北海道駅めぐり > 釧網本線 > 緑駅

緑駅


斜里郡小清水町字止別に位置する駅である。駅ナンバリングはB67、電略はミリである。

緑駅の様子

斜里郡清里町緑町にある無人駅で、駅舎内は簡素な待合室となっている。相対式ホームをもつ2面2線の駅で、網走方面のホームへは構内踏切を通っていく。待合室内には周辺の観光スポットへの写真と地図が描かれている。駅近くに「緑の湯」という温泉がある。
駅名標 待合室内
ホーロー駅名板 駅ノート
駅構内の様子 名所案内看板
駅前にある公衆トイレ 天然温泉緑の湯

駅情報

列車交換可能駅で、現在でも交換運用が定期で設定されている。駅舎側に釧路ゆき、反対側に網走方面ゆきが入線する。
当駅は網走方面のみ折り返し可能駅であり、以前は当駅を終着とする列車も設定されていた。しかし2016年のダイヤ改正で当駅終着列車は知床斜里ゆきに短縮され、当駅始発列車が定期で運行されている(キハ40系2両での運用)。当駅始発列車は知床斜里駅から回送されている。折り返し列車は例外的に駅舎側の1番線を使用する。
トイレは駅を出て右側にある。冬季の使用可否は確認していない。

1日の利用者は2人だった。(2015年度)

歴史

1931年に上札鶴駅として開業、1956年に緑駅に改称された。かつては緑~川湯温泉間の補機運用のため転車台が設けられるなど賑わったが、1968年に転車台は運用停止、1986年に無人化された。

駅周辺

駅周辺には先述の緑の湯のほか、郵便局や清里町役場緑町支所がある。駅近くには道道1115号摩周湖斜里線がある。

大きな地図で見る
[最終更新:2019/08/15, 乗リツ]

隣接駅

札弦駅(B68)←緑(B67)→川湯温泉(B66)



Copyright c 1997-2008 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|