Excel

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

黒猫 SQL Studio で Microsoft Excel に接続するには、OLE DB Provider を使用します。

ドライバは、Microsoft提供の Microsoft Jet 4.0 OLE DB Provider を使用します。

  1. [データベース]-[データベースに接続...]をクリックします。
  2. [データベース接続]ダイアログの[OleDB接続]タブを選択し、[新規追加]ボタンをクリックします。
  3. [接続名]に接続を識別する任意の名前を入力します。
  4. [接続文字列の編集]ダイアログで[接続文字列]の[...]ボタンをクリックします。
  5. OLE DB プロバイダの一覧から、Microsoft Jet 4.0 OLE DB Provider を選択します。
  6. [次へ]ボタンをクリックします。
  7. [データベース名を...]ボックスの[...]をクリックします。
  8. [ファイルの種類]を[すべてのファイル]に変更します。
  9. 接続するxlsファイルを選択します。
  10. [ユーザー名]と[パスワード]を入力します。(空白でOK)
  11. 必要に応じて[パスワードを保存する]にチェックします。
  12. [すべて]タブを選択します。
  13. 一覧から[Extended Properties]を選択し、[値の編集]をクリックします。
  14. [プロパティの値]に Excel 8.0;HDR=YES; と入力し、[OK]ボタンをクリックします。
  15. [接続のテスト]ボタンをクリックして、接続をテストします。
  16. [OK]ボタンをクリックします。
  17. [接続文字列の編集]ダイアログの[OK]ボタンをクリックします。
  18. [データベース接続]ダイアログの[接続]ボタンをクリックします。

Excelシート名がテーブル名に対応します。
テーブル名の末尾には自動的に$が付きます。
SQLを発行する場合は、引用符で括る必要があります。

例) SELECT * FROM [Sheet1$]

レコードの挿入・更新は可能ですが、削除はできません。




ご自由にコメントをお書き込みください
名前:
コメント:
最終更新:2007年10月23日 00:35
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。