三角方程式

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

tangentの方程式を解くときに利用する.

#ref error :ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (title=)

tangent-equation.zip

  • 画面上に幾何点A(0,0)をとる.
  • 中心A,点B(1,0)を通る円を引く.
 注)画面上側のツールバー「円を加える」を使用する.
  • y軸上に幾何点Cをとり,直線AC(=y軸)を引く.
 注)画面上側のツールバー「直線を加える」を使用する.
  • 直線ABの平行線でBを通る直線bを引く.
 注)画面上側のツールバー「平行線を描く」を使用する.
  • Putpointで幾何点D(0,$\sqrt{3}$)をとる.
  • 直線AB(=x軸)を引き,直線ABの平行線でDを通る直線dを引く.
  • 直線bと直線dの交点Eを求める.
 注)画面上側のツールバー「2曲線の交点を求める」を使用する.
  • 直線AEを引き,円と直線AEの交点F,Gをとる.
  • 直線名の数式を書く位置に幾何点Hをとる.
Setunitlen("2cm");
// 単位長を2cmに設定する
Setax([2,"X"]);
Setax([4,"Y"]);
Setax([7,"se"]);
// 座標軸の横軸名を"X",縦軸名を"Y"とし,原点名を北東"se"に書く
// 座標軸のオプションのデフォルトは,1が線種"l"(ライン),2が横軸名"x",3が横軸名の位置"e",4が縦軸名"y",5が縦軸名の位置"n",6が原点名"O",7が原点名の位置"sw"
Addax(1);
// 座標軸を描く
Circledata([A,B]);
// 円を作成
Putpoint("D",[0,sqrt(3)],[0,sqrt(3)]);
// 幾何点D(0,$\sqrt{3}$)をとる
Listplot("1",[ [1,YMIN],[1,YMAX] ]);
Listplot("2",[F,E]);
Listplot("3",[F,G],["dr,1.5"]);
Listplot("4",[D,E],["do"]);
// 直線$X=1$,線分FE,線分FGを実線で,線分DEを点線で作成
// 注)線分FGは,1.5倍の太さの実線を意味する
Pointdata("1",[F,G,E],["Size=5"]);
// 点データを5倍の大きさで表示
Letter([G,"n2w-1","P",F,"sw","Q",E,"e","T"]);
Expr([H,"n","X=1"]);
// 基準点G, F, Eに文字"P", "Q", "T"をそれぞれ書く
// 方向"n2w-1"は北に2倍,西に-1倍ずらすという意味
Htickmark([-1,"sw","-1",1,"se","1"]);
Vtickmark([-1,"sw","-1",1,"nw","1",sqrt(3),"\sqrt{3}"]);
// Htickmarkで横軸に,Vtickmarkで縦軸に目盛を書く
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|