※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラクター別、操作方法・テクニック等

※PC Xbox360 PS3共有のwikiなので、通常攻撃は小中大、特殊技は特殊小中大と表記しています。

Classes


Warrior

戦士における唯一の遠距離である斧投げをいかに上手く扱えるかが全てを握る。
当たると相手がこけるため、接近の時間が稼げる。
逆に、陣地を制圧している時に走ってくる相手を連続でこかす事で時間稼ぎ的な使い方も可能。
コンクエストにおける戦士はその防御力の高さを活かし、敵の足止めをする事が非常に大事と考える。
手前の拠点は味方に任せ、敵を足止めする事で試合を有利に進める事ができる。
目の前の敵と戦うよりも、いかに多くの拠点を制圧できるか、味方を動きやすくさせれるかが重要。

基本的なコンボ:小小小中中大
対魔法使いなら、斧でこけさせて接近し、このコンボを叩き込むことで1コンボで倒すことができる。

特殊小はファイアーウォールからの脱出用、対複数戦における緊急回避にも使える。
この攻撃はあらゆる攻撃と相性がよく、ダウン後の追い討ちとしても優秀。

特殊中は乱戦や対複数における戦闘で非常に強力。
特殊小で敵の中に突っ込み、特殊中で周囲へ攻撃、時間稼ぎとしても有効。

特殊大は最後の追い討ち、ガードブレイクとして使おう。

ガードは戦士の特殊大・斧以外を全て無効化する、接近戦でのガードは非常に重要。
こちらの体力が減っていても上手くガードを使う事で相手の戦士と五分の戦いまで持ち返せる。


Archer

戦闘をする上でファイアーアローのダウン効果は非常に重要。
ダウンを取ればポイズンアローで毒化させる事ができ、その後の戦闘を有利に進めていける。
コンクエストにおけるアーチャーは見通しのいい場所から味方を支援しつつ拠点を防衛する役割となる。
モリアなど落下死の狙えるMAPではわざと接近して蹴りを入れて吹っ飛ばすのも面白いかも。
特性上単独だと周りの状況確認が疎かになりがちなので、味方との連携が大事。


Scout

透明化→暗殺はやはり強力で、
人型であればガンダルフやウィッチキングと言った上位キャラも一撃で暗殺が可能。
コンクエストにおけるスカウトは手薄である敵の拠点を奪う事が基本任務となる。
透明化は緊急の時でも使えるようある程度余裕を持って使おう。
evil側の時はgood側と違いEntの足元をくぐっての攻撃のためとても楽に倒すことができる。
ヒーローの暗殺、特にガンダルフ等の魔法使い系のヒーローは最優先で倒しておく方がいいだろう。

基本コンボ:小小小小中中大大
戦士以外なら上記のコンボを叩き込めば魔法使い、アーチャーは倒し、スカウトも瀕死となる。
回復手段を持たない為、正面戦闘は避けるのが吉。
体力は戦士に次いで高く、低いとは言いがたい程度にはあるのでここぞという時はタフ。
特殊技は基本的に射程が非常に狭く、通常攻撃からのコンボとして使うのが無難。

究極コンボ:小小小小中中大大特殊小特殊中
全てHitすれば15コンボにもなる最終奥義とも言えるコンボ。
その威力は全て当てれば戦士が沈むほど。
これを決められた戦士はびっくりするかもしれない。


Mage

全ての魔法が使い勝手がよく強力かつ補充が早く連続して使える。
どのルールで使っても活躍できる魔法使いだが、ただ魔法を撃つだけでは意外とあっさりやられてしまう。
戦士との相性が意外と悪く、バリアを張れば突撃されて倒され、
魔法を撃てば斧でダウンを取られ追い討ちで倒されと戦士をうまく捌けるかが重要。
ファイアーウォールは相手に直接当てるように狙うより、手前に落ちるようにして狙おう。
多彩なスキルをうまく繋いで相手の攻撃を抑え込むように戦おう。
スカウトの暗殺には常に気を配り、透明化していても影の揺らめきを視認出来るように頑張ろう。
衝撃波、もしくはMP切れで透明化を解かせればグッと戦いやすくなる。


























最終更新:2009年01月28日 03:24