たすき掛け

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

たすき掛けの図式を描く.


  • 1行目と2行目のデータはdt1,dt2に入れておく
  • 3行目dt3はdt1,dt2から作成される
dt1=[3,4,4];
dt2=[1,2,6];
dt3=apply(1..3,
if(#<=2,dt1_#*dt2_#,dt1_#+dt2_#)
);
// applyはリスト[1,2,3]の各要素#に対して,以下によって新たなリストを作成
// 2列目までは掛け算で,3列目は足し算で作る.
xLst=[6,8,6,8,6];
yLst=[6,6,6];
rmvL=["r1c1c2","r1c3c4"];
Tabledatalight("",xLst,yLst,rmvL,["notex"]);
// 縦罫線の幅,横罫線の幅,除く部分罫線のリストから作表
// Tabledataは罫線の端点に幾何点をおき,Tabledatalightはおかない.
// オプションの "notex" は,Cindy画面に表示するがTeXには非表示
Tlistplot("1",["c0r2","c5r2"]);
// 罫線のグリッド間に線分を引く(列行の文字列で位置を指示)
tmp=Findcell("c1r0","c2r2");
// "c1r0","c2r2"からなるセルの中心の座標,横幅/2,縦幅/2を返す.
tmp1=tmp_1+[-tmp_2,tmp_3/2];
tmp2=tmp_1+[tmp_2,-tmp_3/2];
tmp3=tmp_1+[tmp_2,tmp_3/2];
tmp4=tmp_1+[-tmp_2,-tmp_3/2];
Listplot("2",[tmp1,tmp2]);
Listplot("3",[tmp3,tmp4]);
// Findcellの情報からクロス線を描く
Putcellexpr("c3r0","c4r1","c","\longrightarrow");
Putcellexpr("c3r1","c4r2","c","\longrightarrow");
// 数式モードで\longrightarrowをおく.
Putrowexpr(1,"r2",[dt1_1,"",dt1_2,"",dt1_3]);
Putrowexpr(2,"r2",[dt2_1,"",dt2_2,"",dt2_3]);
Putrowexpr(3,"r2",[dt3_1,"",dt3_2,"",dt3_3]);
// 各行にdt1, dt2, dt3 をおく.
// "r2"は微小単位の2倍だけ空けて右置きでおく意味である.
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|