※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

processingunitのページ

Ulam Spiral

自然数を螺旋状に並べていって、
素数だけを選んでみると、斜め線が現れるという不思議な現象があります。
詳しいことはここここを参照ください。(上図もこのサイトから引用)
最近、このネタがネット上をにぎわしているので、この現象を再現するプログラムをMARYで作ってみました。中身はとっても簡単です。
プログラムはここに→PROG17_ULAM_SPIRAL.zip
もしかして、これこそMARYを連結してやるべきネタかもしれませんね。
(2011.07.16)

MARYローバー トラ技7月号記事の訂正

トラ技7月号のMARYローバーの製作記事の図6に訂正があります。下記が正解です。申し訳ありません。
(2011/06/18)

トラ技オフ会「ARMに関する製作物を持ち寄って自慢しよう!」

2011年5月10日にトラ技オフ会があり、その場であることないこと、ブツブツつぶやきました。その時のプレゼン資料はここ
それにしても、あのオフ会はおもしろかった。電子工作の有名人にたくさんお会いできて感激。皆さん本当にすごいです。
(2011/05/15)

エレキジャックフォーラム2011

…にて使用したプレゼン資料を置いておきます。ファイルサイズを小さくするためにpdf作成時に画像の圧縮率を高めたので少々見にくいですがご容赦ください。
(2011/05/15)

MARY基板シリーズ設計資料

MARY基板シリーズの設計資料をここに置きました。本当はGerberデータも置きたいのですが、そこは大人の事情でもう少し待ってください。
(2011/05/15)

プログラムのダウンロード

  • CQサイトから見つけにくいと評判の増刊誌用データCQ.zipはここ
  • トラ技2011年5月号の円周率プログラムはここ
  • トラ技2011年6月号のブロック崩しプログラムはここ
  • トラ技2011年7月号・8月号のMARYローバー用プログラムはここ
(2011/07/09)

管理者:圓山宗智(Twitter @Processing_Unit)
最終更新:2011年07月16日 17:25