※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 黎明の職人 RD:12 評価値:6
    • 大部品: 高位東国人 RD:6 評価値:4
      • 大部品: 東国人(作:藻女) RD:4 評価値:3
        • 部品: 東洋風の服装
        • 部品: 稲作
        • 部品: 自然への畏敬
        • 部品: 信仰に篤い
      • 大部品: 儀式 RD:2 評価値:1
        • 部品: 祈りの作法
        • 部品: 祭祀知識
    • 部品: 祈り
    • 部品: 職人芸
    • 大部品: 巫の民 RD:4 評価値:3
      • 部品: 神々を祀る
      • 部品: 言語知識
      • 部品: 物作り
      • 部品: 子どもの守護者



部品定義


部品: 東洋風の服装

風通しの良い衣装で露出が激しいわけではないものの、夏場でも風が涼しければ暑さに煩わされにくくなっています。

部品: 稲作

米作りを行っており、それにともないお稲荷さんやそこから派生して狐神様を祀っている所が多い。藩王も狐神様から名前を借りており、収穫物やその加工品つまりはお米やお酒をお供えしたりお祭りを行う日を周知したりしている

部品: 自然への畏敬

四季がはっきり分かれ、台風もよく訪れ、また農業がそれに左右される事が多く、同時に恵もまた多くもたらされる東国では自然は畏れると同時に実りをもたらす感謝をする存在です。そのため自然に宿る神々に対しても感謝を捧げたり、畏れを抱いてお菓子やお神酒をお供えする事が少なくありません。

部品: 信仰に篤い

神々を身近に感じ、神々に見られる事を意識して振る舞ってきたため特定の宗教に入っていない者であっても信仰を大切にする傾向がある。

部品: 祈りの作法

様々な神を信仰するものがいる国のため神々によって異なる作法を知り、理解を深めてよい関係を築けるようにしています。

部品: 祭祀知識

神々を祀ったりお祭りを行う上での手順や用意する物といったお祭りをするために必要な知識を身に着けています。

部品: 祈り

神やそれに類する存在に自分の想い、意志、冀うことを伝えるもの。そのやり方は様々で心で思うだけのものから歌で伝えるもの、お祭りをして伝えるもの、言葉にして伝えるものなど様々です。巫では神々との距離が近いために祈りが届きやすく、だからこそみだり神々に要求するような祈りはよくないと言われている。

部品: 職人芸

技芸を積むことを良しとされるお国柄であるため、誰しも自分の技術を磨いています。物作りを行う職人は当然のこととして保育園児ですら積み木や泥団子や折り紙の腕を磨いています。

部品: 神々を祀る

神々だと感じ気に入った相手を祀る習慣があります。そのままでは邪神を祀り国に悪影響を及ぼすため、あまりに大きな被害をもたらしかねない神を祀るのは制限がされているほどです。

部品: 言語知識

教育に力を入れて来たため、教育の水準が高くなっています。また、他国に布教用の本を送り出すためか様々な国の言葉を覚えるものがいます。

部品: 物作り

何かを生み出すという行為に敬意を持っており、自身でも手を出しています。誰もがうまいというわけではないですが、下手であっても娯楽として楽しまれています。また物作りには農業での作物作りのような育てるようなものも含まれています。そのため本業でなくても小さな畑を持っている人は案外多いです。

部品: 子どもの守護者

子ども達を保護していた寺社の集合体が国になっていったという建国の由来から子ども達を守るという事は当然すべき事と考えています。直接子ども達に何かをする機会がない人もいますが、そういう人であっても学校や子どもの健康診断など子ども達のためにやっているという事が明らかな事に税金を費やしている分には賛意を得られやすくなっています。



提出書式


 大部品: 黎明の職人 RD:12 評価値:6
 -大部品: 高位東国人 RD:6 評価値:4
 --大部品: 東国人(作:藻女) RD:4 評価値:3
 ---部品: 東洋風の服装
 ---部品: 稲作
 ---部品: 自然への畏敬
 ---部品: 信仰に篤い
 --大部品: 儀式 RD:2 評価値:1
 ---部品: 祈りの作法
 ---部品: 祭祀知識
 -部品: 祈り
 -部品: 職人芸
 -大部品: 巫の民 RD:4 評価値:3
 --部品: 神々を祀る
 --部品: 言語知識
 --部品: 物作り
 --部品: 子どもの守護者
 
 
 部品: 東洋風の服装
 風通しの良い衣装で露出が激しいわけではないものの、夏場でも風が涼しければ暑さに煩わされにくくなっています。
 
 部品: 稲作
 米作りを行っており、それにともないお稲荷さんやそこから派生して狐神様を祀っている所が多い。藩王も狐神様から名前を借りており、収穫物やその加工品つまりはお米やお酒をお供えしたりお祭りを行う日を周知したりしている
 
 部品: 自然への畏敬
 四季がはっきり分かれ、台風もよく訪れ、また農業がそれに左右される事が多く、同時に恵もまた多くもたらされる東国では自然は畏れると同時に実りをもたらす感謝をする存在です。そのため自然に宿る神々に対しても感謝を捧げたり、畏れを抱いてお菓子やお神酒をお供えする事が少なくありません。
 
 部品: 信仰に篤い
 神々を身近に感じ、神々に見られる事を意識して振る舞ってきたため特定の宗教に入っていない者であっても信仰を大切にする傾向がある。
 
 部品: 祈りの作法
 様々な神を信仰するものがいる国のため神々によって異なる作法を知り、理解を深めてよい関係を築けるようにしています。
 
 部品: 祭祀知識
 神々を祀ったりお祭りを行う上での手順や用意する物といったお祭りをするために必要な知識を身に着けています。
 
 部品: 祈り
 神やそれに類する存在に自分の想い、意志、冀うことを伝えるもの。そのやり方は様々で心で思うだけのものから歌で伝えるもの、お祭りをして伝えるもの、言葉にして伝えるものなど様々です。巫では神々との距離が近いために祈りが届きやすく、だからこそみだり神々に要求するような祈りはよくないと言われている。
 
 部品: 職人芸
 技芸を積むことを良しとされるお国柄であるため、誰しも自分の技術を磨いています。物作りを行う職人は当然のこととして保育園児ですら積み木や泥団子や折り紙の腕を磨いています。
 
 部品: 神々を祀る
 神々だと感じ気に入った相手を祀る習慣があります。そのままでは邪神を祀り国に悪影響を及ぼすため、あまりに大きな被害をもたらしかねない神を祀るのは制限がされているほどです。
 
 部品: 言語知識
 教育に力を入れて来たため、教育の水準が高くなっています。また、他国に布教用の本を送り出すためか様々な国の言葉を覚えるものがいます。
 
 部品: 物作り
 何かを生み出すという行為に敬意を持っており、自身でも手を出しています。誰もがうまいというわけではないですが、下手であっても娯楽として楽しまれています。また物作りには農業での作物作りのような育てるようなものも含まれています。そのため本業でなくても小さな畑を持っている人は案外多いです。
 
 部品: 子どもの守護者
 子ども達を保護していた寺社の集合体が国になっていったという建国の由来から子ども達を守るという事は当然すべき事と考えています。直接子ども達に何かをする機会がない人もいますが、そういう人であっても学校や子どもの健康診断など子ども達のためにやっているという事が明らかな事に税金を費やしている分には賛意を得られやすくなっています。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "黎明の職人",
     "children": [
       {
         "title": "高位東国人",
         "children": [
           {
             "title": "東国人(作:藻女)",
             "children": [
               {
                 "title": "東洋風の服装",
                 "description": "風通しの良い衣装で露出が激しいわけではないものの、夏場でも風が涼しければ暑さに煩わされにくくなっています。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "稲作",
                 "description": "米作りを行っており、それにともないお稲荷さんやそこから派生して狐神様を祀っている所が多い。藩王も狐神様から名前を借りており、収穫物やその加工品つまりはお米やお酒をお供えしたりお祭りを行う日を周知したりしている",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "自然への畏敬",
                 "description": "四季がはっきり分かれ、台風もよく訪れ、また農業がそれに左右される事が多く、同時に恵もまた多くもたらされる東国では自然は畏れると同時に実りをもたらす感謝をする存在です。そのため自然に宿る神々に対しても感謝を捧げたり、畏れを抱いてお菓子やお神酒をお供えする事が少なくありません。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "信仰に篤い",
                 "description": "神々を身近に感じ、神々に見られる事を意識して振る舞ってきたため特定の宗教に入っていない者であっても信仰を大切にする傾向がある。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           },
           {
             "title": "儀式",
             "children": [
               {
                 "title": "祈りの作法",
                 "description": "様々な神を信仰するものがいる国のため神々によって異なる作法を知り、理解を深めてよい関係を築けるようにしています。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "祭祀知識",
                 "description": "神々を祀ったりお祭りを行う上での手順や用意する物といったお祭りをするために必要な知識を身に着けています。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "祈り",
         "description": "神やそれに類する存在に自分の想い、意志、冀うことを伝えるもの。そのやり方は様々で心で思うだけのものから歌で伝えるもの、お祭りをして伝えるもの、言葉にして伝えるものなど様々です。巫では神々との距離が近いために祈りが届きやすく、だからこそみだり神々に要求するような祈りはよくないと言われている。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "職人芸",
         "description": "技芸を積むことを良しとされるお国柄であるため、誰しも自分の技術を磨いています。物作りを行う職人は当然のこととして保育園児ですら積み木や泥団子や折り紙の腕を磨いています。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "巫の民",
         "children": [
           {
             "title": "神々を祀る",
             "description": "神々だと感じ気に入った相手を祀る習慣があります。そのままでは邪神を祀り国に悪影響を及ぼすため、あまりに大きな被害をもたらしかねない神を祀るのは制限がされているほどです。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "言語知識",
             "description": "教育に力を入れて来たため、教育の水準が高くなっています。また、他国に布教用の本を送り出すためか様々な国の言葉を覚えるものがいます。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "物作り",
             "description": "何かを生み出すという行為に敬意を持っており、自身でも手を出しています。誰もがうまいというわけではないですが、下手であっても娯楽として楽しまれています。また物作りには農業での作物作りのような育てるようなものも含まれています。そのため本業でなくても小さな畑を持っている人は案外多いです。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "子どもの守護者",
             "description": "子ども達を保護していた寺社の集合体が国になっていったという建国の由来から子ども達を守るという事は当然すべき事と考えています。直接子ども達に何かをする機会がない人もいますが、そういう人であっても学校や子どもの健康診断など子ども達のためにやっているという事が明らかな事に税金を費やしている分には賛意を得られやすくなっています。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       }
     ],
     "expanded": true,
     "part_type": "group"
   }
 ]