ノーマーク爆牌党

ノーマーク爆牌党


 作画   片山まさゆき 
闘牌協力  馬場裕一 
掲載誌 近代麻雀オリジナル89年12月号~97年5月号連載
話数 全89話

あらすじ

"爆牌"を武器に麻雀界に現れた爆岡弾十郎は麻雀界の3大タイトルを独占。前人未到の連覇を成しとげた。打倒爆岡に燃える鉄壁保は"爆守備"に加えて"色の支配"の戦術を編み出し、爆岡への挑戦を続けていた。敗北を繰り返しながらも着実に力をつけ、爆牌の謎に迫る鉄壁。賞金一千万円にリニューアルされた注目のタイトル・達人戦の決勝の席で、鉄壁はライバルの茶柱立樹・八崎真悟・当大介とともに、再び爆岡と相見えた……。(9巻目次ページより)

単行本

レーベル名 出版社 判型 巻数 奥付 Amazon
近代麻雀コミックス 竹書房 B6 全9巻 1巻・1991年3月25日初版 9巻・1997年6月17日初版 ノーマーク爆牌党 全9巻完結(近代麻雀コミックス) [マーケットプレイス コミックセット]
バンブーコミックス 竹書房 B6 未完1巻 1巻・2003年初版 ノーマーク爆牌党 (バンブー・コミックス)

備考

アンソロジー『覇道・近代麻雀 伝説の激闘牌』に部分収録されている。

+ タグ編集
  • タグ:
  • 片山まさゆき
  • 馬場裕一
  • 近代麻雀コミックス
  • バンブーコミックス
  • 近代麻雀オリジナル
  • 80年代
  • 90年代

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2011年06月28日 00:59