※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

    温☆泉 ばにっく

注意:このお話はネタです。実際の国民とは、きっと関係ありません。


 今日は政庁のみんなで温泉!
みんなでわくわくしながら国のはずれにある温泉にやってきた。

――女湯
「きゃあ~!温泉です~!」
楽しいこと大好きなみぽりんは、大喜びで湯に駆け寄る。
「あまりあわてると、転ぶよ♪」
言いながら、姫巫女、藻女(みずくめ)さまもなんだか浮かれ気分だ。
身体を洗ってから、湯につかる。
滑らかな湯が、肌を優しくなでる。
「気持ちいいですね~、姫様」
「ふぅ。いい気持ちだねぇ」
顔を見合わせて、にっこりと笑う二人。
「あがったら、何か冷たいものでも食べようか♪」
「食べたいです~!」
姫巫女のことばに答えるみぽりん。
「そういえば、姫様、温泉でやっておかなければならないことがあるですよ~!!」
「何をするの?」
がばっと立ち上がり、元気良く、
「のぞきです!」
「………、そう?」
姫巫女さまは目が点だった。


――男湯
木製の壁を隔てた向こう側の女湯から、姫巫女とみぽりんの楽しそうな声が聞こえる。
「なんか、いいですねー。のんびりして」
雹(ひょう)が身体をごしごし洗いながら嬉しそうに言った。
「あちらは、ずいぶんにぎやかですねぇ」
頭に手ぬぐいをのせ、湯に浸かりながら柊 久音(ひいらぎ くのん)。
「姫巫女さまも、久しぶりのお休みですからね。ゆっくりされるといいです」
自分も骨休めといわんばかりに、摂政、七比良 鸚哥(ななひら いんこ)が伸びをする。
「まあ、たまの休みだ。のんびりしようぜ!」
人好きのする笑顔でさちひこが言った。
「ところで、あなたはあちらにまざらなくてよかったんですか?」
「摂政さま!僕、男!」
姫巫女やみぽりんと一緒になって、摂政からお菓子をいただくのをからかわれた信乃の抵抗を、みんな笑いながら見ている。
そのときだった。
「そういえば、姫様、温泉でやっておかなければならないことがあるですよ~!」
女湯のみぽりんの元気な声に男湯一同は、ん?と一瞬聞き耳をたてて
「のぞきです!」
の言葉にぶったおれた。

「うはぁ!」
すぐ前にあった岩にぶつけた頭をさすりながら、真っ赤になって雹がうなる。
「女湯から覗かれるなんて、きいたことないですよ」
頭痛そうな、信乃。
「まあ、みぽりんのことですから、泊りがけ旅行の枕投げ、雪が降ったときの雪だるまと同じ感覚なのでしょうけどね」
苦笑いしながら久音が分析する。
「………。よし、こっちものぞくか」
「さちひこさん!、それ、ヤバイから!」
その会話に面白好きの心に火がついた。
「よし!覗きましょう!」
え?!という視線が摂政に集まる。
「摂政さま、マズイですって」
「大丈夫です。さあ信乃さん、いきましょう」
嬉々として、信乃の腕をつかんで引っ張る摂政。
「おい、ここ、隙間があいてるぜ」
女湯とのしきりとなっている木の壁を調べていたさちひこが、手招きする。
「何?!いきますよ!信乃さん」
「僕をまきこまないでください~!!」
ずるずると信乃を引きずりながら、摂政はさちひこのそばにきた。
穴をのぞくさちひこ。
「みえますか?」
「んー。なんか暗いぞ、うわあ!!」
壁の向こうと目が合って、さちひこはひっくり返った。


――女湯
「ひゃあ!!姫様!目があったですよ!」
びっくりして、大騒ぎするみぽりん。
自分はばすたおるを巻いて、完全防備である。
やめておいたら?といいながら本気で止める様子はない姫巫女。
湯を手のひらですくって、感触を楽しんでいる。
「あ、もしかして潜ったら見えるですかねえ~♪」
男湯との接点を見つけて、ぶくんと頭を沈めてみる。
しかし熱い湯で目をあけていられず、ざばんと顔をあげ目をこすりはじめる。
どうやら湯がしみたようだ。
「お湯に頭を沈めたらだめだよ」
「はあーい。」
姫巫女の言葉に少し反省したかと思うと、岩を積み上げた壁面に目がいった。
「もしかして、これを登れば見えるですかねえ~」
みぽりんは岩を登り始めた。


――男湯
「びっくりしたぜ…。考えることは同じだということか」
深刻な顔でいう、さちひこ。
「ふむ。では、次の作戦を考えなければいけませんね」
顎に手をやりながら摂政がつぶやく。
「ねえ、いいかげんやめませんか?」
雹が、覗き組に声をかける。
「いやいや。これからですよ」
「だから、僕を巻き込まないでください!!」
信乃の声は摂政の耳には入らない。否、聞こえていて無視されている。
「しょうがないですね、まったく…。施設をこわさないでくださいよ」
ため息まじりに久音が声をかける。
身体を洗い終わった雹が湯につかり、久音のそばまでやってくる。
「止めなくていいんですか?」
「どっちもどっちですからねえ」
久音の返答に、なるほどとうなずく雹。
しばらく女湯とのしきりの、木製の壁を眺めていた摂政。
「この高さなら、肩車すれば見えるんじゃないですかねえ」
「おお!肩車!」
「∑」
そこまでして見たいのか…。
信乃の目がそう語っていた。
「さちひこさん」
「摂政さま」
じゃんけんぽん!として
「私の勝ちですね。じゃあ、お先に上を♪」
「あとで代わってよ」
さちひこが摂政を肩車して、摂政を持ち上げる。


その時、岩に登ったみぽりんと目が合った。
「あ、摂政さま~」
「やあ、みぽりん♪楽しんでるかい?」
「はい~」
高いところで、暢気に会話する二人。
「見えたか~!!おーい!」
「う~ん、微妙に下までは見えないですねえ」
「そうですねえ」
「重い~!」
ここはお風呂である。当然、床は濡れている。
さちひこがぐらりとバランスを崩した。
「うわわわわわ~~~」
そしてそのまんま、木製の壁に摂政もろとも倒れこんだ。
ばりばりばりとすごい音を立てて、壁は崩壊した。


「まったく…。施設をこわさないでくださいと言ったんですけどね」
静かに、久音が言った。
「そうだね。少しやりすぎかな」
いつのまにか着替えて、浴衣姿、ほんのり肌が桜色の姫巫女が続く。
「このままだと、誰も温泉を使えない。みぽりんは壁を直してから戻ってきてね」
「摂政さまと、さちひこさん、信乃さんもですよ」
姫巫女と久音の言葉にむーとなる3人。
「僕は巻き込まれただけですよー!」と信乃。
「運が悪かったですねえ」
気の毒そうに言う雹。
「では、これから、混浴ということで♪」
「そうしたら、誰も入りにこないよ」
摂政の言葉に姫巫女が反論する。
「では4人とも。お休みを移動していいから、直してから帰ってきてね。修理費用は、お給料から引いておくから」
「姫様~~」「そんなあ」
反論むなしく4人を置いて、姫巫女一同は政庁に帰ってしまった。


それから3日間、温泉は立ち入り禁止になり、現場からは、とんからとんから大工仕事をする音と、「なんで僕が~」「壊したのは、摂政さまたちですよ?」「この際、壁に小さな扉をつけて…」「ぎゃーどうしてこんなことにー」などというぼやき声が聞こえてきたそうである。

壁に覗き用の扉がついたかはさだかではない。


                             おしまい