電子書籍の最適化

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

自作した電子書籍のKindle最適化

Kindleの解像度

Kindle Touch

標準 : 560x734?
全画面化 : 600×800

Kindle Paperwhite

標準 : 658x905
全画面化 : 758x1024

Mobi形式による全画面表示

Kindle Touch・Paperwhiteは、PDF形式ファイルの表示に領域制限がかかっている。
Mobi形式に変換し、Metaデータを指定することで自作した電子書籍を全画面表示させることが出来る。

仕組み


ChainLPを使用する。

http://no722.cocolog-nifty.com/blog/chainlp/
詳細設定のファイル出力-epub設定でKindle fixedにチェックを入れる。(標準でチェック済み)
出力でMobiを選んで変換。

かんたんPDFDietを使用する

http://smart-pda.net/software/PDFDietEasy/
PDFをかんたんPDFDietと同じフォルダに入れてからPDFDietEasy.exeにD&D。
(最新verでは同じフォルダに入れる必要無くなった?)
PDF→mobiに変換するならかんたんPDFDietでTemplateを書き換え
自炊フル表示で一番重要なのはmetadata.opfの<metadata>タグ内に次のニ行を加えること
<meta content="true" name="fixed-layout" />
<meta content="comic" name="book-type" />

Calibreを使用する。


Mobiファイルの無駄を削減し、容量を1/2にする

Python版KindleStrip

  • Pythonの入手・インストール
http://www.python.org/download/releases/3.3.0/から該当のインストーラを入手・インストール。


  • Kindlestripスクリプトの入手。

  • スクリプトの実行
Python.exeと同じフォルダにKindlestrip.pyを置いたあと、
Python.exe kindlestrip.py %1 "Strip_%~nx1"
というバッチファイルを同じフォルダに作り、それにmobiファイルをD&D。

Windows版Kindlestrip

かんたんPDFDietには単体実行版のKindlestrip、Kindlestrip.exeが同梱されている。

kindlestrip.exe %1 "Strip_%~nx1"
というバッチファイルをKindlestrip.exeと同じ所に作り、mobiファイルをD&Dする。

Python版 Mobi Unpack

最終更新:2012年12月23日 00:28
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。