全国分身対戦

概要

全国分身対戦とは、オンライン上で他者と仮想的に対戦することが可能なモード。
ここで得た報酬となる『マキシゴールド』を消費して
ドレスアップパーツをマキシショップで購入するのが目的である。

このモードを遊ぶには、バナパスあるいはおサイフケータイが必要となる。

また、期間限定で全国規模で最速分身をきめるオンラインイベント「全国1位争奪戦」が開催される。

マキシゴールド(G)

入手出来る額については当該頁を参照すべし。

都道府県チャレンジ

都道府県チャレンジとは、各都道府県ごとに選ばれた分身を倒していき、日本地図を制覇していくモードである。
ver5DXからはトロフィーを20個以上所持しないとオープンしない。

都道府県チャレンジのブロック分け構成

北海道→北海道 (1つ)
東北→青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島 (6つ)
北関東→茨城・栃木・群馬・埼玉 (4つ)
南関東→千葉・東京1/2/3・神奈川1/2 (6つ)
北陸→新潟・富山・石川・福井 (4つ)
東海甲信→山梨・長野・岐阜・静岡・愛知・三重 (6つ)
関西→滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山 (6つ)
中国→鳥取・島根・岡山・広島・山口 (5つ)
四国→徳島・香川・愛媛・高知 (4つ)
九州沖縄→福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄 (8つ)

※関東は競技人口が多いため北関東と南関東に分かれ
特に南関東は、日本最速決定戦でもAとBに分かれている事から察し
3都県では人口密度が多すぎる為、補正措置として東京・神奈川を分割している。

都道府県チャレンジは、ブロック消化途中で他のブロックへの移動は出来ません。
(例:北関東ブロックを選択し茨城を制覇すると、残りの栃木・群馬・埼玉をすべて制覇するまでほかのブロックの県を選択できない)

都道府県チャレンジのブロック・エリア制覇時のカラー
周回数 カラー
1周目
2周目
3周目
4周目
5周目


都道府県チャレンジ制覇報酬


報酬の詳細はコチラを参照すべし

都道府県チャレンジ報酬のTIPS(豆知識)

都道府県チャレンジではデフォルト分身一切出現しない

※2016/02/02のRev.2.03アップデート以降、登場する分身が全部「中の人がいる」分身となったので攻略難易度が上がった。
ただ、一定確率で中の人がいても物凄く弱い分身が出てくることがある。
(テツオ状態だったり、わざと減速したりと、恐らくは凡人プレイヤーの想定フィニッシュタイムを
大幅に下回る分身を「当たり牌」としてピックアップしている模様。)

フレーム獲得戦以外でのブロック最終戦では、報酬は勝利時2000G・敗北時500Gとなる。
フレーム・全国制覇ステッカーは''ショップでは買えない。

最短でプレートフレームを入手したいのなら、1ブロック辺りの最小エリア埋めで消化すれば効率は良い。

全国制覇ステッカーを全て所持している場合、
次周から全国制覇時に勝利時獲得マキシGに加え特別ボーナス10,000Gの特別報酬が得られる。

レベルから選ぶ

レベル→コース→対決したいマシンを選択し対戦する。

敵のレベル

自車レベルと同一の分身には「YOUR LEVEL」の文字が表示される。
レベル 馬力 R35読替用
(所持ステップアップゲージ数)
1 300馬力/STEP5級 0~5
2 400馬力/STEP10級 6~12
3 500馬力/STEP15級 13~19
4 600馬力/STEP20級 20~24
5 700馬力/STEP26級 25~27
6 760馬力/STEP28級 28・29
7 800馬力/STEP30級 30
8 815馬力/STEP31級 31
9 830馬力/STEP32級(フルチューン) 32(ステップアップ完成)
10 無差別級
フルチューンかつ所持トロフィー200個以上
ステップアップ完成かつ
所持トロフィー200個以上

敵レベルの推測


ステップがある程度以上離れている(ランクも関係する?)場合には赤く「強敵」と出る他、
5DXからは車の上にレベルも表示されるようになった(以前は馬力などから推測するしかなかった)。

なお、R35GT-Rではレベル判別が非常に容易。
R35は「馬力」ではなくパワー・ハンドリングでの表示だが、
それのおかげか、自車がR35の場合他の車についても全てそのような表示になる。
そのため、他の車のチューンが完全に見えてしまう。

たとえば700馬力/Bだとしたら、通常車種の場合は敵はハンドリングゲージをいくつ振っているか解らない
(ハンドリングゲージ13~17であることは確証が取れる)が、R35だとそれが全部見えてしまう、ということである。

分身を検索する

都道府県から検索する

  1. 対戦したい分身のいる都道府県を選択します。
  2. 対戦したい分身のレベルを選択して、検索条件を絞り込むことができます。
  3. レベルで絞り込んだ対戦相手が表示されます。ここで対戦したい相手が見つかったら、分身を選択して対戦します。
  4. 表示されている対戦相手数が多く、さらに絞り込みをしたい場合は「メーカー」や「車種」で対戦相手を絞り込むことができます。
    1. 対戦したい分身の車メーカーを選択して、検索相手を絞り込むことができます。
    2. 対戦したい分身の車種を選択して、検索相手を絞り込むことができます。

名前から検索する

  1. 車の名前を入力して分身を検索します。車の名前は完全一致しているものだけ表示されるので、正確に入力するようにしてください。
  2. 画面上に該当する分身の件数と、その中から10件の分身が表示されます。ここで対戦したい相手が見つかったら、分身を選択して対戦します。
  3. 表示されている対戦相手数が多く、さらに絞り込みをしたい場合は「都道府県」や「メーカー」や「車種」で、対戦相手を絞り込むことができます。
    1. 対戦したい分身のいる都道府県を選択して、検索相手を絞り込むことができます。
    2. 対戦したい分身の車メーカーを選択して、検索相手を絞り込むことができます。
    3. 対戦したい分身の車種を選択して、検索相手を絞り込むことができます。

名無し(CNを空欄にしている輩)の検索方法
もし名無し(CNを空欄にしている輩)から挑戦状を受け、その際にコースを変更したうえでリベンジしたい場合には次の方法がある。

  1. まず普通にリターンし、コースの変更が可能になったので。確実にその分身と対戦出来る。
  2. イレギュラーな方法として、湾岸マキシ.netの対戦履歴を参照する方法がある。
    必要となるのはパソコンとマウス。
    範囲選択(ドラッグ)で文字数を参照する。
    んで、分身検索→判別したスペース数を入力→都道府県名→車種と絞り込んでいけば高確率でその分身に辿り着ける。
    なお、この方法は東京や神奈川等、競技人口の多い場所で登録されたものでは不向き。
    ただし分身が倒された日の翌日午前2時までであれば『即日リベンジチャンス』の文字が出るのでその分身に辿り着ける可能性は高くなる。


リターン戦・対戦した相手と再戦

リターン戦

分身がゴールまで対戦された場合、ログイン時に都道府県の○○さんからスタンプが送られて来ました。と表示され、分身を倒した最新の相手情報が表示される。
もし、この画面でYESを選択した場合、自分が選んだコースで即リターン戦を始めることが可能。
NOを選択した場合はいつも通りの車データ確認画面へと移動する。

同じ相手に何度もリターンするとリターン×1、リターン×2…というように回数が増えていく
リターン×100以降もカウントし続けるため、リターンフィーバーは存在しない?

リターン・再戦リストのストック数は最大20件。
そのため、20件埋まった状態で新しいスタンプが送られてきた場合、一番古いものは消去されているかの様に見えるが、車種選択のリターン告知の時に返していない場合は古い履歴はストックされる。
スタンプストック数が20件を超えた場合、リターン数はリセットされ、分身検索を行って挑戦し、スタンプ返しに成功したとしても1500Gボーナスは発動しないと思われる(要検証)。

リベンジ記録のバグ(?)

5DXへ引き継いだ瞬間にデフォルトさんからリターンが送られてくる。
これがバグなのか仕様なのかは今のところ不明。

対戦した相手と再戦

最近対戦した相手最新10件が記録されている。
先程のリターン戦でどうしても勝てない相手なら、そのコースにこだわらずに敢えて別コースでリベンジ戦を行うのも有効な手段である。
もし、相手に未走行のコースがありテツオ状態という隙を見せているのであれば、
あわよくばフルボッコにし相手に『完敗』記録を付けさせることも可能である。

これでも勝てないのであれば、正直諦めたほうがマシ。変に高いプライドは持たず、勝てる相手だけを選ぶ、
効率重視戦略(デフォルト分身狩りのみ)にスイッチしたほうが苦労しなくて済む。

リターン戦で一定の条件を満たすとターミナル背景がもらえたりする。

分身撃破トロフィー獲得数

通常勝利 1個
スタンプリターン戦で勝利 2個
店内王冠で1コース奪取 3個
都道府県チャレンジでエリア制覇 3個
店内王冠で全コース奪取 10個
都道府県チャレンジで全国制覇 10個

イベント


全国1位争奪戦

詳細はこちらを参照のこと。

スペシャル分身遭遇イベント

コチラを参照すべし

分身対戦のTIPS(豆知識)


  • 自分よりも格上の敵を倒し、その敵からスタンプが来てリターンに成功したとしてもレート1.5倍であることには変わらない。
    (1500G×1.5倍=2250Gにはならない。)

  • 無差別級になる条件が、「フルチューンかつトロフィー200個以上」のため、わざと815馬力(54話)で寸止めし、
    830馬力級を倒して常時1500Gで稼ごうとしている人がある程度見受けられる。
    (実際レベル8・815馬力級で寸止めしてるA級・S級はたくさんいる。)
    ただ、この方法はデフォ狩りを除き負けるリスクが高い(車種によってはスキルで性能差をカバーしきれない場合あり)ので正直オススメは出来ない。
    むしろ、都道府県チャレンジを消化したり、同級のスタンプリターンに挑戦したほうがゴールドが稼ぎやすい場合がある。

    わざわざリスクの高い上位クラスに挑戦することによる旨味がほぼ無くなったと言える。

  • 同じIDのカードに入ってる車同士での対戦によるスタンプリターンを行うこと(自演)は出来ない。
    その為、自演で稼ぐ場合は他のICカードも所持し、かつ使用しなくてはならない。
    ※王冠を利用した自演の場合は除く

海外分身イベント

|