『プロメテウス』と『エイリアン』と『DUNE』と『狂気の山脈』。

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

529 名前:名無シネマさん 投稿日:2014/07/11(金) 00:20:12.20 X9lMmbAc 
映画塾!「プロメテウス」<予習編>
https://www.youtube.com/watch?v=YJRHwLck7mE (6:49-)
「1973年にですね、アレハンドロ・ホドロフスキーというメキシコの監督で、え~有名なねエルトポという
凄いカルト映画を撮ってる監督がいまして、その人がですね、デューンというですね、ハーバートという人が原作のですね
SF超大作、それを映画化しようとしたんです、1973年に。」

→ アレハンドロ・ホドロフスキーwikiより引用
『ホーリー・マウンテン』の制作後、1975年にSF大作『デューン/砂の惑星』の製作を開始し

531 名前:名無シネマさん 投稿日:2014/07/11(金) 00:35:29.60 X9lMmbAc 
映画塾!「プロメテウス」<予習編>
https://www.youtube.com/watch?v=YJRHwLck7mE (7:11-)
「(デューンの時に)ホドロフスキーの集めたメンバーがギーガー、これはデザインの人として集めて、
あとシナリオライターとしてダン・オバノンって人を雇ったんですね、ダン・オバノンって人は
このエイリアンのシナリオを書いているんですよ、だから1回ポシャったデューンの企画を
かなり流用して作られたのがエイリアンの1作目だったんですね」

→ 『ホドロフスキーのDUNE』公式サイト http://www.uplink.co.jp/dune/warriors.php
ダン・オバノンは特殊効果担当。

エイリアンwikiより引用
この頃、『デューン/砂の惑星』を企画中であったアレハンドロ・ホドロフスキーから、
オバノンに同作の特殊効果担当の依頼が舞い込む。オバノンは許諾し製作チームに加わった。

「デューン」に関してはダン・オバノンは特殊効果担当

537 名前:名無シネマさん 投稿日:2014/07/11(金) 01:16:05.70 07YRylq7 
「エイリアン」成立の経緯はwikiが詳しいが長いんで要点を引用する
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3_%28%E6%98%A0%E7%94%BB%29#.E5.8E.9F.E6.A1.88

『エイリアン』の原案はダン・オバノンによって生み出された。
南カリフォルニア大学在学中の1974年、ジョン・カーペンターと組んで『ダーク・スター』を製作したオバノンは、
より本格的なSFホラーの製作を望んでおりオリジナルの脚本を温めていた。
それは『メモリー』という題で、「宇宙船が未知の惑星に降り立ち、謎の生命体を発見する。
乗組員がそれに寄生され、やがて体内から怪物が誕生する」という内容であった。
当初は38ページに満たない未完成の脚本で、怪物の姿が漠然としていたことから展開に行き詰っていた[3]。

ホドロフスキーが「ダークスター」を見てオバノンのスカウトをしたのはこの頃
そして一年に及ぶ製作準備の後、「DUNE」の企画が頓挫する
オバノンは失意のうちに「メモリー」の完成を目指す

オバノンは『メモリー』とは別に『グレムリン』という脚本を構想していた。
それは「東京から帰るB-17の中にグレムリンが侵入し、乗組員を一人、また一人と殺していく。
怪物を倒さない限り乗組員は故郷へ帰れない」という骨子であった。
その要素を応用してはどうかというシャセットの助言を受け、オバノンは『メモリー』に適用させた。
すなわち舞台を爆撃機から宇宙船へ、グレムリンを異星の怪物に変更したのである[6]。

こうして後に「エイリアン」と改題される「スタービースト」という作品が出現するわけだ

スタッフ等で「DUNE」と共通する点は少なからずあるが
「DUNE」から「エイリアン」が作られた、というのは誇張もいいとこ

540 名前:名無シネマさん 投稿日:2014/07/11(金) 01:48:33.37 X9lMmbAc 
映画塾!「プロメテウス」<予習編>
https://www.youtube.com/watch?v=YJRHwLck7mE (16:17-)
「1977年にエイリアンを立ち上げた時にダン・オバノンの頭にあったのは『狂気の山脈』だったんですよ
『狂気の山脈』をSF映画にしようとしたんです彼は、宇宙の話にしようとしたんです、
南極じゃなく宇宙の彼方に狂気の山脈はあったって話にダン・オバノンはしようとしているんですね」

→ Alienの英語wiki ( http://en.wikipedia.org/wiki/Alien_(film) )
の「Development」の項目の

In writing the script, O'Bannon drew inspiration from many previous works of science fiction and horror.

の段落とか読むと、卵がいっぱいのとこは「Junkyard」って作品からとか、いろんな引用元があるように思います

「Antecedents」の項目では
Writer David McIntee の発言によると
He has also noted similarities between the first half of the film,
particularly in early versions of the script, to H.P. Lovecraft's At the Mountains of Madness,
"not in storyline, but in dread-building mystery"

「狂気の山脈にて」はストーリーラインを引用したのではないって書いてませんか?

大雑把にまとめると、ラブクラフトはお話ではなくイメージとして大事だった、と読めるように思います

自分は英語苦手なので、この辺の読みを間違ってるかもしれませんけど

542 名前:名無シネマさん 投稿日:2014/07/11(金) 01:59:46.55 PrGYgjEi 
540
"not in storyline, but in dread-building mystery"

ストーリーを真似たのではなくて
恐怖を生み出すミステリーの部分を真似た

みたいな感じですかね


【映画評論家】町山智浩【ウェイン町山】Part56
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/movie/1404490801/l50
最終更新:2014年07月15日 01:33