※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Chronicle 2nd 1st Story Renewal CD

黒の予言書



(幻想物語組曲…Chronicle 2nd)


それは…歴史を辿る少女と世界の物語

詠いたい詩があるんだ…辿りたい途があるんだ…
守りたい丘があるんだ…誇りたい薔薇があるんだ…
収めたい戦いがあるんだ…聴かせたい歌があるんだ…
語りたい航海があるんだ…掲げたい右腕があるんだ…

どんな時でもボクらは諦めない
歴史の彼方 遠くて近いソラ
キミとの約束 受け継がれる想い
終らないボクらの系譜(クロニクル)…


「<黒の神子>(ルキア)よ…私は悲しい…!
君ならば書の真理が理解できると思っていたのだがねぇ…
まぁ良い…歴史を変えられると思い上がっているのなら…
いつでも掛かって御出でなさい…」


<黒の予言書>(ブラッククロニクル)


物心ついた時 母は既に居なかった
仄かな哀しみは 優しい子守唄…
 (――似たようなやつはどこにでもいるさ)

生まれてくる前に 父も既に居なかった
確かな憎しみは 激しい恋心…
 (――似たようなやつは何人もいたよ)


違う星を抱いて 生まれてきたボクらも現在は
同じソラに抱かれてる それなのに…それなのに…


あの頃ボクらが夢見てた 未来へ駆ける白馬を
追い駆ける影が在ることも 識らなかったボクらを乗せて
疾って往くよ…予言された終焉へと…
<黒の予言書>(ブラッククロニクル)


<黒の予言書>(ブラッククロニクル) それは「存在してはならない書物」
とある予言書崇拝(カルト)教団の施設より押収された
全二十四巻から成る黒い表紙の古書
そこに記されていたのは 有史以来の数多の記録

ある種の整合性を持つ 歴然とした年代記
それを史実と認めるならば
我らの肯定してきた歴史とは何なのだろうか?


書の記述は未来にまで及び 一つの相違(しゅし)に
複数の学説(は)を芽吹かせ 蟲惑の論争(はな)を咲かせる
その最大の論点は 近い未来(さき)この世界が
終焉を迎えるという<史実>


何処までが味方で何処からが敵だ?
そこを見誤ると歴史に屠られる
各々で勝手に境界を敷いてる
白地図に刻むは争いの軌跡だ
嗚呼…狭い…ここは何て狭い世界だ…

――ジャスティス


敵は全部殺すんだ 盟友(とも)よそれで一時安心だ
 (幸セカイ? 嗚呼…シアワ世界? 死逢ワ世界? ソレデ…幸セカイ?)

けれど味方も敵になるんだ ならば先手を打って殺すんだ
 (幸セカイ? 嗚呼…シアワ世界? 死逢ワ世界? ホント…幸セカイ?)

しかし敵は無くならないんだ だから怯えながら暮らすんだ
 (幸セカイ? 嗚呼…シアワ世界? 死逢ワ世界? ソレデ…幸セカイ?)

されどそれを繰り返すだけだ それが幸せを掴む途だ
 (幸セカイ? 嗚呼…シアワ世界? 幸セヲ掴ム途ダ…)


間違ってる そんな論理は 間違ってるんだ
この世界を売ろうとしてる 奴らがいるんだ
気づくべきだ 気づいたなら 戦うべきだ
たった一羽 時風(かぜ)に向かう 白鴉のように


あの頃ボクらが夢見てた 未来へ託した地図を
描き換える影が在ることも 識らなかったボクらを超えて
疾って往こう…予言にない<ハジマリ>へと…
<黒の予言書>(ブラッククロニクル)


物心ついた時 母は既に居なかった…
病死だとボクに告げたのは
孤児であるボクを引き取り養育した組織だった

組織には似たような奴らが何人も居た
やがて組織に疑問を抱いたボクらは組織から逃亡した…
最終更新:2009年04月18日 01:30