(29)364 タイトルなし(『裏切ったのは誰』リゾナント作)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



「命と引き換えにして、やるべき事があなたにあるの?」

彼女はそっと眉をひそめて言った。
俺のやるべき事…

「それを知りたいんだ」

俺がそう言った時、彼女の唇が細かく震えているのが見えた。

「きっと後悔する事になるわ」
「後悔?一体何に?何も分からないまま、何も思い出せないまま生きていけって言うのかい?俺にだって守れるものがある筈だ!」
「あなたを危険にさらしたくないの」
「俺はどうなっちまうかなんて、そんな事どうだっていい!」

俺が声を荒げた瞬間、彼女の目の奥にぎらり、と何かが揺らめいた。

「今、何て言った?」

言葉に刃の鋭さがあった。…彼女の目にあるものは…怒り?

「“なっちなんてどうだっていい”って言ったわね…?あの人を馬鹿にするのは絶対に許さない」

いや、俺はそんな事…

―ぬぅん!

稲妻が俺の顎を貫いた。意識が吹っ飛ぶ瞬間に、それが彼女の拳だって事が分かった。

ちなみに記憶はまだ戻って無い。