土場藩国

テストパイロット

最終更新:

lathyrus_odoratus

- view
メンバー限定 登録/ログイン

部品構造


  • 大部品: テストパイロット RD:20 評価値:7
    • 大部品: 来歴 RD:4 評価値:3
      • 部品: 誕生の由来
      • 部品: 国内の地位
      • 部品: 銀盾整備会との連携
      • 部品: 訓練期間
    • 大部品: 操縦技術 RD:7 評価値:4
      • 部品: I=D操縦
      • 部品: 機動技術
      • 部品: 射撃技術
      • 部品: 格闘戦技術
      • 部品: 偵察技術
      • 部品: 脱出訓練
      • 部品: コパイロット
    • 大部品: 知識習得 RD:3 評価値:2
      • 部品: OS知識
      • 部品: 過去の戦闘データ
      • 部品: サバイバル知識
    • 大部品: 身体能力・技術 RD:3 評価値:2
      • 部品: 耐G能力
      • 部品: 長距離走破能力
      • 部品: 動体視力
    • 大部品: 支給装備 RD:3 評価値:2
      • 部品: パイロットスーツ
      • 部品: 緊急用携帯装備
      • 部品: 簡易整備道具



部品定義


部品: 誕生の由来

土場藩国でのテストパイロット発生の由来はT9~10時に発生した内乱鎮圧時に、単騎で先陣を切ったI=Dの登場によりI=D開発が重視された事に由来する。

部品: 国内の地位

土場藩国国内では軍属として扱われ、厳しい訓練を乗り越えた者のみが就ける職業なので、いわゆるエリートとして扱われている。

部品: 銀盾整備会との連携

同じI=Dに携わるものとして銀盾整備会との縁も深く、合同訓練や意見交換会なども定期的に行われ、互いの業務にその経験を生かしている。

部品: 訓練期間

パイロットとしての訓練の他、機体開発に必要な技能を修得するために最低でも6年の訓練期間を必要とし、その間に思想や身元の調査等も行われている。

部品: I=D操縦

帝國内で共通機とされるI=Dの他、土場藩国の技師が独自技術で開発した機体にも対応できる様、多種の状況下で訓練が行われている。

部品: 機動技術

機動兵器としての特製を生かすため、旋回能力や回避能力を習得する為の訓練も行われ、カリキュラムの中では特に重点が置かれている。

部品: 射撃技術

I=Dの主な攻撃方法として射撃および砲撃の訓練も行われており、光学的なものの他、実体弾でも問題無い様に訓練が行われている。

部品: 格闘戦技術

人の形をした兵器としてのI=Dの特製を十分に生かすため、武器や無手での白兵戦技術の習得もカリキュラムに含まれている。

部品: 偵察技術

入手した情報を理解および、友軍に周知するため、センサー類や目視を使用しての情報収集の訓練も実施されている。

部品: 脱出訓練

パイロットにとって何よりも重要な事は何が何でも生きてかえると言うことである。その為に、いざと言う時には機体を放棄して必要な情報を持って脱出する事も重要なのである。

部品: コパイロット

I=D操縦のメインであるパイロットとしての技術の他、パイロットを補佐する為の訓練も行われている。これもパイロットとしての能力を生かすのに必要な経験なのだ。

部品: OS知識

通常の操縦においてはインターフェイスの習熟のみで十分ではあるが、機体の性能を十分に引き出すにはOS自体への理解も求められるため、その為の教育も行われている。

部品: 過去の戦闘データ

軍部で入手でき、関係者に公開可能な過去の戦闘データを使用し、卓上演習や戦術訓練、その戦闘で使用された機体の特性などの教育も行われている。

部品: サバイバル知識

試験中や戦闘中などに緊急的に脱出をした際に備えて、情報等を生きて持ち帰るために厳しい環境下でも生き残るための知識や実習等が行われている。

部品: 耐G能力

テストパイロットはI=Dを通常以上の機動を行い性能限界を確認する必要があるので、通常のパイロットを越える耐G能力を求められる。

部品: 長距離走破能力

厳しいテストに耐えるため、テストパイロットには強い体力が求められ、それを養うために日常的に長距離を走り体を鍛えている。

部品: 動体視力

自分も動きながら、高速で動く相手に攻撃を命中させるため、反射速度の他にも物理的な機動計算も含めて未来予測とも言っていい精度が求められている。

部品: パイロットスーツ

耐寒・耐熱・耐衝撃および水中・宇宙空間でも耐えられるパイロットスーツが支給され、緊急時には生命維持装置としての役割も与えられている。しかし、操縦に支障が無い様に薄く作られている技術の結晶なので高価である。

部品: 緊急用携帯装備

緊急時にコックピットから持ち出すための装備であり、ナイフ・ハンドガン・医療品・信号弾・通信機器・非常用食糧・換金可能な貴金属などが梱包されている。

部品: 簡易整備道具

機器類のチェックや簡易的な整備を行える様、最低限の工具などは日常的に持ち歩いており、テストの際に現場で微調整を行う事もある。



提出書式


 大部品: テストパイロット RD:20 評価値:7
 -大部品: 来歴 RD:4 評価値:3
 --部品: 誕生の由来
 --部品: 国内の地位
 --部品: 銀盾整備会との連携
 --部品: 訓練期間
 -大部品: 操縦技術 RD:7 評価値:4
 --部品: I=D操縦
 --部品: 機動技術
 --部品: 射撃技術
 --部品: 格闘戦技術
 --部品: 偵察技術
 --部品: 脱出訓練
 --部品: コパイロット
 -大部品: 知識習得 RD:3 評価値:2
 --部品: OS知識
 --部品: 過去の戦闘データ
 --部品: サバイバル知識
 -大部品: 身体能力・技術 RD:3 評価値:2
 --部品: 耐G能力
 --部品: 長距離走破能力
 --部品: 動体視力
 -大部品: 支給装備 RD:3 評価値:2
 --部品: パイロットスーツ
 --部品: 緊急用携帯装備
 --部品: 簡易整備道具
 
 
 部品: 誕生の由来
 土場藩国でのテストパイロット発生の由来はT9~10時に発生した内乱鎮圧時に、単騎で先陣を切ったI=Dの登場によりI=D開発が重視された事に由来する。
 
 部品: 国内の地位
 土場藩国国内では軍属として扱われ、厳しい訓練を乗り越えた者のみが就ける職業なので、いわゆるエリートとして扱われている。
 
 部品: 銀盾整備会との連携
 同じI=Dに携わるものとして銀盾整備会との縁も深く、合同訓練や意見交換会なども定期的に行われ、互いの業務にその経験を生かしている。
 
 部品: 訓練期間
 パイロットとしての訓練の他、機体開発に必要な技能を修得するために最低でも6年の訓練期間を必要とし、その間に思想や身元の調査等も行われている。
 
 部品: I=D操縦
 帝國内で共通機とされるI=Dの他、土場藩国の技師が独自技術で開発した機体にも対応できる様、多種の状況下で訓練が行われている。
 
 部品: 機動技術
 機動兵器としての特製を生かすため、旋回能力や回避能力を習得する為の訓練も行われ、カリキュラムの中では特に重点が置かれている。
 
 部品: 射撃技術
 I=Dの主な攻撃方法として射撃および砲撃の訓練も行われており、光学的なものの他、実体弾でも問題無い様に訓練が行われている。
 
 部品: 格闘戦技術
 人の形をした兵器としてのI=Dの特製を十分に生かすため、武器や無手での白兵戦技術の習得もカリキュラムに含まれている。
 
 部品: 偵察技術
 入手した情報を理解および、友軍に周知するため、センサー類や目視を使用しての情報収集の訓練も実施されている。
 
 部品: 脱出訓練
 パイロットにとって何よりも重要な事は何が何でも生きてかえると言うことである。その為に、いざと言う時には機体を放棄して必要な情報を持って脱出する事も重要なのである。
 
 部品: コパイロット
 I=D操縦のメインであるパイロットとしての技術の他、パイロットを補佐する為の訓練も行われている。これもパイロットとしての能力を生かすのに必要な経験なのだ。
 
 部品: OS知識
 通常の操縦においてはインターフェイスの習熟のみで十分ではあるが、機体の性能を十分に引き出すにはOS自体への理解も求められるため、その為の教育も行われている。
 
 部品: 過去の戦闘データ
 軍部で入手でき、関係者に公開可能な過去の戦闘データを使用し、卓上演習や戦術訓練、その戦闘で使用された機体の特性などの教育も行われている。
 
 部品: サバイバル知識
 試験中や戦闘中などに緊急的に脱出をした際に備えて、情報等を生きて持ち帰るために厳しい環境下でも生き残るための知識や実習等が行われている。
 
 部品: 耐G能力
 テストパイロットはI=Dを通常以上の機動を行い性能限界を確認する必要があるので、通常のパイロットを越える耐G能力を求められる。
 
 部品: 長距離走破能力
 厳しいテストに耐えるため、テストパイロットには強い体力が求められ、それを養うために日常的に長距離を走り体を鍛えている。
 
 部品: 動体視力
 自分も動きながら、高速で動く相手に攻撃を命中させるため、反射速度の他にも物理的な機動計算も含めて未来予測とも言っていい精度が求められている。
 
 部品: パイロットスーツ
 耐寒・耐熱・耐衝撃および水中・宇宙空間でも耐えられるパイロットスーツが支給され、緊急時には生命維持装置としての役割も与えられている。しかし、操縦に支障が無い様に薄く作られている技術の結晶なので高価である。
 
 部品: 緊急用携帯装備
 緊急時にコックピットから持ち出すための装備であり、ナイフ・ハンドガン・医療品・信号弾・通信機器・非常用食糧・換金可能な貴金属などが梱包されている。
 
 部品: 簡易整備道具
 機器類のチェックや簡易的な整備を行える様、最低限の工具などは日常的に持ち歩いており、テストの際に現場で微調整を行う事もある。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "テストパイロット",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "来歴",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "誕生の由来",
             "description": "土場藩国でのテストパイロット発生の由来はT9~10時に発生した内乱鎮圧時に、単騎で先陣を切ったI=Dの登場によりI=D開発が重視された事に由来する。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "国内の地位",
             "description": "土場藩国国内では軍属として扱われ、厳しい訓練を乗り越えた者のみが就ける職業なので、いわゆるエリートとして扱われている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "銀盾整備会との連携",
             "description": "同じI=Dに携わるものとして銀盾整備会との縁も深く、合同訓練や意見交換会なども定期的に行われ、互いの業務にその経験を生かしている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "訓練期間",
             "description": "パイロットとしての訓練の他、機体開発に必要な技能を修得するために最低でも6年の訓練期間を必要とし、その間に思想や身元の調査等も行われている。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "操縦技術",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "I=D操縦",
             "description": "帝國内で共通機とされるI=Dの他、土場藩国の技師が独自技術で開発した機体にも対応できる様、多種の状況下で訓練が行われている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "機動技術",
             "description": "機動兵器としての特製を生かすため、旋回能力や回避能力を習得する為の訓練も行われ、カリキュラムの中では特に重点が置かれている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "射撃技術",
             "description": "I=Dの主な攻撃方法として射撃および砲撃の訓練も行われており、光学的なものの他、実体弾でも問題無い様に訓練が行われている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "格闘戦技術",
             "description": "人の形をした兵器としてのI=Dの特製を十分に生かすため、武器や無手での白兵戦技術の習得もカリキュラムに含まれている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "偵察技術",
             "description": "入手した情報を理解および、友軍に周知するため、センサー類や目視を使用しての情報収集の訓練も実施されている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "脱出訓練",
             "description": "パイロットにとって何よりも重要な事は何が何でも生きてかえると言うことである。その為に、いざと言う時には機体を放棄して必要な情報を持って脱出する事も重要なのである。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "コパイロット",
             "description": "I=D操縦のメインであるパイロットとしての技術の他、パイロットを補佐する為の訓練も行われている。これもパイロットとしての能力を生かすのに必要な経験なのだ。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "知識習得",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "OS知識",
             "description": "通常の操縦においてはインターフェイスの習熟のみで十分ではあるが、機体の性能を十分に引き出すにはOS自体への理解も求められるため、その為の教育も行われている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "過去の戦闘データ",
             "description": "軍部で入手でき、関係者に公開可能な過去の戦闘データを使用し、卓上演習や戦術訓練、その戦闘で使用された機体の特性などの教育も行われている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "サバイバル知識",
             "description": "試験中や戦闘中などに緊急的に脱出をした際に備えて、情報等を生きて持ち帰るために厳しい環境下でも生き残るための知識や実習等が行われている。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "身体能力・技術",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "耐G能力",
             "description": "テストパイロットはI=Dを通常以上の機動を行い性能限界を確認する必要があるので、通常のパイロットを越える耐G能力を求められる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "長距離走破能力",
             "description": "厳しいテストに耐えるため、テストパイロットには強い体力が求められ、それを養うために日常的に長距離を走り体を鍛えている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "動体視力",
             "description": "自分も動きながら、高速で動く相手に攻撃を命中させるため、反射速度の他にも物理的な機動計算も含めて未来予測とも言っていい精度が求められている。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "支給装備",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "パイロットスーツ",
             "description": "耐寒・耐熱・耐衝撃および水中・宇宙空間でも耐えられるパイロットスーツが支給され、緊急時には生命維持装置としての役割も与えられている。しかし、操縦に支障が無い様に薄く作られている技術の結晶なので高価である。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "緊急用携帯装備",
             "description": "緊急時にコックピットから持ち出すための装備であり、ナイフ・ハンドガン・医療品・信号弾・通信機器・非常用食糧・換金可能な貴金属などが梱包されている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "簡易整備道具",
             "description": "機器類のチェックや簡易的な整備を行える様、最低限の工具などは日常的に持ち歩いており、テストの際に現場で微調整を行う事もある。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]