【種別】
人名(仮)

【初出】
とある魔術の禁書目録 PSPゲーム版 完結編

【解説】
上条当麻達の存在する『現代』より未来の時間軸の人間であり、
過去(時間)を操る魔術を持つ魔術師
物語開始時点では自身の直近の時間を操作することは出来ず、
かなり前の過去時間である『現代』に干渉することしかできない。
しかしその能力は少しずつ拡大しており、
やがては自分の居る『未来の時代』を直接操れるようになるだろうとされる。
なお、同系統の能力を持つホワイトプレイヤーのいる時代とは、
『現代』を挟んで2000年以上の開きがあるらしい。

自身と同系統の能力を持つホワイトプレイヤーの事を『友人』と呼び、
自意識を見失っていた彼に助言を行うことで、覚醒を促した。
能力の競合を起こすホワイトプレイヤーと協力を持ちかけることで、
時間操作で得る利益を効率よく分配しようとしたが、
ホワイトプレイヤーは「その結果『現代』がどうなろうと知ったことではない」
という彼のスタンスを良しとせず、決裂。
「上条当麻」を操る彼に対し、様々なキャラクターを操り対抗する。

最後はホワイトプレイヤーと彼に自発的に協力をした上条の幻想殺しに敗れ、
『現代』への干渉力を失ったことで『未来』の時間軸へと強制的に戻された。