読書感想文

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【学校の怪談】 
(ナツイチ読書感想文 大森美優)

「ウー、ルウウウ。」

この本を読みながら、私の心も旧校舎のように、恐怖で声をあげていた。

もとから怪談話というのは苦手なのだ。
本を読んでいて、何度体が寒くなった事か。

しかし、震え上がる私の心には、何か温かいものが残っていた。

「旧校舎」
これは、次々と恐ろしい事を起こす凄く不思議な存在だ。

さて、この不思議な校舎は、悪魔のように、
ただみんなを襲いたいだけなのだろうか。

私は、そうではないと思う。
旧校舎は悪魔ではなく、「先生」だ。

初めはまとまりのなかった生徒達が、「みんな仲間だ。」と、
お互い助け合えるようになれたのはなぜか。
小向先生が、ここまで教師という仕事に誇りを持ち、続けようと思えたのはなぜか。

それはきっと、旧校舎先生が大切な事を教えてくれたからだと思う。

この校舎の中で起きるストーリーは、まさに人生を表しているような気がする。
目的地がすぐ目の前にあるのに、いくらのぼってもたどり着けない階段がある。
大切な人が消えてしまう、別れがある。
とても、苦しい状況である。

しかし、怖くて怖くて逃げ出したくなる中、仲間を助けに行く、
自分から行きたいと思う生徒達がいた。

もし、私がその場にいたら、そう考えるだけでも恐ろしいが、
きっと私だったらすぐに逃げ出していたと思う。

どんなに困難な時でも、仲間を信じて最後まで協力する。
お金では買えない、貴重な宝物を、旧校舎先生がくれたのだ。

こうして私は、やっぱりちょっと怖かったけれど、
これからどんな困難な事があっても
その先に素敵な宝物があるならば、堂々と立ち向かおうと思えた。
最終更新:2013年07月29日 14:05