※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 大学病院付属東洋医学市民病院 RD:45 評価値:9
    • 部品: 歴史
    • 大部品: 施設の概要 RD:4 評価値:3
      • 部品: 病院
      • 部品: 敷地面積
      • 部品: 3階建て
      • 部品: 外観
    • 大部品: 診療棟 RD:5 評価値:3
      • 部品: 診療部屋
      • 部品: 漢方医の診療具
      • 部品: 衛生管理
      • 部品: 漢方薬管理室
      • 部品: 患者冊子記録保管庫
    • 大部品: 入院棟 RD:2 評価値:1
      • 部品: 一般病棟
      • 部品: 小児病棟
    • 大部品: 病院内の庭 RD:2 評価値:1
      • 部品: 噴水
      • 部品: 花壇
    • 大部品: 緊急時の避難について RD:5 評価値:3
      • 部品: 備蓄所
      • 部品: 倉庫点検
      • 部品: 備蓄食
      • 部品: 災害時の手引書
      • 部品: 避難訓練
    • 大部品: 職員 RD:8 評価値:5
      • 部品: 漢方医
      • 部品: 看護師
      • 部品: リハビリ師
      • 部品: 清掃人
      • 部品: 事務員
      • 部品: 警備員
      • 部品: 薬剤師
      • 部品: 健康診断センター事務
    • 大部品: 施設 RD:9 評価値:5
      • 大部品: 食堂 RD:3 評価値:2
        • 部品: 病院内レストラン
        • 部品: 漢方を用いた食事
        • 部品: 一週間の食事メニューポスター
      • 大部品: 病院図書館出張所 RD:6 評価値:4
        • 部品: 病棟図書館概要
        • 部品: 医療書欄
        • 部品: 文芸図書
        • 部品: 勉強机
        • 部品: 漫画コーナー
        • 部品: 移動図書館
    • 大部品: 東洋医学 RD:8 評価値:5
      • 部品: 心得
      • 部品: 法について
      • 部品: 漢方医学
      • 部品: 生薬
      • 部品: 西洋医学、魔法医学との危険性の確認と連携
      • 部品: 鍼灸(技術)
      • 部品: 按摩
      • 部品: 食養生
    • 部品: 配布物



部品定義


部品: 歴史

我が国の市民病院の歴史は診療所からはじまった。漢方医が小さな診療所を建て、患者を取り始めたのがすべてのはじまりである。


部品: 病院

我が国の病院とは、漢方医を主体とした病院である。東洋医学を根幹とし、漢方の処方や治療を行なっている。病棟は大学に附属しており、院生や教授も出入りをしている。


部品: 敷地面積

27,296m2の大学付属病院。国立であるためなかなかの大きさであり、今後は増築も行われる予定がある。国の中でも選りすぐりの漢方医がそろっており、日夜、病との付き合い方を研究している。

部品: 3階建て

3階建てと、やや階層が大きさの割に低いのは、電気にはあまり頼らない国家だからである。基本的に病人は運ばれてか行くが、階段をなんども往復しないために高さよりも広さを重点に作られている。避難訓練時などは脱出しやすい。


部品: 外観

大学付属病院ということで、他国のものにも親しみやすいよう西洋風なデザインを元に設計されている。赤煉瓦で作られたモダンな外見が特徴であり、遠くからも見つけやすい優美な建物。

部品: 診療部屋

内科、外科、産婦人科など、診察内容によって分けられた診療室。ベッド、机、椅子、患者のプライバシーを守るカーテンなどがはられている。


部品: 漢方医の診療具

低物理領域ではあるが、めずらしく金属製の聴診器、銚子などの器具が置いてある。治療のための綿や包帯など、基本的な医療具はすべての診療部屋に用意されている。


部品: 衛生管理

治療に用いられる器具や施設は医療用酒により消毒され、雑菌が入らないよう管理されている。さらに消耗品も感染症予防のため完全に廃棄される。

部品: 漢方薬管理室

医療用酒や漢方薬、治療に用いられる薬品を保管する部屋。物品はリストによって厳重に管理され、一つ一つ出入りをチェックしている。盗難や不正があった場合はすみやかに行政機関へと通報が行われる。


部品: 患者冊子記録保管庫

患者の診療記録が紙の冊子になり、保管されている。患者のプライバシーは厳重に管理され、閲覧は院内の一部医療従事者か、国の政府機関の許可令状を持ったものに限られる。


部品: 一般病棟

成人した患者が入る病棟。病気の種類により入院するエリアが分けられており、専門性の高い漢方医、看護師が配属され、昼夜問わずつめている。


部品: 小児病棟

0才〜14歳児までの年少者が入る病棟。小児科は総合的な技術を求められ、薬剤なども成年とは処方が変わるため別病棟が建てられている。内部には遊興施設や、出張学校が入っており、大学生がシフトに入り入院患者に勉強を教えている。


部品: 噴水

水の吹き出す綺麗な噴水。噴水の周りには花壇があり、きらきらと水が跳ねる様が美しく、あまり運動できない患者の心を慰めている。

部品: 花壇

色とりどりの花が咲いた花壇。用務員が世話をしているものもあれば、小児病棟の入院患者がそだてているものもあり、患者の目の保養となっている。

部品: 備蓄所

病院の5箇所に設置された避難食備蓄場。災害時に必要な生活必需品、工具なども用意されている。大きめの倉庫であり、どんな食品が入っているかリストに管理されている。


部品: 倉庫点検

災害などの緊急時、拠点とするために作られた備蓄倉庫を維持するため、一年に2回ほど行われる点検。回数は多少変動してもよい。保存の切れそうなものは持ち出され、施設前にて備蓄食事会として盛大に振舞われる。


部品: 備蓄食

災害などの緊急時に振舞われる食料。乾物が主たる食料。保存期間が限界に達する前に交換される。災害時は子供や病人を優先するよう手引きに書いてある。

部品: 災害時の手引書

災害が起こった場合、震災、火災、水害、戦闘行為に対応した避難経路と職員対応が書かれた手引書。各事態、発生箇所に対応し、避難すべき場所が変わる。例えば震災時は中庭、火災時は火元から遠い場所、水害、戦闘時は屋内に退避とある。他、対応した箇所へのこまかな指示があり、二ヶ月に一回の避難訓練を行うよう義務付けられている。

部品: 避難訓練

二ヶ月に一回の避難訓練。主として職員間で行われ、様々な災害を想定して避難形式を変えている。診察棟の避難誘導、入院棟の患者移動など。小児病棟は児童に対して、災害学習のために参加型の避難訓練を行なっている。


部品: 漢方医

病院に配属されている漢方医。漢方医の漢方医の中でも、特に腕のいい漢方医がそろっている。彼らは日夜研鑽を重ねながら、患者たちの心と体を癒している。

部品: 看護師

病院に配属されている看護師。診療の補助、入院患者の世話、生活の手伝いなど、病院の多岐にわたる補助を担う。病院には欠かせない役所。

部品: リハビリ師

病院のリハビリテーションルームに勤めるリハビリ師。義手や義足、事故や病により四肢の動きに困難を抱えた人の治療を補助する専門職。


部品: 清掃人

病院に配属された清掃人。ゴミや床掃除などを行う。清潔であることが重要な病院の要。用務員も兼ねており、庭の管理なども行う。

部品: 事務員

病院の受付、対応、案内、資料整理を行う大事な部署。正しい診断も事務員あってのものである。病院を運営するための大事な役職。

部品: 警備員

主として夜間、病院を見回る警備員。常にツーマンセルで複数組みが行動し、警戒にあたる。不審人物の発見時には警笛を鳴らし近隣の者に知らせる。

部品: 薬剤師

漢方医の中でも特に薬剤に深い見識を持つものがつく役職。基本的には薬剤の管理、診療室からの処方箋による薬剤の受け渡しを行い、その際の薬剤のチェックも並行して行う。重要な役職。

部品: 健康診断センター事務

治療、入院の他に健康診断を行うための管理センターを運営する事務。団体に所属している者の多くは定期的に健康診断を受けるため、多くの人数を管理、案内をしていく。


部品: 病院内レストラン

病院内の食堂。レストランのような作りになっており、ここで患者やその見舞い人、職員が食事を取りに来ることもある。

部品: 漢方を用いた食事

東洋医学を起源とした食養生を食事のメニューにおりこんでおり、健康によい食事が出される。質素な感じがするが素朴な味わい。ここの食事は入院中の患者にも提供されている。


部品: 一週間の食事メニューポスター

一週間の食事メニューが書いてあるポスター。一食一食健康に配慮した色々なメニューが書かれており、これを楽しみにしている患者も少なくない。入院患者の心を慰める工夫。


部品: 病棟図書館概要

病院内に設置された中規模の図書館。そこそこの大きさがあり、漢方医や患者、患者の親族、子供達の憩いの場。司書はなお大学病院付属図書館は別にあり、こちらはよりでかい。


部品: 医療書欄

病院に所属した医療従事者用の医療所属欄。一般の人が学習できるよう、簡単な衛生管理の本なども置いてある。基本的には大学病院から詳しい医療書を取り寄せ、こちらで受け取る部門。


部品: 文芸図書

患者の心を潤す文芸書欄。新聞や新刊なども定期的に入るため、これを楽しみに日参する患者も多い。移動がよい運動と気晴らしになる様子。


部品: 勉強机

基本的には家や病室に持ち帰ることを目的としている図書館だが、学習用の机も存在する。ここにきて勉学に励む患者や漢方医も多い。


部品: 漫画コーナー

畳がしいてあり、転がって漫画を読むことができる漫画コーナー。イラストを中心に構成された書物で、子供に人気がある。名作を中心に収集されている。


部品: 移動図書館

おすすめ図書のリストと注文された書籍を積み、入院棟を巡回する手押し車の図書館。患者の注文によっては大学付属図書館から書籍を取り寄せ、本を渡す。


部品: 心得

ここでは生涯学習、人格尊重など、漢方医として生涯守るべき心得について学ぶ。漢方医は命を左右する仕事である。その自覚とこれからの生き方について深く考え学ぶ。

部品: 法について

世の中には様々な法がある。おもに、漢方医学に関する法やルールを学び、職業人として遵守できるようにする。

部品: 漢方医学

漢方医として知っておく医学知識についての授業である。漢方薬の薬理作用について、証(しょう、あかし)の立て方、漢方薬についてなどを詳しく学ぶ。


部品: 生薬

漢方薬は植物、鉱物、動物、菌など天然のものの薬効を知り、それを用いて作成される。どのようなものがどんな薬効をもっているのか、またその調剤の方法を学び実際に作成してみたりする。

部品: 西洋医学、魔法医学との危険性の確認と連携

ここでは様々な物理域に対する理解と、物理域を混ぜることが禁忌であることを知る。また西洋医学、魔法医学の基礎知識を学ぶことで無意識に混ぜないようにする。


部品: 鍼灸(技術)

体に鍼や灸でしげきを与えて様々な病気を治したり、体の調子を整えるのが鍼灸である。体のツボの位置や効能を知る。そして監督医のもとで実習をしたりする。


部品: 按摩

按摩とは、なでたりこすったり押したりなどの手技を用い、生命の持つ恒常性維持機能を反応させ、健康を増進させるものである。その手技やほどこす部位や効果を知ったり、実習を行ったりする。


部品: 食養生

普段口にする食べ物の性質を知り(五味、五感)、体への取り入れ方を知るとともに、患者の容体にあわせてより摂取しやすい調理法などを学ぶ。


部品: 配布物

衛生や予防に関する資料。家庭や学校、保育園、公民館や図書館などの教育施設、公共施設、各家庭に配布されいる。わかりやすいイラストで説明されており、子供でも楽しく見て学ぶことができる。



提出書式


 大部品: 大学病院付属東洋医学市民病院 RD:45 評価値:9
 -部品: 歴史
 -大部品: 施設の概要 RD:4 評価値:3
 --部品: 病院
 --部品: 敷地面積
 --部品: 3階建て
 --部品: 外観
 -大部品: 診療棟 RD:5 評価値:3
 --部品: 診療部屋
 --部品: 漢方医の診療具
 --部品: 衛生管理
 --部品: 漢方薬管理室
 --部品: 患者冊子記録保管庫
 -大部品: 入院棟 RD:2 評価値:1
 --部品: 一般病棟
 --部品: 小児病棟
 -大部品: 病院内の庭 RD:2 評価値:1
 --部品: 噴水
 --部品: 花壇
 -大部品: 緊急時の避難について RD:5 評価値:3
 --部品: 備蓄所
 --部品: 倉庫点検
 --部品: 備蓄食
 --部品: 災害時の手引書
 --部品: 避難訓練
 -大部品: 職員 RD:8 評価値:5
 --部品: 漢方医
 --部品: 看護師
 --部品: リハビリ師
 --部品: 清掃人
 --部品: 事務員
 --部品: 警備員
 --部品: 薬剤師
 --部品: 健康診断センター事務
 -大部品: 施設 RD:9 評価値:5
 --大部品: 食堂 RD:3 評価値:2
 ---部品: 病院内レストラン
 ---部品: 漢方を用いた食事
 ---部品: 一週間の食事メニューポスター
 --大部品: 病院図書館出張所 RD:6 評価値:4
 ---部品: 病棟図書館概要
 ---部品: 医療書欄
 ---部品: 文芸図書
 ---部品: 勉強机
 ---部品: 漫画コーナー
 ---部品: 移動図書館
 -大部品: 東洋医学 RD:8 評価値:5
 --部品: 心得
 --部品: 法について
 --部品: 漢方医学
 --部品: 生薬
 --部品: 西洋医学、魔法医学との危険性の確認と連携
 --部品: 鍼灸(技術)
 --部品: 按摩
 --部品: 食養生
 -部品: 配布物
 
 
 部品: 歴史
 我が国の市民病院の歴史は診療所からはじまった。漢方医が小さな診療所を建て、患者を取り始めたのがすべてのはじまりである。
 
 
 部品: 病院
 我が国の病院とは、漢方医を主体とした病院である。東洋医学を根幹とし、漢方の処方や治療を行なっている。病棟は大学に附属しており、院生や教授も出入りをしている。
 
 
 部品: 敷地面積
 27,296m2の大学付属病院。国立であるためなかなかの大きさであり、今後は増築も行われる予定がある。国の中でも選りすぐりの漢方医がそろっており、日夜、病との付き合い方を研究している。
 
 部品: 3階建て
 3階建てと、やや階層が大きさの割に低いのは、電気にはあまり頼らない国家だからである。基本的に病人は運ばれてか行くが、階段をなんども往復しないために高さよりも広さを重点に作られている。避難訓練時などは脱出しやすい。
 
 
 部品: 外観
 大学付属病院ということで、他国のものにも親しみやすいよう西洋風なデザインを元に設計されている。赤煉瓦で作られたモダンな外見が特徴であり、遠くからも見つけやすい優美な建物。
 
 部品: 診療部屋
 内科、外科、産婦人科など、診察内容によって分けられた診療室。ベッド、机、椅子、患者のプライバシーを守るカーテンなどがはられている。
 
 
 部品: 漢方医の診療具
 低物理領域ではあるが、めずらしく金属製の聴診器、銚子などの器具が置いてある。治療のための綿や包帯など、基本的な医療具はすべての診療部屋に用意されている。
 
 
 部品: 衛生管理
 治療に用いられる器具や施設は医療用酒により消毒され、雑菌が入らないよう管理されている。さらに消耗品も感染症予防のため完全に廃棄される。
 
 部品: 漢方薬管理室
 医療用酒や漢方薬、治療に用いられる薬品を保管する部屋。物品はリストによって厳重に管理され、一つ一つ出入りをチェックしている。盗難や不正があった場合はすみやかに行政機関へと通報が行われる。
 
 
 部品: 患者冊子記録保管庫
 患者の診療記録が紙の冊子になり、保管されている。患者のプライバシーは厳重に管理され、閲覧は院内の一部医療従事者か、国の政府機関の許可令状を持ったものに限られる。
 
 
 部品: 一般病棟
 成人した患者が入る病棟。病気の種類により入院するエリアが分けられており、専門性の高い漢方医、看護師が配属され、昼夜問わずつめている。
 
 
 部品: 小児病棟
 0才〜14歳児までの年少者が入る病棟。小児科は総合的な技術を求められ、薬剤なども成年とは処方が変わるため別病棟が建てられている。内部には遊興施設や、出張学校が入っており、大学生がシフトに入り入院患者に勉強を教えている。
 
 
 部品: 噴水
 水の吹き出す綺麗な噴水。噴水の周りには花壇があり、きらきらと水が跳ねる様が美しく、あまり運動できない患者の心を慰めている。
 
 部品: 花壇
 色とりどりの花が咲いた花壇。用務員が世話をしているものもあれば、小児病棟の入院患者がそだてているものもあり、患者の目の保養となっている。
 
 部品: 備蓄所
 病院の5箇所に設置された避難食備蓄場。災害時に必要な生活必需品、工具なども用意されている。大きめの倉庫であり、どんな食品が入っているかリストに管理されている。
 
 
 部品: 倉庫点検
 災害などの緊急時、拠点とするために作られた備蓄倉庫を維持するため、一年に2回ほど行われる点検。回数は多少変動してもよい。保存の切れそうなものは持ち出され、施設前にて備蓄食事会として盛大に振舞われる。
 
 
 部品: 備蓄食
 災害などの緊急時に振舞われる食料。乾物が主たる食料。保存期間が限界に達する前に交換される。災害時は子供や病人を優先するよう手引きに書いてある。
 
 部品: 災害時の手引書
 災害が起こった場合、震災、火災、水害、戦闘行為に対応した避難経路と職員対応が書かれた手引書。各事態、発生箇所に対応し、避難すべき場所が変わる。例えば震災時は中庭、火災時は火元から遠い場所、水害、戦闘時は屋内に退避とある。他、対応した箇所へのこまかな指示があり、二ヶ月に一回の避難訓練を行うよう義務付けられている。
 
 部品: 避難訓練
 二ヶ月に一回の避難訓練。主として職員間で行われ、様々な災害を想定して避難形式を変えている。診察棟の避難誘導、入院棟の患者移動など。小児病棟は児童に対して、災害学習のために参加型の避難訓練を行なっている。
 
 
 部品: 漢方医
 病院に配属されている漢方医。漢方医の漢方医の中でも、特に腕のいい漢方医がそろっている。彼らは日夜研鑽を重ねながら、患者たちの心と体を癒している。
 
 部品: 看護師
 病院に配属されている看護師。診療の補助、入院患者の世話、生活の手伝いなど、病院の多岐にわたる補助を担う。病院には欠かせない役所。
 
 部品: リハビリ師
 病院のリハビリテーションルームに勤めるリハビリ師。義手や義足、事故や病により四肢の動きに困難を抱えた人の治療を補助する専門職。
 
 
 部品: 清掃人
 病院に配属された清掃人。ゴミや床掃除などを行う。清潔であることが重要な病院の要。用務員も兼ねており、庭の管理なども行う。
 
 部品: 事務員
 病院の受付、対応、案内、資料整理を行う大事な部署。正しい診断も事務員あってのものである。病院を運営するための大事な役職。
 
 部品: 警備員
 主として夜間、病院を見回る警備員。常にツーマンセルで複数組みが行動し、警戒にあたる。不審人物の発見時には警笛を鳴らし近隣の者に知らせる。
 
 部品: 薬剤師
 漢方医の中でも特に薬剤に深い見識を持つものがつく役職。基本的には薬剤の管理、診療室からの処方箋による薬剤の受け渡しを行い、その際の薬剤のチェックも並行して行う。重要な役職。
 
 部品: 健康診断センター事務
 治療、入院の他に健康診断を行うための管理センターを運営する事務。団体に所属している者の多くは定期的に健康診断を受けるため、多くの人数を管理、案内をしていく。
 
 
 部品: 病院内レストラン
 病院内の食堂。レストランのような作りになっており、ここで患者やその見舞い人、職員が食事を取りに来ることもある。
 
 部品: 漢方を用いた食事
 東洋医学を起源とした食養生を食事のメニューにおりこんでおり、健康によい食事が出される。質素な感じがするが素朴な味わい。ここの食事は入院中の患者にも提供されている。
 
 
 部品: 一週間の食事メニューポスター
 一週間の食事メニューが書いてあるポスター。一食一食健康に配慮した色々なメニューが書かれており、これを楽しみにしている患者も少なくない。入院患者の心を慰める工夫。
 
 
 部品: 病棟図書館概要
 病院内に設置された中規模の図書館。そこそこの大きさがあり、漢方医や患者、患者の親族、子供達の憩いの場。司書はなお大学病院付属図書館は別にあり、こちらはよりでかい。
 
 
 部品: 医療書欄
 病院に所属した医療従事者用の医療所属欄。一般の人が学習できるよう、簡単な衛生管理の本なども置いてある。基本的には大学病院から詳しい医療書を取り寄せ、こちらで受け取る部門。
 
 
 部品: 文芸図書
 患者の心を潤す文芸書欄。新聞や新刊なども定期的に入るため、これを楽しみに日参する患者も多い。移動がよい運動と気晴らしになる様子。
 
 
 部品: 勉強机
 基本的には家や病室に持ち帰ることを目的としている図書館だが、学習用の机も存在する。ここにきて勉学に励む患者や漢方医も多い。
 
 
 部品: 漫画コーナー
 畳がしいてあり、転がって漫画を読むことができる漫画コーナー。イラストを中心に構成された書物で、子供に人気がある。名作を中心に収集されている。
 
 
 部品: 移動図書館
 おすすめ図書のリストと注文された書籍を積み、入院棟を巡回する手押し車の図書館。患者の注文によっては大学付属図書館から書籍を取り寄せ、本を渡す。
 
 
 部品: 心得
 ここでは生涯学習、人格尊重など、漢方医として生涯守るべき心得について学ぶ。漢方医は命を左右する仕事である。その自覚とこれからの生き方について深く考え学ぶ。
 
 部品: 法について
 世の中には様々な法がある。おもに、漢方医学に関する法やルールを学び、職業人として遵守できるようにする。
 
 部品: 漢方医学
 漢方医として知っておく医学知識についての授業である。漢方薬の薬理作用について、証(しょう、あかし)の立て方、漢方薬についてなどを詳しく学ぶ。
 
 
 部品: 生薬
 漢方薬は植物、鉱物、動物、菌など天然のものの薬効を知り、それを用いて作成される。どのようなものがどんな薬効をもっているのか、またその調剤の方法を学び実際に作成してみたりする。
 
 部品: 西洋医学、魔法医学との危険性の確認と連携
 ここでは様々な物理域に対する理解と、物理域を混ぜることが禁忌であることを知る。また西洋医学、魔法医学の基礎知識を学ぶことで無意識に混ぜないようにする。
 
 
 部品: 鍼灸(技術)
 体に鍼や灸でしげきを与えて様々な病気を治したり、体の調子を整えるのが鍼灸である。体のツボの位置や効能を知る。そして監督医のもとで実習をしたりする。
 
 
 部品: 按摩
 按摩とは、なでたりこすったり押したりなどの手技を用い、生命の持つ恒常性維持機能を反応させ、健康を増進させるものである。その手技やほどこす部位や効果を知ったり、実習を行ったりする。
 
 
 部品: 食養生
 普段口にする食べ物の性質を知り(五味、五感)、体への取り入れ方を知るとともに、患者の容体にあわせてより摂取しやすい調理法などを学ぶ。
 
 
 部品: 配布物
 衛生や予防に関する資料。家庭や学校、保育園、公民館や図書館などの教育施設、公共施設、各家庭に配布されいる。わかりやすいイラストで説明されており、子供でも楽しく見て学ぶことができる。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "大学病院付属東洋医学市民病院",
     "children": [
       {
         "title": "歴史",
         "description": "我が国の市民病院の歴史は診療所からはじまった。漢方医が小さな診療所を建て、患者を取り始めたのがすべてのはじまりである。\n",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "施設の概要",
         "children": [
           {
             "title": "病院",
             "description": "我が国の病院とは、漢方医を主体とした病院である。東洋医学を根幹とし、漢方の処方や治療を行なっている。病棟は大学に附属しており、院生や教授も出入りをしている。\n",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "敷地面積",
             "description": "27,296m2の大学付属病院。国立であるためなかなかの大きさであり、今後は増築も行われる予定がある。国の中でも選りすぐりの漢方医がそろっており、日夜、病との付き合い方を研究している。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "3階建て",
             "description": "3階建てと、やや階層が大きさの割に低いのは、電気にはあまり頼らない国家だからである。基本的に病人は運ばれてか行くが、階段をなんども往復しないために高さよりも広さを重点に作られている。避難訓練時などは脱出しやすい。\n",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "外観",
             "description": "大学付属病院ということで、他国のものにも親しみやすいよう西洋風なデザインを元に設計されている。赤煉瓦で作られたモダンな外見が特徴であり、遠くからも見つけやすい優美な建物。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "診療棟",
         "children": [
           {
             "title": "診療部屋",
             "description": "内科、外科、産婦人科など、診察内容によって分けられた診療室。ベッド、机、椅子、患者のプライバシーを守るカーテンなどがはられている。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "漢方医の診療具",
             "description": "低物理領域ではあるが、めずらしく金属製の聴診器、銚子などの器具が置いてある。治療のための綿や包帯など、基本的な医療具はすべての診療部屋に用意されている。\n",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "衛生管理",
             "description": "治療に用いられる器具や施設は医療用酒により消毒され、雑菌が入らないよう管理されている。さらに消耗品も感染症予防のため完全に廃棄される。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "漢方薬管理室",
             "description": "医療用酒や漢方薬、治療に用いられる薬品を保管する部屋。物品はリストによって厳重に管理され、一つ一つ出入りをチェックしている。盗難や不正があった場合はすみやかに行政機関へと通報が行われる。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "患者冊子記録保管庫",
             "description": "患者の診療記録が紙の冊子になり、保管されている。患者のプライバシーは厳重に管理され、閲覧は院内の一部医療従事者か、国の政府機関の許可令状を持ったものに限られる。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "入院棟",
         "children": [
           {
             "title": "一般病棟",
             "description": "成人した患者が入る病棟。病気の種類により入院するエリアが分けられており、専門性の高い漢方医、看護師が配属され、昼夜問わずつめている。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "小児病棟",
             "description": "0才〜14歳児までの年少者が入る病棟。小児科は総合的な技術を求められ、薬剤なども成年とは処方が変わるため別病棟が建てられている。内部には遊興施設や、出張学校が入っており、大学生がシフトに入り入院患者に勉強を教えている。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "病院内の庭",
         "children": [
           {
             "title": "噴水",
             "description": "水の吹き出す綺麗な噴水。噴水の周りには花壇があり、きらきらと水が跳ねる様が美しく、あまり運動できない患者の心を慰めている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "花壇",
             "description": "色とりどりの花が咲いた花壇。用務員が世話をしているものもあれば、小児病棟の入院患者がそだてているものもあり、患者の目の保養となっている。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "緊急時の避難について",
         "children": [
           {
             "title": "備蓄所",
             "description": "病院の5箇所に設置された避難食備蓄場。災害時に必要な生活必需品、工具なども用意されている。大きめの倉庫であり、どんな食品が入っているかリストに管理されている。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "倉庫点検",
             "description": "災害などの緊急時、拠点とするために作られた備蓄倉庫を維持するため、一年に2回ほど行われる点検。回数は多少変動してもよい。保存の切れそうなものは持ち出され、施設前にて備蓄食事会として盛大に振舞われる。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "備蓄食",
             "description": "災害などの緊急時に振舞われる食料。乾物が主たる食料。保存期間が限界に達する前に交換される。災害時は子供や病人を優先するよう手引きに書いてある。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "災害時の手引書",
             "description": "災害が起こった場合、震災、火災、水害、戦闘行為に対応した避難経路と職員対応が書かれた手引書。各事態、発生箇所に対応し、避難すべき場所が変わる。例えば震災時は中庭、火災時は火元から遠い場所、水害、戦闘時は屋内に退避とある。他、対応した箇所へのこまかな指示があり、二ヶ月に一回の避難訓練を行うよう義務付けられている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "避難訓練",
             "description": "二ヶ月に一回の避難訓練。主として職員間で行われ、様々な災害を想定して避難形式を変えている。診察棟の避難誘導、入院棟の患者移動など。小児病棟は児童に対して、災害学習のために参加型の避難訓練を行なっている。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "職員",
         "children": [
           {
             "title": "漢方医",
             "description": "病院に配属されている漢方医。漢方医の漢方医の中でも、特に腕のいい漢方医がそろっている。彼らは日夜研鑽を重ねながら、患者たちの心と体を癒している。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "看護師",
             "description": "病院に配属されている看護師。診療の補助、入院患者の世話、生活の手伝いなど、病院の多岐にわたる補助を担う。病院には欠かせない役所。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "リハビリ師",
             "description": "病院のリハビリテーションルームに勤めるリハビリ師。義手や義足、事故や病により四肢の動きに困難を抱えた人の治療を補助する専門職。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "清掃人",
             "description": "病院に配属された清掃人。ゴミや床掃除などを行う。清潔であることが重要な病院の要。用務員も兼ねており、庭の管理なども行う。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "事務員",
             "description": "病院の受付、対応、案内、資料整理を行う大事な部署。正しい診断も事務員あってのものである。病院を運営するための大事な役職。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "警備員",
             "description": "主として夜間、病院を見回る警備員。常にツーマンセルで複数組みが行動し、警戒にあたる。不審人物の発見時には警笛を鳴らし近隣の者に知らせる。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "薬剤師",
             "description": "漢方医の中でも特に薬剤に深い見識を持つものがつく役職。基本的には薬剤の管理、診療室からの処方箋による薬剤の受け渡しを行い、その際の薬剤のチェックも並行して行う。重要な役職。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "健康診断センター事務",
             "description": "治療、入院の他に健康診断を行うための管理センターを運営する事務。団体に所属している者の多くは定期的に健康診断を受けるため、多くの人数を管理、案内をしていく。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "施設",
         "children": [
           {
             "title": "食堂",
             "children": [
               {
                 "title": "病院内レストラン",
                 "description": "病院内の食堂。レストランのような作りになっており、ここで患者やその見舞い人、職員が食事を取りに来ることもある。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "漢方を用いた食事",
                 "description": "東洋医学を起源とした食養生を食事のメニューにおりこんでおり、健康によい食事が出される。質素な感じがするが素朴な味わい。ここの食事は入院中の患者にも提供されている。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "一週間の食事メニューポスター",
                 "description": "一週間の食事メニューが書いてあるポスター。一食一食健康に配慮した色々なメニューが書かれており、これを楽しみにしている患者も少なくない。入院患者の心を慰める工夫。\n",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           },
           {
             "title": "病院図書館出張所",
             "children": [
               {
                 "title": "病棟図書館概要",
                 "description": "病院内に設置された中規模の図書館。そこそこの大きさがあり、漢方医や患者、患者の親族、子供達の憩いの場。司書はなお大学病院付属図書館は別にあり、こちらはよりでかい。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "医療書欄",
                 "description": "病院に所属した医療従事者用の医療所属欄。一般の人が学習できるよう、簡単な衛生管理の本なども置いてある。基本的には大学病院から詳しい医療書を取り寄せ、こちらで受け取る部門。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "文芸図書",
                 "description": "患者の心を潤す文芸書欄。新聞や新刊なども定期的に入るため、これを楽しみに日参する患者も多い。移動がよい運動と気晴らしになる様子。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "勉強机",
                 "description": "基本的には家や病室に持ち帰ることを目的としている図書館だが、学習用の机も存在する。ここにきて勉学に励む患者や漢方医も多い。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "漫画コーナー",
                 "description": "畳がしいてあり、転がって漫画を読むことができる漫画コーナー。イラストを中心に構成された書物で、子供に人気がある。名作を中心に収集されている。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "移動図書館",
                 "description": "おすすめ図書のリストと注文された書籍を積み、入院棟を巡回する手押し車の図書館。患者の注文によっては大学付属図書館から書籍を取り寄せ、本を渡す。\n",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "東洋医学",
         "children": [
           {
             "title": "心得",
             "description": "ここでは生涯学習、人格尊重など、漢方医として生涯守るべき心得について学ぶ。漢方医は命を左右する仕事である。その自覚とこれからの生き方について深く考え学ぶ。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "法について",
             "description": "世の中には様々な法がある。おもに、漢方医学に関する法やルールを学び、職業人として遵守できるようにする。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "漢方医学",
             "description": "漢方医として知っておく医学知識についての授業である。漢方薬の薬理作用について、証(しょう、あかし)の立て方、漢方薬についてなどを詳しく学ぶ。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "生薬",
             "description": "漢方薬は植物、鉱物、動物、菌など天然のものの薬効を知り、それを用いて作成される。どのようなものがどんな薬効をもっているのか、またその調剤の方法を学び実際に作成してみたりする。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "西洋医学、魔法医学との危険性の確認と連携",
             "description": "ここでは様々な物理域に対する理解と、物理域を混ぜることが禁忌であることを知る。また西洋医学、魔法医学の基礎知識を学ぶことで無意識に混ぜないようにする。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "鍼灸(技術)",
             "description": "体に鍼や灸でしげきを与えて様々な病気を治したり、体の調子を整えるのが鍼灸である。体のツボの位置や効能を知る。そして監督医のもとで実習をしたりする。\n",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "按摩",
             "description": "按摩とは、なでたりこすったり押したりなどの手技を用い、生命の持つ恒常性維持機能を反応させ、健康を増進させるものである。その手技やほどこす部位や効果を知ったり、実習を行ったりする。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "食養生",
             "description": "普段口にする食べ物の性質を知り(五味、五感)、体への取り入れ方を知るとともに、患者の容体にあわせてより摂取しやすい調理法などを学ぶ。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "配布物",
         "description": "衛生や予防に関する資料。家庭や学校、保育園、公民館や図書館などの教育施設、公共施設、各家庭に配布されいる。わかりやすいイラストで説明されており、子供でも楽しく見て学ぶことができる。",
         "part_type": "part"
       }
     ],
     "expanded": true,
     "part_type": "group"
   }
 ]