■PalNo【パレット番号】

▼概要
使用しているパレット番号を返す。
選択時のキーと対応番号についてはFile-/Defファイルを参照

▼情報・書式
PalNo ;Int型
  • 使用パレット番号を返す。
    • ただしHelperの場合は1しか返さない
    • 少なくともWin版では。1.0版では?


■Lv1-記述例・補足・注意点

記述例
[State a, a]
Type = xxxx
Trigger1 = !Time ;ChangeStateなどをしてきた最初のみ
Value = xxxx
  • 記述例での目的
  • カラー別で性能を変えたりする際に使われる。

補足
  • カラーは基本1~12。

注意点
  • Helperでは1しか返さないため
    • Helper確認したい場合は、Root,PalNoとすること。