(36)800 「友達(♀)が気に入っている男からの伝言」~(38)022 「無色透明なままで」

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。






(36)800 「友達(♀)が気に入っている男からの伝言」 2009/11/25(水) 08:45:01.62 0



次回予告
      -喫茶リゾナントには誰でも記入することが出来るノートがある-

     リゾナンターは敵マシンナーズプラトウーンと対峙 熾烈を極めるが
         小春の強力な電撃が決定打となりこれに勝利する

 リゾナントに戻ってシャワーを浴び 私はいつも通りに1冊のノートのページを捲る
そこにはお客さんからのお店や私達に対する日頃の意見・メンバー達の伝言などが
    ぎっしりと書き記されている 今日の日付にもたくさん文字が並んでいる
     今日の戦闘で怪我は無かったか?など温かい文字に私は励まされる
     最後に私は最終ページを見る そこには何も書かれてなく真っ白だが
    このページはチカラのある者や持たぬ者でも誰かのチカラを経由すれば
      伝言が書き込めるように特殊な加工がしてある 秘密のページだ
  そのページをそっと撫でる 言葉が頭の中に入ってくる・・これはつんく♂さんだ
        [最初はヒヤヒヤしたが もうリゾナントも順調だな!!
         またいつでも力になるから遠慮せずに言うんだよ]

                 その後 もう一人の伝言も
[あ 今のはつんく♂さんが来てねぇ 帰ったら読んでだってさ~あいにく出かけてたからね
   そうそうこの前入れてくれたコーヒーすんごく美味しかったー そんだけ~~♪]
    ノートを閉じて 自慢のコーヒーを一口 やっぱり私はリゾナントが大好きだ



次回かなしみ戦隊リゾナンターミラクルズ「友達(♀)が気に入っている男からの伝言」

          廊下では小春が腕を組みながら立っている


       「小春 今日も能力の調子が悪かったなぁ・・なんでカナ?
       それに前よりも弱くなっていってるみたい・・・どうして?」
           身体は小春に重大な異常を伝えていた





(36)835 「パープルウインド」 2009/11/26(木) 07:27:55.71 0


次回予告
   トンネル工事の現場を敵が襲撃 駆けつけたリゾナンターだがれいなと小春が敵の工作により
  多くの作業員もろとも狭いトンネル内に閉じ込められてしまう! 外では他のメンバーと敵能力者の
    操る重機が激しいバトルを展開!・・・何故こんな場所を襲うのか?時間稼ぎなのだろうか?

          れいなと小春は負傷者を見つける為 真っ暗なトンネル内を探索
灯りが欲しいと小春に電気供給・スパークで照らすように要求するが 小春は調子が悪いと拒んでしまう
    (本当はチカラを使用したら また自分が弱くなってしまうのではないか と思ったからだ)
       仕方なくれいなはパイロキネシスで人工太陽を作り救助を開始 しかしこの事が
     トンネル内の酸素をかなり消費してしまう結果に・・ 内部を外から調べていたさゆみは
       救出にかなりの時間が掛かる事 そして酸素が不足してきている事を感知する
   思ったよりも長引く戦闘でトンネル内の酸素はもう後残り僅か このままでは生命の危険が


     その時 絵里は風が内部に通じる僅かな隙間を発見 すぐさま外気を送り込むのだった
        トンネル内にめぐる新鮮な空気 何故か皆その風に勇気付けられた気がした
                 -その風はある花の香りが混じっていた-
        亀井は偶然 後ろに咲いていた花の香りを風と一緒に運んでいたのだ
      そしてもう1つ偶然にもトンネルの壁に風が当たり不思議な音色を奏で出す

              助け出された作業員がマスコミの取材にこう応えた
      『風が唄っていたんだよ あといい花の香りがしてな だから何も怖くもなかった』

         リゾナントで小春はテレビの画面端に映るあの花を図鑑で調べる
           【リンドウ・紫紅色の花・9~11月に開花・花言葉は・・・・】


次回かなしみ戦隊リゾナンターミラクルズ「パープルウインド」

       小春はその花言葉が頭にこびり付いて離れない 絵里の後姿を遠くに呟く


       「花言葉は 強い正義感・的確・悲しみにくれているあなたを愛する・・・」
        なにか忘れているような気がした 忘れられて寂しがっている誰かを







(36)861 「女子かしまし物語3」 2009/11/27(金) 07:48:30.63 0



次回予告
   <つッ次のキス予測地点は・・・まッ間に合わないぃぃぃー・・・うあァ!! byさえみ>

    最後の生き残りである愛佳が極度に危険な酔っぱらい娘。さゆを捕縛!・・しかし
    まさかのさえみんトラップ!フリーズしたさえみが ピアノ線で吊るされた姿であった


   「捕まえた!あっホクロの位置がちゃう これはペッパーのさえみさんや! うッ!・・」
    再び現れたピンクの悪魔 リゾ&ペッパーを蹴散らし すでにリゾナント内に侵入!
     店内に仕掛けられたいくつもの罠が作動するが悪魔の動きは止められない


            「うふふふふうふふふふふふふふふふふふふふふ」
次にお客が標的になるのも時間の問題であった ならば我らがと立ち上がるオヤジ達がいた!
           『相手がキス魔ならしょうがないよね・・グヒョヒョヒョヒョ!
   うむ我らはピュアだから仕方ないな さぁかかって来い!!さあ!』  ≪ビシッ!!≫  
あんた達目的が違うでしょ と何者かにつっこまれるオヤジ『サーセンw うお!あ あなたは・・・』
    ・・・お客に背後から忍び寄る悪魔 接吻しようとした瞬間 そのお客が振り向いた


                       ヤススだった
          さゆは急には止まれない そのまま・・・≪ズキュウウゥン♥≫


                      -停止する時間-


                      「うええ おええ」


次回かなしみ戦隊リゾナンターミラクルズ「女子かしまし物語3」



 惨劇(3)の数日後 れいながテレビできらりちゃんを見ている「・・?」映し出されるきらりは
     何処と無く元気が無い様に見える・・・ れいなの隣を腕を組んで横切る小春


(キス?・・・おやすみのキス・・そう言えば小さい頃 誰かにしてあげたような・・・思い出せない)






(36)956 「Yes!POCKY GIRLS」 2009/11/30(月) 20:26:13.27 0



次回予告
  敵部隊との交戦中 ライフル弾が小春の弱体化した電磁バリアーを破り愛佳の肩に!
     自分の傷は癒せない愛佳 しかし彼女はすぐに戦闘に参加しようとする
                   小春はそんな愛佳に


「愛佳何で 何でそんな重傷を負ってまで戦おうとするの ・・どうしてそこまでみんなの為に
  小春・・・分からないよ 小春・・最近 上手くいかないし もう頭がおかしくなりそうだよ
    • 愛佳それ痛いんでしょ?後ろに下がっていようよ ごめんね小春がちゃんとしてれば・・」


    「・・なにお菓子みたいな甘たるい事ゆーてますか久住さん・・みんなは今
     戦ってるんや!・・そんなポキポキ心が折れとったら やってけへん!!」

     戦闘終了後 ついに小春は今まで黙っていた身体の異常を打ち明ける


  小春の身体を心配したメンバー達は 直ちに治療の為の対策を練ろうとするが


次回かなしみ戦隊リゾナンターミラクルズ「Yes!POCKY GIRLS」


       「みんなに言ったってさ治るはず無いよ・・もう小春のチカラは
       ほとんど空っぽだもん・・小春はもうタダの女の子なんだ・・」
 少しずつ削れゆくチカラみたく 小春の心も削れ脆くなり折れかけようとしていた






(37)015 「卒業旅行~モーニング娘。旅立つ人に贈る唄~」 2009/12/01(火) 22:05:53.43 0



次回予告


 「能力の使えなくなった小春には存在価値なんて無い リゾナンターそしてモーニング娘。には
      いられない いちゃいけないんだ・・・みんなさようなら・・さよならリゾナント・・・」
          モーニング娘。を辞めると書き置きを残し飛び出していった小春
 そんな彼女の居場所を必死で探すメンバー 飯田マネージャーから掛けた電話も繋がらない

    街の路地をただぽつぽつと歩く さっきのよりもっと狭い路地を歩く その次はもっと
     小春は歩みを止める いや動けないのだ!敵能力者のレクイエムによって!!
能力者は唄を聴いた相手の筋肉を石のように硬直させる事が出来るセイレーン遊鬼鈍(ユキドン)
        その唄は直接頭に響き 近くの者ならば防御する事は出来ないだろう
ついにメンバーが小春を発見! しかし敵能力者は彼女を囮に路地に潜む・・・下手に動けない

!? 里沙が路地を進む・・・マインドコントローラーは自分の頭を操作する 唄は音に代わった
       鋼線が瞬時に相手を操り人形にすると 小春は“ドシリ”と倒れるのだった
          『やる・・な・・・だがその娘・・助からないわよ・・・フフフ・・・』
   長い間セイレーンの唄を聴いていた小春の筋肉硬直は身体の外側だけでは収まらず
その影響は内部の心筋へと・・・心臓の動きがおかしい・・・このままでは小春の命が危ない!!


              「い・・いいんだ 小春・・なんて・・このまま・・・」

   リゾナンター施設の医師や都内の優秀な医師でもこの石化の治療はお手上げ状態
  医師の一人がポツリと言ったある人物の名・・『Dr.マルシェ』だがそれは伝説の人物の名
 不可能を知らない天才奇才変人 賢者の石とアンブロディアの種を体に埋め込みその力で
  怪物を生み出し 死すら治すと言う噂もある 本当にそんな人間が存在するのだろうか?


「・・いた いたよ!確かにそんな名前の人物が!以前私が所属していた組織ダークネスに!」


次回かなしみ戦隊リゾナンターミラクルズ「卒業旅行~モーニング娘。旅立つ人に贈る唄~」

   里沙の記憶に全てを賭ける!だがそのDr.マルシェの行方・正体とは一体???






(37)048 「直感~時として恋は~」 2009/12/02(水) 21:53:36.07 0



次回予告
  石のように硬くなってしまった小春の体を治療する為 リゾナンターはDr.マルシェの居場所を探る
   リゾナンター組織の情報収集だけではなく 市民や元ダークネス構成員達ともコンタクトを取る


          「・・ぬ?・・なんで・・・そこまでして・・・私の為に・・危険な事を・・・」

    寄せられる情報を元にDr.マルシェがいると思われる研究施設をようやく発見するのだった
   そこはなんとOYDの施設という情報も・・・Dr.マルシェはかなりの資金と場所が必要 ここだ!
       リゾナンターは研究施設を急襲!そこで立ちはだかったのはなんと美勇伝!
      3人はまた新たに出来た組織OYDに乗り換え 用心棒として仕えていたのだ!


       「あら リゾナンターちゃんじゃないの おひさ~♪・・どうしたの真剣な顔して」
   「今はまた敵同士!いくでぇ~~」「リーダーにジェットビューティフルアタックをかける!」
  Bフォーメーション三位一体の攻撃が迫る!愛がメンバーにテレパスで瞬時に行動を伝える


     「来る!!」迫る1体目に愛は風のチカラを借りて飛翔 頭に飛び乗り攻撃を回避!


 「エ エリカを踏み台にしたぁ!?」そのまま続く2体目ユイに炎のチカラを借りた掌底を打ち込む!
            「ユイが…やられた……」愛に気を取られていたリカを
       鳥化した空中のリンリンに掴まるパンダがフライングボディーアタック!!!
           「イシカワさん イシカワ…さん  イシカワさぁぁぁん……」
     戦意喪失状態のエリカ 直感で伝えた作戦が見事に効を奏し勝利するのだった!!

     施設を探索 だがここにはDr.は居ないようだ メンバー達は落胆の色を隠せない・・・
  ボロボロの美勇伝にDr.マルシェの名をさりげなく言ってみる愛 なにか以上にそわそわしている
リーダー愛はまた直感で3人がDr.マルシェと面識があり 更に研究所に行った事があるのでは?と睨む
   トラウマなのか震えて嫌がる美勇伝を無理やり連れてテレポート 発動の光が上がるのだった


次回かなしみ戦隊リゾナンターミラクルズ「直感~時として恋は~」

   もう私達に時間は無い!3人の記憶の先に必ず!この直感を信じて光の粒になるだけ!!







(37)083 「「すごく好きなのに…ね」」 2009/12/03(木) 21:36:30.55 0



次回予告
     美勇伝が導き出した場所 その怪しげな研究所にDr.マルシェはいた!!


 「ヒイィッッ!うわああああぁあぁぁ」Dr.を見るなり突然真っ青になり逃げ出す美勇伝達
     この3人とDr.との間に何があったのかは リゾナンターには知る由もない
  Dr.マルシェも前組織壊滅の後 新しく出来たこの組織内で研究に没頭していたのだ
    突然の出来事にメガテンな彼女だが リゾナンターの話を熱心に聴いている・・
     どうやら噂の悪魔ような恐ろしい人物ではない様子?すると小春の身体を
 怪しげな装置にかけ たちまち治療してしまう 喜ぶリゾナンター達!!だが小春はまた


      「でも 能力は前のまま・・あのまま小春死んじゃえば良かったんだ・・・」
           少しずつ削れていく自分 そんな小春をジュンジュンは


   「くっすみサンのバカッ!!な 何でそんな事言うのカ!?私 元気な久住サンの事
    すごく好きなのに…みんなだってそうダヨ!すごく好きなのに…なのに!!!」
                「なにも分かってないダヨゥ・・・・」

     沈黙を破りDr.マルシェは淡々と小春の身体に起こっている異常を報告する


「えーと・・・あと心配なのは能力の消滅ですよね 小春ちゃんあなたの身体にはナノマシンが侵入
  活動しています このナノマシンは能力者のエネルギーを活動源としている よって能力を
しばらく使わなければナノマシンはやがて体外に排出されるでしょう それが一番の治療方法です
   しかし もし今度能力を使ってしまったら・・・・活性化したナノマシンがあなたのチカラの
       原点・素質まで吸い尽くし 2度と能力が使えなくなるかもしれませんよ」

 小春の能力回復に1つの光が射す しかしそれは長期の能力封印という痛い治療法だった


次回かなしみ戦隊リゾナンターミラクルズ「「すごく好きなのに…ね」」


 「へ~さっきのが・・・3人が良く話してたリゾナンターか~ フフっすごく面白そうだわぁ~w」





(37)117 「がんばっちゃえ!」 2009/12/04(金) 22:00:11.16 0



次回予告
   あの後 里沙はマルシェに2つの相談をしていた 1つはなつみが闇のチカラ(ピンチャポー)無しで
    生存可能にしてもらう事 もう1つは・・小春の身体の事ではない 自分のカラダのことである
        そうアノ部位の事である 大切な事なのだ Dr.マルシェもその研究に乗り気だ!
  研究材料を求めあの場所へ 凡奇湯へと だが肝心の凡奇湯は女将からの手紙によると数ヶ月前に
 枯れてしまったとある これは由々しき事態!!しかし望みはまだある!こちらにはジュンジュンという
        穴掘りマシンと それをさらに強化出来るドーピング剤の愛がいるからだ!!
私は欲望のままに2人をマインドコントロールする バナナ食べ放題!&宝塚役者が宿泊中なのだ!と・・
       深夜 宿に着くなりまんまと連れて来た2人を機械に変えると ・・・悪く思うな・・・


  「さぁ がんばっちゃえ!あなた達の求めるモノはこの下よ!!(そして私の求める姿もね・・フフフ)」

imageプラグインエラー : ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (panda.pngai.png)
    2体のマシンが物凄い勢いで枯れた凡奇湯を掘り進めていく 現場監督の里沙も驚く程に!!
      -そ……そう言えばDr.マルシェの研究ノートに書かれていた!人間の脳は未知の器官!
我々の知らない力が眠っている可能性が充分ありうる…と!欲望はそれを呼び醒ますものなのか!?-
      だが いくら穴を深く幾つも掘っても湯が湧き出る様子はない・・時間だけが過ぎて行く
        やがて里沙はウトウトと眠りに落ちてしまっていた 操者を失った機械は・・・


              ハッ!?と目覚める その時 里沙が見たものとは!?


次回かなしみ戦隊リゾナンターミラクルズ「がんばっちゃえ!」

掘る場所を失い旅館を破壊し始めた2人の姿だった 隣に鬼の気配 女将中澤が物凄い形相で里沙を・・
   その恐ろしさにキュッ!と縮こまりウッカリ能力を解除 我に還った2人も里沙に詰め寄る!!


       「ひ…ひと思いに右で…やってください」-すると愛がテレパスでNO!NO!NO!-
       「ひ…左?」-NO!NO!NO!-「り…りょうほーですかあああ~」-YES!YES!YES!-
         「もしかしてぬぅん!ですかーッ!?」-YES!YES!YES! "OH MY GOD"-


     『ぬぅぅぅんんんんッ!!!』BOMB!!! 里沙・マリコ・新垣 再起不能(リタイヤ)






(37)215 「秋麗」 2009/12/07(月) 11:33:05.23 0



次回予告
                秋の麗かな午後の喫茶リゾナント
   今日はお客さんも疎ら 愛は店内をゆっくり見渡すと日課のノート捲りを始めた
        お客さんの声に混じってれいな達のお喋りが聞こえてくる・・・
         いつの間にかコクリコクリとして・・眠ってしまったようだ・・・

     そんな麗かな空間を突如引き裂いた大きな悲鳴!!騒然とする店内!


         「アイヤー・・・高橋サン 見て下さいあそこ やばいデース」
リンリンが指差す天井付近にいつの間にか黒い靄が掛かっている その靄が窓へと移動
  するとガラスが曇り始め 突如 窓に浮かび上がる・・指でなぞった後のような文字

              【だれか・・・ねぇ・・・ねぇ・・・だれか・・・】

愛はノートの最後のページを開いていた するとそこにも同じ文字が!能力者なのか!?
リゾナントを襲う 数々の怪奇現象 里沙によると筆跡がアヤのものと良く似ていると言う


                -アヤは何処かで生きている?-
  そのアヤが私達に助けを求めているとも取れるメッセージを残した・・・・どうして?


次回かなしみ戦隊リゾナンターミラクルズ「秋麗」

窓を見ると なぞられた文字の裏で木々の紅葉した葉が映り込み 赤い血の様に見えた






(37)248 「女神~Mousseな優しさ~」 2009/12/08(火) 09:21:59.03 0



次回予告
     光井家の近所に住んでいる少年 彼は愛佳の事を魔法使いのお姉ちゃんと呼ぶ
  少年はいつも幼稚園から帰ると 愛佳が夕方学校から帰宅するのをコッソリと待っている
   そして壊れたオモチャや わざと怪我をしてきたであろう 膝っ小僧を見せては笑顔で
 こう言うのだ 『ねぇねぇお姉ちゃん 魔法使いの優しいお姉ちゃん!これ治してください!!』
        そのつど壊れたオモチャは電池を換えて 怪我は私のチカラで治した
     そんなやり取りが続いていたが ある日 少年は1羽のセキセイインコを手に

             愛佳の前に現れる・・・・いつものように笑顔で

         あきらかにそのインコは死亡していた おそらく老衰であろう
      『ねぇねぇお姉ちゃん 魔法使いのお姉ちゃん!これ治してください!!』
            愛佳は少年から冷たくなったインコを受け取ると


「お姉ちゃんな・・ボクのインコを治す事は出来ひんのや いじわるゆるしてや オモチャと違ってな
  この子はもう死んで・・・・」『ウソだ!今まで何でも治してくれたのに!ねぇ治してよぅ!!』
  [少年はインコが死んでしまった事は本当は分かっていた 笑顔で堪えていた涙が物語る]
     その場を飛び出していってしまう少年 愛佳は家を訪ねるとインターホン越しに


      「ボクはこの子を大切にしてたんやなぁ せやからごっつ幸せな顔しとる」
        『・・・・』「そうや・・なぁ名前は何て言うたん?」『・・・・』『・・・ピッピ』
 「愛佳お姉ちゃんはピッピを生き返す事は出来やん・・でもなボクにはピッピの思い出がある
   お姉ちゃんには知らへん思い出がな その思い出がボクの中でずっと生き続けるんや
それは魔法には出来ひん!凄い事なんやでぇ!だから最後にもう1つピッピの思い出を作ろう
     ボクとそしてこの愛佳お姉ちゃんの心にも生き続ける思い出をなぁ」『・・・・うん』


    夕陽が照らしムース色の玄関の扉が開くと 愛佳は少年をふわり優しく抱きしめた


次回かなしみ戦隊リゾナンターミラクルズ「女神~Mousseな優しさ~」

僕の家の庭には小さなお墓がある 魔法使いと一緒に作ったお墓 思い出はいつまでも僕と共に






(37)277 「なんちゃって恋愛」 2009/12/09(水) 09:11:17.83 0



次回予告
   敵の攻撃により里沙となつみがショッピングモールのエレベーター内に閉じ込められてしまう
外ではリゾナンターとメロンシリーズらが戦闘!奴らは以前より力が上昇して来ている 長期戦は必至
       せっかくの安倍さんとの楽しい楽しいお買い物タ~イムを邪魔されてしまい
      里沙はかなりイライラしていた それを察したのか なつみが場を和ませようと・・


     「SOS!SOS!リゾナンターさん聞こえますでしょうか?こちらナッチどーぞー!」
  腕の時計を通信機に見立てて何やらふざけ出した 里沙もしょうがないなーという感じで応える


      「こちらリゾナンターライトグリーン!命に代えてでも安倍さんを救出します!!」
    「やっだーッ!私の王子さまみたい ふふーっ・・あはははは・・」「ふふふふそーかも♪」

         その頃外ではようやく敵を退けたリゾナンターが2人の救出を始める

           狭い箱の中では まだまだ楽しい2人だけの時間が続いていた
   やがて扉がこじ開かれリゾナンター参上!!・・・?なんだか2人共ニコニコしていて元気だ


         「なによぅ~来るの早すぎー!せっかく面白い所だったのにぃ~www」
                すると心配損なメンバーからエ~イングがw

      その夜 なつみは里沙にメールを送信しようとしていた ボタンを押そうとした瞬間に
           里沙からメールを受信するという ちょっとしたミラクルが起きる


             (あの子が私の心を操ったのかしら?なんちゃってね!)
        あの子のメールの始まりはいつもこう[ 大好きな安倍さん、]だから私はさ・・


次回かなしみ戦隊リゾナンターミラクルズ「なんちゃって恋愛」

   [ 今日はいろいろあってビックリしたー!!!私の【身体】もう治ったよ♪ 本当にありがとう。
   これからもガキさんの憧れとして(●´ー`)は頑張るからね!おやすみ 大好きなガキさん。]





(38)022 「無色透明なままで」 2009/12/10(木) 09:09:15.02 0



次回予告
       研究施設侵入時に手に入れたOYD施設への重要物資輸送計画書 この計画を阻止・輸送機奪取が出来れば
           敵に大きなダメージを与える事が出来るだろう 輸送予定は今夜 リゾナンターはこれを実行する!
          ブリーフィングにDモービル改めリゾナンカーDの姿 他のリゾナンカーの支援・工作役として参加する

     作戦開始 計画書通り予定地点を通過する敵大型輸送機『モスマン』 奴は電子支援機である『スカイフィッシュ』により
   レーダーに映らない さらに攻撃支援機『チュパカブラ』が四方を囲んでいる 正面からの攻撃では輸送機を奪う処かこちらに
   多大な損害を受けるであろう そこで光学迷彩ボディーを持ちステルス性能が最も高く 工作用装備仕様のDを電子支援機に
 まず単独で接近させる Dがビルの谷間を超低空飛行 そして一気に上昇 上手く取り付いた!直ちに敵機を電子ジャックを開始し
       電子支援を阻止『コレデ奴らは丸裸だ』さらにこの機を使ってこちら側に電子支援開始!!状況は逆転する
      ここで後方待機していたリゾナンカー各機が合流 戦闘開始!敵攻撃支援機は電子支援によって弱体化 行ける!
     それでも激しい戦闘の中 輸送機にメンバー愛・絵里・光が侵入成功!操縦室へと移動・制圧を開始するのだった!
            電子支援機にもメンバー里沙・ジュンが侵入 操縦室では数人の敵能力者が待ち受けていた!
      戦闘の末に敵は 操縦室内で自爆 メンバー2人は室内に閉じ込められ さらに操作不能の支援機が下降を始める
  真下にはまだ住宅街が広がる ここで不時着させる訳にはいかない!ここで輸送機奪取成功の知らせ!愛ら3人が合流する
             メンバーからの念動力や風のチカラで持ち直そうとするが近くの滑走路までまだ距離が
          『・・・私にマカセロ』電子支援機と繋がったリゾナンカーDがフルスロットルで持ち上げるている!!


  「だめだ!もう離れろこのままでは支援機と滑走路の間で潰されるぞ!」『ソレハ出来ない 今離れればコノ仲間が乗っている
機が墜落 更にリゾナンカーの電子支援が消滅 戦闘中のお前達が危険だ ソレニ支援機を操る工作装置とソノ動力は私の尾翼内だ
    私が潰されても暫くはステルスは解けナイ 大丈夫 上手く出来るさ』『このままでいい・・・このまま・・・無色透明なままで』
       鑢の様な滑走路が!少しずつ迫る! その時だった れいな・さゆみが乗ったリゾナンカーがDに急速接近!!


    「ちょっと痛いかもしれんけん!我慢しとーとよぉ!!!」れいなの炎が尾翼を焼き切りると そのまま横っ腹に体当たり
   尾翼部分だけ残し地面スレスレでDをかっ浚ったのだった!!戦闘に支障無し 支援機も無事着陸成功 歓声が上がった!


次回かなしみ戦隊リゾナンターミラクルズ「無色透明なままで」


      「ますます気に入ったちゃ!だけんあんまり無理せんとね!・・ん?泣いとーと?」『少しオイルが漏れただけさ』
        -オイルで滲んだメインカメラには無事作戦を終えて各機から私に走り寄るメンバーが映り込んでいた-











最終更新:2014年01月25日 13:05