イチローと一郎の見分け方

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

平成の落首:イチローと一郎の見分け方
(追記を手伝ってくれる方大募集!from管理人)



敬遠されるのがイチロー 敬遠されるのが一郎
金を掴んだイチロー 金を掴んだ一郎
裏で努力するのがイチロー 裏で努力するのが一郎
麻生首相を喜ばせたのがイチロー 麻生首相を喜ばせたのが一郎
ヒットで「やった」と言うのがイチロー 「秘書がやった」と言うのが一郎
九回の裏に活躍するのがイチロー 政界の裏で暗躍するのが一郎
祝ってもらうのがイチロー 岩手をもらうのが一郎
失策が嫌いなのがイチロー 金策が好きなのが一郎
野手も投手も出来るイチロー 野党の党首しか出来ない一郎
ネクストで期待するのがイチロー ネクストで絶望するのが一郎
(´ー`)イチローに期待してます <ヽ`∀´>いちろうにきたいしてるニ・・・してます
「イキそうになりました」とテロップで流れたのがイチロー 「秘書が起訴されました」とテロップで報じられたのが一郎
「こんちくしょう」と最後の力をふりしぼったのがイチロー 「金竹小」の中で最後につかまるのが一郎
「どうしようもない僕に天使が降りてきた」のがイチロー 「どうしようもない僕に天罰が降りてきた」のが一郎
「まだまだこれから!」と感じさせるのがイチロー 「まだまだこれから・・・」と感じさせるのが一郎
大人気なのがイチロー 大人気無いのが一郎
「やっぱりこの人!」と言わせるのがイチロー 「やっぱりこの人…」と言われるのが一郎
「心・技・体のイチロー、 審・疑・逮の一郎」
「僕は持ってますね」と自分で評したのがイチロー 「違法認識を持ってますね」と地検で秘書が訊かれたのが一郎
10回にヒット打ったイチロー 二階と日本売った一郎
10回表に2点取ったのがイチロー 事務所の裏で2億取ったのが一郎
2チャンネルにふさわしいのがイチロー(関西的な意味で) にちゃんねるにふさわしいのが一郎
2点(決勝で)入れたのがイチロー 2億(西松から)もらったのが一郎
TBSの美人局アナを引っ掛けたのがイチロー KCIAの美人局に引っ掛かったのが一郎
アサヒビールはイチロー 朝日がビビるのが一郎
あざやかにヒットを放つのがイチロー あざとく秘書を鼻でつかうのが一郎
あっそう、と韓国を受け流せるのがイチロー 麻生と韓国を受け流せないのが一郎
あっそうとメディアの批判を流すのがイチロー 麻生の批判をメディアで流すのが一郎
イザというとき決めるのがイチロー イザというとき逃げるのが一郎
イチロー「イチロ、イキまーすっ!!」 一郎「土建屋だからさ・・・」
イチローの後に、道が出来る 一郎の後には、野糞が出来る
イチローは、ICHIRO 一郎は、JICHIRO
イチローはシアトル 一郎はオワトル
イマ、最も目立ってるのがイチロー クマ、最も目立ってるのが一郎
インローのクサイ所をカットして粘るのがイチロー 陰謀くさいなどと管と言って粘るのが一郎
エンジン全開で爆発するイチロー 献金公開で墓穴を掘る一郎
おいしいところを頂くのがイチロー まずいところを暴かれるのが一郎
オールスターでいつも姿を見るのがイチロー 民主ポスターからいずれ姿を消すのが一郎
オリックス、マリナーズと渡り歩くのがイチロー 田中、金丸と渡り歩くのが一郎
お笑いマンガ道場を見て育った鈴木イチロー お笑いなのが小沢一郎
カキーン!イチロー 課金ー!一郎
かつてオリックスにいたのがイチロー これから檻で屈するのが一郎
カレーが好きなのがイチロー 加齢臭がするのが一郎
カレーが好きなのがのがイチロー カネが好きなのが一郎
キューバを凌いだイチロー 急場をしのげない一郎
クールなのがイチロー グルなのが一郎
くさい球をカットして甘い球を待つのがイチロー くさい金をゲットして甘い汁を吸うのが一郎
ゴールデングラブ賞なのがイチロー ゴール手前でグラついたでしょうなのが一郎
ここぞというところで闘志を燃やすのがイチロー ここぞというところで証拠(or事務所)を燃やすのが一郎
ここぞと言うとき頼れるのはイチロー ここぞと言うとき倒れるのは一郎
ごちろうさまと言うのがイチロー おかわりと言うのが一郎
これからの見本にはイチロー これまでの日本には一郎
ゴロでもセーフになるのがイチロー ゴロ寝で政府を叩くのが一郎
ゴロを出して叩かれるのがイチロー ボロを出して叩かれるのが一郎
ゴロを打ってもヒットになるイチロー ボロをだしてアウトになれ一郎
ザ・スターとして言いたい事が言えるのがイチロー ガスター飲んで胃痛い事も言えないのが一郎
さすがとしか言いようの無いのがイチロー ヤクザとしか言いようの無いのが一郎
さっそく調整を見据えているのがイチロー さっそく死兆星が見えているのが一郎
サムライジャパンなのはイチロー トムライジャパンなのは一郎
シアトルに行くのがイチロー 網走に行くのが一郎
しっかり結果を残したのがイチロー うっかり証拠を残したのが一郎
シュッとしてるのがイチロー 出頭するのが一郎
すきを見て次の塁を盗むのがイチロー 詐欺でもって国民の目を盗むのが一郎
スターなのがイチロー ホシなのが一郎
スローイングの精密さに定評があるのがイチロー ロンダリングの巧妙さに定評があるのが一郎
センター前にヒットするのがイチロー 選挙前に逮捕されるのが一郎
そで下にこだわるイチローの打席 そでの下にこだわる一郎の宴席
タイムリーなイチロー 絶対無理な一郎
タイムリーを打ったのがイチロー タイムリーにゲロられたのが一郎
ダブルスチールが鮮やかなのがイチロー ダブルスタンダードが浅はかなのが一郎
ダルを援護するのがイチロー ダムで談合するのが一郎
だんだん良くなるのがイチロー だんだん欲が出るのが一郎
チームリーダなのがイチロー 談合リーダなのが一郎
ちちろーが付けた「鈴木一朗」 自治労が賭けた「小沢一郎」
チャンスでバット振るのがイチロー チャンスを棒に振るのが一郎
チャンスで打つのがイチロー 民主で鬱なのが一郎
チャンネル釘付けになるのがイチロー いま2ちゃんねるが釘付けになってるのが一郎
チャンネル釘付けになるのがイチロー チャンネル変えられてしまうのが一郎
ツボにはまるのがイチロー 坪にはまるのが一郎
テンション高いのがイチロー マンション高いのが一郎
どうにかするのがイチロー どうかしてるのが一郎
ドーピングチェックを受けたのがイチロー 家宅捜索を受けたのが一郎
どきどき、させてくれるのがイチロー ワクテカ、させてくれるのが一郎
トリをつとめるのがイチロー トリがみつめるのが一郎
どんなに困難でも頭角を現すのがイチロー どんなに国難でも倒閣するのが一郎
どんなに誹謗中傷を浴びようと諦めないのがイチロー どんなに誹謗中傷を浴びようと辞めないのが一郎
ナショナリズムを巻き起こしたのがイチロー ナショナリストを怒らせたのが一郎
ニッサンでシブいのがイチロー オッサンでデブいのが一郎
ニッポンは諦めないのがイチロー ニッポンを諦めないのが一郎
ハートに火をつけるのがイチロー 鳩が引いていくのが一郎
バーモントカレーはイチロー パー券もっと買え~は一郎
バッティング技術に定評があるのがイチロー ロンダリング技術に定評があるのが一郎
バットコントロールがうまいのがイチロー メディアコントロールがうまいのが一郎
バットで結果を出すのがイチロー バッドな結果を出すのが一郎
バットの行為が抜群なのがイチロー バットな行為が抜群なのが一郎
バット操作を語るのがイチロー 国策捜査を騙るのが一郎
パフォーマンスだけに終わらないのがイチロー パフォーマンスでさえ見苦しいのが一郎
ビールで男泣きするのがイチロー ヒールで嘘泣きするのが一郎
ピッチャー返しするのがイチロー 手のひら返しするのが一郎
ヒットが肝心なのがイチロー 秘書が韓人なのが一郎
ヒットが話題になるのがイチロー 秘書が話題になるのが一郎
ヒットで稼ぐのがイチロー 票で稼ぐのが一郎
ヒットを打つのがイチロー 一芝居打つのが一郎
ピンチな時でも盗塁するのがイチロー ピンチな時には闘病するのが一郎
ピンチになると燃えるのがイチロー ピンチになると燃やすのが一郎
ピンチをチャンスに変えるのがイチロー チャンスをピンチに変えるのが一郎
ファウルで粘るのがイチロー ファウルなのに粘るのが一郎
ファンを裏切らないのがイチロー 不安を裏切らないのが一郎
ホームランがイチロー ブーメランが一郎
ホームランを捕っちゃうのがイチロー ブーメランが帰ってきちゃうのが一郎
ボテボテで生きるのがイチロー 後手後手で逃げるのが一郎
マジの勝負にてヒット打つのがイチロー マジでジャバ・ザ・ハット似で鬱なのが一郎
マスゴミに叩かれても国民を沸かせる☆イチロー マスゴミが叩かないので国民を怒らせる一郎
また一つ壁を越えたのがイチロー また一つ金に換えたのが一郎
むちゃくちゃ出来る男イチロー むちゃくちゃ言う男一郎
ムネリンに支持されるのがイチロー ゼネコンに支持されるのが一郎
メガント打てるのがイチロー 目が垂れてるのが一郎
メダルが似合うのがイチロー 金ねだるのが得意なのが一郎
めちゃくちゃミートがうまいのがイチロー めちゃくちゃみっともないのが一郎
モデルになるのがイチロー モラルがないのが一郎
やった事が記憶に残るイチロー やった事が記憶にない一郎
やってくれたのがイチロー やってくれたのが一郎
ユニホームが黒いのがイチロー 腹が黒いのが一郎
ユンケルなのがイチロー ジョンイルなのが一郎
ユンケル飲んで元気になるのがイチロー 行方を眩まして開き直るのが一郎
ランナーを捕殺するのがイチロー 言論を封殺するのが伊知郎/証人を暗殺するのが一郎
ランニングホーマーを放つのがイチロー 献金が悪臭を放つのが一郎
リスペクトされるのがイチロー ドメストで徹底除菌されるのが一郎
ルールの中で力を出し切るのがイチロー ルールの方が悪いと切れるのが一郎
レーザービームで敵を刺すのがイチロー ブーメランが自分に刺さるのが一郎
愛工大名電イチロー #`Д´>アイゴー!駄目でんがな!一郎
悪い、スマンと謙虚なのがイチロー 笑ゥせぇるすまんと兼業なのが一郎
暗くなるまで頑張るのはイチロー 暗くなってから頑張るのが一郎
意地でも出塁するイチロー 意地でも出頭しない一郎
一発逆転イチロー 一発昇天一郎
一皮剥けたのがイチロー 化けの皮が剥れたのが一郎
一抹の不安を払拭できたのがイチロー 西松の不安を払拭できないのが一郎
引導を渡すのがイチロー インドを避けるのが一郎
陰で練習するのがイチロー 陰で錬金するのが一郎
右翼でも左翼でも打てるのがイチロー 右翼でも左翼でもなく利欲なのが一郎
右翼手イチロー 左翼一郎
迂回しなくてもホームに届くのがイチロー 迂回しないと献金が届かないのが一郎
栄誉賞を拒否してるのがイチロー 刑務所を拒否してるのが一郎
英語でもOKなのがイチロー 日本語でOKなのが一郎
鋭い打球を打つのがイチロー 際どい脱法をするのが一郎
汚れない白球に青春をかけたイチロー 汚れた発注に請求をかけた一郎
王さんを尊敬しているのがイチロー 金さんを尊敬しているのが一郎
王さんを尊敬しているのがイチロー 金さんを秘書にしているのが一郎
下ネタにこだわるのがイチロー すしネタにこだわるのが一郎
何番でも打てるイチロー 何万でも受ける一郎
我々の希望イチロー 笑われて死亡一郎
皆に希望を抱かせてくれるのがイチロー 皆に疑惑を抱かせてくれるのが一郎
外国選手から何をしているのか研究されるのがイチロー 韓国秘書とナニをしているのか詮索されるのが一郎
外野フライを背後からキャッチ出来るのがイチロー 献金を背後からキャッチ出来るのが一郎
額に汗するのがイチロー 額に脂汗するのが一郎
活躍してお金を多く貰っているのがイチロー 暗躍してお金を多く貰っているのが一郎
株価を上げるのがイチロー 部下を挙げられるのが一郎
勘も冴えてるのがイチロー 管も避けてるのが一郎
感じよく内角攻めを打ち返すのがイチロー 漢字で内閣攻めしかできないのが一郎
感極まったのがイチロー 管キレまくったのが一郎
感動するイチロー 管「どうする、一郎」
感動をくれたイチロー 「菅」動揺狂ったか一郎
甘いマスクなのがイチロー マスクで口をふさぐのが一郎
甘い球を見逃さないイチロー 甘い汁を見逃さない一郎
緩急つけた投球にも準備できているイチロー 菅鳩ついに逃走準備しているのが一郎
韓国と因縁があるのがイチロー 監獄と因縁があるのが一郎
韓国に『WhoisICHIRO?』とやられたのがイチロー 検察に『包囲だ一郎』とやられたのが一郎
韓国に果し状を送るのがイチロー 西松に請求書を送るのが一郎
韓国に止めを刺した男イチロー 民主に止めを刺した男一郎
韓国に狙われるのがイチロー 監獄に狙われるのが一郎
韓国に憤るのがイチロー 韓国に行き踊るのが一郎
韓国は、もういいですがイチロー 韓国はもう、いいですが一郎
韓国を屈伏させたイチロー 韓国に屈伏する一郎
韓国を破ったのがイチロー 法律を破ったのが一郎
韓国人が懲らしめたいのがイチロー 日本人が懲らしめたいのが一郎
顔がかっこいいのがイチロー 顔が悪人なのが小沢一郎
危険を回避できるのがイチロー 地検を回避できないのが一郎
危険を察知するのがイチロー 利権を察知するのが一郎
基礎を忘れないのがイチロー 起訴を忘れたいのが一郎
嬉し泣きのイチロー 悔し泣きの一郎
希望の視線を集めるのがイチロー 違法な資金を集めるのが一郎
希望を託すのがイチロー 寄贈を隠すのが一郎
旗を誇らしげに見つめるのがイチロー 鳩がウツロな目で見つめるのが一郎
期待がかかると闘志が燃え上がるのがイチロー 疑惑がかかると事務所が燃え上がるのが一郎
期待がかかるのがイチロー 嫌疑がかかるのが一郎
期待に応えるのがイチロー 北に応えるのが一郎
期待のイチロー 汚いの一郎
期待の星がイチロー 汚い、欲しいが一郎
期待の星がイチロー 汚い星が一郎
気候を気にするのがイチロー 時効を気にするのが一郎
記憶に残る男イチロー 記憶無いのか一郎
犠打なら、イチロー ニダなら、一郎
球をころがすイチロー 土地をころがす一郎
球を打たないと日本人から非難されるのがイチロー 手を打たないと日本から避難しなきゃならんのが一郎
球を飛ばすのがイチロー 首が飛んだのが一郎
球界の至宝と呼ばれるのがイチロー 政界で司法に呼び出されるのが一郎
球場を一周するのがイチロー 九条を死守するのが一郎
球審さんでも、頭が下がるのがイチロー 衆院選でも、頭を下げるのが一郎
強肩なのがイチロー 強健なのが一郎
均等に打ち分けられるのがイチロー 胡錦濤に売り、任されるのが一郎
金にいとめを付けずほしいのがイチロー 金が際限無く欲しいのが一郎
金にこだわるのがイチロー 金にこだわるのが一郎
金メダルが似合うのがイチロー 金ねだるのが得意なのが一郎
金を取るのがイチロー 金を取るのが一郎
空振りなら反省するのはイチロー ウリナラマンセーするのは一郎
敬遠で悔しがるのがイチロー 会見で猿芝居が一郎
軽快なのがイチロー 警戒されるのが一郎
決勝戦を勝利に導くタイムリーを放ったイチロー 選挙戦で勝利するのが絶対無理ーになった一郎
決定打を決めるまで諦めないのがイチロー 決定打を受けるまで諦めないのが一郎
健闘するのがイチロー 談合するのが一郎
嫌韓厨イチロー 親韓中一郎
建設的に語るのがイチロー 建設業にタカるのが一郎
牽制に反応するのがイチロー 献金に反応するのが一郎
献身するのがイチロー 献金されるのが一郎
研究されるのがイチロー 献金せがむのが一郎
研鑚を積むのがイチロー 検察で詰むのが一郎
謙虚なイチロー 検挙な一郎
謙虚なのはイチロー 検挙されるのが一郎
元気の源イチロー 「献金、皆、もっと」一郎
元投手だったのがイチロー 元党首になりそうなのが一郎
限界に挑戦し続けるのがイチロー 限界で朝鮮に逃げ込むのが一郎
個人で三億稼ぐのがイチロー 企業献金で三億稼ぐのが一郎
己の限界に挑戦するのがイチロー 日本海を朝鮮にするのが一郎
公共放送に取り上げられるのがイチロー 公共事業に取りすがるのが一郎
向こう30年間日本に勝てない、と韓国に思わせるのがイチロー 向こう30年間日本に謝罪と賠償を要求できる、と韓国に思わせるのが一郎
高校球児があこがれるのがイチロー 公共工事をせがまれるのが一郎
剛球を見せつけるのがイチロー 号泣を見せつけるのが一郎
国を背負ってチームを引っ張るのがイチロー 国を売って足を引っ張るのが一郎
国士無双なのがイチロー 国に無用なのが一郎
国民から声援を受けるのがイチロー 怪しい所から献金を受けるのが一郎
国民の期待に応えるのがイチロー 国民の疑問に答えないのが一郎
国民の称賛に値するのがイチロー 検察の勝算にあたふたするのが一郎
国民をファンにさせるのがイチロー 国民を不安にさせるのが一郎
国民を幸せにするのがイチロー 国民にしわ寄せするのが一郎
国民的ヒーローなのがイチロー 国民を疲労させるのが一郎
国民的英雄のイチロー 国民の敵の一郎
左にも右にも振るセンスが自慢のイチロー 左で振るセンスが自慢の一郎
最後にイチロー 最期の一郎
最後に決めるのがイチロー 最後に詭弁うつのが一郎
最後に魅せるイチロー 最期に見える一郎
最後はイチロー 最後の一郎
最高の舞台で争うのがイチロー 最高裁まで争うのが一郎
最終的に勝つのがイチロー 済州島を買うのが一郎
三億稼ぐのがイチロー 三億稼ぐのが一郎
三冠王に挑戦するのがイチロー 参政権を朝鮮にやるのが一郎
三振が少ないのがイチロー 安心が少ないのが一郎
残塁し生還するのがイチロー 残留し収監されるのが一郎
子供が真似するのがイチロー ヤクザのマネー刷るのが一郎
思わず笑みがこぼれるイチロー 思わず笑みがこぼれる一郎
私服が似合うナイスガイがイチロー 私腹を肥やすキチガイが一郎
脂肪率が低いのがイチロー 死亡率が高いのが一郎
試合に勝って注目を浴びるのがイチロー 選挙で負けて中国に詫びるのが一郎
試合に挑むのがイチロー 国会をサボるのが一郎
試合のキーマンで重要なのがイチロー 卑猥なキーセンを常用なのが一郎
飼い犬に信頼されるのがイチロー 飼い犬に逃げられるのが一郎
事実を語るのがイチロー 事実だと騙るのが一郎
侍ジャパンの大将首なのがイチロー 東京地検の懸賞首なのが一郎
自己を磨くのがイチロー 自公を叩くのが一郎
自分に厳しいのがイチロー 自民に厳しいのが一郎
自分に腹が立ったのはイチロー 検察に腹が立ったのは一郎
自分の後釜がニホンの為に頑張ろうとするのがイチロー 自分の後釜がイオンの為に頑張ろうとするのが一郎
疾走するのがイチロー 失踪するのが一郎
実況されるのがイチロー 自供しないのが一郎
実力にこだわるのがイチロー 実弾にこだわるのが一郎
柴犬を飼ってるのがイチロー 芝居を打ってるのが一郎
手にバット握るのがイチロー 手に札束握ってるのが一郎
殊勝になるのがイチロー 首相になれないのが一郎
柔よく剛を制するのがイチロー 強欲、秘書のせいにするのが一郎
祝ってもらったのがイチロー 岩手で貰ったのが一郎
祝って欲しいのがイチロー 岩手の星(笑)が一郎
祝勝会で盛り上がるのがイチロー 出所祝いに誰も来ないのが一郎
祝杯をあげるのがイチロー 収賄であげられるのが一郎
俊足で強肩なのがイチロー 迅速に送検されそうなのが一郎
俊足なのがイチロー 金策なのが一郎
処理が上手いのがイチロー 虚偽が上手いのが一郎
勝って泣くのがイチロー 勝ってに泣くのが一郎
勝つまで頑張るのがイチロー 勝つ前から与党気取りが一郎
勝負に燃えるのがイチロー 書類が燃えるのが一郎
勝利に酔って仲間と跳んだのがイチロー 焼酎で酔わせて永田を飛ばしたのが一郎
将来、殿堂入りするのがイチロー 近々、豚箱入りするのが一郎
将来コーチがイチロー 将来拘置が一郎
笑顔なのがイチロー いやらしいのが一郎
上司になってほしいのがイチロー 常識持ってほしいのが一郎
常に無心なのがイチロー 金を無心するのが一郎
状況を打開するのがイチロー 政党を破壊するのが一郎
尻上がりがイチロー 尻まくりが一郎
信念を曲げないのがイチロー 発言を曲げるのが一郎
心が折れそうになったのがイチロー 懐が漏れそうになったのが一郎
肝心な時に仕事するイチロー 肝心な時に辞任しない一郎
振り子打法が、独特なのがイチロー 振り込んだ方が、西松なのが一郎
振り子打法で必中するのがイチロー 振り込んだ方に発注するのが一郎
振り子打法を会得したのがイチロー 振込み方法を指示したのが一郎
新たな伝説を作るのがイチロー 新たに建設を探すのが一郎
真の侍になったのがイチロー 審の待になっているのが一郎
素振りを止めないのがイチロー 辞める素振りがないのが一郎
神がくるのがイチロー 捜査令状がくるのが一郎
神が降りてきて勝利を引き寄せたのがイチロー 紙(逮捕状)が降りてきて秘書を引っ張られたのが一郎
神が降りるのがイチロー お上が怒るのが一郎
神が降りるのがイチロー 紙(幣)が落ちるのが一郎
神が降臨するのがイチロー ダースベーダーが降臨するのが一郎
神が舞い降りてきたのがイチロー 顔が参っているのが一郎
神と同化したのがイチロー 頭がどうかしたのが一郎
神の国から世界に羽ばたいのがイチロー 半島から潜り込んで来たのが一郎
神懸かりな偉業を成し遂げるのがイチロー 神頼みな違行を成し遂げるのが一郎
身体極まったのがイチロー 進退窮まったのが一郎
人から崇められるのがイチロー 人から咎められるのが一郎
人に尊敬されるのがイチロー 秘書に送金させるのが一郎
人一倍努力するのがイチロー 酷い芝居でゴリ押すのが一郎
世界で活躍するのがイチロー 政界で暗躍するのが一郎
世界の一位を奪ったのがイチロー 政界の地位を失ったのが一郎
世界最高のバッターと評されるのがイチロー 政界最高のバッタもんと評されるのが一郎
制球の乱れにつけ込むのがイチロー 請求の乱れにつけ込まれたのが一郎
制球力のあるのがイチロー 請求力のあるのが一郎
正解を自分のバットで叩きだすイチロー 政界から自分の落ち度で叩き出される一郎
聖剣のごとくバットを振るのがイチロー 政権をことごとくバラバラにするのが一郎
昔は投手だったのがイチロー これらも党首になれないのは一郎
絶対、故障してほしくないのがイチロー 絶対、首相してほしくないのが一郎
戦局を変えるのがイチロー 選挙区を変えるのか一郎
戦犯から英雄がイチロー 先般からひでーのが一郎
選手交代させてはいけない男、イチロー 政権交代させてはいけない男、一郎
全国民がお祝いのコメントするのがイチロー 選挙区民がコメント拒否するのが一郎
爽やかなのがイチロー 腹黒いのが一郎
走・攻・守と三拍子揃っているのがイチロー 争・抗・首と三拍子揃っているのが一郎
走・攻・守のイチロー 逃・走・中の一郎
走らせるのがイチロー 踊らされてるのが一郎
走者を刺すのがイチロー 秘書を差し出すのが一郎
送球後にランナーを殺すのがイチロー 送検後に関係者を殺すのが一郎
袖をひっぱるのがイチロー、 袖の下にもらうのが一郎
打ちすぎるイチロー 欝過ぎるのが一郎
打ってくれれば嬉しいのがイチロー 撃たれてくれれば嬉しいのが一郎
打球を裁くのがイチロー 法に裁かれるのが一郎
打撃極めたイチロー 進退窮まった一郎
打撃不振を装うのがイチロー 体調不良を装うのが一郎
打線に火をつけるのがイチロー 事務所に火をつけるのが一郎
打棒が火を吹くのがイチロー 陰謀と吹きまくるのが一郎
打法を研究するのがイチロー 脱法を研究するのが一郎
打率三割キープがイチロー 西松から三億もらったのが一郎
大リーグと契約しているのがイチロー 大陸と密約しているのが一郎
大人気なのがイチロー 大人気ないのが一郎
誰もが支持するのがイチロー Yahooみんなの政治で支持されるのが一郎
値千金のヒットを打ったイチロー 迂回献金の秘書を持った一郎
値千金の一発のイチロー あたいらの税金を失敗が一郎
仲間に得策を主張するのがイチロー 仲間に国策を主張するのが一郎
仲間を惹きつけるのがイチロー 仲間がひきつけを起こすのが一郎
張本ばりなのがイチロー 張りぼてなのが一郎
挑戦が好きなのがイチロー 朝鮮が好きなのが一郎
挑戦し続けるのがイチロー 朝鮮視続けられるのが一郎
朝鮮に闘志を燃やすのがイチロー 朝鮮に投資を増やすのが一郎
長年の結果が出たのがイチロー 長年の結果が出たのが一郎
直感的なのがイチロー ちょ・・管・・敵?なのが一郎
天が見放さなかったのがイチロー 天が見逃さなかったのが一郎
天才的打者がイチロー 天災的駄者が一郎
点数をひっくり返すのがイチロー 国をひっくり返すのが一郎
伝説に詠われるのがイチロー 検察に疑われたのが一郎
殿堂入りが期待されるイチロー 棺桶入りが期待される一郎
土壇場に強いのがイチロー 土建屋に強いのが一郎
投球練習もするのがイチロー 号泣練習もするのが一郎
投手から転向したのがイチロー 党首から転落しそうなのが一郎
投手としては敬遠したいのがイチロー 党首としては敬遠したいのが一郎
投手に粘着するのがイチロー 党首に粘着するのが一郎
投手の隙をつくのがイチロー 法律の隙をつくのが一郎
投手もやってたのがイチロー 党首もやってたのが一郎
投手を引きずり降ろすのがイチロー 党首を引きずり降ろされるのが一郎
闘志に火をつけたイチロー 事務所に火をつけた一郎
闘志を秘めるのがイチロー 党首を辞めるのが一郎
二階席も埋まるのがイチロー 二階と埋まるのが一郎
二死でも打つのがイチロー 西松で鬱なのが一郎
肉離れした村田の身を案じるのがイチロー ホップステップ肉離れで案の定なのが一郎
日焼けして浅黒いのがイチロー 焼け太りで腹黒いのが一郎
日本に閉じ込めてはいけない世界のイチロー ムショに閉じ込めておきたい政界の一郎
日本に未来を見させてくれるのがイチロー 日本の未来を潰してくれるのが一郎
日本のために頑張るのがイチロー 日本をダメにするのが一郎
日本のために戦ったイチロー 日本をダメにしってやった一郎
日本のため死力を尽くしたのがイチロー 日本の資力を貪り尽くすのが一郎
日本の虎の子イチロー 日本の張り子の虎一郎
日本の誇りイチロー 日本の埃一郎
日本の誇りがイチロー 日本の綻びが一郎
日本の誇りなのがイチロー 日本の埃なのが一郎
日本の至宝と評価されるイチロー 日本の司法に浄化される一郎
日本を救うイチロー 日本に巣食う一郎
日本を救うのがイチロー 日本に巣食うのが一郎
日本を救ったのがイチロー 日本に巣食ったのが一郎
日本人が歓喜してるのがイチロー 工作員が実にウザいのが一郎
日本人を元気にするのがイチロー 日本人を現金にするのが一郎
日本代表を必死に救うのがイチロー 代表をやろうと日本に巣食うのが一郎
日本代表選手団のイチロー 民団の一郎
忍者は実在すると思わせるのがイチロー 信者は実は在日だと思わせるのが一郎
熱く盛り上げてくれるのがイチロー 厚く(面の皮が)もう利上げするのが一郎
燃えるのがイチロー 火だるまなのが一郎
粘るとラッキーを呼び込んだのがイチロー 金丸とロッキードで寿命が縮んだのが一郎
背面キャッチが得意なのがイチロー 背任キャッシュが得意なのが一郎
背面キャッチでスタジアムを沸かすのがイチロー 背信キャッシュで舌鼓を打つのが一郎
背面で球を捕るのがイチロー 背後に手が回るのが一郎
這いつくばってでも金を狙うのがイチロー 這いつくばってでも金を狙うのが一郎
批判を辛抱するのがイチロー 批判を陰謀にするのが一郎
秘所がイキそうだったのがイチロー 秘書が逝きそうだったのが一郎
避暑地泊にワクワクするのがイチロー 秘書自白にビクビクするのが一郎
尾張の星、イチロー 終わりの犯人(ホシ)、一郎
必死になってがんばるのがイチロー 必至になってがんばるのが一郎
必勝で最後につじつまを合わせるイチロー 秘書の最期でつじつまを合わせる一郎(まだ未遂)
必勝を期すイチロー 秘書が起訴された一郎
必勝を誓ったのがイチロー 秘書を叱ったのが一郎
必勝を託され、活躍するのがイチロー 秘書に託して、暗躍するのが一郎
福島弓子に支えられるのがイチロー 福島瑞穂に支えられるのが一郎
不振が続かないのがイチロー 不審死が相次ぐのが一郎
不振を拭って国民にこたえるのがイチロー 不審を煽って最後に墓穴を掘るのが一郎
不振を振り払ったイチロー 不審を焼き払った一郎
不振でも代わりがいないのがイチロー 不審でも代わりがいないのが一郎
不振を吹き飛ばしたイチロー 不信を吹き出した一郎
不動の一番打者なのがイチロー 不動産を買いあさるのが一郎
不動の地位を築いたのがイチロー 不動産で地位を築いたのが一郎
不動産の名義人が鈴木一郎なのがイチロー 不動産の名義人が小澤一郎なのが一郎
不得手がないのがイチロー 増えてはいけないのが一郎
不敗を目指すイチロー 腐敗に根ざす一郎
腹をくくって土壇場で立ち向かうのがイチロー 首をくくって土壇場に立つのが一郎
併殺に動じないのがイチロー 検察に応じないのが一郎
併殺を避けたいのがイチロー 警察を避けたいのが一郎
塀際の魔術師なのが、イチロー 塀際の魔術師なのが、一郎
壁を越えたイチロー 金で肥えた一郎
壁を超えたイチロー 壁にぶち当たった一郎
返球の制球がすごいのがイチロー 献金の請求がすごいのが一郎
捕殺をして喜ぶのがイチロー お札を見て喜ぶのが一郎
僕は持ってますねと言うのがイチロー 検察が待ってますねと言われるのが一郎
凡退するのがイチロー 反対するのが一郎
毎回の打席に期待→イチロー 国会の座席にいない→一郎
満身創痍なのがイチロー 退任総意なのが一郎
魅せるのがイチロー ミスるのが一郎
民衆に感動されるのがイチロー 民主に勘当されるのが一郎
民衆を感動させるイチロー 民主から勘当される一郎(もうすぐ)
無精髭が定番のイチロー 仮病癖が定番の一郎
明日を希望で照らすのがイチロー 明日には墓標を立てるのが一郎
猛打賞で5対3がイチロー もうダメポでご退散が一郎
猛打賞を獲るのがイチロー もうだめでしょうと言われるのが一郎
野球の神が取り付いているのがイチロー 金の亡者が取り付いているのが一郎
野球世界で革命を起こすのがイチロー 野合政界で角栄を思い起こさせるのが一郎
優秀な選手に囲まれてるのがイチロー 肥溜めで糞まみれなのが一郎
優勝して称えられるのがイチロー 便乗して叩かれるのが一郎
優勝メンバーがイチロー 領収書メンバーが一郎
遊ぶと帰りうちに招待してくれるのがイチロー 麻生に返り討ちにされて衝天するのが一郎
翌日の紙面赤に、染めるのがイチロー 翌日の四面楚歌に、困るのが一郎
翌日の紙面赤に染めるのがイチロー 翌日の四面楚歌に困るのが一郎
理想の上司なのがイチロー 偽装の上手なのが一郎
塁を盗むのがイチロー 国を盗むのが一郎
塁を盗んで点数を稼ぐのがイチロー 国を盗んで私腹を肥やすのが一郎
涙を見せぬのがイチロー 涙を見せるのが一郎
鈴木イチロー 屑な一郎
練習を欠かさないのがイチロー 検収を欠かさないのが一郎
敵をうならせるのがイチロー 仲間がうなだれるのが一郎
民衆から慕われるイチロー 民主党からも疎まれる一郎
壁を越えるイチロー  塀を越える一郎
腹筋が割れているのが、イチロー  腹心が割れていくのが、一郎
韓国人を ファビョらせているのがイチロー 韓国人秘書を はべらせているのが一郎
新打法がいいのはイチロー 死んだ方がいいのが((ry
オリックスから移籍の際○○億円を残したのがイチロー 自由党から移籍の際○○億円が消えたのが一郎
週間MVPはイチロー 収監VIPが一郎
日ごろの積み重ねが大事なのがイチロー 日ごろの罪重ねが大事なのが一郎
閉幕を飾ったのがイチロー 黒幕を務めたのが一郎
ホストクラブの看板になるのがイチロー 実際に席につくのが一郎
挑戦状が届いたのはイチロー 朝鮮嬢が届いたのは一郎
タメるのがイチロー 貯めるのが一郎
自分のミスプレーにも厳しいのがイチロー 他人のミスプレーには厳しいのが一郎
期待されるのがイチロー ある意味期待されるのが一郎
成田の会見に居なかったのがイチロー 涙の会見が痛かったのが一郎
本当に頼れる男イチロー 半島に頼られる男一郎
投手戦に持ち込まないのがイチロー 党首選に持ち込まないのが一郎
10回の表でテンション上げたイチロー 10億の裏金でマンション建てた一郎
記憶に残るプレーをするのがイチロー 2億を残す不正をするのが一郎
国民栄誉賞辞退がイチロー 「国民税盗用したい」のが一郎
「朝にはカレー」がイチロー 「朝日が加勢」が一郎
脚で稼ぐイチロー アシで稼ぐ一郎
打てないときでも仲間を守れるのがイチロー (献金を)受取らないときは仲間でも守らないのが一郎





出典:
イチローと一郎の違いのガイドライン
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/gline/1237971843/

【ネット】 「壁を越えたイチロー、金で肥えた一郎」…「イチロー」と「小沢一郎」の違い、ネット上で盛り上がる★3
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1238125307/