※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

総合データ

 はい、ちょっと見るのがしんどいデータですw
簡単に説明すると、トップページのグラフの数値をユニット構成ごとにわけて
傾向の変化を見てみよう、というコーナーですね。
まずは07年からいってみましょう。

2007年


6月に新時代の扉が開く! ノーマル時代からMAD時代へ

 最初の3ヶ月はコラボPVが少なく、ノーマルPVが多かった頃です。
これはニコニコ動画(γ)でYoutubeからスマイルビデオに動画の
アップロード先が変わったため、動画の上げ直しが3月に行われたことと、
MAD以前にまだアイドルマスターそのものの認知度が低く、
いわゆるとかち&美希のπタッチコミュの知名度だけが突出していたβ時代から
ノーマルPVが充実→MAD時代へという流れの転換期だといえるでしょう。
MAD時代到来を決定づけたのは6月の週刊アイドルマスターの開始ですね。
ここで多くのアイドルマスターMADの名作がランキング形式で紹介され、
多くの人の目に触れることによって制作者も視聴者も増え、
さらにニコニコ動画におけるアイドルマスターという1ジャンルが形成されていきました。
6月にコラボPV数と初投稿Pが一気に増えたのは間違いなく週マスの影響でしょう。

その他動画の多くはコミュ動画

 5月にはその他動画が70もあります。これは何かというと、
井川kPのコミュ動画「虎真」シリーズがうp開始になったからなんですね。
実は各月のその他動画のうちおよそ半数がコミュ動画、およびプレイ動画で、
それ以外のその他動画は各月20~30前後で安定しています。
その他動画についてはコチラ(工事中)で紹介しますのでお楽しみに。

8月は空前の真ソロ旋風が吹き荒れる!

 8月はすでに語ったとおり、真ソロコラボPVが史上最多の記録を樹立します。
誕生月だけに嬉しい限りです。この数字を今年塗り替えるか、興味深いですね。
一方、ノーマルPVは7月を境に減少。これはノーマルPVは少数のPがまとめて投稿する、
という傾向によるもので、つまり8、9、10月はその動きがなかったわけです。
DLCでチャイナや事務員服なども来ていたんですけどね。それより10末と11月の
タキシードとメイド服でグンと伸びるあたりが実に真らしいと思います。

07年はソロの年

2007年投稿動画の比率

 円グラフを作ってみましたが、これはどうみてもソロが強かったですね。
その他動画に属するコミュ動画もある意味ソロですから、全動画の約半分、1000近くが
真ソロ動画だったわけです。真ファンにとっては何の問題もないですが、
他のアイドルのファンからすれば「真はあんまり見かけない」という、
少し縁遠い存在になっていた可能性もありますね。
他のアイドルについては正確なデータをとっていませんがタグ数で見る限り、
ソロ率とソロ動画数は真が1位で間違いないでしょう。


2008年


08年も安定したスタート

 週マス年末スペシャルで大盛り上がりの年越しを経て、
08年のニコマスはゆるやかに失速していくのでは? という予想もありましたが、
見ての通りその予想は見事にハズレましたね。
1、2月はDLCがなかったためノーマルPVは少ないですが、コラボPVとその他は
前年の平均値を少し上回る数を記録しています。また、08年は前年には無かった
大きな特徴があるのですが、それは最後の???データ(工事中)まで出し惜しみさせてもらいましょうw

L4Uが第2の起爆剤に!

 ニコマスを変えた第1の起爆剤が週マスだったとすれば、
第2のそれはL4Uの発売で間違いないでしょう。ステ6閉鎖とH.264の解禁も
ありましたが、やはりユニットを気軽に組める、歌詞を消せる、
カメラ、パート割りの設定、新曲&新衣装DLCと、動画制作環境の向上がL4Uで
実現したことが大きいと思われます。それは数字にもハッキリ表れています。
まず、ノーマルPVの増加です。3月以降は各月の投稿数が100を越え、
あっという間に前年の合計を上回ってしまいました。新曲、新衣装がとにかく強い!
中でもDo-Daiとmy songが真的にはクリーンヒットだったようですね。
どのアイドルもそうだったのかな?

ソロが減少!

 真にとって大きな変化といえるのが、ソロが減少し、デュオとトリオが
増加したことです。ユニットを組みやすいL4U効果ですね。
7月にソロが盛り返しているのはニコマスロックフェスで真の出番が多いことと、
七夕革命で合成動画が増えたからです。七夕革命が今後どのような変化を与えるのか、
実に興味深いですね!

08年はコラボ、ノーマル、その他の三国鼎立?

2008年投稿動画の比率

 円グラフにすると、見事に3カテゴリがバランスよくわかれています。
通算での比率はさらに三等分に近く、面白い結果となりました。
この先もDLC祭りで確実にノーマルPVが伸びていきそうですが、
お祭り好きなニコマスP達のことですから、コラボ、その他もドンと増える可能性は
おおいにあります。8月は誕生祭ですしね!

総合
 総合すると、コラボPV、ノーマルPV、その他の順で多くなりました。
しかしノーマルPVとその他の増加率はコラボPVより高く、この傾向が続けば
年内に逆転する可能性は高いでしょう。とはいえ、オールスター作品や
真タグの無い動画の存在も考慮するとどうなるか読めないところです。
 デュオの増加傾向はゆきまこ、みきまこ、ちはまこといったデュオタグを
多数持つ真としては嬉しい限りですね。

総合比率
 円グラフで比率を見ると、08年よりその他がやや減るもきれいな三等分のままです。
他のアイドルを検証していないので何ともいえませんが、いい感じだと思います。
この調子でジャンジャンバリバリいってほしいですね!



最終更新:2008年10月30日 00:15