玄霧の保育所

作成者:萩野真澄
※RD22+騎士RD1=RD23 評価値:7

部品構造


  • 大部品: 玄霧の保育所 RD:22 評価値:7
    • 大部品: 保育所の概要 RD:2 評価値:2
      • 部品: 保育所とは
      • 部品: 保育所の所在地
    • 大部品: 保育指針 RD:6 評価値:4
      • 大部品: 保育所の役割 RD:4 評価値:3
        • 部品: 幼児教育
        • 部品: 専門家による保育
        • 部品: 子どもの発達に合わせた保育
        • 部品: 子育て支援
      • 大部品: 保育所の社会的責任 RD:2 評価値:2
        • 部品: 子どもの人権の尊重
        • 部品: 地域交流
    • 大部品: 保育所の設備 RD:7 評価値:5
      • 部品: 保育室
      • 部品: 乳児室
      • 部品: 医務室
      • 部品: トイレ
      • 部品: 職員室
      • 部品: 調理室
      • 部品: 屋外遊技場
    • 大部品: 保育所の備品 RD:3 評価値:3
      • 部品: 木のおもちゃ
      • 部品: 絵本
      • 部品: おひるね布団
    • 大部品: 保育所の給食 RD:2 評価値:2
      • 部品: 栄養バランスの考えられた食事
      • 部品: 保育所
    • 大部品: 図書館との連携 RD:2 評価値:2
      • 大部品: 保育所、小学校の連携 RD:2 評価値:2
        • 部品: 団体貸出
        • 部品: 出張おはなし会



部品定義


部品: 保育所とは

保育所は、保育を必要とする児童を預かり、保育することを目的とした施設。
入所する児童の対象年齢は0歳から5歳までの乳幼児であるが、例外として乳幼児以上の児童を保育することが多い。
保育所で預けられる時間は、原則として9時間から17時の8時間である。しかし、保護者の事情などがあるため、延長保育も行われている。

部品: 保育所の所在地

ある程度の人口がある地域ごとに設置されることが望ましく、とくに住宅街など子育て世代が多いと考えられる地域から通いやすい場所に設置されると、児童や保護者にとって頼りやすい存在になるだろう。
児童の数によって保育所を設置していき、待機児童などがでないようにするが、その際は近隣の住人に保育所を建てることの説明や許可を得て、理解してもらうことが大事である。

部品: 幼児教育

小学校就学までの時期を幼児期と呼び、その時期の子どもの1日は、大人の1ヵ月分の価値があるといわれている。
幼児期は、基本的生活習慣や人格形成の基礎をつくる重要な時期である。それらは家庭や保育所での、親子間や保育所の友達との交流やスキンシップ、遊びなどの経験によって育まれるものだ。
そのため、保育所は人との交流や遊びを通して幼児教育をする。


部品: 専門家による保育

保育所では、保育の専門的知識を有する保育士のほかに、栄養士や調理員、看護師などのそれぞれの専門性を発揮して子どもの保育を行っていく。
しかし、専門的な知識・技術を用いて、児童や保護者を適切に支援することは重要であるが、知識や技術、そして倫理観による判断が求められる。

部品: 子どもの発達に合わせた保育

乳幼児期は、心身の発達が早く、人格の基礎が形成される時期だ。
子どもたちの健やかな育成のためには、心身ともに安定できる環境と、愛情豊かな大人の関わりや子ども同士の交流が必要とされる。

部品: 子育て支援

保育所は、入所した子どもを保育すると同時に、家庭や地域と連携をとりながら、入所した子どもや地域の子育て家庭に対して子育て支援をする役割を持つ。
保育所が相談相手や、安全の遊び場でいることで、安心・安全で親子を温かく受け入れる施設であれば、子育て家庭の孤立や児童虐待を防止することに繋がる。

部品: 子どもの人権の尊重

保育というものが、子どもの人権を守るための行為であることを理解し、十分配慮するとともに人格を尊重して保育を行わなければならない。
子どもの発達や経験差や、国籍や文化の違いを認め、尊重しあう心を育てるために、職員全員が留意し、体罰や言葉の暴力などの保育の中で身体的、精神的な苦痛を子どもに与えてなならない。


部品: 地域交流

保育所は地域の様々な人や場、機関などと連携していくことが求められる。
連携することで、次世代育成支援や世代間交流、災害時に保育所が地域の人々を支えることができる。

部品: 保育室

保育室とは預けられた子どもが一日を過ごす部屋である。採光や日当たり、換気、室温を考え、子どもが安全に落ち着ける部屋でなければならない。
また、年齢ごとに最大30人のクラスで分けられており、クラスごとに保育士が配置されている。
保育士は低年齢ほど人数が必要で、0歳のクラスは子ども3人に保育士1人以上、1歳と2歳のクラスは子ども6人につき保育士1人以上、3歳のクラスは20人につき1人以上、4歳と5歳のクラスは30人に1人以上を配置しなければならない。

部品: 乳児室

乳児室とは、乳児室とは0歳から1歳までの子どもが一日過ごす部屋である。調乳室や淋浴室がついている。
採光や通気がよく、室内の床はハイハイがしやすく、そして転倒しても安全な素材を用い、安全や清潔でなければならない。

部品: 医務室

子どもが体調を崩したり、怪我をした場合に、ベッドやベビーベッド、医薬品が常備されている。
看護師は医務室で子どもの手当や、医薬品の在庫管理などを行う。

部品: トイレ

保育所にあるトイレは2歳児未満が使用できるトイレと、2歳児以上が利用するトイレで構造が変わる。子どもが使用しやすい便器の高さや、清潔で衛生面に配慮して、手洗い場には消毒液がおかれている。子どもがトイレに行く場合は、保育士など大人がついていき、安全や手洗いの確認を行う。
また、職員用のトイレもあるが、子どもが立ち入らないように保育室から離れ、安全のために施錠している。

部品: 職員室

職員が仕事をする部屋であり、職員の人数分の机が配置されている。各々担当しているクラスの予定表など必需品が管理されている。職員室に隅には職員が休憩できるように、休憩室が設けられている。

部品: 調理室

昼の時間に乳幼児や職員に出される食事を用意する部屋。栄養士と調理員が、食べやすい料理や栄養バランスを乳幼児の年齢に合わせてメニューを考え、調理している。また、調理をするために衛生面には気を付けなければならない。

部品: 屋外遊技場

児童がが外に出て遊べるように、広い敷地があり、遊具や砂場がある。遊具は子どもが遊んでも安全であるものを設置している。
また、園庭では花壇があり、子どもたちは花の育て方を教えられる。

部品: 木のおもちゃ

木でできたおもちゃは子どもにとって馴染みやすく、そして遊びやすいおもちゃの一つである。積み木であったり、楽器の形をしたものや、子どもの手で動かして遊ぶものなど、多種多様なものがあり、子どもに飽きさせないのである。

部品: 絵本

0歳から5歳までを対象にした絵本を多数所持している。季節によって、本棚に並べる絵本を変えていく。物語の絵本や、知育絵本など様々なジャンルを網羅しておく。

部品: おひるね布団

子どもは寝ることも大事な仕事であり、保育所は昼食後に1時間子どもたちが睡眠をする時間を設けている。その際に使用される布団であり、子どもの力でも片づけられるよう軽い素材である。

部品: 栄養バランスの考えられた食事

保育所の献立は栄養士によって、子どもに必要な栄養を考えられている。その献立を調理員は調理し、子どもは温かい給食を食べることができる。
子どもが喜ぶ献立がいつも並んでおり、おいしい食事をす思い出や大切さを感じさせる。

部品: 保育所

栄養だけではなく、アレルギーへの対応は重要である。
入所する際に保護者からアレルギーについて報告してもらい、アレルギーのある子どもに対してアレルゲンの入っていない食事を提供する。
その際、アレルゲンの作られている調理器具とは別の調理器具で調理をしなければならない。
また調理員や栄養士以外にもアレルギーいついて周知しておく必要がある。

部品: 団体貸出

学校などの構成員が10人以上の団体に限って、団体貸出の登録が行える。
登録をすると、1回につき、構成員数に6をかけた冊数を3ヵ月以内で貸し出す。ただし、300冊を超える場合は、300冊まで。
団体貸出を登録する際は、図書館にある登録申込書を記入したうえで、事務所の所在地と団体に所属する構成員の名簿を添えて窓口に申し込まなければならない。

部品: 出張おはなし会

子育て支援施設、児童館、小学校を対象として、読み聞かせボランティアを派遣する。
要望に合わせて絵本の読み聞かせやパネルシアター、エプロンシアターなどが行われる。



提出書式


 大部品: 玄霧の保育所 RD:22 評価値:7
 -大部品: 保育所の概要 RD:2 評価値:2
 --部品: 保育所とは
 --部品: 保育所の所在地
 -大部品: 保育指針 RD:6 評価値:4
 --大部品: 保育所の役割 RD:4 評価値:3
 ---部品: 幼児教育
 ---部品: 専門家による保育
 ---部品: 子どもの発達に合わせた保育
 ---部品: 子育て支援
 --大部品: 保育所の社会的責任 RD:2 評価値:2
 ---部品: 子どもの人権の尊重
 ---部品: 地域交流
 -大部品: 保育所の設備 RD:7 評価値:5
 --部品: 保育室
 --部品: 乳児室
 --部品: 医務室
 --部品: トイレ
 --部品: 職員室
 --部品: 調理室
 --部品: 屋外遊技場
 -大部品: 保育所の備品 RD:3 評価値:3
 --部品: 木のおもちゃ
 --部品: 絵本
 --部品: おひるね布団
 -大部品: 保育所の給食 RD:2 評価値:2
 --部品: 栄養バランスの考えられた食事
 --部品: 保育所
 -大部品: 図書館との連携 RD:2 評価値:2
 --大部品: 保育所、小学校の連携 RD:2 評価値:2
 ---部品: 団体貸出
 ---部品: 出張おはなし会
 
 
 部品: 保育所とは
 保育所は、保育を必要とする児童を預かり、保育することを目的とした施設。
 入所する児童の対象年齢は0歳から5歳までの乳幼児であるが、例外として乳幼児以上の児童を保育することが多い。
 保育所で預けられる時間は、原則として9時間から17時の8時間である。しかし、保護者の事情などがあるため、延長保育も行われている。
 
 部品: 保育所の所在地
 ある程度の人口がある地域ごとに設置されることが望ましく、とくに住宅街など子育て世代が多いと考えられる地域から通いやすい場所に設置されると、児童や保護者にとって頼りやすい存在になるだろう。
 児童の数によって保育所を設置していき、待機児童などがでないようにするが、その際は近隣の住人に保育所を建てることの説明や許可を得て、理解してもらうことが大事である。
 
 部品: 幼児教育
 小学校就学までの時期を幼児期と呼び、その時期の子どもの1日は、大人の1ヵ月分の価値があるといわれている。
 幼児期は、基本的生活習慣や人格形成の基礎をつくる重要な時期である。それらは家庭や保育所での、親子間や保育所の友達との交流やスキンシップ、遊びなどの経験によって育まれるものだ。
 そのため、保育所は人との交流や遊びを通して幼児教育をする。
 
 
 部品: 専門家による保育
 保育所では、保育の専門的知識を有する保育士のほかに、栄養士や調理員、看護師などのそれぞれの専門性を発揮して子どもの保育を行っていく。
 しかし、専門的な知識・技術を用いて、児童や保護者を適切に支援することは重要であるが、知識や技術、そして倫理観による判断が求められる。
 
 部品: 子どもの発達に合わせた保育
 乳幼児期は、心身の発達が早く、人格の基礎が形成される時期だ。
 子どもたちの健やかな育成のためには、心身ともに安定できる環境と、愛情豊かな大人の関わりや子ども同士の交流が必要とされる。
 
 部品: 子育て支援
 保育所は、入所した子どもを保育すると同時に、家庭や地域と連携をとりながら、入所した子どもや地域の子育て家庭に対して子育て支援をする役割を持つ。
 保育所が相談相手や、安全の遊び場でいることで、安心・安全で親子を温かく受け入れる施設であれば、子育て家庭の孤立や児童虐待を防止することに繋がる。
 
 部品: 子どもの人権の尊重
 保育というものが、子どもの人権を守るための行為であることを理解し、十分配慮するとともに人格を尊重して保育を行わなければならない。
 子どもの発達や経験差や、国籍や文化の違いを認め、尊重しあう心を育てるために、職員全員が留意し、体罰や言葉の暴力などの保育の中で身体的、精神的な苦痛を子どもに与えてなならない。
 
 
 部品: 地域交流
 保育所は地域の様々な人や場、機関などと連携していくことが求められる。
 連携することで、次世代育成支援や世代間交流、災害時に保育所が地域の人々を支えることができる。
 
 部品: 保育室
 保育室とは預けられた子どもが一日を過ごす部屋である。採光や日当たり、換気、室温を考え、子どもが安全に落ち着ける部屋でなければならない。
 また、年齢ごとに最大30人のクラスで分けられており、クラスごとに保育士が配置されている。
 保育士は低年齢ほど人数が必要で、0歳のクラスは子ども3人に保育士1人以上、1歳と2歳のクラスは子ども6人につき保育士1人以上、3歳のクラスは20人につき1人以上、4歳と5歳のクラスは30人に1人以上を配置しなければならない。
 
 部品: 乳児室
 乳児室とは、乳児室とは0歳から1歳までの子どもが一日過ごす部屋である。調乳室や淋浴室がついている。
 採光や通気がよく、室内の床はハイハイがしやすく、そして転倒しても安全な素材を用い、安全や清潔でなければならない。
 
 部品: 医務室
 子どもが体調を崩したり、怪我をした場合に、ベッドやベビーベッド、医薬品が常備されている。
 看護師は医務室で子どもの手当や、医薬品の在庫管理などを行う。
 
 部品: トイレ
 保育所にあるトイレは2歳児未満が使用できるトイレと、2歳児以上が利用するトイレで構造が変わる。子どもが使用しやすい便器の高さや、清潔で衛生面に配慮して、手洗い場には消毒液がおかれている。子どもがトイレに行く場合は、保育士など大人がついていき、安全や手洗いの確認を行う。
 また、職員用のトイレもあるが、子どもが立ち入らないように保育室から離れ、安全のために施錠している。
 
 部品: 職員室
 職員が仕事をする部屋であり、職員の人数分の机が配置されている。各々担当しているクラスの予定表など必需品が管理されている。職員室に隅には職員が休憩できるように、休憩室が設けられている。
 
 部品: 調理室
 昼の時間に乳幼児や職員に出される食事を用意する部屋。栄養士と調理員が、食べやすい料理や栄養バランスを乳幼児の年齢に合わせてメニューを考え、調理している。また、調理をするために衛生面には気を付けなければならない。
 
 部品: 屋外遊技場
 児童がが外に出て遊べるように、広い敷地があり、遊具や砂場がある。遊具は子どもが遊んでも安全であるものを設置している。
 また、園庭では花壇があり、子どもたちは花の育て方を教えられる。
 
 部品: 木のおもちゃ
 木でできたおもちゃは子どもにとって馴染みやすく、そして遊びやすいおもちゃの一つである。積み木であったり、楽器の形をしたものや、子どもの手で動かして遊ぶものなど、多種多様なものがあり、子どもに飽きさせないのである。
 
 部品: 絵本
 0歳から5歳までを対象にした絵本を多数所持している。季節によって、本棚に並べる絵本を変えていく。物語の絵本や、知育絵本など様々なジャンルを網羅しておく。
 
 部品: おひるね布団
 子どもは寝ることも大事な仕事であり、保育所は昼食後に1時間子どもたちが睡眠をする時間を設けている。その際に使用される布団であり、子どもの力でも片づけられるよう軽い素材である。
 
 部品: 栄養バランスの考えられた食事
 保育所の献立は栄養士によって、子どもに必要な栄養を考えられている。その献立を調理員は調理し、子どもは温かい給食を食べることができる。
 子どもが喜ぶ献立がいつも並んでおり、おいしい食事をす思い出や大切さを感じさせる。
 
 部品: 保育所
 栄養だけではなく、アレルギーへの対応は重要である。
 入所する際に保護者からアレルギーについて報告してもらい、アレルギーのある子どもに対してアレルゲンの入っていない食事を提供する。
 その際、アレルゲンの作られている調理器具とは別の調理器具で調理をしなければならない。
 また調理員や栄養士以外にもアレルギーいついて周知しておく必要がある。
 
 部品: 団体貸出
 学校などの構成員が10人以上の団体に限って、団体貸出の登録が行える。
 登録をすると、1回につき、構成員数に6をかけた冊数を3ヵ月以内で貸し出す。ただし、300冊を超える場合は、300冊まで。
 団体貸出を登録する際は、図書館にある登録申込書を記入したうえで、事務所の所在地と団体に所属する構成員の名簿を添えて窓口に申し込まなければならない。
 
 部品: 出張おはなし会
 子育て支援施設、児童館、小学校を対象として、読み聞かせボランティアを派遣する。
 要望に合わせて絵本の読み聞かせやパネルシアター、エプロンシアターなどが行われる。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "玄霧の保育所",
     "part_type": "group",
     "description": "",
     "children": [
       {
         "title": "保育所の概要",
         "description": "",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "保育所とは",
             "description": "保育所は、保育を必要とする児童を預かり、保育することを目的とした施設。\n入所する児童の対象年齢は0歳から5歳までの乳幼児であるが、例外として乳幼児以上の児童を保育することが多い。\n保育所で預けられる時間は、原則として9時間から17時の8時間である。しかし、保護者の事情などがあるため、延長保育も行われている。",
             "part_type": "part",
             "localID": 2
           },
           {
             "title": "保育所の所在地",
             "description": "ある程度の人口がある地域ごとに設置されることが望ましく、とくに住宅街など子育て世代が多いと考えられる地域から通いやすい場所に設置されると、児童や保護者にとって頼りやすい存在になるだろう。\n児童の数によって保育所を設置していき、待機児童などがでないようにするが、その際は近隣の住人に保育所を建てることの説明や許可を得て、理解してもらうことが大事である。",
             "part_type": "part",
             "localID": 3
           }
         ],
         "localID": 1,
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "保育指針",
         "description": "",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "保育所の役割",
             "description": "",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "幼児教育",
                 "description": "小学校就学までの時期を幼児期と呼び、その時期の子どもの1日は、大人の1ヵ月分の価値があるといわれている。\n幼児期は、基本的生活習慣や人格形成の基礎をつくる重要な時期である。それらは家庭や保育所での、親子間や保育所の友達との交流やスキンシップ、遊びなどの経験によって育まれるものだ。\nそのため、保育所は人との交流や遊びを通して幼児教育をする。\n",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 6
               },
               {
                 "title": "専門家による保育",
                 "description": "保育所では、保育の専門的知識を有する保育士のほかに、栄養士や調理員、看護師などのそれぞれの専門性を発揮して子どもの保育を行っていく。\nしかし、専門的な知識・技術を用いて、児童や保護者を適切に支援することは重要であるが、知識や技術、そして倫理観による判断が求められる。",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 7
               },
               {
                 "title": "子どもの発達に合わせた保育",
                 "description": "乳幼児期は、心身の発達が早く、人格の基礎が形成される時期だ。\n子どもたちの健やかな育成のためには、心身ともに安定できる環境と、愛情豊かな大人の関わりや子ども同士の交流が必要とされる。",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 8
               },
               {
                 "title": "子育て支援",
                 "description": "保育所は、入所した子どもを保育すると同時に、家庭や地域と連携をとりながら、入所した子どもや地域の子育て家庭に対して子育て支援をする役割を持つ。\n保育所が相談相手や、安全の遊び場でいることで、安心・安全で親子を温かく受け入れる施設であれば、子育て家庭の孤立や児童虐待を防止することに繋がる。",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 9
               }
             ],
             "localID": 5,
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "保育所の社会的責任",
             "description": "",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "子どもの人権の尊重",
                 "description": "保育というものが、子どもの人権を守るための行為であることを理解し、十分配慮するとともに人格を尊重して保育を行わなければならない。\n子どもの発達や経験差や、国籍や文化の違いを認め、尊重しあう心を育てるために、職員全員が留意し、体罰や言葉の暴力などの保育の中で身体的、精神的な苦痛を子どもに与えてなならない。\n",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 11
               },
               {
                 "title": "地域交流",
                 "description": "保育所は地域の様々な人や場、機関などと連携していくことが求められる。\n連携することで、次世代育成支援や世代間交流、災害時に保育所が地域の人々を支えることができる。",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 12
               }
             ],
             "localID": 10,
             "expanded": true
           }
         ],
         "localID": 4,
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "保育所の設備",
         "description": "",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "保育室",
             "description": "保育室とは預けられた子どもが一日を過ごす部屋である。採光や日当たり、換気、室温を考え、子どもが安全に落ち着ける部屋でなければならない。\nまた、年齢ごとに最大30人のクラスで分けられており、クラスごとに保育士が配置されている。\n保育士は低年齢ほど人数が必要で、0歳のクラスは子ども3人に保育士1人以上、1歳と2歳のクラスは子ども6人につき保育士1人以上、3歳のクラスは20人につき1人以上、4歳と5歳のクラスは30人に1人以上を配置しなければならない。",
             "part_type": "part",
             "localID": 14
           },
           {
             "title": "乳児室",
             "description": "乳児室とは、乳児室とは0歳から1歳までの子どもが一日過ごす部屋である。調乳室や淋浴室がついている。\n採光や通気がよく、室内の床はハイハイがしやすく、そして転倒しても安全な素材を用い、安全や清潔でなければならない。",
             "part_type": "part",
             "localID": 15
           },
           {
             "title": "医務室",
             "description": "子どもが体調を崩したり、怪我をした場合に、ベッドやベビーベッド、医薬品が常備されている。\n看護師は医務室で子どもの手当や、医薬品の在庫管理などを行う。",
             "part_type": "part",
             "localID": 16
           },
           {
             "title": "トイレ",
             "description": "保育所にあるトイレは2歳児未満が使用できるトイレと、2歳児以上が利用するトイレで構造が変わる。子どもが使用しやすい便器の高さや、清潔で衛生面に配慮して、手洗い場には消毒液がおかれている。子どもがトイレに行く場合は、保育士など大人がついていき、安全や手洗いの確認を行う。\nまた、職員用のトイレもあるが、子どもが立ち入らないように保育室から離れ、安全のために施錠している。",
             "part_type": "part",
             "localID": 17
           },
           {
             "title": "職員室",
             "description": "職員が仕事をする部屋であり、職員の人数分の机が配置されている。各々担当しているクラスの予定表など必需品が管理されている。職員室に隅には職員が休憩できるように、休憩室が設けられている。",
             "part_type": "part",
             "localID": 18
           },
           {
             "title": "調理室",
             "description": "昼の時間に乳幼児や職員に出される食事を用意する部屋。栄養士と調理員が、食べやすい料理や栄養バランスを乳幼児の年齢に合わせてメニューを考え、調理している。また、調理をするために衛生面には気を付けなければならない。",
             "part_type": "part",
             "localID": 19
           },
           {
             "title": "屋外遊技場",
             "description": "児童がが外に出て遊べるように、広い敷地があり、遊具や砂場がある。遊具は子どもが遊んでも安全であるものを設置している。\nまた、園庭では花壇があり、子どもたちは花の育て方を教えられる。",
             "part_type": "part",
             "localID": 20
           }
         ],
         "localID": 13,
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "保育所の備品",
         "description": "",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "木のおもちゃ",
             "description": "木でできたおもちゃは子どもにとって馴染みやすく、そして遊びやすいおもちゃの一つである。積み木であったり、楽器の形をしたものや、子どもの手で動かして遊ぶものなど、多種多様なものがあり、子どもに飽きさせないのである。",
             "part_type": "part",
             "localID": 22
           },
           {
             "title": "絵本",
             "description": "0歳から5歳までを対象にした絵本を多数所持している。季節によって、本棚に並べる絵本を変えていく。物語の絵本や、知育絵本など様々なジャンルを網羅しておく。",
             "part_type": "part",
             "localID": 23
           },
           {
             "title": "おひるね布団",
             "description": "子どもは寝ることも大事な仕事であり、保育所は昼食後に1時間子どもたちが睡眠をする時間を設けている。その際に使用される布団であり、子どもの力でも片づけられるよう軽い素材である。",
             "part_type": "part",
             "localID": 24
           }
         ],
         "localID": 21,
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "保育所の給食",
         "description": "",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "栄養バランスの考えられた食事",
             "description": "保育所の献立は栄養士によって、子どもに必要な栄養を考えられている。その献立を調理員は調理し、子どもは温かい給食を食べることができる。\n子どもが喜ぶ献立がいつも並んでおり、おいしい食事をす思い出や大切さを感じさせる。",
             "part_type": "part",
             "localID": 26
           },
           {
             "title": "保育所",
             "description": "栄養だけではなく、アレルギーへの対応は重要である。\n入所する際に保護者からアレルギーについて報告してもらい、アレルギーのある子どもに対してアレルゲンの入っていない食事を提供する。\nその際、アレルゲンの作られている調理器具とは別の調理器具で調理をしなければならない。\nまた調理員や栄養士以外にもアレルギーいついて周知しておく必要がある。",
             "part_type": "part",
             "localID": 27
           }
         ],
         "localID": 25,
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "図書館との連携",
         "description": "",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "保育所、小学校の連携",
             "description": "",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "団体貸出",
                 "description": "学校などの構成員が10人以上の団体に限って、団体貸出の登録が行える。\n登録をすると、1回につき、構成員数に6をかけた冊数を3ヵ月以内で貸し出す。ただし、300冊を超える場合は、300冊まで。\n団体貸出を登録する際は、図書館にある登録申込書を記入したうえで、事務所の所在地と団体に所属する構成員の名簿を添えて窓口に申し込まなければならない。",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 30
               },
               {
                 "title": "出張おはなし会",
                 "description": "子育て支援施設、児童館、小学校を対象として、読み聞かせボランティアを派遣する。\n要望に合わせて絵本の読み聞かせやパネルシアター、エプロンシアターなどが行われる。",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 31
               }
             ],
             "localID": 29,
             "expanded": true
           }
         ],
         "localID": 28,
         "expanded": true
       }
     ],
     "localID": 0,
     "expanded": true
   }
 ]