難問 指導案(日本語)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

難問・良問 指導案 


TOSS中学/滋賀 森貞岳志
授業の隙間時間や、補強の時間にお勧めです。
プリントを配布した後、次のように指示を出します。
┌──────────────────────────────────────┐
│ 指示1                                                                     │
│ 5問の中からどの問題でもいいから,1間だけ選んで解きなさい。                │
│ 1問できれば100点です。間違えたら0点です。                             │
│ できた人は、先生のところへ持ってきなさい。                                 │
│ はじめ。                                                                   │
└──────────────────────────────────────┘
 教師は、ただ、×か○をいれるだけでOKです。いっさい説明は、必要ありません。
 子供達は、最初簡単だと挑戦してきます。
 我先に持ってくるのです。しかし、たいてい間違っています。
 教師は、うなずいて×をいれれば、いいのです。
 そのうち、おしいのが、出てきます。「おしい、後一歩」などと声掛けをするとより一層盛り上がるでしょう。
 正解が、でたらおおきく○をつけ、「正解」と言えばクラス全体からどよめきが生じます。
 なかなか、正解が、出ないときは、「正解がでないので、答えを教えようかなー」などと挑発してもいいでしょう。
 正解したときは、どの子も飛び上がって喜びます。休み時間まで熱中している子を何人も知っています。

できた子が出てきたら、次の指示を出します。
┌──────────────────────────────────────┐
│ 指示2                                                                     │
│ 終わった人は、もう1問やってもいいです。次の問題できたとしても、           │
│ 100点+100点=100点です。次の問題を間違えたら、                   │
│ 100点+0点=0点になります。                                           │
│ ○○さん(1問目100点の人)、もう一問やってみますか?                   │
└──────────────────────────────────────┘
ときくとよいでしょう。2問、3問と挑戦する児童が出てきます。また、挑戦しない子も認めます。その子は読書などをさせておくとよいでしょう。

 基本的には,難問の答えを教師が全員に解説する必要はないです。自力で取り組むからおもしろいのです。
 答えを教えるいくつかの方法があります。
 ①時間が許せば、子どもに解き方を発表させる。
 ②子どもの正解を教室の壁に張り出す。教室が知的になる。
 ③プリントに答えを朱書きして、掲示する。
 ④時間があれば、教師が簡単に解説してもよい。
                                                          
(参考HP)
1123034  もう一つの向山型算数「難問」の授業          木村重夫
1500011  熱中!子どもの達成感を持たせる「魔方陣」        甲本卓司
1124073  白銀の3日間1日目 難問で子どもの心をグッとつかむ  臼井俊男 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。