配信方法

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■チャンネル基本情報
ust
ユーザー名:koedamech1
パスワード:(天草に確認して下さい)
チャンネル名:koedamech1

jus
ユーザー名:koedamechsan
パスワード:前と同じ(天草に確認して下さい)

ブラウザから配信もok(ただし画質が悪くなるため非推奨)
※jusのxmlを使ってFMEで配信を行う場合はパスワードは不要です。

■配信用xmlファイルの場所
http://ux.getuploader.com/koedamech/download/351/koed.zip

■配信に必要なもの(一例)
  • パソコンに付属する必要があるもの
マイク(マイク端子のもの、USB接続のもの、ヘッドセットでもok)
Webカメラ(必要であれば)
キャプチャー機材(USB接続、PCIカードetc.)
などなど

  • パソコンのソフトで必要な物
Adobe Flash Media Encoder 3.0(http://ux.getuploader.com/koedamech/download/10/flashmedialiveencoder-v3.zip ←ここからどうぞ)
※英語なのでYes とかAgree とか選んでいけばインストールされます。
仮想画面取込ソフト(SCFH DSF[http://mosax.sakura.ne.jp/yp4g/fswiki.cgi?page=SCFH+DSF]が有名)
ステレオミキサー利用可能なオーディオドライバー(パソコン上で流れる音声を取り込む場合必要。オンボードのサウンドカード用ドライバだとできない場合アリ。外付けカード、USB接続で可能になるものもアリ)
その他用途に合わせて

■俗にいうFMEで配信する場合
xml使う場合はFlash Media Live Encoder 3.0を使うこと。
バージョンが3.1以降だとダメだと思う。

1.Adobe Flash Media Live Encoder 3.0 を起動します。
2.「File」→「Open Profile」からxmlファイルを開く。(ustream単体、同時配信の場合は下記の「注意!」を参考のこと。)
3.「Video」の「Device」と「Audio」の「Device」を個人個人の環境に合わせたものに変更する。
※ソフトやドライバを指定する必要が有るため、名前を控えておくこと。
4.画面下「Start」を押す。

■ustとjus同時に配信する場合(注意!)
FMEから同時配信用xmlを開きスタートし
ustでkoedamechへログインして、配信開始ボタンを押す必要がある。
ブラウザからのログインが必要なので、面倒ならjusだけでもいーんじゃねーの?

■取り込む範囲をデカくする場合
「Encoding Options」の左側「Input Size」を大きくすること。
それに合わせて「Output Size」を大きくする。
横と縦の比は4:3か16:9が望ましい。
最終更新:2014年02月18日 01:00