ほもまつり

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

442 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/03(土) 21:02:32.99 ID:eN+IQ5TVP [2/4]
なんでナレ姐って801なの?

447 名前:ナレ姐 ◆N1iCPFJWfE [sage] 投稿日:2010/07/03(土) 21:05:15.43 ID:X10ig7pI0 [12/20] ?2BP(801)
sssp://img.2ch.net/ico/hikky_mochi.gif
 >>442
お前、初めてか?
力抜けよ。

456 名前:西 ◆/dAlcsdWd2 [sage] 投稿日:2010/07/03(土) 21:13:37.35 ID:U5Av97su0 [3/30]
(;^ω^)
(;^ω^)
(;^ω^)

暇だ 男でも漁りに行くか

459 名前:預言者 ◆bsSVR.MQtY [] 投稿日:2010/07/03(土) 21:15:01.43 ID:9FgyGXI10 [15/41]
 >>447
ナレ姐「ほら、力抜けよ」そういい、取り出すのはふとましい異物。
まるでそれをナレ姐本来のモノかと錯覚し>>447は首を振り、再確認する。
――それは本物ではない。
しかし、それでもそこにあるものは厳然たる事実であり、ナレ姐と一体化している。
そう感じざる得なかった。
ひんやりとした感触のソレを>>447に当てるナレ姐。
その手つきには戸惑いはなく、その顔には笑み。
まるで人の尊厳を壊すのを楽しみにしている、そう>>447は感じた。
しかし、覚悟は出来ない、だから首を横に振る。
けれどもナレ姐の笑顔が増すばかりで……


483 名前:預言者 ◆bsSVR.MQtY [] 投稿日:2010/07/03(土) 21:30:27.31 ID:9FgyGXI10 [17/41]
ぬるっぱちの巨漢が西に迫る。
――山
その迫力は、将に山である。秋田の豆腐は伊達ではない。
ぬる「いつも豆腐だか、何だか言われているが……実は攻めるのも好きなんだよ?」
そう言い、嫌がるそぶりを見せる西の腕を掴む。体重差があるためか、簡単に組み伏せられてしまう。
まるで抵抗というものが出来ない。
いや、西はしたくなかったのかもしれない。その証拠に
ぬる「……硬くなってるね?」
そのままふくよかな腹を敏感な部分こすりつけていたぬるが手で確認しながら言う。
ぬる「同意とみてよろしいですね?」
ロボトルではあるまいし、っと思う西だが、言葉にならない。
だってぬるの大きくなったソレもこすり付けられており、
――ゴクリっ
唾を飲むことに耐えられなかったからだ。


続きを読みたい方はぬるぽ

513 名前:預言者 ◆bsSVR.MQtY [] 投稿日:2010/07/03(土) 21:44:39.27 ID:9FgyGXI10 [19/41]
ぬるっぱちが思いもよらぬ方向からの攻撃で戸惑ってるな
……幼女を愛でるとか言っている自分が実はホモレス可能ですとか夢にもおもわなんだろう

――チュパッ
粘液の感触がお互いに伝わる軽いキス。お互いに挨拶のように、当たり前のように、行う。
それは儀式である、否、礼儀というべきであろう。
顔と顔で向かう、それだけが礼儀ではない。
ソレと顔で向かい合う、それも礼儀と言えてしまう。
向き合う、そうその心決めこそが大事なのである。
そして、その行為はお互いがお互いに身をゆだね相手に自分を曝け出すという合図。
これを礼儀といわず、なんと言うのだろう。
っと蕩ける頭でヌルは思った。


591 名前:預言者 ◆bsSVR.MQtY [] 投稿日:2010/07/03(土) 23:00:50.02 ID:9FgyGXI10 [33/41]
「お兄ちゃんのばかぁ……」
そう愚痴るのも仕方ない、だって慕っていた兄がホモだったのだから
ずっとずっとずぅうううっとカッコよく、自慢のお兄ちゃん
そう思っていた……のに、見てしまったのだ
まるでアホになったに見える惚けた顔で、おぞましい他人のそれに頬ずりをするさまを
でも
――お兄ちゃんのは大きかった
と思ってしまう自分がいる事も確かだ
同時に何故か、お兄ちゃんのにはおぞましいとは思わなかった
なぜだろう? っと疑問に思う。


598 名前:預言者 ◆bsSVR.MQtY [] 投稿日:2010/07/03(土) 23:06:49.88 ID:9FgyGXI10 [34/41]
ぬる「みられたか……」
でも、自分の性癖は変えるつもりはないし後悔はない。
自分が選んだ選択である。後悔するならやらなければいい。
ぬるを見つめる眼、西だ。
その眼はまるで不安そうな、気遣うような眼。
だからぬるは彼の髪を手でくしゃくしゃにしてやる。
「大丈夫だ」そう笑顔でぬるは言う。
すると西は安心したようにぬるの胸板へ……



605 名前:名無しのちっぱい教徒 ◆C99999999s [sage] 投稿日:2010/07/03(土) 23:10:58.39 ID:lfARQHvWP [24/27] ?2BP(1310)
sssp://img.2ch.net/ico/kappappa1.gif
何この流れ???


612 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/03(土) 23:16:26.23 ID:9FgyGXI10 [35/41] (←預言者)
 >>605
誰かがホモレス書いてぬるぱっち発狂してるだけだよ
誰だよ……全く

 >>606
規制が厳しくなるから止めてほしいがなw


617 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/03(土) 23:18:28.58 ID:icvB13lW0 [10/10]
 >>612
生意気な預言者をシめてやるッ!

ナレ姐が見守る中、制裁は行われた。
既に預言者の口には尻臼のサオがねじ込まれている。
「ぬる、コマしたれ」
親方がいうと、ぬるっぱちはTバックの横から一物を取り出した。
ゆうに一尺はあろうかという巨大な業物に、預言者はぶるっと震えた。
しかし、その恐怖とは裏腹に~いや、預言者にとってはその恐怖こそが
色欲を沸き立たせるものだったのかもしれないが~預言者の花らっきょうの
ような小振りの一物は痛い程にそそり立っていた。
その「花らっきょう」の皮を蟹が唇でちゅるんと器用に剥く。
蟹の口中にアンモニア臭が広がる。
そして、ぬるっぱちの一尺竿が預言者の菊門にねじり込まれていく・…
四人総体重700kgを越えるド迫力の4Pファック。
まだ、幕が開いたにすぎない。
悦楽は、ここから始まる。夜はまだ終わらない…


620 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/03(土) 23:20:57.48 ID:9FgyGXI10 [36/41]
 >>617
文章の構成があまいわあああああ、こんのぉおおばかでしがああああ(待てよ

~、…は二個ならべてつかええええええええ
そして、直接的な表現を使わず何かを匂わせるんだああああああああ

ぬる「もっと安心したいか?」
――ぇ? っと西は思った瞬間にそれは来た。
圧倒的な刺激、まるでそれは自分の分身を撫でられたような、
否、それよりも自分の中に入ってくる感触。
ぬる「ゆび……いれただけで、ピクッっとするなんてね、可愛いよ、西」
蕩けるような優しい声。
指先の動きはやさしく、そして大胆に西を蹂躙していく。
否、蹂躙ではない……解き解すだなっと思うと同時に、解がダブってしまったと思い考え直す。
言葉という物は繊細だ。一つ一つの単語で与える感情が変わる。
だから、西を扱うように丁寧にしなければならないのだ。


 >>591
の縦にだれもつっこみが・・・ぬるぽ

___

639 名前:清純派ぬるっぱち@遊び人Lv34 ◆Null.DTdoM [sage] 投稿日:2010/07/03(土) 23:28:13.63 ID:+i66GpKE0 [40/41]
 >>636
シャア・アズナブルと読みます

640 名前:自称小学生 ◆orydO1U3n. [sage] 投稿日:2010/07/03(土) 23:28:35.62 ID:o+d7+UkZ0 [29/31] ?PLT(23555)
sssp://img.2ch.net/ico/2morara_2.gif
 >>639
文字列の順番を変えると?

641 名前:預言者 ◆bsSVR.MQtY [] 投稿日:2010/07/03(土) 23:28:55.14 ID:9FgyGXI10 [38/41]
 >>636
シャア・アナルズブと読みます

___

654 名前:ぬるっぱちの愛人 ◆FrNaU5uQd. [sage ぬるぽ] 投稿日:2010/07/03(土) 23:36:00.49 ID:7y7GalZz0 [1/4] ?2BP(30)
sssp://img.2ch.net/ico/yukidaruma_2.gif
一方その頃愛人はお・兄・様のことを思い
自分の熱く滾るおとこのこを慰めているのであった・・・
「んっ・・・おにいさま・・・・・っ」
最終更新:2010年07月04日 00:13
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。