※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

荒木飛呂彦


このゲームの主催者で神に等しき存在。
1960年M県S市にて誕生したような気がするが、そんな事はなかった。
同姓同名の漫画家の方がウルトラジャンプで連載していますが、彼とは無関係です。

一見、飄々としていながら子供のように喜び、人を怖がらせるのが好きという悪魔のような一面もある。
波紋の達人もしくは吸血鬼であると噂され、世界で最も有名な絵画レオナルド・ダ・ヴィンチの『モナリザ』のモチーフにもなっている。
未来に起こる大きな事件を予言する事があるとも言われており、
それは「何度も宇宙の一巡を繰り返し見てきた超越者」だからこそであるが、
この世界の住人でそれを知る者はいない。

『荒木飛呂彦』という存在は、まるでジョナサン・ジョースターとジョニィ・ジョースターのように、その『世界』の数だけ存在する。
世界が一体どれくらい沢山あるのかはわからないが、彼を倒してもまた別の荒木が、同じようにバトルロワイアルを主催するのだ。

荒木飛呂彦は気まぐれで日記を書いており、そこに自分の主催したバトルロワイアルについての出来事が書かれている。
例え荒木がバトルロワイアルの最中に殺されても、その日記を拾った人物は、何故かはわからないが……事の顛末を記す。
その日記を別の荒木が奪い、読み、自分のバトルロワイアルを成功させるべく、研究するのだ。


荒木のスタンド

『バトル・ロワイアル』
破壊力B 持続力無限大 スピードC 精密動作性C 射程距離無限大 成長性D 空間変化系
能力…指定した空間内を外界から孤立させる。脱出するには発動時に定められた条件をクリアするかスタンドを解除させるしかない。

これは前回の荒木のスタンドであり、今回の荒木のスタンドが同じものであるとは限らない。
が、空間を操る事は確かである。
最終更新:2008年07月25日 17:09