企業の長所

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



企業体

企業は個人と比較して大規模であるため、ダムの様な効果がある。「人、もの、金」を一時的にストックする力があり、それによってフローを制御することができる。大きな規模の事業ができることも企業の特徴であり、社会に対して大きな影響力を持つ。

経営に際しては個人レベルではなく組織としての判断が可能であり、チェック機能を用いることで大きな間違いを起こし難い体質である。

企業内のみならず、多くのステークホルダーがいることから、物事をロジカルに表現して体系化することが得意である。個人レベルではない集合知を生み出しやすい環境を作り出し、統制の取られたチーム力を発揮できる集まりである。

事業性

時代や人が変わっても事業を継続することが可能であり、それによって伝統や経験といったものが引き継がれている。組織としての責任力が強く、ルールや納期、品質等を厳守する仕組みや文化が出来上がっている。そのため顧客は安心してサービスや商品を購入することができる。

近年ではCSR(corporate social responsibility)活動が注目されており、営利目的の活動以外でも、社会貢献を目指すことが多い。社会の一員として、個人レベルではなし得ない取り組みを行う企業も多くある。

方向性

企業には大きな目標となるべく旗や看板がある。従業員のみならず、関係者(ステークホルダー)全てがこの方向性に対して集まり、企業運営をサポートしていく。そして培われたブランドによって、共通のイメージを持つことが出来る。一つのアイデンティティとして扱われることが多い。

サービスや商品といったように、企業活動のアウトプットを明確にしており、組織としての役割を明確にし、明確なゴールを描きやすい活動となっている。実績や結果を数値化し、事業の状況を簡単に把握できる状態を作り出している。

組織はゴールに向かっての最適な集まりを作り出し、役割を明確にして短期間でローコストでの実現に対し、日々努力している。その積み重ねが企業体力をつけることにつながり、より強い方向性を見出している。

安定性

企業は社会に対して様々な安定をもたらす。人々が生活する上で必要な基盤提供、雇用を生み出し守ることにより、個々が経済的に困らない環境を作り出す。物質のみならず精神的な安定材としての役割も担っている。

社会インフラ事業を中心に、社会全体の営みを安定させている。ライフラインといわれる事業においては、サービス断を極力起こさないための努力がなされており、安心して生活できる基盤を提供し続けている。

働く人にとって、安定的に給料が支払われることはとても重要である。これにより、衣食住の確保に始まり、余暇や自己研鑽などに対してお金を使うことができ、人間性を高める手助けとなっている。学生が安定的な企業を求める傾向にあることに対して負の部分が取り立たされるが、一方で自由な活動をするための安定基盤づくりと捉えることもできる。

居場所

社会に出る多くのものにとって、企業とは社会的な居場所となっている。家庭とは別の帰属先であり、働く人にとって安心感を与える。人としての土台を作り、創造的な活動ができる環境を生み出している。

社会における役割を与えており、働く人にとって自分の活動が可視化されることにより、充実感を満たすことができる。

働く人の成長

企業では業務の役割によって部署やポジションが決められていることが多い。そして定期的に人事異動をすることによって、組織の活性化を目指しているが、働く人にとっても多くの経験ができる。身近にスペシャリティを持った人がいることから、テキストには書かれていないことも教わり、成長することが出来る。

企業での成長は実践に基づくため、体感した経験となって蓄積されていく。頭で考えるだけでなく、自らの体験がベースとなるため記憶から消えにくい。長い年月を経て成長をしていく。

学校生活とは違い、課題を自ら見つけることが必要であり、そういった力が養われる。答えも自分自身で創りだし、個人とチームの使い分けを覚えていく。また自らの経験を他者に教えることにより、相互に理解が深まっていく。

関係性

企業には多くの人が集まることから、絆や繋がりができてくる。人が生きる上で自分ひとりではないということを日々実感することができ、社会からの疎外感を受けることなく生きていける。事業という方向性が定まった中での集団であり、統率力があり互いに信頼感を持って活動可能である。

サプライチェーンが強くなった現代においては、他社との協業も増えてきており、一社では成し得ない事業に対して、同業/異業種問わず協力し合い、事業を提供している。













最終更新:2011年10月14日 10:46
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。