ゼツレイ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゼツレイ

度』より。

初登場

未定

一人称

オレ

メインカラー

白、水色

詳細

惨絶会のサブリーダー格の改装機。耐冷型の特殊フレームが使われている。どんな状況でもクールで、熱くなりやすいリュウセイを物理的な意味でも、精神的な意味でもよく冷やしている。ただし、見かけによらずナイーブで、人から冷たくされると傷つきやすいという一面を持つ。
普段は季節を問わず、アイスクリームを販売してチームの収入を得ている。

元は軍の破壊工作用の改装機で、ある時「敵の生活用水を凍結させ、使用不能にする」という任務を受けた際、「いかに敵相手と言え、無関係な一般市民を巻き込む作戦が正しいのか」と疑問を持ち、それをきっかけに軍を辞める。その後、リュウセイらと知り合って惨絶会を立ち上げた。

好きな物は雪景色と『南国名物 白くま』。

来歴

軍の破壊工作用改装機として誕生。その後退役し、リュウセイビョーマらと惨絶会を結成する。

機能

理論上は絶対零度の中でも活動が出来る。また、液体が存在する場所であれば、そこから武器を作り出す事が可能。また、脚部の刃は足裏にスケート靴のように展開し、氷上や凍った地面の上をアイススケートの要領で高速移動する事が可能。

武装

アイシクルグラブ

両腕に装着された手袋状の武装。指の付け根にあたる部分に液体の凍結・凝固装置が設置されており、液体を氷柱状に固めて爪を形成する事が出来る。理論上はプール一杯分の水でも圧縮する事が出来るが、質量に比例して重量もとんでもないことになるため、普段は片手につき大体バケツ一杯分ほどの水を使用している。

液体窒素砲

額に装着された白熊型の装飾の口から発射する液体窒素。

その他

外見と能力の元ネタは『獣電戦隊キョウリュウジャー』に登場するデーボ・ヒョーガッキ
最終更新:2013年12月17日 20:34