計学の基礎

  • データと変数
  • 尺度水準
  • データの図表化
  • 散布度と特性値
  • 標準化
  • 2変数の関係と散布図

確率と確率分布

  • 確率の基礎
  • ベイズの定理
  • 確率変数
  • さまざまな分布

推定と検定

  • 統計的推定とは
  • 区間推定
  • 統計的検定

回帰分析

  • 回帰直線と決定係数
  • 回帰の分散分析表
最終更新:2013年07月09日 00:58