※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


巫と漢方


東洋医学のなかには「食養生」という考え方がある。
養生法の一環であり、食、つまり食べ物を通じて命を養うことをいう。

「よく噛んで食べること。少食が体にはいい」
「慢性病を治すには腸の汚れをとる」
「食べ合わせがほどよいバランスを生み出す」
「陰と陽の調和、つまり中庸の食事がよい」

これらは「食養生」の考え方から生まれたものである。
食べ物とはすなわち「身体を構成するもの」であるから、食べ物に気をつかうことで
体の機能がよりよくなり、健康につながるのはある意味当たり前のことだといえる。


本来、薬に頼らず、生活を改める事で体質を改善していくのが正しいのでしょう。
とはいえ、生活を改めるだけでは間に合わなかったり、足りない事もありますし、完治
できるものでもありません。
何より生活を改める事で改善できるものという考えは、それが出来ない者を否定する事
にもつながります。
そうならないためにも保育園や小学校では漢方医の知識を持った先生が、薬の事もわかり
やすく教える事ができるようになっています。

しかし医師の数が増えても全ての薬に医師の処方が必要では、緊急の時に不足したり、
医師が足りなくなってしまいます。
そこで、漢方医が『副作用が少なく保存が可能な薬を特別に処方の必要なく流通できないか』
と意見を出したことが、この“医師の処方の要らない薬”医薬部外品ができたきっかけです。

それから行われた 法整備やるしにゃん王国の協力、そして国外の工場を使用した事もあり、
当初の予定よりも多くの種類の医薬部外品が作られていったのです。

そのため、状況を見て設ける予定だった商品名の制限が急遽他の商品と間違えそうな名前の禁止と、子どもが誤って口にしないようにする事を義務付けるという形で作られる事になりました。

商品例


開発された一例として

  • 鷺宮のど飴
のど飴や薬湯の類は数多く申請がありましたが、最初からアイドルに宣伝を依頼したという点に特徴がある。
のど飴は細かな違いはあっても効果はかわらないが、宣伝効果のせいか他よりも売れ行きがよい。

  • 梟印の肝油ドロップ
元々は貧しくて栄養が取れていない子どもを健康診断でチェックし、処方していましたが、最近は必要なくなり需要が減っていました。
現在は医薬部外品となり、肝油は夜目に効果があることから夜目が必要な業種の人が活用し、売れ筋商品とはいかないまでも、堅実に売れていっています。

  • ブルーベリー丸
科学の進んだ国の工場で作る事になり、漢方に限らず有効成分を抽出濃縮し丸薬にした商品が作られていきました。
その中でこの商品はブルーベリーの視力改善の効果を出している成分を抽出した物で、視力が気になる人に売れています。

  • 蒲公英茶
タンポポをお茶にしたもので、他所の国では健康食品とされる事もある。
効果としては胃や食道などの炎症を改善するというものがある。


「監査委員会」と「医薬部外品に関する法律」


神聖巫連盟では、製品の品質を守るために「検査機関」を設けた。
この監査委員会は「製品の審査と認定」を行うほか、違反があった場合は「社名公表、
差し止め」などを行う権利と義務がある。
また「医薬部外品に関する法律」も制定施行され、品質と安全を守っている。
http://www25.atwiki.jp/nanakazari/pages/329.html

なお認定された商品には認定マークがつけられ、この偽造は重く罰せられる。
最終更新:2010年09月20日 23:21
添付ファイル