※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

f:PLAYER=巫詠唱部隊
t:巫詠唱部隊の編成=http://www25.atwiki.jp/nanakazari/pages/273.html

T14編成部隊により海岸を警戒するための物見櫓を建設します。
その後,以下のような海岸警備を行います。
♯物見櫓に犬士を置く事が出来ないかは質疑が間に合わなかったためできない場合はその項目だけ飛ばしてください
1.このターン編成に組み込んでおらず、配置しておらず、政策により通学させたものでもいない犬士の中から36-xx007-xx:那奈、36-xx016-xx:朧、 36-xx018-xx:和葉、36-xx019-xx:郁宮、36-xx020-xx:羽月,36-xx042-xx:紫朗路の6名を2名ずつ3交代で物見櫓で監視を行わせる。
参考データ
配置表(着用アイドレス表):http://www25.atwiki.jp/nanakazari/pages/271.html
2.物見櫓からの監視では見落としそうな場所を重点して海岸の警備を行います。
この時休息は物見櫓の傍で行うようにし、休憩中も1人は監視を行うようにします。
3.設定国民からも広く情報を求めることで自分達だけでは気付けない部分も見逃さないようにすると共に、現在の所唯一の港町に怪しいものを見かけたら連絡するように呼びかけます
4.敵性部隊を発見した場合は戦闘行動には行わずに式で連絡を取り宰相府に連絡し、待機中のPPGへ援軍を要請します。